視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

大友良英さんのニューアルバム『ONJO』が届きました。また穴あきジャケットですてきですね。JBの『ルリパキダンス』も発売されたばかりだし、因幡修次くんの新譜『死を喰べつくしてから生きようか』も、ふちがみとふなとさんの『ヒーのワルツ』ももうすぐ発売だし、なんか新譜ラッシュですよ。みなさんおめでとうございます。というわけで、わたしもがんばらなきゃいけません。カレンダーを見たら、もうすぐライブじゃないの(きゃ〜)。こうしてはいられない。練習しないと。あ、いや、選曲しないと。とかね。あ、いや、とかね、じゃなくて(あたふた)、ほんとにがんばります。押忍!

朝の雨はすぐに乾いて、お昼には風はまだ少しあるものの、すっかりよい天気になった。春ですね。このごろ読んでいるのは、『幻の声』−髪結い伊三次捕物余話(by宇江佐真理)。前に同じ宇江佐さんの『春風ぞ吹く』−代筆屋五郎太参る−を読んで以来、ずっと読みたいと思っていたシリーズです。深川界隈で床(とこ)を持たない廻り髪結いをしながら、お上のお手先の仕事もする伊三次が主人公なんだけど、想い人の芸者のお文とか、八丁堀の旦那の不破友之進とか、登場人物がまたいい味出してます。江戸ものは、このごろよく読みますが、宇江佐さんの語り口は、これまでに読んだ時代小説の男性作家とはもちろん、女性作家(たとえば、平岩弓枝さんとか、宮部みゆきさんとか、北原亞以子さんとか)のどれとも、違う雰囲気があります。どこがどうっていうわけではなくて、どうも説明がうまくできないんだけど、ふんわりしてるっていうか、さらっとしているというか、じとっとしてないというか(同じか)うーーーん、と困って表紙裏のプロフィールをじろっと見たら、こんな事実を発見。「函館生まれ、函館育ち、函館在住」ですって。何か関係あるかもね(ないかもね)。

あそんで あそんで
つかれたら
おいでなさいな
わたしのところ
いっしょに ねむろう
ほしのきえるまで

たたかって ひとり
つかれたら
おいでなさいな
わたしのところ
いっしょに うたおう
なくしたゆめのうた

いっしょに ねむろう
ほしのきえるまで
ぐっすり ねむろう
あしたもはやいから

その人は、わたしの頭ごしにいきなり「わたし、来週ガンの手術をうけるんです」と言いました。わたしはサインする手をとめて顔をあげてその若い女の人を見ました、けれど、言葉がでませんでした。それは、御堂会館のロビーにて、ライブのあとのサイン会でのできごとでした。そこには、たくさんの人たちが並んでいて、なんのガンで、どんなふうにわるいのか、とても聞けるような状況ではないし、かといって、ああそうですか、がんばってね、と軽々しく言えるようなことでもないので、ただただ、わたしはその人を見つめるばかりでした。

さらにその人は続けて言いました。見ると、手には、6月に大阪城の野外音楽堂のイベントにわたしが出演する旨が書かれたチラシを持っておられます。「この、イベントに、かならず。手術をして、生きて、元気になって、かならず見に行きますから」。一瞬聞き間違いかとも思いましたが、たしかに、「生きて」と言われました。詳しいことはもちろんわかりませんが、生死にかかわるご病気なのかもしれないと思うと、わたしは、ほんとうになんと言ってよいかわからなくなりました。その人は何度もチラシを指さして「必ず見に行きますから、何かメッセージをください」とCDを差し出されました。考えに考えたあげく、いつものようにlove & peace,marikoと書いてから、「また会いましょう」と付け加えました。そして、思わず立ち上がって、その人をハグして、「だいじょうぶ、だいじょうだからね、」と言ってしまいました。涙をたくさん流しながら、それでもその人は笑顔を作って帰っていかれました。

その人は、どんなキモチで、わたしのライブを見て、歌を聴いてくれたのだろうか、どんなキモチで、あの長い列に並んでくれたのだろうか、あの人の真剣なキモチに負けないライブができていただろうかと、うちあげを終えて、ホテルの部屋に帰ってもなかなか寝付けませんでした。ライブに来てくれてありがとう、あなた。ほんとうに、かならず、また会いましょう。

ライブをする以上は、お金を払って来ていただいたみなさんに満足していただかなくてはなりません。いえ、結果的にそれは無理だったとしても、少なくともそういう努力をしなければなりません。一生懸命やらねばなりません。それは義務であり、責任です。お客さんに媚びたり受けを狙う必要はちっともないけれど、さりとてお客さんの存在をまったく無視した自己満足の出し物であってはいけませんね。まして、理解されないのが芸術だとか、お客なんていなくていいとか、うそぶいちゃいけないのよ。そんな芸術なら、チケットを無料にしなさい。ショウというのは、見ていただいて初めて成り立つものですよ。なぜなら、お客さんもショウの一部だからです。エンタテイメントのショウであることと、芸術であることは別です。このごろそういうことをよく考えます。自分が芸術家だなんて言ってはいけません。わたしはしょせん、きれいな衣装で身を飾って歌を歌って、お金を稼ぐ、傾き者(かぶきもの)でしかないのだということ、アミノサプリのように、それ以上でもそれ以下でもないのだということを、ココロにいつも言い聞かせているのですよ。てへ。

午前中はジムに。約3週間ぶりなので、体が重い。この3ヵ月、体重や体脂肪が小さく減ったり増えたりの中、一喜一憂していたけれど、結局あんまりかわらないもんなぁ。気持ちだけはめちゃめちゃアスリートだけれど。てへ。(←マイブーム)今月から、シェイプアップボクシング、っていうクラスもできた。出てみたいけど、運動量すごそうだなぁ。インストラクターの先生はなんかの元チャンピオンみたいな人だそうだし。真空とび膝蹴りとかやってみたいなぁ(ちがうだろう)。

今年に入ってから、みねっちの受験などあって、ずうっと心身ともに忙しかったので、今日は久しぶりの休みって感じ。本屋さんでのぶらぶらも久々で、映画雑誌を立ち読みしたり、本を買ったりした。となりのCDやさんでは、昨日の夜のドラマ『タイガー&ドラゴン』があんまりおもしろかったので、ドラマのモチーフとなった落語の「芝浜」(古今亭志ん朝)を買ってみた。家に帰ってから、買い物したCDや本の入った袋は開けずに、ムナカタコーチにもらった『芸人コレクションDVD』の中から、笑福亭仁鶴師匠の『崇徳院』を横になって見た。あ〜極楽極楽。