視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う


この春一番の気温となって、松江も20度をこえました。薄いコートもいらない感じで、日焼け止めを塗って出ればよかったと思いました。さて、今朝は、霧の9号線を走って、ラジオ番組に出演するため、米子の山陰放送まで行ってきました。ドライブ日和でしたけれど、スピード違反の取締りをしていたので、びびりました。安全運転でのんびりといきましょう。

ラジオを聴いてくださったかたどうもありがとうございました。パーソナリティの板井さんとともに、10時過ぎから、番組終了までごいっしょさせていただきました。番組終了まぎわの競馬予想のコーナーで、わたしも予想をすることになりましたが、競馬のことはなんにもわからないので、名前で選ばせてもらいました。わたしが「女の勘」で選んだ、ドリームジャーニーは3位だったそうですね。いいのか悪いのか、まぁ、わたしの勘もこの程度です。ふふ。番組あてにリクエストやメールもいただきありがとうございました。ロビーにあったラッテちゃんの写真を撮ってきましたよう。パーソナリティの板井さん、どうもお世話になりました。トークのBGMに「鬼平犯科帳」の音楽をかけてくださる遊びごころ、喜びました。おかたじけ、でございます。

2007-03-04 20:13 この記事だけ表示   |  コメント 3

よいお天気でしたが、期待したほどのあたたかさではなかったので、ビデオやさんに歩いて行く道すがら薄着を後悔しっぱなしでした。春はゆっくり近づいてきますね。三歩進んで二歩下がる感じで。さて、今日も新旧そして邦洋とりまぜ、たくさん映画を借りてきました。歌の練習の合間、読書の合間に見ることにします(どっちが合間なんだか・・・)。おやつに桃の果汁入りのメロンパンを食べ、ブルーベリー味の豆乳を飲みました。おなかの中が、にせもの感満載のフルーツまつりです。

読書といえば、いえ、読書といえるかわかりませんが、最近は、貝原益軒の『養生訓』を読んでいます(わはははは)。もちろん現代語訳ですが、なかなかおもしろいです。1700年代に書かれた昔の本ですが、中国の医学書などをたくさん読んで勉強した著者が自身の経験にも基づいて書いた実践の書なので、今実践してもおかしくない内容のものもたくさんあります。もちろん、おかしいなぁということもあるにはあるのですが、なるほどなるほどと読んで楽しむのには気になりません。むしろ、今実際に知られている養生のしかたあるいは、民間療法のたぐいなど、この本がもとかしら、と思うようなこともたくさん書かれていて、わたしのような健康おたくにはたいへんに魅力的です。こころをひかれた部分には、「養生とは畏れの一字である」とあります。畏れって、こわがることとは少し違いますよね。自然のすばらしさ、体のすごさを知ってそしてなにごともほどほどにということ。「畏れとはすなわち慎みのこころの出発をなすもの」ということだそうで、個別の養生の用例が知りたいというよりも、どちらかというとこういうアフォリズム的なことがわたしは読みたいのね、きっと。体、大切にしましょうね。

最近は中国から日本への観光客が多いというニュースをテレビでやっていましたが、その中国からの観光客がおみやげに、たくさん買い込むのは、日本の医薬品だということで、ちょっとがっかり。中国の人はみな漢方薬を飲むのだと思っていたので。

2007-03-02 20:40 この記事だけ表示   |  コメント 4

今年はやっぱり大暖冬なのだそうですね。そうではないかと思ってはいましたけど。冬用タイヤをはいているのをうっかり忘れていました。さすがに、もう使わないでしょうね。かえないと。明日の松江は気温が19度になるとのこと。きっといいお月さんがでますね。

3月の声をきいたら、なんだか急にあわただしく感じます。3月のおわりから5月まで、ライブが続けてあるので、どきどき。すべて同時進行で、構想をねっています(頭の中がごちゃごちゃです)。いろんな町でお会いできるみなさん、楽しみにしています。

ご縁がありまして、田野崎文さんという歌い手さんに曲を提供させていただくことになり、3月28日発売の『この道』というアルバムに収録していただけることになりました。わたしが書いた曲は1曲だけですが、昨日、できあがった音源が届きました。楽曲提供というのははじめてなので、どういう風にしたらよいのかなと最初はとまどいましたが、田野崎さんのこれまでの作品を全部聴かせていただいて、イメージをふくらませて、こういう歌はどうかしらと書いてみたのです。なぁんか、うれしいものですね。田野崎さん、歌ってくれてありがとう。みなさまも、発売になったら聴いてみてくださいねー。

2007-03-01 21:22 この記事だけ表示   |  コメント 2

みねっちの期末試験が始まっています。試験初日、帰宅の彼女に、試験どうだった?と声をかけてみました。しんみりと返ってきた応えは次のとおり。「歯ごたえはなかったわ」。
・・・・・・・・・・・・・・・、ぃゃぃゃぃゃぃゃ、それを言うなら「手ごたえ」じゃないのか?しかも、ないのかよ、手ごたえ。・・・。いや、もう、聞くまい。結果は推して知るべしというところでしょうし(やれやれ)。

☆さてさて、ラジオ出演のお知らせでーす。
3月4日(日)BSSラジオ「日曜かくれ家 ぶんしょう堂」(AM9:30から11:00)。1月にも出演させていただきましたが、歯ごたえがよかったので、またまたおじゃましまーす(え?)。山陰地区のみなさま、日曜の朝、ラジオの前でお会いしましょう!

2007-02-27 19:06 この記事だけ表示   |  コメント 6

春らしい日が続いていましたが、昨日と今日は少し気温が下がっています。お元気ですか?わたくし、時代劇を立て続けに見ておりました(『十三人の刺客』おもしろかったー。西村晃さんの居合がかっこよかったです)。一度にいっぱい見たので、歩き方までもがナンバになってしまいそうでしたが、今日は気分をかえて、映画館へ行って『ドリームガールズ』を見てきました。これもおもしろかったです。音楽がとてもよくて、歌のシーンのたびになんか何度も泣けてしまって、見終わったころには、化粧がすっかりとれてしまいました(別に泣く映画でもないのだけど、ハンカチをしまっては出し、しまっては出し)。

☆さて、大阪イベント、松江ライブに続いてクアトロツアーの詳細も発表になりました。どうぞよろしくねー。

2007-02-25 19:12 この記事だけ表示   |  コメント 6

お休みなので、映画館にでも行こうかなと思っていたのですが、朝のうち『伝説 日本チャンバラ狂』(by 黒鉄ヒロシ&ペリー荻野)という本(マンガですけど)を読んでいたら時代劇が見たくなって結局はレンタルビデオやさんへ行きました。いつも行くビデオやの店員さんにこころやすい人がいて、先日カウンターごしに立ち話をした時、これから商品をどんどんDVD化していくので、古いビデオはワゴンセールで売り払ったり(100円で!!)処分したりするのだと聞いて少しさびしく思いました。古い映画でDVD化されないものは見ることができなくなるのかもしれないのですね。今のうちに見ておかなきゃ。まあ、そう心配してみても、お店に行くたびに古い映画のビデオのとなりに同じ作品のDVDがあらたに入荷していたりするので、これからも在庫が増えて、わたしが見る程度には困ることはないのかもしれないけれど。というわけで、今夜も映画をみて寝ます。

☆日野のみなさま、情報ありがとうございます。いつのことになるのかわかりませんが、そのうちぶらっと立ち寄ります。

2007-02-23 19:49 この記事だけ表示   |  コメント 1

よいお天気が数日続いていましたが、午後になるとだんだんと陽の力が弱くなってきました。昨日までは、会社の窓からはっきりと見えていた大山(だいせん)が、今日は空の灰色と同化して見えませんでした。けれど、毎日毎日あきもせず外を眺めているわたしには、見えるのです、山が。わたしの目に本当に見えているのか、見えるような気がしているだけなのかはよくわかりませんが、あそこに山の輪郭がある、という感覚はかなり確かなもので、それはとてもおもしろいことだと思いました。

昨年、函館へ一人旅をした時に、立待岬から海の向こうを見たときも、そういえばこんな曇り空でした。わたしには海と空しか見えませんでしたが、案内をしてくれたタクシーの運転手さんが、いつも来ているのでわたしには向こう岸が見えますよと、言っておられたのを思い出しました。その時は、へぇそんなもんかなぁ、と思っただけでしたが、今頃になって納得できるような気がしました。あの運転手さんはお元気でしょうか。また行きたいなぁ、函館。

急に函館を思い出したのは、もうひとつ理由があってのことです。『新選組 幕末の青嵐』(by木内昇)を読んだから。とてもおもしろくて一気に読んでしまいました。函館には行けなくても、今年はせめて、日野には行ってみたいと思うのですけどねぇ。

2007-02-22 19:49 この記事だけ表示   |  コメント 10