視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
bunraku-senbei.jpg行く、逃げる、去る。昔の人はうまいことを言ったものだと感心します。とりたてて何をこうしたああしたという実感のうすいまま、今年もはや三月になってしまいました。いかがお過ごしですか。先日は夜中から明け方にかけて雨と風と雷でやかましいこと、ひょっとして春一番だったりしてとぼんやり考えていたら、はたしてそれが春一番だったとあとで知り。昨日と今日は比較的おだやかであたたかい松江ですが、明日の予報は大きな雪マークで、さながら三寒四温を絵に描いたようです。行ったり来たりしながらゆらゆら春は近づいて、花粉は飛ぶやら、昨日あたりからは黄砂も飛んで車がきちゃないったらありゃしない。ひな祭り、梅の花、花粉に黄砂、そして文旦。春が来たって感じるのはどんなときですか。


ぴかぴか(新しい)母といっしょに文楽の公演を、出雲は大社のうらら館に観に行ってきました。あぁ、すばらしかった揺れるハート昼と夜の二回公演が行われ、わたしたちが観たのは昼の部の『近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)』の「四条河原の段」と「堀川猿廻しの段」、そして『義経千本桜』の「道行初音の旅」、春らしいはなやかな演目でした。お人形のかわいらしさ美しさは言うまでもなく、浄瑠璃の語りも朗々と、また三味線のでんでんが体に響いてふんわり夢心地でした。物語に引き込まれて泣いたり笑ったりしたのはもちろんですが、この日のために予習のつもりで読んでいた有吉佐和子さんの『一の糸』を思い出して、粛々と芸をなさる人形遣いの方々や、語りの太夫さんや三味線さんの修行のご苦労や舞台裏などを想像したりして胸が熱くなりました。文楽を生で観るのはわたしも母も初めてでしたが、とても楽しみました。帰りの車の中で母が何度も何度も「すてきだったねぇ、すごかったねぇ」と繰り返していました。るすばんのみねっちにお土産をと文楽せんべいを買いました。


さて、みねっちといえば明日は卒業式。これでいよいよ学生生活とさよならです。親としてはちょっぴり肩の荷がおりたようで、ほっとしています。なぁんて、えらそうに。まぁ、ほんとのことを言えば、母や妹や周りの人、そしてみねっち自身に頼りっぱなしで、わたしはなんにもしていません。肩に荷が乗っているという自覚さえあんまりなかったのではないかと思いますし。むしろわたしが育ててもらったのじゃないかと今にしては思うわけです。それでも、長かったかと問われれば長かったとこたえましょうし、あっという間でしたかと問われればあっという間でしたとこたえるようでもあり、今となってはよくわかりません。こういうわからなさをきっと感無量というのでしょうね。


☆ライブツアーのチケットを草々に、いや、まちがえた(とかね、ちょっと書きたかっただけ)、早々に手配いただいたみなさん、ありがとうございます。お会いできることを楽しみにしておりますよーハートたち(複数ハート)


☆☆お知らせ
先日もお知らせしましたが、今夜9時からBSS(山陰放送)ラジオにて「谷口あつしのラジオマンデー」に出演いたします。山陰地方のみなさま、お時間がありましたらどうぞ聞いてね〜るんるん
2008-03-03 13:22 この記事だけ表示   |  コメント 7
cup.jpg早いもので、二月の最終週に入りました。このごろは一週間の内にコートもいらないほどあたたかい日があるかと思えば、翌日には吹雪いてみたりで、気温の変化についていくのが大変です。いかがお過ごしですか。体調をくずしてはいませんか。わたしは元気ですよ。四月からのツアーに向けてそろそろと準備もはじめています。それぞれの場所で、どんなみなさんにお会いできるのか、どきどきしながらとても楽しみにしていまするんるん


黒ハートだいすきな、『ちりとてちん』も、あとひと月ほどで終わってしまいます。先日もふちがみじゅんこさんと(あ、じゅんちゃん、書き込みありがとー!こちらこそまた追っかけしまーす手(グー))「4月から何を楽しみに生きてゆけばよいのか」と、ともにため息をつきました。昨夜は草々さんが夢に出てきて、何か話しかけられたのだけれど、緊張して話ができませんでした。くぅー。せめて夢の中くらいは緊張せずに過ごしてみたい、そんな残念なハマダです。


くつ吹雪と吹雪の間の日、お天気のよい日に宍道湖のほとりを散歩しました。湖面にはたくさんのカモが見えます。ぼんやりと歩いていて、カモが鳴くことを知りました。はじめは気のせいかと思ったけれど、三回くらい聞こえたので、多分そうなのでしょう(三回とも気のせいということもありますが)。カモは「きゅうぅ〜〜〜」と鳴くのです。「きゅうって君、」とひとりで湖に向かってツッコんでみました。


喫茶店ときたま寄るカフェで、ラテを注文して本を読みながら飲んでいたら、カップの内側に年輪のようなあとがついていました。まるで目盛りみたいに、線があんまりきれいについたものだからおもしろくて写真を撮ってしまいました。マウスフルというわけではありませんが、ひと目盛りがわたしのだいたいの一口サイズです。特に知りたくもない情報でしょうけれど。


本図書館で借りた本の中で、おもしろかった二冊。『サックス医師の平凡な日常』(by マルタン・ヴァンクレー)と、『ペンギンの憂鬱』(by アンドレイ・クルコフ)。後の一冊は、特に楽しみました。憂鬱症にかかっているペンギンと暮らす売れない短編小説家の話。その小説家の男はお金をかせぐために、まだ死んでいない人の、新聞の死亡記事を先に書いておくという仕事をするのですが、なんだか設定といい物語のすすみぐあいといい不思議な(変な)話で、けれどその不思議さに違和感がないのです。そこが素敵なところ。
2008-02-25 17:50 この記事だけ表示   |  コメント 8
birthday0216.jpg先週は、いっときお天気がよくて、ひょっとするとこのまま春になるのかなと淡い期待をしていましたが、そうは問屋がおろしませんでした。その後急に冷えて、松江も雪だるまがつくれるほど降りました雪。お天気予報の等圧線もたてこんで、日本列島はしまうまみたいになって、大荒れだったこと!氷点下の北国のニュース映像があんまり寒そうなので、思わずこたつに深くもぐりこんでしまいました。お元気ですか。今朝のわたしはからだのあちこちが少々筋肉痛。足の痛みは、雪道でころびそうになったのをぐっと力を入れてふんばって、もちこたえたため。腕や腰の痛みはたぶん雪かきのせい。軟弱です。


本最近は本を図書館で借りて読む楽しみを知りました。何を今さらと笑われそうですが、増えるばかりの本の置き場所に困るようになってきたのと、本に限らず身の回りのものはできるだけ少なくしたいと思うようになったのが通うきっかけになりました。ごそっとまとめて借りて、ごそっと返すのは楽しいキモチです。人気の新刊本はなかなか順番がまわってきませんが、そのかわり書店にはないような古い本に出会うことができるのが魅力です。先日は、川口松太郎氏の『鶴八鶴次郎』を偶然見つけることができて喜びました。


週末には、ライブハウスバースデイにて、お待ちかねのふちがみとふなとライブ。よかったなぁるんるん。『池田さん』という歌、だいすきで、またしても涙が出てしまいました(この歌で泣く人はいないとじゅんちゃんに笑われたけど)。アンコールではわたしも数曲まざってセッションをさせてもらって大いに楽しみました。ライブのあとでは、ママさんのおいしいお料理をいただきつつ、『ちりとてちん』についてじゅんちゃんと思い切り話すことができて(最近はふなとさんもハマっているそうです)満足でするんるん。夜更けまでそればっかり話して、結局は塗り重ねたものがいい模様になって出るんだよねぇなんて、塗り箸のこととも歌のこととも人生のことともつかぬシメをして解散しました。また山陰に来てくださいね。(写真は、米子在住の写真家のpicoさんにもらったものです。picoさんありがとー。)


☆期間限定音源が更新されました。『アンダンテ』のパーソネルは次のとおりです。
浜田真理子(ピアノ、ヴォーカル)
ノグチアツシ(ギター、アレンジ)
芳垣安洋(パーカッション)
四家卯大(チェロ)
江藤直子(チェロアレンジ)
ZAK(録音エンジニア)

☆☆ツアーの詳細が発表になりました。お会いできるといいですね。たくさんのお出かけをいただきますよう、よろしくお願いいたしまーすハートたち(複数ハート)

☆☆☆ラジオ出演のお知らせ
3月3日(月)夜9時〜10時山陰放送ラジオ「谷口あつしのラジオマンデー」山陰地方のみなさま、どうぞ聞いてくださいね。
2008-02-18 11:35 この記事だけ表示   |  コメント 14
20080210121916.jpg一週間のごぶさたです。いかがお過ごしですか。毎日寒いけれど、一日一日春に近づいている感じがします。今日の松江は晴れ。日差しが明るいのでうきうきします。さて、先週末、島根県益田市のグラントワへ映画『うん、何?』上映会&ミニライブのため行ってきました。同じ県内でありながら、益田市へ行くのはわたくし、初めてでどきどき。ライブ前日ひとりで特急電車に揺られどろ酔いになりながら(ははは、弱い〜)、でも益田駅に降り立った時はついに念願の益田に来ることができたわと感動しました。グラントワ美術館へ行ったり、駅前のジャズ喫茶でお茶したり、つかの間の益田ライフを楽しみました。イベント当日はノグチアツシさんや、FM山陰のおがっちさんも合流して、楽屋でわーわーゆうとりました。寒い中たくさんの方々においでいただきました。ありがとうございました。グラントワってすごい建物ですねー。建物の外壁に石州瓦が何万枚も貼ってあるのには、びっくり。映画はまだ公開していなくてプレミア試写の段階なのにリピーターが出ているそうですよ。5月の公開が楽しみです。(3月には東京、大阪、岡山でも試写会があるそうです。どうぞお出かけを)


イベントの翌日には、帰り道ノグチさんとおがっちさんと三人で三隅の石正美術館に寄ったり、江津市民センターでの新春寄席東西落語会を見たりして石見路を満喫しました。その道中の陽気なこと〜るんるん『ちりとて』効果なのか、落語会の客席は満席で、立ち見も出ておりました。大きなホールで落語を聞くのは初めてでしたが、とてもおもしろく、ノグチさんもおがっちさんも大喜びでした。桂吉弥さん(徒然亭草原さん)も出演なさっていましたが、もちろん演目は「ちりとてちん」でしたよ。ああ、楽しかった。

☆写真は、イベント後。撤収作業中にふたたびステージにもぐりこんでこっそりおがっちに撮影してもらいました。ものすごく無理な姿勢のカメラ目線です。

☆☆さて、ハマダの「ちりとてメール仲間」の、ふちがみとふなとが、いよいよ今週末(16日)松江にやってきます。わーーーーい。場所は松江のバースデイ。もちろんハマダも参加(乱入?)いたしますよ。ぜひぜひお出かけいただき、ふちふなワールドにひたっていただきたいなぁと思っています。
(お問い合わせは0852-21-0120バースデイまで)

☆☆☆もうすぐ、4月のハマダライブハウスツアーのお知らせをいたします。どうぞよろしくるんるん
2008-02-11 11:21 この記事だけ表示   |  コメント 11
鬼はそと福はうち。豆まきはしましたか?新年が明けてからあれよあれよという間に節分が来て、今日は立春。けれど春と呼ぶには程遠い寒さで、天気予報はずっと雪だるまマークです(降ってないけどね)。道路の凍結にすってんころりんと転ばぬよう気をつけましょう。雪の予報はなんだかいつもはずれる感じがするような気がするのは、きっと雪だるまの絵雪のせいですね。雪だるまのマークって、「雪だるまが作れるほど雪がすごく降る」というイメージがありますけれど、雨に混ざったみぞれやら、花びらみたいにちらちら舞う程度でも、雪とくれば、あのマークを使うしかないのですものね。今朝、いつもと違うチャンネルのお天気予報をなんとなく見ていたら雪のマークは雪の結晶のデザインでした。ちょっと新鮮に感じました。

さて、先週、会社の閉所式が食事会とともに市内のホテルで行われました。いよいよほんとうに会社とお別れです。すっかり片付けの終わった事業所の写真を見せてもらうと、わたしたちが10年仕事をしたパソコンも机もいすも棚も全部運び出されてがらんとしています。ちょとしんみり。食事のあとで、「ひとり一言ずつ何かどうぞ」という所長の提案で、マイクが回されてみなが短く別れのあいさつをすることになりました。わたしの順番がきて、よっしゃ、ここで何か一発最後のギャグを、と思って話し始めたはよいけれど、話しているうちに万感胸にせまり、うるうる絶句してしまいました。女の子ばかり30人あまりが10年もいっしょに働くだなんて、女子高より濃い不思議な空間だったと思います。ほんとに楽しくてよい会社だったなと思います。わたしは仕事のできないだめだめ社員でしたが、みなさまのフォローのおかげでなんとか最後まで勤めることができて感謝しています。お世話になりました。また、同窓会しましょうね。再会を楽しみにしています。どうかお元気で。さようならるんるん

翌日うれしいニュースが入りました。美音堂スタッフI氏のところに待望の赤ちゃんが生まれました。わーい!おめでとう===。なんだか人ごとではなく、うれしくてうきうきします。孫ができたらこんなキモチかしらねぇー(え?え?え?)写真見せてと頼んだら、携帯メールを送ってくれました。名前のまだない女の赤ちゃん、かわいーぴかぴか(新しい)こんにちは、赤ちゃん、わたしがハ・マ・よるんるん

☆山陰放送ラジオ『日曜隠れ家ぶんしょう堂』を聴いていただきありがとうございました。リクエストやメール、喜びました。番組終了後、木野村尚子アナと局のロビーでお話をしているうちにひょんなことから、午後からの彼女の番組『えむビーンズ』にも出演することになり、急遽ばたばたとスタジオに乱入することになりました。楽しかったー。板井アナ、木野村アナ、どもどもありがとうございました。

☆☆今週末はいよいよ益田グラントワへ。映画『うん、何?』のプレミア上映会で、ノグチアツシさんとミニライブです。上映は2回あるので、ライブも2回やりますよー。どうぞお出かけくださいねぴかぴか(新しい)
2008-02-04 11:46 この記事だけ表示   |  コメント 7
寒い寒い。まったく今朝の冷え込みといったら!朝起きたら体がかたまってました。風邪をひいていませんか。少しずつ寒さがやわらぐそうですが、油断は禁物ですね。

八王子夢美術館、そしていちょうホールにお出かけいただきましたみなさま、どうもありがとうございました。差し入れやお花など、お気遣いいただきまして、恐縮しつつも喜びました。このたびは座席数の関係で、入場券が抽選となったこともあり、せっかく応募してくださったのに、お越しいただけない方々もありました。ごめんなさいね。またどこかでお会いできますようにるんるん

さて、25日は早い時間に、まず夢美術館へ行って、林静一さんの個展を拝見しました。素敵でしたハートたち(複数ハート)。(この個展、2月3日まで開催されています。お近くの方、どうぞお出かけくださいね)。そのあと、いちょうホールの第一部では、林静一さんの映像作品をたくさん見ることができましたし、第二部ではライブの曲間になんと林さんとのトークタイムも!林静一さんはとってもお茶目な方で、トークの打ち合わせの時に、「じゃ、漫才しようか?ハマダさん、ボケとツッコミどっちがいい?」と聞かれたので、僭越ながらツッコミをさせていただきます、とお願いをしてみたのですが(ははは)。でも、あとで見ていた人に、「どちらもボケだったみたいな感じ」と言われました。きゃはははは。


そういうわけで(どういうわけで?)、初めての八王子、とても楽しみました。寒いせいもありましたが、空気が冴え冴えとしていて、満月を少し過ぎた月がとてもきれいでしたよ満月。美術館関係者のみなさま、お世話になりました。うれしかったです。この場をかりてお礼を申しあげます。

あ、そうそう。そのトークタイムで林さんがおっしゃったのですが、1970年ごろに松江に来られたことがあるそうです。その際、松江城の近くの小さい喫茶店に行ったら、女子高生がたくさん集まっていて井上陽水さんとかのフォークなどを聴いたり歌ったりしていたそうです。そのお店、「たしか『下水道』っていう名前だったと思うけど、ハマダさん知ってる?」ですって。下水道ってあなた・・・たらーっ(汗)。誰か、ご存知の方ありましたら教えてください。ハマダはその頃まだ生まれていなくて。なんつって。ぃぇぃぇ、生まれてはいましたが、幼少のみぎりでよくわからなかったのです。

☆お知らせ
2月3日(日)BSSラジオ『日曜隠れ家ぶんしょう堂』(朝9:00から11:00)に出演します。ハマダの出演は10時ごろだそうです。山陰にお住まいのみなさま、どうぞよろしく。

2月9日(土)益田市グラントワでの『うん、何?』プレミア上映会にて、舞台挨拶&ミニライブ(withノグチアツシ)を行うことになりました。どうぞお出かけくださいね。ハマダもグラントワに行くのは初めて!併設の美術館に行くのもとても楽しみです。詳しくはグラントワのHPにてご確認ください。
2008-01-28 14:22 この記事だけ表示   |  コメント 7
matatabi2大寒がやってきました。これで寒さもピークを過ぎて、あとは春を待つばかりと言うこともできますが、それはあくまでも暦の上の話で、実際には、まだまだ寒さが続きます。いかがお過ごしですか。先週のわたくしは、本を読んだりお友達とランチデートをしたり、小唄のお稽古に通ったり、みねっちとゲームをしたり(ははは)、そしてもちろんライブの準備をしたりして、比較的ゆっくり過ごしました。外に出る機会があまりないので、体がなまってしまいそうで心配です。ストレッチやヨガもしなけりゃと思っています(思うだけですが)。

マリコ的こころ、このごろは話題が小唄のことばかりで恐縮ですが、習い始めで楽しくてしかたがないのです。どうか大目にみてやってくださいな。お稽古は順調に回を重ねて、先日新しい唄をいただきました。三月に行われるお師匠さまのお弟子さんたちでつくる会の発表会で歌いなさいとのこと。ひゃーがく〜(落胆した顔)(ムリムリムリ〜)。わたくしが歌うことになる課題曲は、重ねた扇を男女のこころとこころ(あるいはからだとからだ)に見立てた『重ね扇』という艶やかな唄で、ことばも節回しも三味線も難しそう。ひゃーがく〜(落胆した顔)。「この唄、ハマダさんに、とっても似合うと思うのよ」とにこにこお師匠さまはおっしゃいましたが、たとえばどこらへんがですか?などと聞く勇気はなく、はぁ、そうですか・・・と、もごもご口の中で言うばかり。お師匠さまのお手本の弾き歌いをテープに録音させてもらって帰って、家で100億回くらい聞いているのですが、いまだメロディがつかめません・・・。

ああ、わたしの音感なんて、所詮こんなもの、とへこみ気分でロックンロールなわけです。このたびわたくしが、小唄や三味線を習うにあたってこころに決めたことは、決して西洋音楽の理論におきかえようとすまいということです。この『重ね扇』だって、メロディを音符に書き直したらどんなに簡単に覚えられるだろうとは思います。でも、そういう風に頭で理解して覚えてしまうと、音と音とのそのまた間(あいだ)の音だとか、休符ではない間(ま)だとかの大事なことが消えてしまうような気がします。興味深いのはお師匠さまの節回しやのばす音の長さなんかも、歌われるたびに微妙に違うこと。なんとおおらかなことでしょう。ですから、ことばや、節や、間や、呼吸といったようなものを自分の五感をたよりにして、できるだけそのまま飲み込むように取り込んでみたいと思うのです。そういう感覚は、もしかして昔は持っていたけれど今は失ってしまった感覚なのかもしれません。子供のころは、ただ、聞いて歌うことができましたものね。もちろん、西洋音楽を否定するわけではありませんよ。両方を体験しながらその上で、ピアノに向かって歌を歌ったらさぞかしおもしろかろうよ、と思うだけ。

お稽古の帰り際、「重ね扇はひとつのこころではだめよ。こころとこころよ」とおっしゃったお師匠さまの言葉がとても印象的でした。なにはともあれ、あと、100億回くらい聞いてテープに合わせて歌ってみたらなんとかなるかもしれません。ひゃーーーがく〜(落胆した顔)

☆それでは、明日からハマダ、またまた短い旅に出てまいります。行く先はもちろん八王子。おなじみの股旅写真、合成じゃねえのか、といつも言われるので、少し大きめに撮りなおしてみましたが、いかがでしょう?やっぱり合成に見えるって?はははは、こりゃ股、失礼。では、行ってきます。お出かけいただきますみなさま、お会いできますことを楽しみにしております。八王子、寒いそうですよ。あたたかくして行きましょうよ。あ、そうそう、夢美術館主宰のイベントですが、ライブ会場はすぐ近くの「いちょうホール」ですってよ。知ってた?(ハマダは知りませんでした。ははは)お間違えのないようにるんるんいちょうホールにちなんで、ハマダもヘアスタイルを大いちょうに結って行くつもりです(いや、冗談ですから)。
2008-01-22 13:13 この記事だけ表示   |  コメント 2