視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

いろいろすませなければならない用事があって会社を半休にしてもらって朝、コンタクトレンズを買いに眼科へ行く。平日の朝なのにこんなに混んでいるのかというくらい人がたくさんいた。待ち時間が長い。表紙に美しい桜の写真が載った雑誌を手に取ると田辺聖子さんのインタビューがあった。自分を笑うユーモアを忘れない生き方、考え方、に深く感じ入って、2回繰り返して読んだ。誰も見ていなければ、その記事、破って持って帰りたかったくらいだ(買えよ)。

待ち時間はさらに続く。読みたい雑誌もなくなって、暇なので、携帯を見ると、修次からメール。にたにたする。返事を打つか迷ったが、病院なので、携帯使用はだめなのよ(見るのはいいのか)。待ち時間は永遠。たくさんおられる看護師さんのおねえさんたちの仕事を眺めて一通り人間関係を把握する。まだ呼ばれない。椅子の横の台のいろんなパンフレットを手にとる。コンタクトレンズのパンフを見ていたら、カラーコンタクトレンズがやってみたくなった。カラーコンタクトレンズと聞いて、ジュリーを思い浮かべてる、そこの君。いや、わたしもですが。で、買うことにした。別にジュリーファンとかではないけど。決めたら即行動する人なのだ、わたしは(それがどうした)。しかし、高い、カラーコンタクトレンズ。普通の3倍の値段はする。「色は『ハニー』でお願いします」とすまして言ったけど、ココロの中では「ひゅーたけぇー」と裏声でさけんでいた。わたしは使い捨てを使っているので、まとめて買うのだが、買うのをゼンブカラーにするほどの持ち合わせがなかったので、20日分だけ買う(中途半端だ)。ま、ずっとハニーな目でいなくてもいいわけだし。ときたま使うことにしよう。いや、なんならその時は「ハニー」って呼んでもらってもいいですぜ。思わず散財したので(「思って」散財するよりいいと思う)、がんばって一生懸命働こう、そう、目の色を変えて。

この時点で、昼になり、まだまだすませる用事があり、会社に電話して、全休にかえてもらう。すみません、血眼になって、いえ、ハニー眼になって、働くつもりだったのに。ま、明日から、ということで(弱い意志)。

用事をすませて家に帰ったら、近藤ようこさんから、新刊のまんがが送られて来ていた。わーーーーい。ハニーうれしいです(だれ?)。前に出ていたものの復刊だそうだ。『移り気本気』といって、短編の主人公がロンド形式で、つながっていくお話だ。わたしはこういうのが大好きだし、ひとつひとつのお話が、秀逸だ。それぞれの主人公に感情移入しながら、読んでいって一番最後のヒロインがつぶやく言葉に、ふいにガンときて、じわっと涙が出たかと思うとそれがとまらなくなった。ああびっくりした。久しぶりにわあわあ泣いた。

今日はよい日だった。待ち時間は長くても、田辺聖子さんの記事にも会えたし、キューティーハニーにもなれたし(エスカレートしてますぜ)。人生に無駄なことってあんまりないのねぇ。今日は夕陽も最高。あらら、長くなりましたが、今日はこのへんで。

春の浮き立つような気分は恋に例えられることが多い。だとすれば、ココロに満ちるこの静かな想いは、もはや、恋とは呼べないのかもしれない。では、なんだろう。きっともっとずっと進化したうつくしいもの。

みねっちが「ねぇ、あたしの短所を感じよく言うとどうなるかなぁ」と聞く。「短所を感じよくなんて言えるかよ」とこたえると、「だって、もしも『あなたの短所はなんですか』と聞かれて『はい、それは、根に持つところです』って言えないでしょうに」と口をとがらす。あはは。そりゃそうだ。みねっちの入試には面接もあるので、いろいろな質問を想定して、おばあちゃんとキッチンのテーブルで練習している。ドリフの「もしものコーナー」のコントみたい、と思ったが口には出さず、静かに横を通り過ぎると、冷蔵庫のかげで笑いをグレープフルーツジュースといっしょに飲みこんだ。

きのうは、一週間の疲れが出て、仕事中もしんどかった。早退させてもらうかどうしようかあと1時間がんばるか次の休憩になったら帰ろうか、とぐずぐず考えているうちに一日が終わった。風邪薬を飲んで早く寝た、のだけど、あまり早く寝過ぎて夜中の12時に目が覚めてしまった。テレビをつけたらNHKのポップジャムという番組に秘密博士が秘密のゲストとして出ていた。ははははははははははは、秘密のゲストって。このままレギュラーにしてもらいなさいよ、秘密くん。

☆山陰地方にお住まいのみなさま、今夜は月に一度の『浜田真理子so far songs』(FM山陰)の放送日です。よろしくね〜。秘密のゲストは出ませんが、ハマダひとりで(カミながら)よくしゃべっとりますよぅ。

会社の帰りに、節句にちなんで桃色の便せんを買おうと思って文房具やさんに寄ったら、店員のアイコちゃんが、わたしの姿を見るなり、「あ!マリコさん!」と言って走り去って行った、かと思うとだだだだ、っとアエラを持って来て、「わたしにもこれにサインをください!!!」と言ったのでおかしかった。発売日からずっと、わたしがいつ行ってもいいように、お店にアエラを待機させてたみたいです。どうもありがとう、恐縮です、と言いながらサインさせてもらった。(握手までした。あはは。アイコちゃん、見てるぅ〜?ありがとね〜。)そして、買ったものは、桃色の便せんと、方眼紙(体重と体脂肪の変化をグラフにしてみようと思って。あははははは。本気と書いてマジと読むとです。マリコです)。

そういえば、今井書店田和山店には、わたしのアエラのコーナーが作ってあって、まだ置いてある、とも聞きました。なんか、いろいろお気遣いありがとうございます。うれしいです。今の会社に入る前は、わたしはその今井書店グループのお店で4年間パートで働いていましたが、あれも楽しい思い出です。

というしゃべり方の同級生がいる、とみねっちが笑って「けっ、って感じ」と言ってた。苦手じゃないですかぁと言われてもねぇ。知らんがな、という話だし。ま、それはそうと、わたしって、本読むのとか、結構好きじゃないですかぁ(一度言ってみたかった。ひゃはははは)、こないだ会社で、同僚の女の子たちがおもしろいと騒いでいた法月綸太郎氏の『生首に聞いてみろ』(角川書店)買ってみました。

このごろはあんまり本格ミステリは読んでいなかったけど、実は、この法月綸太郎氏はわたしと同い年の松江出身の方でもあることだし、読んでみようと思ったのです。で、それを読む前にそれと題名が似ている都筑道夫氏の『なめくじに聞いてみろ』(扶桑社文庫:昭和ミステリ秘宝)を今読んでいるところです。『生首〜』と何かつながるものがあるのかしらって思ったので予習みたいな感じです。そしたらすごくおもしろい、これ映画にならないかなぁ、ほら、『富豪刑事』だってドラマ化したし・・・とぱらぱらあとがきなどをめくっていたら、解説を岡本喜八さんが書いておられて、読むと、『なめくじ〜』を原作として『殺人狂時代』という映画をつくっておられたとのこと。なぁんだ、そげか〜〜!(注:出雲弁でそうだったのか==)と不勉強を恥じてみたり。今度映画探してみましょうっと。だって、ほら、わたしって映画とか好きじゃないですかぁ。

☆『なめくじに聞いてみろ』に大友という名の自動車泥棒が出てくる。あだなは、ビル。なぜかというと、続けて読むと「オオトモービル」になるからだそうだ。あはははは。くだらなくて最高にいい!わたしの知ってる、大友さんは、車なら走ればいいんだって。あ、そうそう、遅くなりましたけど、お知らせします。大友さんと一緒のバンドのライブのお知らせが出てま〜す。
浜田真理子&大友良英NEW JAZZ SMALL ENSEMBLE SPECIALという長い名前で、東京はスターパインズカフェ、京都は京都大学西部講堂にて。よろしくね〜〜〜。

今日は眠かった。いや、眠いのをとおりこしてハイでした。昨日、角松敏生さんが毎年恒例の出雲大社詣でにお出でになり、夜飲み会のお誘いを受けて、みんなでバースデイに集まったのでした。角松さんは、またノリノリベイベーで、安来のおじがイサオくんとおがっちとギターを持ってやってきたので、しまいには、みんなでセッション(マリコピアノ、あとの男子全員ギターという変な編成)をしたりして大盛り上がりの月曜の夜から火曜の朝にかけて、でした。家に帰ったら新聞が来ていました。角松さん、元気やな〜。昨夜のメンバーの中ではいちばん長老だったのに。

☆ラジオの収録行ってきました。今月の放送は3月5日です。よろしくね〜。