視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
いや〜、おもしろいですねー、『ちりとてちん』(NHK朝ドラ)。毎朝楽しみしています。明日は日曜日だからお休み。つまらんのぅ。草々さんがかっこいいわ〜黒ハート

さて、今日もいろいろライブの練習をしたり、楽譜をつくったりしておりました。まー楽譜って言っても名ばかりで、音符なんていっこも書いてなくて、むしろ地図、って感じですけどるんるん

いろいろみなさま、マニぃ情報(ぷ)ありがとうございます。これからもどしどしお寄せくださいね。

今日はうちのみねっちが、公民館の文化祭にボランティアで出かけてきて、一日たこやきを焼いていたそうで、たこやきくさくなって帰ってきました。と、書いていたらたこやきが食べたくなりました。秋はいろいろおいしくてなんだか食欲が増しますねぇ。いけないいけない、抑えて抑えて。(ハマダ・ザ・ダイエット)
2007-10-27 21:49 この記事だけ表示   |  コメント 8
こんばんは、まりもっこりです(ぃゃぃゃぃゃ・・・またこの話題で盛り上がれるとは。あはははは。Nomzieちゃんありがとう。しかし、なんで女子だけのおみやげなんでしょうか。あははは)。台風が発生したようで。まあ、季節はずれなんだか、ほんとはこういうものだったのか、よくわからなくなってきましたが、進路にあたるみなさま、どうぞお気をつけてね。今日は、松江も雨が降ったりやんだり。ときどき激しく降りますねぇ。いやだわー、秋の雨は冷えるから。さて、今日はDVDを見たり、ライブのことを考えたりしているうちに一日が過ぎてしまいました。そんなに言うならいっちょ出かけてみようかしらん、というお近くの人のために再度ライブ情報を載せてみますね。あ、それから、遠くの人のために観光情報お待ちしています(ケイさんありがと〜揺れるハート)。秋の京都は人気のようで、本屋さんにも死ぬほどガイドブックが並んでいますが、それらに載らないようなマニぃ情報でも結構ですよぅ。今回は出演のみなさんとリハーサル(というか、練習というか、)をするので、ハマダも少し早めに京都入りいたします。リハのすきまに観光できるといいなぁ、なんて思っています。
ではでは、以下ライブ情報で〜すキスマーク

11月4日sun. 17:00open /18:00 start

京都精華大学「turn turn turn」 浜田真理子+鈴木祥子+ふちがみとふなと

参加費:前売¥2,500(+郵送事務費¥200)/当日¥3,000 会場:京都精華大学 明窓館-201(京都市左京区岩倉木野) 出演 浜田真理子 鈴木祥子 ふちがみとふなと スペシャルゲスト 大友良英
http://turn.shin-bi.jp/concert.html#day071104
2007-10-26 21:14 この記事だけ表示   |  コメント 6
今日は気温が高かったけれども、夜になったらやっぱり普通の秋の夜になりました。月は会社の帰りにはまだ明るい空にこれみよがしに大きく白い姿をみせていましたが、夜になったら雲の後ろにかくれてしまいました。雨まで降ってきたみたい。あらら。

京都精華大学のライブイベントは、大友良英さんがスペシャルゲストで来ていただけるようです。すごいなー。出し物を、みんなでこんなことあんなことをしたらいいのでは、なんて思いつつ(にやにやと)今日は仕事をしたのです。

読書の秋、わたくしは、『モオツァルト・無常という事』(by 小林秀雄)を読んでいます。おもしろいです。が、難しいです。が、難しいところはとばして読めばいいので(いいのか)、ところどころ、わかるところをこころにひっかけて読み進めております。そういうわけで、モーツァルトが聴きたくなって、ちょいとCDをかけてみたりしているところです。ふむふむ、これを聴いて、あのように書けるのだから、批評家という人はたいへんにあたまがいいのだなぁなんて、しみじみしています。
2007-10-25 21:33 この記事だけ表示   |  コメント 1
体がだるいので、風邪気味なのかなと思っていましたが、どうやら風邪ではなく自律神経の不調みたいです。昼夜の気温差になかなか体がついていけないようで、季節の変わり目はいつもちょっとだけ体調をくずすのです。今日はお天気がよくて、気分も上々。どうぞご心配なく。空気も乾燥しているので、今日は加湿器を出しました。これを乗り越えると体が秋冬仕様になるのだと思えば気がまぎれますが、みなさまにおかれましても、睡眠や栄養はたっぷりとりましょうね。

☆たくさんのはじめましてさんのコメント、どうもありがとうございますハートたち(複数ハート)京都でお会いできそうな方もありそうですね。楽しみにしております。鈴木祥子さん、ふちがみとふなとさんとのセッションタイムなどもあるので、今みんなで選曲など考えているところですよ。ハマダにとっては、今年最後のライブになりますので(はや、)はりきっていますよぅぴかぴか(新しい)
2007-10-24 19:25 この記事だけ表示   |  コメント 2
朝はとても冷え込みましたが、昼間はよいお天気になりました。今日はライブの練習をしたり、鈴木祥子さんのCDを聞いたりして、京都行きの気持ちを高めました。もうすぐですね〜。楽しみだなぁるんるん紅葉前線は、京都まで来てるのかしらん。そして、夕方は着付け教室に。名古屋帯の結び方は合格したので、半巾帯の結び方のバリエーションを習っています。帰り道、空のずっと高いところにいい月が出ていました。明日は十三夜やや欠け月
2007-10-22 20:58 この記事だけ表示   |  コメント 4
朝晩ひえこみますね。今朝はとても寒かった〜。とうとうストーブを出しました。今年は灯油が高そうなので困ると母がこぼしていました。暖冬だといいけれど。今日は松江はどう行列の日でした。ニュースで見ただけですが、盛況だったみたい。午後からはお友達と出かけたりして、二人で恋について、愛について、お話をしました。みんなせつない想いを抱いて日々暮らしているんだなぁと秋の夜長、しんみりしてしまいそうになったので、ホームセンターのワゴンで480円で買ったDVDを見て気をまぎらわすことにしました。『深夜の告白』。ビリー・ワイルダーとレイモンド・チャンドラーの共同作品のサスペンス映画でした。さすが二人の共作とあって、セリフが洒落ています。洒落てますけど、あんまりキザ過ぎてちょっと赤面してしまいそうな場面もあって、おもしろかった。コメディさんとハードボイルドさんは意外とご近所同士だなぁとか思ったり。犯人が追い詰められるところは、でも、どきどきしてしまいました。
2007-10-21 22:18 この記事だけ表示   |  コメント 7
横浜から帰って会社に戻ると、仕事が山盛りで、残業をしたりもして昨日の夜はへとへとでした。今日はお休みなので、少しゆっくりしてみるつもりです。今日は寒いです。暖房費の節約に、着物を着てみました。あたたかくていいわぁ。

実は9月から、週に一度、着付け教室に通っています。そこでいただいたご縁から、10月からは小唄も習うことにしました。小唄のほうは、まだ数回ほどのお稽古しかしていませんが、楽しいです(でもすごく難しい〜)。着付けにしても小唄にしても、お稽古そのものにプラスして、いろいろおまけで習うことができるのが、うれしいところです。例えば、着付け教室では、お辞儀のしかた、ご挨拶のしかた、立ち居振る舞いについてなど、昔の人にとっては当たり前のことで、わざわざ項目立てて習うことでもないのですが、わたしのようながらっぱちには、新鮮でためになります。

小唄のお師匠さまは83歳のご婦人ですが、とてもさっぱりとして、ユーモアがあって優しい方。その昔の花柳界のしきたりだとかお作法だとか、雑談の中にまじって聞けるのが楽しいのです。三味線の弾き歌いがしたいのです、というわたしの無謀な希望にふんわり笑って、それならまずは小唄のお稽古を先にして慣れたら三味線のお稽古もはじめましょうねと言ってくださいました(わーい)。歌えば歌うほど日本音階恐るべし!!!と思うのですが、テキストも何もなく、ただ先生の口もとを見て歌詞を書き取り、自分で節まわしを書き込む、という昔ながらの口伝の術、西洋音楽に触れているとついついメロディを音符にしようとしたり、リズムを拍で数えようとしたりしてしまいがちになりますが、そういう衝動をぐっとこらえて、楽譜や理論じゃないところで聞いたまま見たままを直接体得する、という感覚、使っていなかった体の機能をも刺激するようで、毎回わくわくしています。ちゃんと歌えるようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうだけれど、あなたはわたしの(歳が)半分ほどね、若いわねぇというお師匠さまの言葉を思い出して、時間じっくりかけてみようかなぁと思っている今日この頃です。
2007-10-19 11:11 この記事だけ表示   |  コメント 8