視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

少しずつ冬に向かってるなぁという空気ですね。今日も寒かった。体より、頭がまだ寒さに慣れていなくて、薄着をしてしまって、外出時には、腕のあたりがこころもとない感じでした。今日は、らもさんの『何がおかしい』を読んでひとりで大笑いしておりました。やっぱり笑いはいいですね。さて、このごろラジオの話題が続いておりますが、ここでもひとつお知らせです。明日の朝、FM東京の「SKY」という番組で、電話出演をいたします。番組は朝5時から8時までなのですが、わたしの出演は、7時20分ごろから10分間くらいになるそうです。朝のお忙しい時間なので、もしも通勤などで車に乗ったりされる方がありましたら、聞いていただければと思います。

2006-11-13 20:32 この記事だけ表示   |  コメント 3

部屋が、なんだかとても片付いているハマダです。今日も寒い日でした。夕方くらいまでは、なんとなく晴れていましたが、夕方からはまた雨。あたたかいものが食べたいなと今日はわたくし、カレーを作ったので、今はストーブの上に鍋をうつしてこれを書いています。片付けをしながら、かえるさん(かえるんさん、じゃなくて。似たお名前ですね。あはは。)にコメントで教えていただいた、NHKFMの日曜喫茶室、という番組を聞きました。おおー、かえるさんがしゃべってるー、と思いつつ興味深く耳をかたむけました。この番組初めて聞きましたが、静かで落ち着いた感じですね。出演者の、安野光雅さん、ご出身は島根県なので、新聞とともに入ってくる情報紙に書いておられるコラムを今朝読んだばかりなので、あら、偶然、こんなところでお会いするとは、みたいな親近感がありました。かえるさんのエレベーターの話、絵葉書の話、おもしろかったです。そして、リクエストで、わたしの『風の音』をかけてくださいました。どうもありがとうございます。ハマダ、ラジオを見つめて、にやにやしてしまいました。偶然といえば、NONくん、わたくし、今中島らもさんの『何がおかしい』を読んでいるところです。そして、さらにさらに、わたくし、五木寛之さんと誕生日が同じです。わははは、それがどうしたのっかな♪(山口さんちのツトムくんのメロディで)

2006-11-12 17:47 この記事だけ表示   |  コメント 8

朝からずっと雨です。気温も下がって、ストーブが必要です。これからひと雨ごとに寒くなるんでしょうね。ライブ前になると部屋の片付けがしたくなるので、今日は、少し練習をしてはごそごそ、歌ってはごそごそ、と本棚やCD棚などを片付けておりました。棚を片付けていると、なんだか、歌やアレンジのイメージがたくさんわいて、あわててピアノに向かうのですが、いざやってみると、イメージが遠のく感じで、また片付けにもどって、そうするとまたイメージがわいて、みたいな繰り返しです。もしも、はたで誰か見ているひとがあったら、マンガチックなこの動き、どっちかにしろ!と言いたくなるでしょう。あはは(自分の動きを想像するだけでおかしい)。いやいや笑っている場合でもないんですけど。

2006-11-11 17:29 この記事だけ表示   |  コメント 5

子供のころ、父が洗車をすると必ず次の日に雨が降るので、せっかくきれいになったのにと、わたしたち、くすくす笑ったものでしたが、わたしもどうやらその体質(?)を受け継いだか、昨日洗車をしたその夜中には雨がざーっと降りました。しかもカミナリのおまけつきで。そんなことを思いながら、今日は曇り空の下、少し体調をくずしていた父の顔を見に出雲までドライブしました。帰りに父の家の近くの大きな書店のCDコーナーに入って、『夜も昼も』が置いてあるか、見てみようと探したのですが、どこにあるかわからず(ははははは)、買うわけじゃないし、店員さんに尋ねるのも恥ずかしかったので、そのままこそこそと帰ってしまいました。

夕方、地元BSSラジオの夕方の番組で紹介しますと、メールで連絡が入っていましたので、聴いていたら『旅路』がかかりました。パーソナリティの田中亜矢さんが選んでくれたのでしょうか、どうもありがとう。そのあと、これも地元FM山陰の『おがっちのレトロ本舗』で、『十五夜』がかかりました(おがっち、十六夜じゃなくて十五夜だよ。ははは)。安来のおじさん、おがっちさん、これまたどうもありがとう。また番組に遊びに行きまーす。こうしてみなさんに盛り上げていただいて、感謝です。わたしもライブの準備がんばろうーっと。

2006-11-10 20:19 この記事だけ表示   |  コメント 2

ほんとうに11月なのかなというような、あたたかい日でした。ジャケットもいらないくらいで、気温も20度をこえました。いつ、急に寒くなるのかとどきどきして構えています。ライブもだんだん近づいてきましたし、どきどきの二乗。さて、このたびのアルバム『夜も昼も』のジャケットの絵は、林静一さんの手によるものです。美音堂から資料として送られてきた簡単な説明文をここに紹介しておきますね。

☆林静一氏のジャケットについて
1984年に新集社より180枚限定で販売された4名のアーティストが季節の女性を描いた4枚セットのリトグラフ「四季の女」の一枚「冬」です。宇野亞喜良さん「春」、ペーター佐藤さん「夏」、毛利彰さん「秋」、そして林静一さんの「冬」です。美音堂は勢いで神田の古書店で購入しました。林静一さんのHPでご紹介いただいています。
http://www.hayashi-seiichi.jp/

さて、
デザインを担当してくださった、佐々木暁さんが、このアイディアを持ってきてくださったときは、ほんとうにうれしかったです。すぐに林静一さんに、アルバムの音源をお送りしてジャケットに使わせていただけるようお願いしました。電話をかけた美音堂スタッフ、かなり緊張して、事前にわたしを相手に話す内容を練習したりして(ははは)いたのですが、林さんは、ちゃんと音源を聴いてくださっていてすぐに「いいですよ」と言ってくださって、拍子ぬけしたとともに、とても喜んだのです。ありがとうございました。

ついでに書くと、デザインの佐々木暁さんは、このジャケットのデザインができるまでは、かなり悩まれたようで、林さんの絵を使おうとアイディアが出る前には、ずいぶん苦しまれたと聞きました。毎朝毎朝起きると暗い気持ちになって、逃げ出したいくらいだったのですって。でも、作品を作る人ってみんなそうですよね(わたしもそうでしたし)。佐々木さんが、逃げ出さずにがんばってくださったおかげで、あのひらめきがあり、林さんとのご縁もできて、わたくしは、ハッピーでございます。佐々木さんありがとう。『夜も昼も』のデザインを「暁」さんがしてくださった、なんて、ちょっと素敵だしね♪

2006-11-09 20:49 この記事だけ表示   |  コメント 5

暦のとおりに、冬になったのかなと思っていたら、今日は、またすがすがしいくらいに晴れて、気温も10月上旬くらいのお天気だったそうです。やっぱり晴れの日はうれしいです。もっとも気温があまり下がらないせいで、紅葉は足踏み状態のようですが。今日、近藤ようこさんから、美しい装丁の新刊『兄帰る』をいただいたので、すぐに読みました。おもしろい。映画を見ているような気持ちで、ページをめくりました(映画になるといいのになぁ)。こういうまんがが描ける近藤さんはすごいです。夕方、おがっちからメールをもらいました。FM山陰の今週の『おがっちのレトロ本舗』で、わたしのアルバムから1曲紹介してくれるそうです。わーい。かえるさんの『日曜喫茶室』も楽しみにしていますよ。どうもありがとうございます。

2006-11-08 19:46 この記事だけ表示   |  コメント 3

今日は寒かったです。昨日から吹き荒れた風がごうごうと、台風のようでしたし、気温も下がりました。おとといは24度とかだったのに、今日は12度とかで。自律神経が狂いそうです。気をつけましょうね。今日はとうとう寒さに負けてストーブというか、ファンヒーターを出しました。これ、あたたかくていいんだけど、部屋が乾燥するんですよね。なので、今はうるおいパックを顔にはりつけたままでこれを書いています(ぅー、なんかひりひりするぅ)。では、今夜はこないだ漢方ショップで買った妃美茶(ひびちゃ:薔薇、ルイボスティー、柿の葉、ラベンダー、蓮の葉、クコの実、ジャスミンの混合茶:いいかおりです)を飲んでぬくぬくします。

2006-11-07 20:27 この記事だけ表示   |  コメント 4