視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
浜田開府400年記念事業 浜田真理子コンサート
場所:石央文化ホール・大ホール
出演:浜田真理子、加瀬達、檜山学、伊藤大地、MARINO、久保田麻琴(音響ミックス)
日時:2020年2月2日(日)開場13:30 開演14:00
料金:大人3,000円(当日3,500円)全席自由    学生(中高大学生)1,000円(当日1,300円)    小学生 無料 *未就学児不可
プレイガイド:石央文化ホール、浜田市教育委員会、みずほ楽器、ブックセンタージャスト、ラ・ペアーレ浜田、世界こども美術管、石正美術館、江津市総合市民センター(江津市)、いわみ芸術劇場「グラントワ」(益田市)
浜田真理子ライブ@ビルボードカフェ
日時:2020年2月27日(木)
出演:浜田真理子 ゲストMarino(sax)
場所:ビルボードカフェ&ダイニング@日比谷ミッドタウン http://www.billboard-live.com/cafe/
時間:開場18時 開演19時半
料金:指定席4500円 (要1ドリンク&1フード)
チケット販売情報: 2019年12月21日(土)15:00販売開始 ■チケットぴあ ・インターネット予約 : https://w.pia.jp/t/hamadamariko-t/ ・電話予約 : 0570-02-9999 [Pコード] 173-475 【お問合せ】 03-6273-3355(ビルボードカフェ&ダイニング)
CD/DVDを買う
さわやかな秋晴れでした晴れ。仕事だったので、窓の外を眺めるだけでしたけど、光の感じが見るからにすがすがしげでした。今日は青空だったけれども、明日は曇りそう。秋のお天気は気まぐれです。

休憩時間に『現代語訳般若心経』(by玄侑宗久)を読んでいたら、「わかることはわけること」という表現があって、おもしろい考え方だと思いました。そうですね。わたしたち、なんでも分類するのが好きですよね。そうしないと落ち着かないのですね、きっと。わけた瞬間にわかったつもりになったりして。きっちりわけようとしなくても、わからないことがわからないまま、あってもいいのでしょうね、ほんとは。現代社会に暮らしていると、とかく頭でっかちの知識人間になってしまいがちですが、あまりなんでも頭だけでわかろうとしないほうがいいなぁって、反省してみたりしました。それにしても、この本は、普通の訳本とは違ったアプローチのしかたで般若心経を説明していて、一度は読み終えてしまいましたが、あんまりおもしろいので、もう一度読みかえしているのです。別に仏教徒ではないのですけれどね。秋の夜長にいろんなこと考えています。
2007-10-03 19:17 この記事だけ表示   |  コメント 3
20071002_0622_000.jpg朝は曇り空曇り(なんか、「春はあけぼの」みたいな書き出しですが)。宍道湖にうかぶ嫁が島の上にも灰色の雲がたちこめていました。あれは、銀ねず色だなぁなんて、ウォーキングをしながら、宍道湖に向かって立つと背中のほうから朝日が少しずつ高くのぼってきます。前は黒雲、背中には朝焼けといった美しい色のグラデーションが楽しめました。だんだん朝日の力に押されて雲が向こうへ消えていったのですが、ちょうど目の前の光と影の分量が半々ぐらいかなぁと思ったとき、突然、虹があらわれました。手品みたいだわと思いました。だって、ほんとうに突然でしたもの。ぼうっと突っ立って、刻々と変化する虹色に見とれていたら、その虹、すぐに消えてなくなりました。その間3分くらいかしら。いいもの見たなぁって、今日がいい日になりそうな予感を持って仕事に行ったのですが、眠かったこと。今夜はぐっすり眠れるかも眠い(睡眠)

☆viscontiさん、初めまして。さすが熊本ぐらいになると、30度でも涼しく感じるのですねー。北海道では雪がちらついたそうでもありますし、なんか、日本って広いですねぇ。来年は、九州でライブをする計画もございます。お会いできるといいですねるんるん

☆☆このごろは、父方母方とわず、いとこのみなさんの書き込みがちらほらみられてびっくり。ありがとねー。由紀ちゃん、敦子ちゃん。おじさんおばさんによろしくねー、とまとめてレスをしてみたり。
2007-10-02 19:12 この記事だけ表示   |  コメント 3
さわやかな日でした。朝は寒いくらいでしたよ。関東地方から北は冷えて、九州地方ではまだ残暑ともいえるほどの暑さだと、ニュースで知りました。ここ松江は、その中間くらいな気温とお天気だったかもしれません。さて、コメントをたくさん、どうもありがとうございました。お久しぶりさんや、初めましてさんの書きこみ、うれしく読みました。どもども〜。毎年のことですが、誕生日があけて家の中のカレンダーをめくってまわると、神在月です。そろそろ来年のご縁がいろいろと決まっていくのねぇ。鬼が笑うかもと言いつつ、わたくしも来年のこと、考えはじめています。ああ、それより前に、横浜ライブのこと考えなきゃ。もうすぐですね。また、あの紅葉坂を通って音楽堂へ行くのですね。なんか、どきがむねむねします。

☆ちふみさん、時がかなしみを少しずつ、何か別なものにかえてくれて、元気をとりもどされることをお祈りしています。
2007-10-01 21:59 この記事だけ表示   |  コメント 3
20070930_0756_000.jpgおかげさまで、本日、わたくし43歳の誕生日を無事に迎えることができました。メッセージやメールなどいただきまして、ありがとうございます。子供じゃあるまいし、誕生日で大喜び、大騒ぎするのも恥ずかしいかしらとも思いましたが、こうしてお祝いをしてくださる人がいるのはありがたいことだなぁと、そのことがとてもうれしいのです。昨夜は仲良しさんが、一日早い誕生会をしてくれて、おいしいお食事をいただいて、雑談に花を咲かせました。日付が変わってうちに帰ると、留守中に届いていた、妹や姪っ子、甥っ子からのプレゼントがテーブルにおいてあって、不覚にもちょっとうるっとしてしまいました。どうもありがとう。ケーキは、わたしもハリネズミ、針供養になりそうだったので、キャンドルは5本だけ。わははは。何本だっていいじゃないの、幸せならば。これからも、ハマダ、こころを入れ替えて、あ、いや、入れ替えなくてもいいのですが、さらに心身ともに磨きをかけまして、みなさまに楽しんでいただけるように精進したいと思っております。どうぞよろしくお願いいたしまーす黒ハート
2007-09-30 14:30 この記事だけ表示   |  コメント 20
20070928_1431_000.jpg朝のうち、本屋に出かけて何冊か本を買って帰りました。その本屋さんにはいつも何かしら特設のコーナーがあるのですが、今回は、人文哲学歴史といったようなジャンルで本が並べられていて興味をひかれたのでうろうろ。先日、出雲大社のライブで神話の話をしたりしたせいで、また神話を読みかえしてみたくなりましたので、何か関連のおもしろい本はないかなと探しているうち『日本神さま事典』というのを見つけたので、購入しました。あとは、『現代語訳般若心経』(by玄侑宗久)と、小林秀雄。

お昼前から、雨が降ってきました。昼ごはんを食べて本を読んでいたら、うとうとしてきて、ついそのまま眠り込んでしまいましたが、寒くて目が覚めました。秋の雨は冷えますね。うたたねはだめだめ、風邪のもとです。気をつけなきゃ。

午後からはずっとぬり絵をしていました。ミュシャが好きなのよ、って言ったら友達がぬり絵をくれたので。カレンダーの裏がぬり絵になっているやつです。お手本を見ないでぬってみて、あとでみくらべてみたらやっぱり、本物は色がきれいだなぁ。色そのものというより、その色が消えてしまうような、影がじょうずにまぜて描かれているんだよね。
2007-09-28 20:52 この記事だけ表示   |  コメント 6
20070927_2240_000.jpg今年は十五夜さんはまんまるじゃなくて、立待月の今夜のお月さんが満月なんですね。不思議なので、どうしてかと調べてみたら、月の軌道だとかの関係みたいです(アバウトな言い方ですけれど)。八朔(旧暦8月1日)から数えて15日目が十五夜さんであるのはまちがいないけれど、月が満ちるまでの日数はそれより、すこぅしだけ長いので、年によっては1日ずれたり2日ずれたりすることもあるのですって。そういうわけで、また月見満月。このごろは、夜冷えますので、お月見しすぎて、風邪をひかないようにしましょう。

☆板チョコのカタチをしたパズルを見つけたので、こないだから暇をみつけてはやっています。簡単そうに見えたけれど、これが難しくて何度やってもできませんでしたが、昨夜なにげなく、どうせできないだろうという諦めモードでテレビを見ながらやっていたら5分もしない間に全部はまってしまいました。びっくり。無心(というよりは無欲)でやってみるということはこういうことなんだなぁと、変なふうに感心してはみたけれど、自分でも適当にやっていたらできてしまっただけなので、もう一度ばらばらにしてやってみる勇気がありません。二度とできる気がしないもの。
2007-09-27 22:51 この記事だけ表示   |  コメント 2
高い空にいい月がでています。朝にはまだ雨が残っていたけれど、うまい具合に晴れました。雲がかかりそうでかからないのがいい感じ。風も涼しいし。今日のわたくし、ちょいといいことがあったので、ひとつ月を眺めて祝い酒でも、と思いましたが、やめときます。また、夢になるといけねぇ。いやいやいや、それは落語。そうじゃなくて、ほんとは、明日も仕事だから。週末ゆっくりいただきましょう。それにしても、あのまんまるお月さんは、西行さんも、土方の歳さんも見たはずの月。嗚呼。ため息ひとつ月ひとつ。
2007-09-25 21:29 この記事だけ表示   |  コメント 4