視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

というしゃべり方の同級生がいる、とみねっちが笑って「けっ、って感じ」と言ってた。苦手じゃないですかぁと言われてもねぇ。知らんがな、という話だし。ま、それはそうと、わたしって、本読むのとか、結構好きじゃないですかぁ(一度言ってみたかった。ひゃはははは)、こないだ会社で、同僚の女の子たちがおもしろいと騒いでいた法月綸太郎氏の『生首に聞いてみろ』(角川書店)買ってみました。

このごろはあんまり本格ミステリは読んでいなかったけど、実は、この法月綸太郎氏はわたしと同い年の松江出身の方でもあることだし、読んでみようと思ったのです。で、それを読む前にそれと題名が似ている都筑道夫氏の『なめくじに聞いてみろ』(扶桑社文庫:昭和ミステリ秘宝)を今読んでいるところです。『生首〜』と何かつながるものがあるのかしらって思ったので予習みたいな感じです。そしたらすごくおもしろい、これ映画にならないかなぁ、ほら、『富豪刑事』だってドラマ化したし・・・とぱらぱらあとがきなどをめくっていたら、解説を岡本喜八さんが書いておられて、読むと、『なめくじ〜』を原作として『殺人狂時代』という映画をつくっておられたとのこと。なぁんだ、そげか〜〜!(注:出雲弁でそうだったのか==)と不勉強を恥じてみたり。今度映画探してみましょうっと。だって、ほら、わたしって映画とか好きじゃないですかぁ。

☆『なめくじに聞いてみろ』に大友という名の自動車泥棒が出てくる。あだなは、ビル。なぜかというと、続けて読むと「オオトモービル」になるからだそうだ。あはははは。くだらなくて最高にいい!わたしの知ってる、大友さんは、車なら走ればいいんだって。あ、そうそう、遅くなりましたけど、お知らせします。大友さんと一緒のバンドのライブのお知らせが出てま〜す。
浜田真理子&大友良英NEW JAZZ SMALL ENSEMBLE SPECIALという長い名前で、東京はスターパインズカフェ、京都は京都大学西部講堂にて。よろしくね〜〜〜。

今日は眠かった。いや、眠いのをとおりこしてハイでした。昨日、角松敏生さんが毎年恒例の出雲大社詣でにお出でになり、夜飲み会のお誘いを受けて、みんなでバースデイに集まったのでした。角松さんは、またノリノリベイベーで、安来のおじがイサオくんとおがっちとギターを持ってやってきたので、しまいには、みんなでセッション(マリコピアノ、あとの男子全員ギターという変な編成)をしたりして大盛り上がりの月曜の夜から火曜の朝にかけて、でした。家に帰ったら新聞が来ていました。角松さん、元気やな〜。昨夜のメンバーの中ではいちばん長老だったのに。

☆ラジオの収録行ってきました。今月の放送は3月5日です。よろしくね〜。

妹と買い物に出た。最後に行ったお店は洋服やさんだった。妹が何か買うつもりだったが、試着するのが面倒だというので、サイズも同じくらいのわたしがかわりに着てみた。試着室の外から「どう?」と聞く妹に中から「だめだこりゃ」とか、「はりさける」とか、「変」とか、「ぎゃははははは」とか、「こんなに入らないなんてあたしたち不可能姉妹だ」とか言って、やっと外に出たら、お客さんで来ていた女の人に、「ハマダマリコさんでしょう?」と言われた。う。バースデイのママさんのお友達で、ライブにもよく来ていただく方なのだそうだ。「よくわかりましたね」と言ったら、「すぐわかりましたよ」だって。「試着室の中から聞える声で」だそうです。ぅ。

『カナリア』のサントラ届く。いいアルバムだなぁ。大友さん、やりましたね。この作品に関わることができてうれしいです。誘ってくださってありがとう。映画が松江で公開になったら言うことないんだけどなぁ。昼テレビを見ていたらどこかの国の皇太子の結婚についてやっていた。「やっぱり趣味が同じだから気が合うんでしょうねぇ」だと。けっ。趣味で人を好きになるかよ。好きだから気が合うんだよ。

明日から三連休。うれしい。『日暮らし』(宮部みゆき著:講談社)読み終えて、ただ今は『歳三からの伝言』(北原亞以子著;講談社文庫)。『日暮らし』は前に読んだ『ぼんくら』の続編だった。前作の世界がさらに広がり、深みを増して、胸にせまる。宮部さんは「こころ」を書くのがほんとにじょうず。『歳三〜』は土方歳三の話。小説というよりは、新聞記事みたいな書き方なのだが、それだけ幕末はたくさんの出来事が次々と起きているから、事実関係を追うだけでもたいへんなんだろう。幕末は、人物関係など複雑で、誰が誰の味方で、誰の敵で、っていうの未だによくわからない。が、ま、いっか。どうせ、土方歳三しか見てないんだし、あたし。I only have eyes for you〜なんてね(笑)。

☆MTのたまごちゃん、「万年筆」、ほんとに楽しい名前ですね。昔の人の、発明品に対する驚きが伝わるようで。「瞬間湯沸かし器」とかね。わたしが一番好きなのは「魔法瓶」。

うれしいことはふたつ。久しぶりのお友達からメールが来たこと。そして注文していた手作り万年筆ができあがって届いたこと。いやなこともふたつ。サッカーの試合がテレビで見られないとわかったこと、妹の子供の学校で起きた出来事。妹の泣きそうな電話の声を聞いて、怒髪天を衝いたですよ。詳しくは書きませんが、あたしゃね、子供のこころを傷つける人は許さんのですよ、絶対に。

早口言葉みたい。今夜はジムで初級エアロビクスというクラスを受けてきた。クラスが始まるまで、少し時間があったので、エアロバイクを15分ほどやった。横のテレビで「鬼平犯科帳」を見ながらのんびりと。体が温まったところで、エアロビクスのお部屋へ移動。いやぁ、参った。ぜんぜんできなかった。ステップは覚えられないし、リズムには乗れないし。鏡に映る自分の姿がださださで、手と足がばらばらに動くマリオネットになったかと思ったが、汗がざーざー出て気持ちよかった。また行こう、と、のぼせもんはココロに誓う。

AERAという雑誌に載せていただくことになりました。来週14日発売の号だそうです(2月21日号)ライターの美木ちゃん、お世話になりました。よろしく頼むよー!と今更プレッシャーかけても遅いっすかね(笑)。わたしのだけでなく、いろんな人のインタビューとかコメントも載るそうです。いろんな人って誰だろうなぁ、楽しみだなぁ。写真、かわいく写ってるといいなぁ(まだ言う)。