視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
春の花.jpgおはようございます。晴れのような曇りのような朝です。花粉がたくさん飛びそうな予感がいたします。いかがお過ごしですか。桜前線のニュースなどもちらほら聞かれるようになりましたね。今年は少し開花が早いとか。お友達から春の便りの文旦が届きました。いつもありがとう。

ウォーキングをしていると道端の花や鳥に目が行くのですが、なにしろあんまり名前を知らないので、誰かに話そうと思っても花が咲いてた、鳥が飛んでたということしか言えないのが残念。小さな図鑑を手に入れたいと思う今日この頃です。

さて、ドラマシリーズ「白洲次郎」ごらんになりましたか。ドラマはたいへんな反響のようです。わたしはといえば、最初にお話をいただいて台本を読んだ時から、ずいぶんいろいろなことを考え、迷い、音楽担当の大友良英さんに相談にのっていただいたりしたこともありますが、無事に担当部分の放映が終わり少しほっとしました。誰かの生き方をほんの短い時間にまとめるということは、とても難しいことだと感じました。台本は二回目までの分しかいただいていないので、三回目の「ラスプーチンの涙」どんな展開になるのか楽しみです。放送は8月だとのことで待ち遠しいけれども、まばたきを三回ほどでもしたらすぐに8月ですよね(なのか〜)。このドラマを通じてあらたに出会えたみなさま、はじめまして。これからもどうぞよろしくるんるん


婦人公論の記事についても読んでくださってありがとうございます。コメントをうれしく読みました。NONくん、わたしもほんならいっちょ女装して(?)買いにいこか、と思ったら編集部から届いちゃった。女装は未遂に。わはは。ponchan、ひさしぶり〜。まりっちと呼びかけてくれるのは、もしや、と思いながらコメントを読みましたよ。またいつかお会いできるといいなぁ。

ではでは、素敵な一週間をお過ごしください。

☆あ、写真の花、名前を知っている方があれば、教えてくださいな。梅のように枝から咲いて葉はなく、背の低い花です。
2009-03-10 11:26 この記事だけ表示   |  コメント 15
おはようございます。ひなまつりの朝ですが、松江は雪が舞っております。寒いわ〜。全国的に今日は寒そうですね。この、春が三歩進んで二歩下がる感じ、じれったいですが、それが春でもありますね。お風邪を召しませぬよう。今日はひなあられでもぽりぽり食べよか。


ああ、相撲が始まるなぁ楽しみだなぁ黒ハートと言ったら、母が「年寄りみたい」と笑いました。だってー、楽しみなんだもん。隠岐の海とか。WBCもあるし、なんか今月は(観る)スポーツがいっぱいです。


それにしても、毎日暗い、景気の悪いニュースばかりで、気がくさくさしますね。こんなときに、のんきに歌など歌っていてよいものだろうかなどと、ふと考え込んでしまったりして、しんみりとします。せめてほんの一瞬でも浮世の憂さを忘れて、なんとかなるわさ、と思っていただけるような歌を歌えるようになりたいなあと思います。がんばります。ふぁいと、ぉー(ちいさ、)!

☆コメントのお返しがきちんとできておりませんが、いつも喜んでいます。ありがとうございます。あかりさん、お母様おだいじにね。
2009-03-03 09:45 この記事だけ表示   |  コメント 2
おはようございます。どうやら今週はお天気にはあまり恵まれないようで、雨が降っています。春雨というには、まだ寒いような冷たいような雨です。でも、かえって花粉や黄砂が舞い上がらなくていいのかもしれません。いかがお過ごしですか。


先週、父に付き添って病院へ行きました。薬をいただくのと健診もかねて二ヶ月に一度くらい定期的に通っているのです。通っている科が三つもあるので、待ち時間などを考えるとどうしても一日では回れず、二日に分けて予約をして朝から近くの総合病院へ行きました。その日はなんだかとてもこんでいて、診てもらえたのは予約の時間を2時間過ぎたころでした。血液検査のための採血があったので、予約の時間よりは1時間早く行っていたことを合わせると、3時間の待ちとなりました。これは結構たいへんでした。たいくつで。幸いわたしは本を持って行っていましたので、単行本を1冊読み終えてしまったほどです。「こりゃあ病気だったら来れんなぁ」と、父がぼそっと言いました。病気でしょう!とつっこみ、待合でふたりでふふふとしのび笑ったりしていました。急病ではないので、気持ちに余裕があったのです。


こんでいた理由はいろいろだと思いますが、その日は前任の先生が別の病院へかわられたことに対する引継ぎなどもあって、よけいに時間がかかっているようでした。初めてお会いした先生は、遅くなってごめんなさいと何度も言われ、忙しさにいっぱいいっぱいになっておられるように見受けられました。その後調子はいかがですか、はいおかげさまで調子はいいです。という会話をするために、3時間も待ち、あげくは病院をこんなにこませて、先生をこんなにパニクらせているのかと思うと、とても申し訳ない気持ちになり、思い切って、近くの個人病院への転院を申し出ました。容体も安定していることですし、大きな検査などの際には、またこちらへ出向けばよいですし。そう言うと、先生は少しほっとされたように見えました。


ああゆう忙しさの限界と戦うような仕事を毎日される生活はきついだろうなと思います。地域医療の大切な拠点病院です。スタッフのみなさんが心安らかにお仕事ができるといいなと思います。そして一番つらい、病気の人が、それ以外のことで、こころを痛めることがないといいなと思います。交番みたいに、それぞれの町かどに保健室みたいなのができて、病院のひとつ前のステップをそこで踏むようにできるといいななんて思ったりします。まあしろうとの言うことなので、リアリティはないのですけど。


余談が長引いてしまいました。さて、いよいよライブの詳細が発表になりました。ただ今選曲しつつ勉強中です。お会いできることを楽しみにしています。どうぞよろしくるんるん


☆今週末、NHKにて『白洲次郎』シリーズも始まります。どうぞごらんくださいね。白洲次郎さんのかっこよさも楽しみですが、ときおり番組コマーシャルで流れる大友良英さんの音楽もいい感じで、待ち遠しく感じます。

☆☆いつぞや、ノグチアツシさん、斎藤潔さんと参加したコンピレーションアルバム、『にほんのうた』第三集は3月4日発売です。ハマダは「春の唄」を歌っています。よかったら聴いてくださいね。
2009-02-24 11:01 この記事だけ表示   |  コメント 3
やっぱり天気予報って当たるのねぇと、母と感心するほど、ぽかぽか陽気から一転、ときおり雪の舞う松江です。さむー。三寒四温とは昔の人はよく言ったものだと思います。さむいと腰が重くなっていけません。ウォーキングとかしたいよぅ。早く三温四温(七温?)になってほしいなぁ。いかがお過ごしですか?


さて、昨日、ドラマ「白洲次郎」のお知らせが載っていましたね。いよいよですね。楽しみ。ライブの告知も近いと思います。侍ジャパンではありませんが、そろそろハマダも始動いたします。今シーズンもよろしくお願いいたします(とかねー)。


先週のバレンタインの日はお出かけをしておりました。なんて、そんなに思わせぶりに書くこともないのですが、色っぽいものではなくて、ミニ同窓会があったのです。きちんとした会ではなくて、なんとなく、担任の先生を囲んでささっと連絡がつく人だけ集まるという形の集いだったのですが、いやぁ、懐かしかったです。中学時代のお友達なので、卒業してから10年ぶりっていうか(ぷ)、30年ぶりっていうか、なんといいますか。幸いなことに、顔が変ってて誰だかわからないなんてことはなく(ほっ)、最初は、あ、どうも、お久しぶり、なんて言っておりましたが、すぐに打ち解けて、みな、中学生にかえって当時のギャグなどに笑いころげました。あんなに涙が出るほど笑ったのは久しぶりで、腹がよじれました。あははははは(思い出し笑い)。先生もお変わりなく、さらにバージョンアップ(?)されて退職後の人生を生き生きと過ごしておられて、なんだか元気をいただきました。


わたくしたちはみな四十坂のど真ん中です。女子も男子も公私ともにたいへんなんだけれど、たいへんだよと言いつつも笑う姿がまぶしくて、ああいい顔になってるなぁとほれぼれいたしました黒ハート
2009-02-17 10:37 この記事だけ表示   |  コメント 2
夕陽.jpgまだまだ寒い日が続きますが、それでも少しずつ春がきています。花粉におびえている方もあるでしょうか。今年は花粉の量も多いとか。おだいじになさいませ。さて、このごろのわたくしは、変りやすい天気の晴れ間を見つけては歩いています。歩くのはなかなか気分がいいものです。今日はどこまで歩こうかくつ


昨夜は、取材のおともをさせていただきました。俳優で、夕陽評論家でもある油井昌由樹さんが、松江に取材に行くから来ませんかと、声をかけてくださいましたので。油井さんはいつぞやのライブでお会いして以来の4、5年ぶりの再会となりました。約束が夕方でしたので、夕陽を見ながらてくてく40分ほど歩いて、取材先の湖畔のホテルのレストランまで行きました。

途中、宍道湖のほとりでは、夕陽を見る人たち、写真を撮る人たちが多く見られました。美術館のあたり、特に人が集まってるなぁと思いながら横を通ったのですが、あとで聞いたら、「だんだん」の撮影中だったとのこと。昨日は夕陽が美しかったからきっと素敵な絵になったと思います。たくさん歩いておなかもすいて、スタッフのみなさんとわいわいとお食事をいただきました。食べきれないほどごちそうが出ました。おいしかったハートたち(複数ハート)ごちそうさまでした。

そのあとみなさんは、夜の街の取材をさらに続けられるとのことでしたが、わたしはそこで失礼させてもらって、家路につくことにしました。夜になってしまったので、タクシーをひろうか迷いましたが、湖の上の月があんまりきれいだったので、(腹ごなしにもなるかと)、十六夜月と二人連れ、てくしーで帰りました。


☆それにしても、40分も、歩いて帰る間、歩いている人にはふたりしか出会いませんでした。特に、人里はなれたところでもないのになぁ。まぁ、そんな松江が好きだけど。
2009-02-11 09:51 この記事だけ表示   |  コメント 4
おはようございます。雨の松江です。今朝は気温がいつもより高かったようです。春が少しずつ近づいていますね。今日は節分、豆まきをしなきゃね。恵方巻を食べますか?そういうのは、昔はなかったと父が言っていましたが、たしかにそうですね。でも、縁起物だということなので、少しかじってみようかしら。(あーでも、太巻きだと、ふた切れ分だなー、カロリー的には。←レコーディングダイエット中)

先日、図書館で、「芸人の了見」(by吉川潮)という本を借りました。タイトル買いというか、言葉買いというか、「了見」という言葉が気に入って、中身をよく見もせず借りてみたら、おもしろかったので喜んでおりましたら、昨日本屋さんで、「恋する幇間」という本を見つけました。幇間だってぇ?おもしろそうだわねぇと、またタイトル買いをしそうになってよく見ると、著者が、またまた吉川潮さんでした。おっどろいたねぇどうも、続けてよくお会いしますねぇ、と、ついつい買ってしまったのです。そういうことって、ありますよね。呼ばれたというのか、なんなのか。あたしって、予知能力とかがあるのかいなとか思ってします(ないない、気のせいだから)。

思えばどうも、わたしは、言葉に弱いのです。そういえば、宇江佐真理さんもそういうことを書いておいでだった。函館文学館で見たのさ。そのとき、わたしも初めて、ああそうだわたしもだと、自分の病(?)に気づいたのです。良くも悪くも言葉に弱い。それって、自覚しておかないと、あぶないですね。足をとられちゃう足


朝からずるずる書いてしまいました(てへ)。
さて、今日もいい日になりますように猫


☆「ひそやかなうた」への反応、喜んでおります。お問い合わせくださいましたみなさま、それから、ハマダにかわって、こたえてくださったみなさま(NONくんとか、)ありがとうございます。なんとか、作品として発表する形はないものかと、考えておりまーす。
2009-02-03 09:52 この記事だけ表示   |  コメント 3
雪の日が続いていましたが、今朝は久しぶりに晴れましたかわいい。なんかこころうきうきです。春が近いのかなー。このままあたたかくなるといいなぁ。いかがお過ごしですか。今日は、火曜日。火曜日は安かよー!(ちょっと言ってみたかっただけ)


先日は、松江で仲間たちと録音を無事に終えました。いいスタジオで、びっくり!これからもときどき使わせてもらおうと思いました。音源の発表については、詳細がわかり次第お伝えしますね。


☆お知らせ
WOWOW放送で、2月14日「兄帰る」というドラマが放映されます。原作は近藤ようこさん、脚本は筒井ともみさん、音楽は大友良英さんというウルトラトリオ!ああ、この日を待っていたのだ、ってそんな気分です。わたしの音楽もちょこっと使っていただいているとのこと(わーい)。WOWOWって、あたくし見られないんですが、なんとかして見たいものです。みなさまも、ぜひぜひごらんになってね。原作の近藤さんの漫画は本屋さんにありますよぅぴかぴか(新しい)
2009-01-27 10:15 この記事だけ表示   |  コメント 2