視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

朝のうちは濃霧でしたけれど、霧が晴れると輝くような日でした。休憩のとき、大山がくっきりと見えて美しかったので、ケータイで写真を撮ってみようとしましたが、遠すぎてちゃんと撮れませんでした。残念。つかの間の晴れも今日だけ、明日からは少しずつ気温が下がっていくようです。気温の変化についていくのがたいへんですね。って、まるで春のコメントですけど。

☆今日は「みねっちのすべらない話」がめちゃめちゃおもしろかった。3日ほど前にしていた話の続編というか完結編だったのですが、夕食を食べながら、おばあちゃんと3人で死ぬほど笑いました。書けないのが申し訳ないのですが。

2007-01-30 19:49 この記事だけ表示   |  コメント 2

ざあっと雨が降ったかと思うと5分もしない間に太陽が出てきて、そのうち暗くなってきて、また雨が降る、というような傘の手放せないお天気でした。これぞ山陰の冬という感じ。異常気象つづきの中では、こんな重苦しい空の色もなんだか懐かしいようなキモチで見つめてしまいます。こんなに変わりやすいお天気を毎日相手にして暮らす生活をしていることは、この地域に住むわたくしたちの気質にどんなふうに影響を及ぼしているのかしらと思ったりします。明日のことなんてわからない、あてにしてはいけない、だから今日できることは今日やってしまおうと思ったりするのか、それとも、すぐに状況がかわるから、今がんばったってむだだと思ってしまうのか。あるいは、雨でも晴れでも臨機応変に対応しますよとどっしり構えるのか、関係ありやなしやといろいろ想像して楽しんでいます。わたくしはどうなのかといえば、雨の日は雨のように、晴れの日は晴れのように暮らしている気がします。あたりまえですけれども。そういえば、おおたか静流さんの歌に『I remember you』という好きなのがあって、急に雨に降られた時なんかについつい口づさんでしまいます。
     雨の日には雨の
     風の日には風の
     ヤサラヤサラ
     きみをおもいだすよ

2007-01-29 19:20 この記事だけ表示   |  コメント 2

午前中は、足ツボの施術でした。久しぶりだったので、終わるといつもにましてスッキリ感がありました。ライブの構想などで、このごろは考え事をたくさんしているせいか、頭がすごく凝っているとのことでした。施術後はいつもお茶などを飲みながら雑談をするのですが、先生に貸していたDVD『黒い十人の女』を返してくれたのでその話をしきり。DVDでジャケ買いをしたのはこれがはじめてです。以前小泉今日子さんと雑誌の対談をした時に、対談が終わったあとのロケバスの中で、今日子ちゃんとこの映画の話で盛り上がったことを思い出しました。久しぶりにまた見てみたくなりました。午後には、足ツボマッサージを体験してみたいというお友達をうちに誘っていたので、先生には続いて施術をお願いしました。横で、施術を行ううちにお友達のからだがゆるんでいく様子などを見て、すごいなぁと感心しました。夜、みねっちがベースの練習をしすぎて肩が痛いというので、門前の小僧で、肩をもんでやりました。もちろん先生のようにうまくはできませんが、指圧のこころは母ごころなので(ちょと古、)ま、そこのところはなんとか適当に。

2007-01-28 21:22 この記事だけ表示   |  コメント 3

昨夜の雷はすごかったです。寝ていたのですが、あまり大きな音が続くので、だんだん感覚が麻痺して、これは夢なのかなぁとわからなくなって気づいたら朝でした。春になる前の荒れ模様に似ていますね。今日は終日雨でしたし。2月にはいると、みねっちの学校では、スキー研修があるのですが、雪はだいじょうぶかな。雪といえば、『雪は天からの手紙』という本を読んでいます。以前読んだ『雪』の中谷宇吉郎氏のエッセイ集です。『雪』と内容が似ていますが、短いエッセイを集めてあるので、よりわかりやすくなっています。それもそのはず、岩波少年文庫ですもの。今から、50年も60年も前に書かれたエッセイだけれども、ちっとも古くないのはなぜでしょう。不思議だなとか、どうしてだろうとか、そんな好奇心にあふれて毎日をおくったひとの文章だからでしょうか。雪の結晶には、よく知られた六角の花の形ばかりではなく、円柱型とか、4角形のものとか、針状のものとか、たくさんの種類があるのだそうですが、その種類の違いは気温や湿度や風の状態などによるものなのだそうです。ですから落ちてきた雪の結晶を見れば、上空のいろんな情報がわかるのではないかと、日々実験を重ねているようすなんかがよくわかります。天からの手紙という言い方は、ろまんちっくな響きですが、自然からの手紙とも言えますね。今年はその手紙、あんまりこないのね。

2007-01-27 20:56 この記事だけ表示   |  コメント 4

雨ふりです。今日はお休みだったので、朝、部屋のかたづけをしたりしながらラジオを聴いていたら、熱帯ジャズ楽団のライブの模様が流れてきました。熱帯ジャズ楽団には、『夜も昼も』のアルバムやライブでお世話になった青木タイセイさんが所属なさっているので、タイセイさん出るかなーと耳をすませていたら、出た、出た、出ましたよぅ。タイセイさんの作られた曲が演奏されたりして、その中で、ソロをタイセイさんがピアニカでとっておられたので、なんだかとてもうれしくなりました。タイセイさんは、とてもおだやかな方で、昨年のレコーディングの時には、演奏はもちろんですが、そのやさしいたたずまいにとても助けられたのです。人間なのに、マイナスイオンが出ている感じ。

そのあと写経をして、午後からは銀河劇場の時にいただいた映画ビデオ『マイライフアズアドッグ』をみました。かなしくて、かわいくて、せつなくて、それでいてほのぼのする映画でした。スプートニク号に乗せられて宇宙へ行ったライカ犬と主人公の少年の孤独がだぶります。部屋にはほかに誰もいないのに、映画をみながら声を出さないようしてに泣いている自分に気がついて、はっとしました。いつの間に、そんな癖がついてしまったんだろう。喉の奥と、それから胸も少し、痛かった。

2007-01-26 20:00 この記事だけ表示   |  コメント 4

明け方に目がさめて、そのまま眠りに戻れないまま起きる時間になってしまったせいで、今日は一日なんだか眠くてだるい日でした。睡眠は大事ですね。さて、木枯らし紋次郎さん、お久しぶりですね。藤沢周平フェアですか、いいですね。相方さんにもよろしくね。 と、NHKの木曜時代劇を横目で見ながら、これを書いているのです(ちょい涙目)。

さ、終わったので、お風呂に入ってあたたまって、早めに寝よ。

2007-01-25 20:51 この記事だけ表示   |  コメント 4

日中は気温もあがるようですが、夕方から夜にかけては寒いです。今日は天気予報のとおりに、午後から小雨がふりました。お天気が悪いと会社の部屋の中も、なんとなくうす暗いので、お日様恋しと休憩のたびにブラインドをあげました。今年に入って6冊目の本は藤沢周平さんの『本所しぐれ町物語』でした。本所あたりの架空の町、しぐれ町に暮らすひとびとの物語を集めた短編連作ものです。ひとつひとつの家の灯りに物語があるのだなぁとしみじみします。人々の表情までが目の前にうかんで見えるような書きぶりではあるけれど、決してべたべたしない感じがとてもよいと思いました。必ずしも幸せではないけれど、かといって絶望的でもない、ちいさな毎日をおくるしぐれ町のひとびとを想像するのに、窓の外にひろがる灰色の空とちいさな雨粒はとても似合って見えました。

☆北から南から、はじめましてさん、書き込みありがとう。

2007-01-24 20:09 この記事だけ表示   |  コメント 2