視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
unnnannbutaiaisatsu晴れ晴れの松江です。昨日の朝成田に着いてみんなでお別れの食事をして(すかさず蕎麦屋にはいりました。わはは。日本時間は朝でしたが、みなカツどんとか、めかぶそばとか、天ぷらそばとか食べていました。)、その後解散。お別れが辛かった〜(涙)。それからハマダはひとり羽田まで行って、もう一度飛行機に乗ってまっすぐ松江に帰ってきました。味噌汁のみてぇーと思っていたので、夕ご飯にお味噌汁や黒豆の煮たのとかが出てほっとしました。わはは。たったの10日間のことなのに、白いごはんが恋しくなるなんて、やっぱり日本人なんだわねぇ、わたくし。とはいえ、フランスの食事はおいしいし、なにしろ量が多いので少し体重が増えてしまいました。これからダイエットしないと。


さてさて、うちに帰ってきてから、ぼうっとニュースを見ていたら、映画『うん、何?』の宣伝が!ああ、そうでした、今日から松江で公開になるのです。舞台挨拶に来てくれと誘われていたけれど、帰ったばかりで体調をくずしたりしていたらいけないしと、きちんとお返事をしていませんでしたが、夜ぐっすり寝て、朝起きてみたら意外と元気。舞台挨拶はしなくとも、公開初日のおめでとうを監督さんに言いに行こうと思い立ち、あわてて用意して、松江サティに行ってきました。


今日は、錦織監督さんに加えて主演の橋爪遼くんと、それから遼くんのお母さん役をなさった宮崎美子さんもいらしているので、拝見できればと思っていたら、会場には音楽プロデューサーのノグチアツシさんもいらっしゃって、みなでわいわいお話をしているうちにあれよあれよという間に、舞台挨拶に立つことになってしまいました。照れるー。宮崎美子さんが美しい〜ぴかぴか(新しい)(顔がちいさい〜〜〜揺れるハート)。遼くんかわい=黒ハート。というわけでしどろもどろの挨拶になってしまいました。これから映画は松江、益田、そして順次全国各地に広がっていくのだと思います。楽しみ〜。9月には、ノグチアツシさんと映画公開記念のコンサートもいたします。映画もコンサートも、どうぞお出かけくださいね。というわけで、そのあと、FM山陰のおがっちさんやみなみん、それからノグチアツシさんと、焼肉やさんでランチをしてしまいました。ダイエットは明日からってことで。


☆さてこのたび、フランスという遠い地で歌を歌ったことで、いろいろなことを考えました。大友さんのブログでも、大友さんのお考えを知ることができますが、今回2箇所で行ったライブのお客さまの反応の違いはとても印象的でした。世阿弥の書に『風姿花伝』というのがあって、わたしがいつも心のよりどころにしているのですが、このたびの経験はその中の一節一節を思い起こさせ、やはり本質にまっすぐ向かうことしかないのだなぁと背筋が伸びるようでした。うまく説明ができませんが、何かが伝わるか伝わらないかということ、あるいは自分の信じる本質にせまれるかせまれないかということは、それはたとえば歌う言語の問題でもなく、スタイルの問題でもジャンルの問題でもないのでしょう。あえていえば、まずは演奏者の核となる姿勢の問題なのでしょう。そういう意味でわたしは、もしかしたら、欧州での大友さんの何度目かの歴史的実験の瞬間に立ち会えたのかもしれないなぁとうれしく思います。(すみません、意味わからないですね、ひとりごとみたいになってしまいました。ごめんなさい。)
2008-05-17 16:13 この記事だけ表示   |  コメント 9
マルセイユライブ.JPGおはようございます。鳥の鳴き声で目がさめました。今日のマルセイユは快晴です。昨日とおとといはちょっと曇って時々雨もぱらついたのですが。今日はわたしはオフ日なので、朝からうろちょろ歩き回っています。マルセイユはナンシーとは違った魅力を持つ町です。世界遺産や、教会といった歴史的建造物だらけのナンシーは上品な町という印象ですが、マルセイユは、港町だけあって少し猥雑な感じもして、その分町の人々も陽気でフレンドリーな感じがします。


今、泊まっているのは、ホテルではなく、ライブホールの横の宿舎のようなところ。これがまた、古い建物をいかして作ったような趣のある建物群で、ライブをするためのホールとバーと、レコーディングスタジオとそれから出演者や関係者のための部屋がまとまってあるのです。数ある部屋のなかの一つがわたしに割り当てられて、今となっては「住まい」になっています。部屋といっても日本で言うところのホテルというよりは、ウイークリーマンションのようで、それぞれに家具や食器や調理道具もあったりするので、アパートを借りているような気になっています。


わたしのお向かいさんはSachiko Mさん。下の住人は大友さんにエンジニアのザックさん。隣の棟にはあとのみなさんが「住んで」いらっしゃいます。お昼には中庭でいっしょにランチをとったりするので、なんだかミュージシャン村に暮らしているようです。山本さんが、「銀月荘」みたいやなーと言っておられました。寝る場所も音楽を作る場所もライブをする場所もぜんぶ一箇所にあるのですから、ミュージシャンにとっては、うらやましい環境にあることこの上なく、大友さんはじめ、みな口々に日本にもこういうところがあればいいのになぁと感動しておられました。


昨夜のライブはとても楽しかったです。ミュージックフェスのお客層とはまた違ったみなさんに来ていただけて(たとえば近所の家族づれとか、「どんな音楽やるの?」みたいなおじさんとか)おもしろかったです。これでツアーが終りだからなのか、みなはじけてました(ぷ)。ああ楽しかった。このツアーに参加させていただけてわたしはしあわせだなーと思います。誘ってくださった大友さんには、足を向けて寝られやしない(寝るけど)。感謝です。


長くなりました。ではでは、ひきつづき町をうろちょろしてみたいと思います。明日帰ります。寄り道しないで一気に松江まで帰ります。帰ったらまたブログ書きましょう。ではね〜。
2008-05-14 22:19 この記事だけ表示   |  コメント 1
hamadashe.JPGボンジュール(お約束です)、ハマダです。こちらへ来てからずっと、超さわやかなお天気のもと方向音痴なのにもかまわず、てくしーで、町のなかをうろうろ歩いています。ここ、ナンシーは、アールデコ、ロココの発祥の地でもあると『地球の歩き方』に書いてあったとおり、町並みやビルディングがとても優雅で美しいつくりになっています。古いものをそのまま大事にしている感じ、歴史のあるものと新しいものがこっそり混ざっている感じ、歴史のあるものの中にも時代の違いがある感じ、などなど、毎日歩きながら、小さく発見しています。いやいや、まったく石の文化ですねーー。どこまで行っても足もとは石だたみ。参りました。なにしろおのぼりハマダのことなので、何もかもが珍しい。サンドイッチやサラダやスイーツのでかさにびいってはわーわー、かわいい雑貨や、日常品を見てはわーわー、たまに、「うぃ、」とか「めるし」とか言って言葉が通じたと言ってはわーわー、常にユーロと円の換算の掛け算をしてはわーわー、やたらとわーわー言っております。バンドの皆様とも仲良くうちとけて、山本精一さんの話に笑い転げたり、芳垣アニキのうんちく話に感心したり、とにかく、ハマダこの遠い異国の地で、精一杯楽しんでおります。


そして、昨夜は一回目のライブもありました。日本語の歌が多かったので、フランスの人にわかっていただけたかはわかりませんが、バンド演奏の楽しさをまたまた満喫させていただきました。明日は、マルセイユに移動です。今度は車で7時間の移動だそうです。ひゃーーー。まだまだ世界は広いですねーー。ではでは、今日のところはこのへんんで。マルセイユでまた書ければ書きますねーー。
2008-05-12 06:08 この記事だけ表示   |  コメント 5
RIMG0010.JPGおはようございます。といってももう昼ですが、無事フランスはナンシー市に到着しております。アムステルダムのスキポール空港まで12時間の飛行機のあと、車で7時間ばかりかかって、ホテルにたどり着いたときはほとんどへとへとすぎて、意識があるようなないような状態でしたが(わははは)、結構がんばっております。昨日はフェスの会場でリハーサルも行いました。そのときの写真をのせておきますね。いろいろ書きたいことが山ほどありますが、これから、昼ごはんを食べに出かけますので、今日のところはこのへんで。ではでは〜。
2008-05-09 19:35 この記事だけ表示   |  コメント 4
matatabi.jpg今年のゴールデンウイークは飛び石で連休は短くもありましたが、比較的お天気には恵まれたようです。昨日は松江、30度をこえる気温でした。今日になって少し空模様が悪くなりました。風があって雲がもくもくわいて出ております。こどもの日なのにねー。いかがお過ごしですか?どこかへお出かけになりましたか?わたくしは、先週東京へ行って帰ってきてからは家でごろごろしておりました。アメリカのテレビシリーズのDVD(『Bones』)を借りてみたり、本を読んだり(『水滸伝』by 北方謙三)、宍道湖の近くを散歩したり、という具合でいつもの過ごし方と変わらずといったところです。それにしても、明日はなんの日で休みなのか、いまだにわかっていません。振り替え休日かなにかなの?


さて、いよいよわたくし、明日からフランスライブツアー。ツアーといってもわたくしは二か所をまわるだけなのだけど。大友良英さんとそのバンドメンバーのみなさんと、ナンシーでのミュージックフェスに参加するのと、マルセイユでのライブに参加するのです。成田を発つのは7日の朝なのですが、陸の孤島(わはは)の島根から旅立つには、どうしても6日に家を出る必要があります(とおい)。旅行の移動距離を考えるとちょっとだけ気が遠くなるのですが、なにしろ外国で歌を歌うのは初めて。いろいろどきどきわくわくしています。あわてて買ったガイドブックを見ると、ナンシーもマルセイユも素敵なところみたいです。フランス語はぜんぜんできませんが、オフ日に町の中を歩き回ってみようと思っています。あちらでの様子、どこかで(あるいは誰かの)パソコンを見つけて書いてみたいなと思っていますが、どうなりますやら。「ハマダのおのぼり珍道中」をどうぞお楽しみにぴかぴか(新しい)ではでは行ってまいりまーす(別に股旅姿で行こうってわけじゃないですが、)。


☆お知らせ
ノグチアツシさんのライブがありますよー。ハマダはノグチさんと秋にライブでご一緒する予定ですが、このたびのライブは行けなくて残念!きっと楽しいライブになると思いまーするんるん

<ノグチアツシ米子LIVE>
5月10日(土) One Makes(米子市角盤町・米子市公会堂横・旧いまづ屋)
OPEN 19:00 START 19:30
出演 ノグチアツシ(Vocal&Guitar)、斉藤潔((Bass)、ジュン(Guitar)
チケット ¥3000(ドリンク別)
お問い合わせは
https://www.backfire.cc/contact/まで=。
2008-05-05 12:51 この記事だけ表示   |  コメント 2
晴れうらうらとよいお天気の松江です。ツアーから戻ってちょうど1週間が経ちました。戻ってから小唄のお稽古に通ったり、DVDを借りて見たり(『キサラギ』おもしろかったー揺れるハート)、どかんと疲れを出すこともなく、のんびりしています。少し腰が痛くなったので、足ツボの先生にみてもらったら、「乗り物疲れが腰にきたのかもねー」と言っておられました。そうねぇ、移動手段にいろんな乗り物に乗りましたからねー新幹線飛行機バス車(RV)車(セダン)電車
さて、ゴールデンウイークも始まりましたね。お天気がよさそうなので、どこかへ行ってみたくなりますね。お出かけの際は、お気をつけて楽しいお休みにしてくださいね。


昨日、県立美術館で行われている、切り絵作家の陶山広之さんの個展をみに行きました。陶山さんの影響で、最近趣味に、切り絵をはじめた父と一緒にみねっちや、妹たちと。すばらしい作品ぞろいで、よくあのような精密な作業ができるものだなぁとみなで感心することしきりでした。特に父は、自分も少しかじっているので、よけいに難しさがわかるのでしょう、ひとつひとつをじっくりじっくり見ていました。針でつついたような、ものすごく細かい部分をどうやって削るのだろう、何か特別な道具があるのかもとわたくし、いかにもしろうとなのですが、陶山さんに質問しましたら(陶山さんとは少し面識があり、ライブにもおいでいただくことがあるのです)、ポケットから切り絵用のカッターを出されました。プロフェッショナルの道具はどんなのだろうと思ったら、それはどこにでもある、ペンシルタイプのカッターで、切り絵をされる方なら誰でも、使っておられるものなのだそうです。それを見て、「あー、わしのと同じだー」と、ちょっぴり父がへこんでいるのがコントみたいでおかしかったです。


☆お知らせ
以前も書きましたが、BSS(山陰放送)ラジオの朝ワイド『今日もハレルヤ』に明日の朝、電話出演します。朝のお忙しい時間帯ですが、もしもタイミングが合えば、聞いてくださいねー。ツアーの話などする予定です。

☆☆明日はそのほか、午後から、東京へ行ってお仕事してまいりまーす。このレコーディングに関しては、後日またお知らせいたしますね。と、書いていつも忘れているのですが、今度は忘れないようにがんばろう。というわけで、今は荷造り荷造り。
2008-04-27 14:24 この記事だけ表示   |  コメント 2
帰りました。10泊11日の長旅でしたが、おかげさまで、体調をくずすこともなく無事にライブを終えることができました。各地でお出かけくださったみなさまありがとうございました。もうずいぶんと長いお付き合いになったおなじみさんや、初めて来たという方々にも出会えてうれしゅうございました揺れるハート


昨日は飛行機の時間までに少し間があったので、博多の町をぶらりと那珂川沿いに散歩したりしました。お天気がよくて吹く風もここちよく、葉桜の下のんびりと歩いて、最後の日を楽しみました。ああ、でも、楽しい11日間でした〜。おいしいものもたくさん食べましたし(太ったかも?)、おもしろい出来事もたくさんありました。それぞれの町がそれぞれの味わいを持っているのが、たまらなくいいですね。大阪ライブでの、前列にいらしたおふたりの、こちらのMCに対する合いの手といいますか、リアクションのおもしろさはやっぱり大阪ならではなのかなぁと思ったりしています。何か言うたびに、「そんなことないやろ〜」とか、「あるあるあるある」とか聞こえてきて、あーここは大阪だーとうれしくなってしまいました。うふふふ。それから、いつも上から下まで赤づくめの服装で来られるマリコライブ名物通称「赤い人」、福岡ではライブのドリンクに、トマトジュースを飲んでいらっしゃったとかいう目撃証言も。トマトジュースですか、赤い人だけに。きゃははははは。その徹底した小さな工夫、まじウケるんですけど(女子高生風)るんるん


久しぶりに『mariko』を演ってみて、またあらたな発見もありました。まだまだ、ツアーは続きます。7月には、名古屋や広島へも参ります。東京公演も追加になりました。ご都合がつきましたら、ぜひお出かけくださいね。オリジナル曲目は変更もありです。今度はどんな方々にお会いできますやら。楽しみ楽しみ。最後になりましたが、お世話になった関係者のみなさま、ありがとうございました。助さん格さんこと、舞台監督さんのIさん、敏腕マネージャーのIさん(どちらもIだわ〜)、楽しかったですね。お気遣いに感謝します。


さてさて、今週は少しゆっくりします。小唄のお稽古もありますし。急なお仕事が入って来週はまた上京してレコーディングです。フランス行きも近づいてきました。うーどきどき。ああ、そうそう、帰ってきてみたら、みねっちがすっかり社会人の顔になっていて、うれしい驚きでした(しみじみ)。
2008-04-21 12:41 この記事だけ表示   |  コメント 9