視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

ピアノを弾いて歌を歌うとき、歌っているこの「わたし」は誰なんだろう。歌物語の主人公としての「わたしA」、それから、歌物語の語り役をする「わたしB」、それと素のままの「わたしC」の三人の「わたし」が入れかわり立ちかわり、または三つがひとつになったり二つになったりして、現れるような気がするのです。今日は一日、そんなことを考えながら歌の練習をしてみました。というのはうそで、そういうことも考えてみたりすることもたまにはあるのですが、たいていの場合は実際に歌いはじめると、そんなこむつかしいことは、忘れちゃうんだな、これが。

☆昨夜は寝るときに志ん生さんの「品川心中」を聞きました。ほのぼのおかしくて、布団の中で、ふふ、と笑いました。

2007-02-09 19:10 この記事だけ表示   |  コメント 2


一日曇り空でしたが、夕方になってとうとう降り出しました。朝の天気予報どおりです。休憩のたびに窓際に紅茶やコーヒーのカップをおいて、外を眺めたり本を読んだりしました。遠くを見て、それから急に目をおとして近くの本などを見ると、目のまわりの筋肉によい、と何かに書いてあったような気がしましたがほんとかな。でも、つかの間の休憩のあとは、ずっとパソコンの画面をまばたきもしないで見つめ続けているので、差し引きしたらマイナスでしょう。休憩の時間には、川上弘美さんの『ざらざら』を読みました。ほんの10ページとか、8ページとかの超短編といえそうなほどの短いお話がたくさん。どこかで読んだ気がする、と感じたのは、雑誌の連載をまとめたものであったせいだとわかりました。短編集は好きです。長編ももちろん好きだけれど違った楽しみかたができます。短編集にこめられたドラマ密度の濃さは、余白の多い絵や、言葉のすくない歌みたいで、想像力をかきたててくれます。でも、その分、想いが広がって短いわりに次から次へと読んでいけないのが、困ります。今日も、3つ読んでは、外をながめて想いあぐんだり、2つ読んでは、うぅ、せつねぇな、と胸を押さえたり、空を見たりしたので、いくらもはかどりませんでした。しおりの土方さんも、しょっちゅう、はさまれたりはずされたりで、落ち着かなかったでしょうよ。

☆そうやって、本を読んだりお茶を飲んだりしながら、窓の外の鳥が飛ぶところを眺めました。となりのビルの屋上に、ふっととまった鳥たちの位置取りのバランスの美しさに感動。

2007-02-08 22:34 この記事だけ表示   |  コメント 3

朝は冷えましたが、日中はあたたかな日でした。窓の外はなんだか春霞にけむっていました。最初は霧か、黄砂かと思っていましたがどうやら違ったみたい。花粉も少しずつ飛び始めたようですね。お弁当の時間に、同僚がきれいに包装されたチョコレートを二箱、おもむろに出して、これみんなで食べようと言うので、やや!何事か!と思ったら、バレンタインにあげる予定がないのだがとりあえず買ってみた、という話。なんでとりあえず買うんだよ、あにやってんだよ、と驚きながらも、みんなでばさばさ箱をあけて、へぇ、最近のチョコはこうなってるのねぇ、ハイカラだわねぇなどと口々に言いながらひとかけらずつ頂戴しました。おいしいチョコレートでしたが、女ばっかりでよってたかってチョコをつまんでいる自分たちの図を客観的に想像してしまわないようにするのがたいへんでした。なんかさむくね?という言葉が喉まで出かかりましたが、コーヒーといっしょにぐっと飲み干しました。外は春なのに、こころにはまた木枯らしが吹いちまいましたぜ、モナミ。

2007-02-07 20:44 この記事だけ表示   |  コメント 4

朝から気温高く、ぽかぽかしました。会社の中にいたので体感はしませんでしたが、窓の外はあたたかそうに見えました。明日からは、また少し気温が下がるようです。気温が上がったり下がったりすると、自律神経にくるので気をつけないとね。松江城の公園では梅が咲いたとニュースで言っていました。お手紙を書くのに、雪の絵のついたのはもう使えないかもなぁと、会社の帰りに文房具屋さんに寄って梅の絵のついた便箋を買いました。お店もやっぱり早めに用意していなさるようで、桜の便箋もたくさん並んでいました。桜のはこの次に買うことにしましょ。

☆昨夜は『鬼平』のDVDをみながらうたた寝をしてしまいました。一番いいところを見逃してしまって気づいたらジプシーキングスのエンディング。ありゃりゃ。あのエンディングの映像を見ると、四季があるのは美しいことだなぁと思います。

2007-02-06 20:12 この記事だけ表示   |  コメント 3

ぉ休みの日、家の中にばかりいるのも鬱々とするので、今日は外に出てみました。お天気もよく気温も高いので、コートいらずでした。今日はなんだかサムライ気分だったので、『無用ノ介』という前から気になっていたマンガでも買って読もうかと、本屋さんへ探しに行ったけれど、店頭にはなく、ち、と思って、ほんならテレビシリーズを探してみようと帰りにビデオやさんに寄って探したけれど、これも置いてなく、ちちち、と思って、結局いつもの鬼平シリーズのDVDと、なんとなく近くにあって呼ばれた気がした『殺陣師段平』のビデオを借りて帰りました。帰って早速コーヒーとお菓子をおともに『〜段平』を見たところです。おもしろかった〜というか、すごく泣いてしまいました。くぅ〜、いい映画だったわ〜。それにしてもビデオやさん、時代劇なんかの古い映画のコーナーがこころなしか、縮小されていたようなのが残念無念でござるよ。

☆恵方巻、食べましたよ。母が作ってくれたので。でも、そういう習慣は最近のものですね。コンビニの人が考えたのだろうと思っていました。

2007-02-05 17:23 この記事だけ表示   |  コメント 4

立春、いつもの年なら暦の上では春ですという言い方をしたりしますが、今日の陽気はほんとの春みたいでした。久しぶりに見た青い空がきれいでした。昨夜はなかなか寝つかれず、布団の中でライブのことなんかを長いこと考えていたせいか、ライブの夢を見ました。ピアノを弾きながら歌を歌っていて、突然歌詞を忘れてしまって、適当にでたらめな歌詞で歌い続けるという夢でした。おしまいまで歌いきってから、心臓ばくばくで目覚めて、ああ夢でよかったとこころからほっとしました。こういう夢はライブの前の定番ナイトメアのひとつだけれど、何度見てもおそろしい。歌詞やピアノのコードを忘れてどうしよう!!というところで目が覚めるというパターンがこれまでは多かったのだけれど、それだけでも充分こわいのにこのたびは、どうしようどうしようと思いながらも歌い続けてしまうところが妙にリアルで、こわさがバージョンアップしたようでした。Show must go onという戒めのお告げかなにかかしらん。

2007-02-04 20:23 この記事だけ表示   |  コメント 5

豆まきをして、すっかり風邪もふきとびました。今朝は冷えこみましたが、冬型も長続きしないみたいです。天気予報で冬将軍の絵が出るのを楽しみにしていますが、なかなかお目にかかれません。さて、赤い人さん、さきたま人さん、松江までおいでいただけるのですか、どもどもありがとうございます。4月になれば、さすがに前回の松江ライブの時のような猛吹雪になることはないのではないかと思いますが、異常気象つづきなので、今年の春の気候はどんな感じになるのか、予想がつきません。でもぽかぽか陽気になって、お城のまわりとか宍道湖あたりとか市内を観光できるといいですね。

2007-02-03 20:09 この記事だけ表示   |  コメント 4