視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

超寒い日。みねっちの行く高校の体育館で高校生活についての説明や、教科書などの物品の販売や制服の採寸、注文、申し込みなどのため朝から出かけた。各科ごとに保護者と生徒がフタリ一組で座っているのを見てこれから花咲く青春を感じ、ふいにごくせん風に「わたしがおまえらの担任だぁ!」と叫んでみたい気がしたが、やめておいた(ま、実際のところ担任ではないし)。

わたしとみねっちの座っている席のうしろにいた親子が、小さな声で「前のふたり、そっくりだから絶対親子だね。あれならどこにいても親子だってばれるね」と話しているのが聞えた。ぎゃはは。最近あんまり言われなくなったと思っていたけど、そんなに似てるかなぁ。俺たち。いつかライブの替え玉に使うか(太さが違うけど)。

教科書販売をしていたのは地元の本屋さんで、わたしが前にパートで勤めていたところ。今日販売に来ておられたのは、なんと当時わたしがいたお店の店長だった方なので、思わず、「てんちょー!」と声をかけてしまった。もうひとり、その横で辞書販売をしておられたのも当時よく音楽の話などを一緒にした音楽通の方で「あら〜!久しぶり。今度、アルバム出るでしょう、がんばってねー!」とか言ってくれて、うれしなつかしかった。

久しぶりに失敗。昨日のマリコ的こころは2部構成で、前半は今残っているベニサンピットのDVDのお話で、後半はムナカタコーチにいただいた小沢昭一さんの『あたく史外伝』がとてもおかしかったという話をおやじギャグ満載のマリコ節で書きなぐっていたのね。で、今日仕事してるときに、前半部分の「姿態」という漢字は「肢体」になおしたほうがいいな、とふと思い付いて、携帯からアクセスして編集しようとしたの。そうしたら、あーた、あたしの携帯って文字数が限られているようで、件の字をなおして上書きしたら、後半部分がそっくり消えちまったでないの。もーやだーーー。仕事を終えて家に帰ってきて、消えた部分を思い出しながら書こうかしらとも思ったけれど、ああゆうサムイギャグは勢いで書くものでしょ。記憶をたどりながら書くなんて、なんだかどんくさいんでないの、と思ったので、やめました。まーあらためて書くほどの内容でもなかったですしね。えへへへ。またわたくし学びましたよ。携帯から、編集なんてするものではない、ということ。そして、そもそも「姿態」でも「肢体」でもどっちでもよかった、ということ。(どっちにしたってでぶだったことにかわりなく。ははは。)下手な推敲休むに似たり。

ゴキゲンになって思わず生姜焼き弁当を半分残してしまった見栄坊のハマダです。まー体重はぜんぜん変わりませんけどね。やっぱジムのおかげかなぁ、などと思っているとタイミングのよいことに竹ちゃんが撮ってくれた先日のベニサンピットのライブの様子がDVDで届いたのでさっそく、よしよし、そうか、わたしの引き締まったカモシカのような肢体を見てみようと思ったわけだけれど。カモシカというよりも〜〜・・・・(←好きな言葉を入れる)のようでした(入れてみたい言葉の例:小野小町、クレオパトラ、セクシーダイナマイト、妖怪人間ベラなど)。

あれは何時頃だったのか寝ていたら酔っぱらいのトモダチから電話がかかってきてそいつがおもしろいことばかり言うもんだからげらげら布団の中で笑ったりしてすっかり目が覚めて話し込んで気づくとだんだん外が明るくなって来て起きる時間になったので「じゃあな、もう起きるから」というとそいつは「おやすみ」と言った。

とても天気がよかったので、自転車で本屋&CD屋さんに行った。本屋さんで前から読みたいと思っていた堀江敏幸さんの『雪沼とその周辺』を見つけたので買う。きれいな装丁でなでなで。CD屋さんでは、ファドのクリスティーナ・ブランコのと、先日ご一緒した伊藤多喜雄さんのと、野狐禅のアルバムを買って満足なり。

友達夫婦のやっている美容院に行って、おしゃべりをしていたら、地震がきて驚いた。「ねぇ、なんか鏡が揺れてない?え?あたしだけが揺れてんの?あ、天井も揺れてる、きゃぁ〜」ってな具合。すぐにテレビをつけたら震度3だと。こわかった。こちらはすぐにおさまったけれど九州地方のみなさんだいじょうぶですか?気をつけて。

その美容院の一人娘は3才で、今はまっているのは、仮面ライダー響鬼(ひびき)だって(変な名前)。本を持って来て一生懸命説明をしてくれておもしろかった。ヒビキとイブキの二人組の仮面ライダーなんだけど、あんまり仮面ライダーっぽくない。キーワードは、和風と音楽。世相を反映しちょりますねぇ。ヒビキは和太鼓みたいな武器で、イブキはトランペットみたいな武器を持っていて、二人が音を鳴らして敵をやっつけるんだって。はははははははははは。で、般若の面みたいな顔のついた、音叉を持って変身するんだって。すげぇなぁ。音楽で敵をやっつけるなんて。「歌を歌っているやつを撃つことはできない」のケンヂくらい衝撃だなぁ。敵の軍団の名前は、摩訶魍(まかもう)だって。すげぇなぁ。なんか、漢字覚えそうだなぁ。とにかく、おもしろくて感動。知らない世界をのぞいた感じ。でも、帰るとき「ばいばいき〜ん」と言ったら、その子も負けずに大きな声で「ばいばいき〜ん!」と言ってくれたので、ちょっとほっとした。あたしもまだまだ若いもんと話が合うじゃん(合わせてくれたのかも)。

よいお天気だった。自転車で出かけてみたいくらいだったけど、そろそろ本格的にライブの練習をしなければとがまん。選曲をはじめた。うー。どうしよ。この作業が一番大変だけど、一番楽しいのかもしれないね。ひとつ歌をつくったので、ライブまでに歌い込みが間に合えば、歌います(間に合わなかったらこの度は歌いません)。

ライブ盤アルバム『romance』、一般発売は4月ですが、先行発売などでおてもとに届いている方もあるようですね。早々に買ってくださってありがとうございます。ライブ盤の企画もこれをもって三部作の最終章となり、当分リリースはありません。オリジナルスタジオ盤のことも考えねばなりませんが、まだ、ぜんぜん予定はありません(すいません)。当面は、これまで出してきたものを聴いたり、ライブをみたり、ココロを読んだりして(いや、それはどうでもいいか)、今しばらく(何年か)お待ちいただければと思います。尚、今回の『romance』のライナーに素敵な言葉を寄せてくださった名古屋昭博さん、寺中桂子さん、貝沢伸一さん、大木雄高さんに、ココロからお礼を申し上げます。(そして市川くん、竹中くん、いつもほんとにありがとう)

最後になりましたが、『romance』にてはたくさんの愛のかたちを歌ってみました。あなたのココロの愛の物語にちょっぴりでもふれることができたらうれしいなあって思います。