視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
浜田開府400年記念事業 浜田真理子コンサート
場所:石央文化ホール・大ホール
出演:浜田真理子、加瀬達、檜山学、伊藤大地、MARINO、久保田麻琴(音響ミックス)
日時:2020年2月2日(日)開場13:30 開演14:00
料金:大人3,000円(当日3,500円)全席自由    学生(中高大学生)1,000円(当日1,300円)    小学生 無料 *未就学児不可
プレイガイド:石央文化ホール、浜田市教育委員会、みずほ楽器、ブックセンタージャスト、ラ・ペアーレ浜田、世界こども美術管、石正美術館、江津市総合市民センター(江津市)、いわみ芸術劇場「グラントワ」(益田市)
浜田真理子ライブ@ビルボードカフェ
日時:2020年2月27日(木)
出演:浜田真理子 ゲストMarino(sax)
場所:ビルボードカフェ&ダイニング@日比谷ミッドタウン http://www.billboard-live.com/cafe/
時間:開場18時 開演19時半
料金:指定席4500円 (要1ドリンク&1フード)
チケット販売情報: 2019年12月21日(土)15:00販売開始 ■チケットぴあ ・インターネット予約 : https://w.pia.jp/t/hamadamariko-t/ ・電話予約 : 0570-02-9999 [Pコード] 173-475 【お問合せ】 03-6273-3355(ビルボードカフェ&ダイニング)
CD/DVDを買う
晴れてはいましたが、さほど湿度が高くなく適度に風もあるので、過ごしやすい日でした。自転車に乗って近いところを走りましたが、顔をなでる風がさわやかだったことぴかぴか(新しい)。いつもこんな風だといいのに。こういう日は、自転車に乗りながら鼻歌を歌うのが最高。ペダルをすいすいこぎながら『19の春』を歌いました。

幸田文の『きもの』を読み終えました。たいへんおもしろかったです。いつか着るようになりたいと思っている、着物の話かしらとタイトルに惹かれて買ったのだけど、読んでいるうちに、それがもう少し大きな意味を持つのではないかと思えてきました。主人公は幸田文その人がモデルでしょうし、彼女の生活を通してとにかく着るもののことが多く語られるのだけど、そこから当時の暮らしぶりだとか、こころもちだとか、登場人物の人間性までが浮かび上がってきてなんとも不思議な小説になっているのです。特に主人公のおばあさんが素敵。こんなおばあさんにならなけりゃなぁ。「きもの」という言葉はファッションとしての和服を意味するだけでなく、もっと大きな、衣食住の「衣」を意味して、ひいては生きることを意味しているように思えます。着るもののこと、そして生きることについても、思いが広がったのです。

☆そういえば今夜は満月満月あなたの空にも出ていますか。
2007-07-30 19:20 この記事だけ表示   |  コメント 3
20070728_2014_000.jpgおはようございます。今日も暑くなりそうです。昨夜は、ライブハウスバースデイへ行って伊藤実千代さんのオリジナルCD制作記念のライブをみてきました。実千代さんはジャズやボサノバを歌われる地元在住のヴォーカリストで、最近は全国各地へ歌いに出かけたりもなさいますが、一番最初に松江でライブをなさったときに、ダブルブッキングのアクシデントのピアニストのトラ(代役。当時のわたしはトラっていうよりは、ネコだったけど猫)で、わたしが呼ばれて伴奏をさせていただいたことがご縁で以来現在に至る、という長いおつきあいです。あの時は20代だったわたくしですが(きゃぁ〜、やめて〜)、月日が経つのは早いなぁ。

久しぶりにお会いできて声が聴けたこともうれしかったけれど、実千代さんのオリジナル曲も聴くことができてよかったよかった。実千代さんの娘さんがベースを弾いておられて、昨夜が初ライブとのことで、初々しくてほほえましかったです。そのほか、世間は狭いね、というような意外なつながりの方々やなつかしい方々にもお会いできて、楽しい夜でした。

☆ノンアルコールのカクテルを作ってくださいとお願いして作ってもらいました。虹色がとてもきれいだったので写真をとりました。思わず、『オーバーザレインボウ』を口づさんだと思いますか?それが違うのです、自分で気づくより先に口をついて出てきたのはレインボウマンの歌だったの。やぁねぇ〜、マニアみたいで。はは。(マニぃね、←曰く、みねっち)

☆☆ひろすけさん、お久しぶりでーするんるんきっと、一生一曲と思いながら、渾身の一曲を作り続けることが大切なんですよね。がんばります手(グー)
2007-07-29 11:20 この記事だけ表示   |  コメント 7
とてもとてもとても暑い日です。今日もきっと30度をこえているでしょう晴れサッカー部に入っている甥っ子が、水分補給をしなさいとあまり言われるので水分をとりすぎてお腹をこわしたと、妹が笑って話してくれました。笑い事ではないけれど、なかなかうまくいかないものだねってわたしも少し笑いました(ごめんごめん)。バランスが大事ですね。熱中症などには気をつけましょうね。

朝から泣きたいほど美しいメロディが聞きたいなぁと思ってCD棚の中から、映画『ある日どこかで』のサントラを出して聴きました。みねっちがチェスをしようとマグネットのゲーム盤を持ってきたので、二人で「待った」連発のへぼチェスをしながら、いい曲だねと聴き惚れました。歌詞のせいではなくて、メロディだけで泣きたくなるような美しい曲、そんな曲を書きたいなぁと思います。死ぬまでには1曲くらいなんとかならないかしら。このあいだ作った曲、今日も歌ってみました。美しい曲ですけど、泣きたくなるほどではありません。まだまだ修行が足りません。でも一生一曲なら、今できても困る、と思ったりします。
2007-07-28 17:03 この記事だけ表示   |  コメント 3
まぶしい日ぴかぴか(新しい)。日差しの輝きが日ごとに夏らしくなっていきます。梅雨明けの宣言も徐々に北上していますね。10代や20代のはじめのころは、梅雨が明けた、夏が来たと、思うだけで心拍数が上がって、わくわくして鼻血でも出そうな勢いがありましたが、このごろはそんなこともなくなっちゃった(遠い目目)。

今月に入ってからいろいろ受けた健康診断の検査の中で、ひとつだけ再検査が必要になったので、今日は朝から病院へ行きました。初診の時のお医者さまの口ぶりと、自分の野生のカンで、多分だいじょうぶだろうなぁと思っていたら、はたして再検査の結果も問題なしと出ました。なんともなくてほっとしたせいもあるけれど、診察室での先生と看護師さんのやりとりを思い出しておかしくて、半笑いになって、支払いをすませたのです。

診察室で、にこやかで優しげな年配の看護師さんに「ベッドに横になってください」と言われたのでそうすると、その看護師さんが、ばさっとざんばらになったわたしの髪を見て、「まぁ、きれいな髪ねぇー」と言われました。気恥ずかしいので、あ、どもども、とか、いやまぁそんなたいして、とか、横になったまま、もごもご言っていたのですが、看護師さんはさらに続けて、「ほんとに素敵ですねぇ、長い黒髪で、ねぇ、先生?」と先生のほうに向かって言われるのです。そのとき先生の姿はわたしの位置からは見えませんでしたが、その話題はまずいんじゃないかと気が気ではありませんでした。だって先生は髪が、えーっと、あんまりというかほとんどないので。それでも看護師さんは、「ねぇ、先生?るんるん」と、とっても楽しげなのです。先生は検査の準備をしながら、「うむ、みどりの黒髪だな」と言ったあと、ぼそっと、「わしも、欲しい」と言われたので、不覚にもわたくし、ぎゃはははと笑ってしまったのでした。コントみたいでした。
2007-07-27 18:08 この記事だけ表示   |  コメント 3
昨夜は暑くて寝苦しかった。夜中に目覚めた頃に、ざーっと雨が降り出したので、これで涼しくなるかもと期待をしたのですが、かえって蒸したようで、明け方近くまで、暗闇で寝返りばかりうっていました。今日も暑い日でした晴れ。さすが、夏。いつもはカーディガンなど、何かはおるものを着ている人が多い会社も、半そでの人が目立ちました。

まきちゃんは、今週いっぱいで会社を辞めるのですが、わたしは明日は出勤予定日ではないので、今日でお別れということで、帰り際、声をかけようと顔を見たとたん、涙が出そうになったので、こらえるのに必死でした。まきちゃんのほうは、わたしのほうを見て、まこちゃん、と言ったきり、あとが続かず、大きな目からぼろぼろと涙をこぼしました。まきちゃんとは、同期入社で、社員番号もおとなり同士なので、入社したばかりの頃は席もおとなりだったりして、以来仲良くさせてもらっていました。年は、わたしとちょうど10歳違いで、もちろんわたしのほうが上なんだけれど、わたしよりずっとしっかりしていて、仕事もよくできるので、よくいろいろフォローしてもらいました。この会社も入社してから今年が10年目で、10歳下のまきちゃんは、わたしが入社した時と同じ年になっていることに気づいて月日の流れを感じます。これを書きながらあんなことこんなことを思い出してうるうるたらーっ(汗)。まきちゃん10年間、お疲れさま。お元気でね。ご近所だから、またうちに遊びにいらっしゃいね喫茶店
2007-07-26 20:10 この記事だけ表示   |  コメント 1
20070725_2003_000.jpgうちに帰ると梅雨があけていました。車を走らせる道の上には夏の空が広がっています。ただいま。短い旅でしたがゆっくりできて楽しかった。お勉強もできましたし。あてがはずれて少しかなしい思いをしたりするようなできごともありましたが、それも旅の趣に色を添えてくれたのだと思うことにしましょう。おみやげや小物を買いにいろんなお店をひやかしているうちにアンティークの小さなお店で、鍵をみつけました。ずっと昔のヨーロッパのどこかの何かの鍵なのだとお店の人は言っていました。いくつも手にとってみて、小さいけれど、ずし、と重いその鍵に、わたしを買いなさいと言われたようで、直感で買ってしまったのは、きっと開けたい扉があるからなのでしょうね。
2007-07-25 20:37 この記事だけ表示   |  コメント 4
matatabi.jpgまた雨。雨には少々飽きました。昨日書いた小さな歌を今日は仕上げて、何度も歌ってみています。今日100回歌って、何日かほうっておいて再び100回歌ってみたときに、飽きずに同じ感動が得られればできあがりです。内側からわいてくる想いのような何かを100回歌うことで外に出し、少しずつミクロなチェンジをくりかえしくりかえしながら、歌い方、演奏の仕方として今度は外側からカラダに刻み付けるようなイメージです。そしてほうっておくときは、種をまいて育つのを待つような気分です。うまく芽が出て育ちましたら、どこかのライブでご披露できますが、どうなることやら。


書いていることと写真がことごとく違っておかしな感じですね。今日からこのブログをご覧になった皆様へ、この写真が出たら、ハマダはお出かけなのですよ。というわけで、明日から、ちょいとお留守にします。このたびは荷物を減らそう大作戦にて、パソコンを持ち歩くのをやめてみることにしますので、旅先からの書き込みはできません。ほんの2,3日なので、帰りましたら、またお会いしましょう。
2007-07-22 16:07 この記事だけ表示   |  コメント 6