視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

お久しぶりのマリコ的こころです。書くことがねぇなぁと、1日休んだら、気が抜けてしまって、そのままずるずるとなまけてしまっていました。病気でもしているのか、はたまた、東京マラソンに参加でもしているのか、などのご推察があったかもしれませんが(それはないか、)まったく、そういうビッグなイベントはなく、家でただひたすら、読書をしたり、調べものをしたり、ひばりちゃんの映画をみたり(「弁天小僧」とか「振袖捕物帖」シリーズとか)してゆっくり過ごしておりました。

日記を毎日書かなけりゃ、禁断症状が出て手にふるえがきたりするのか、よしためしてみよう、みたいな実験的なこころになったりもしたのですが、意外に、書かなきゃ書かないで困らんもんだなぁとかいうことに気づいたりして、ちょっと苦笑でした。

週末にはバースデイに行って、お友達のライブをみてきました。久しぶりにジャズのスタンダードを聴いてこころおどりました。お客さんの中には、地元のミュージシャンのみなさんもたくさんみえていて飛び入り演奏などもあり、とても楽しかったです。わたしも1曲まぜてもらって歌いました。また地元で活躍する男子デュオkuroko∞show(くろこしょう)のふたりともお友達になりました。彼らの演奏同様、さわやかな若者たちでした。

さて、春のライブがいろいろ発表になりました。どうぞよろしくお願いいたします。『夜も昼も』の発売記念の最終章となる松江ライブには、ずいぶん遠方からおいでくださる方々もあるようですね。恐縮です。感謝です。山陰の春を楽しんでいただけるといいなぁと思っています。春のわたしが、うかれポンチでお待ちしております。
  

2007-02-19 12:47 この記事だけ表示   |  コメント 5

今日のお天気は「春の嵐」で、明日のお天気は「冬の嵐」ですと、朝、テレビのお天気キャスターが言っていて、起きしなの寝ぼけまなこで見ていたわたしは、大盤振る舞いだなと思いました。はたしてお天気は予報のとおり、今日は気温が高めで春一番のようなつよい風が吹きあれてまさに、春の嵐。(キャスターさん、あなたのおっしゃるとおり。)今日からスキー研修に行くはずだったみねっちも、風が強すぎてリフトが動かぬとのことで、一度学校へ集合してから今日の出発中止の旨を告げられて解散、早々に家に帰っていました。会社の窓からながめ下ろす大橋川の水も、勢いよく流れていました。思わず、瀬をはやみ、のうたが口をついて出ました。

2007-02-14 19:31 この記事だけ表示   |  コメント 2

今日もあたたかでした。明日から、大荒れ、ってほんとかしら。さてこのごろはちょっと古典を読んでいるのですが、おもしろい読み方をしています。古文の原文とその現代語訳、英文の対訳の三つをかわりばんに読むと、意味がよりクリアになることに気づきました。視点がピンボールみたいにあっちからきたりとこっちからきたりでくるくる変わるのがおもしろいのです。

☆Rammyさん、さっそくの書き込みありがとうございます。またお会いできるのを楽しみにしていまーす。sizuruさん、あらら、かわいそう。わたしは、みねっちにチョコもらったよー(一球入魂のあまりだけどーーー)。

2007-02-13 20:58 この記事だけ表示   |  コメント 3

今日は寒くなるかもしれないと言われていたわりには、あたたかな日でした。日が差してまぶしいほど。昨夜は夜中に家の前の通りで知らないひとの大声がして、目を覚ましてのち眠りに戻れず、しかたがないので、ラジオをつけてみました。うつらうつらとしながら久しぶりにニニ・ロッソのトランペットの曲などを聞いて懐かしく、なんだか子供のころを思い出しておりました。朝一で美容院の予約をしていたので、その帰り、ビデオやさんに寄ってまた古い映画を借りました。美空ひばりさんの『ひばり捕物帖 ふり袖小判』などを借りて午後から時代劇映画三昧でした。おもしろかった。おかっぴきやお姫さんの姿をしたひばりちゃんがかわいー。キッチンでは、姪っ子が来ていて、みねっちや母の指導をうけて友チョコを作っていました。みねっちも中学生のときは友チョコなるものさかんに作っていたけど、高校生になってからは作ってないみたい。ボーイフレンドに1個だけ、一球入魂なのでしょうか。わたしは映画と映画の合間、ちょうどチョコが出来上がった頃に「やってるかい?」とキッチンをのぞいて、生チョコ風味の作品をつまみぐい。義理と人情の味がしました。

2007-02-11 20:18 この記事だけ表示   |  コメント 2

鬼平DVDを見ていたら、夜が更けてしまいました。おっと、ブログ書くの忘れてた。来週スキー研修で出かけるみねっちが、持って行くものの買い物をしたいというので、夕方からいろいろお店まわりをしました。サティを出たら、もう外は真っ暗で、夜みたいでしたが買い物はさらに続く。そのあと寄ったお店で、素敵なご婦人に「ハマダマリコさんですか?」と声をかけられ、少しお話をしました。わたし、町でそんなふうに声をかけられたことがあまりないので(気づかれたことがないので)、ちょっとどきどきしました。ブログ読んでますと、言ってくださってありがとう。またライブ会場でお会いできるといいなと思います。それにしても、雪、あるのかなぁ、大山。でも、雪なくてもだいじょうぶ、うちのみねっち、草とりとか上手だから、ついでのこと奉仕活動でもさせて根性きたえてやってください。押忍!

2007-02-10 22:54 この記事だけ表示   |  コメント 3

ピアノを弾いて歌を歌うとき、歌っているこの「わたし」は誰なんだろう。歌物語の主人公としての「わたしA」、それから、歌物語の語り役をする「わたしB」、それと素のままの「わたしC」の三人の「わたし」が入れかわり立ちかわり、または三つがひとつになったり二つになったりして、現れるような気がするのです。今日は一日、そんなことを考えながら歌の練習をしてみました。というのはうそで、そういうことも考えてみたりすることもたまにはあるのですが、たいていの場合は実際に歌いはじめると、そんなこむつかしいことは、忘れちゃうんだな、これが。

☆昨夜は寝るときに志ん生さんの「品川心中」を聞きました。ほのぼのおかしくて、布団の中で、ふふ、と笑いました。

2007-02-09 19:10 この記事だけ表示   |  コメント 2


一日曇り空でしたが、夕方になってとうとう降り出しました。朝の天気予報どおりです。休憩のたびに窓際に紅茶やコーヒーのカップをおいて、外を眺めたり本を読んだりしました。遠くを見て、それから急に目をおとして近くの本などを見ると、目のまわりの筋肉によい、と何かに書いてあったような気がしましたがほんとかな。でも、つかの間の休憩のあとは、ずっとパソコンの画面をまばたきもしないで見つめ続けているので、差し引きしたらマイナスでしょう。休憩の時間には、川上弘美さんの『ざらざら』を読みました。ほんの10ページとか、8ページとかの超短編といえそうなほどの短いお話がたくさん。どこかで読んだ気がする、と感じたのは、雑誌の連載をまとめたものであったせいだとわかりました。短編集は好きです。長編ももちろん好きだけれど違った楽しみかたができます。短編集にこめられたドラマ密度の濃さは、余白の多い絵や、言葉のすくない歌みたいで、想像力をかきたててくれます。でも、その分、想いが広がって短いわりに次から次へと読んでいけないのが、困ります。今日も、3つ読んでは、外をながめて想いあぐんだり、2つ読んでは、うぅ、せつねぇな、と胸を押さえたり、空を見たりしたので、いくらもはかどりませんでした。しおりの土方さんも、しょっちゅう、はさまれたりはずされたりで、落ち着かなかったでしょうよ。

☆そうやって、本を読んだりお茶を飲んだりしながら、窓の外の鳥が飛ぶところを眺めました。となりのビルの屋上に、ふっととまった鳥たちの位置取りのバランスの美しさに感動。

2007-02-08 22:34 この記事だけ表示   |  コメント 3