視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

もしかしたら、一週間ものツアーで体調をくずしたりしてしまうのでは、あるいは、家に帰ったとたん、疲れがどっと出てしまうのではないかと思って、5月6日の有給休暇とともに、今日のお休みの届けも出しておいたので、今日はのんびり過ごしています。幸い体調もくずさなかったので、東京・京都ライブのことを思い出したり、次の大阪ライブのことを考えたりしながら朝からピアノを弾いてうたを歌ったりしました。

だらだら過ごすのもなんだかなぁと思って、午後から映画『交渉人真下正義』を見てきました。友達の寺島進くんが出てるしね。おもしろかった〜〜〜。2時間以上あるお話だけど、ちっとも長く感じませんでしたね。ザ・エンタテイメント、って感じ。これくらいエンタテイメントに徹してるとすかっとします。國村隼さん、かっちょよかったね〜。しびれた〜(びりびり)。寺島進くんもよかったよ〜(こないだは、ライブ来てくれてありがとね〜)。今度またみねっち連れて見に行こうっと。エンディングで、國村さんが、・・・・あ、言うのやめとこうね。まだ公開になったばかりだもんね。うふふ。とにかく、今日はよいお休みでした。明日からまた仕事がんばろ。ぉー(よわ)。

やっと松江に帰ってきました。いつもより少し長めの遠征でした。初めてのツアー(初日と千秋楽しかないけれども)でしたが、すーーんごく楽しくていろいろ学ぶことの多い充実した日々でした。キーワードは「ひとりじゃないってすてきなことね♪」。大友さんをはじめ、バンドメンバーのみなさん、お世話になったみなさん、どうもありがとうございました。今後ともぜひぜひ、またゴイッショさせてください。そして、ゴールデンウイークのさなかに、ライブにおいでくださったみなさんもありがとうございました。

選曲について、アレンジについてなど、感想もあちこちでいただいたり、見たり聞いたりしました。ありがとうございました。打たれ弱いわたしなので(はははは)、厳しい意見にはほんとに凹みますが(ま、すぐ立ち直るんですけど)、なにかに挑戦することや、新しいことに出あうことはやっぱりうれしくて楽しくてわくわくします。わたしも技量が足りなかったり、考えが足りなかったりいろいろ足りないものだらけですが、今、ここに「ない」ものを数えあげて悲しむのではなく、ここに「ある」ものを精一杯喜びながら「うた」を歌っていきたいなぁと思っている次第です。松江には帰って来たけれど、まだまだ、ハマダは旅の途中です。今後ともごひいきにお願いしますね。

とはいえ、旅の途中に思うのは、ホームのこと。ホームがあるから、旅に出てまた帰ることができるのね。わたしのホームは松江にあり、またわたしのココロにもあり(なんつって。ははは)。ホームに咲いて待っていてくれたのは、黄色いカーネーションでした。みねっちありがとう。お母さんがんばるよ。

☆大友さんへ私信:黄色いカーネーションの曲をもしも作るなら、調性は、Dにしますよ〜。(D=黄色なので)

やっと松江に帰ってきました。いつもより少し長めの遠征でした。初めてのツアー(初日と千秋楽しかないけれども)でしたが、すーーんごく楽しくていろいろ学ぶことの多い充実した日々でした。キーワードは「ひとりじゃないってすてきなことね♪」。大友さんをはじめ、バンドメンバーのみなさん、お世話になったみなさん、どうもありがとうございました。今後ともぜひぜひ、またゴイッショさせてください。そして、ゴールデンウイークのさなかに、ライブにおいでくださったみなさんもありがとうございました。

選曲について、アレンジについてなど、感想もあちこちでいただいたり、見たり聞いたりしました。ありがとうございました。打たれ弱いわたしなので(はははは)、厳しい意見にはほんとに凹みますが(ま、すぐ立ち直るんですけど)、なにかに挑戦することや、新しいことに出あうことはやっぱりうれしくて楽しくてわくわくします。わたしも技量が足りなかったり、考えが足りなかったりいろいろ足りないものだらけですが、今、ここに「ない」ものを数えあげて悲しむのではなく、ここに「ある」ものを精一杯喜びながら「うた」を歌っていきたいなぁと思っている次第です。松江には帰って来たけれど、まだまだ、ハマダは旅の途中です。今後ともごひいきにお願いしますね。

とはいえ、旅の途中に思うのは、ホームのこと。ホームがあるから、旅に出てまた帰ることができるのね。わたしのホームは松江にあり、またわたしのココロにもあり(なんつって。ははは)。ホームに咲いて待っていてくれたのは、黄色いカーネーションでした。みねっちありがとう。お母さんがんばるよ。

☆大友さんへ私信:黄色いカーネーションの曲をもしも作るなら、調性は、Dにしますよ〜。(D=黄色なので)

どもども。おのぼりさんのハマダです。よいお天気の中、例によって飛行機にどろどろ酔いながら羽田に着きました。そこから、迎えに来てくれた市川くんの車に乗って吉祥寺に向かったのですが、高速道路では事故があったらしく渋滞で、ホテルに着いたら二時間たっていました(出雲から羽田までは一時間なのにね)。夜は打ち合せをかねたお食事会でした。美音堂のふたりと大友さん、そしてSachiko Mちゃんと。楽しかったです。ホテルに帰ってから『音の力〈ストリート〉復興編』を読みました。ふちがみとふなとインタビュー最高!さあ、明日はリハです。

黄金週の前半はかなり気温が上がって、ためしにエアコンをつけてみたりしたのですが、今日は少し涼しく、というか平年並みでときたまストーブをつけてみたり、なんだか季節がわからないようなことになっていますが、ニュースで茶摘みをしているのを見ましたよ。沖縄は梅雨入りですって。明日の東京のお天気はどうかな。多分晴れだと思いますよ。だってわたしが上京しますからね。

大友さんも、日記を見たら、ライブに向けて気合充分のご様子(『世界はりきり人間』コンテストにノミネートされました)。どうぞお手やわらかに。ハマダは緊張して何も手につきませんので、今宵は、『交渉人真下正義完全読本』などをながめながら、CDにて柳家小三治師匠の与太郎噺でも聞くことにいたします。(いやいや、別にリラックスしてるわけじゃないのでげす)お〜い、みねっち〜、お茶持って来て〜。

雷さんとお月さんとお日さんが3人で旅をして、宿屋に泊まった。雷さんが朝目覚めてみるとお月さんとお日さんはもう旅立ったあとだった。「なんと月日のたつのは早いなあ」。とかなんとかいう小話を仁鶴師匠が落語のマクラにしていたのを聞いたことがあるような気がするけれど、ことほどさように、月日のたつのは早くて、今日から5月、連休は3日目となり、わたくしハマダの初ツアー(というのも恥ずかしいけれどてへてへ)もいよいよ近づいてきました。相変わらず、わけもなく緊張しておりますが、今回は大友さんはじめバンドのみなさんと一緒なので、いつもよりはこころ強い気がしていますよぅ。お会いできるみなさま、楽しみにしています。そのほかのみなさまも、残りの休日をゆっくりお過ごしくださいね。と、あいさつしようかと思いましたが、明日は会社だわ〜、きゃ〜。

連休二日目、今日もよいお天気で暑い暑い。で、デイヴィット・バーンの『グロウン・バックワーズ』を大きな音で聴いています。市川くんのすすめでずいぶん前に買ったこのアルバムですが、何度聴いても素敵。ルーファス・ウェインライトとデュエットしてる3曲目の『神殿の奥深く』なんて、美しすぎて涙がちょちょぎれます。うぅぅ。来る5月3日から5日まで、出雲市の大社町では『女神サミット』というイベントが行われて国内外の素敵な女性たちが集まって、講演や音楽、舞踏などの宴が繰り広げられるそうです。わたしはその日東京行くので、行けなくてウルトラ残念!『神殿の奥深く』っていう歌はビゼーの歌劇『真珠採り』(尼僧と漁師の禁断の恋の話)の中の歌だそうだけれど、対訳を読んでいたら、「ごらん、女神様だ!暗がりにすっくとお立ちになり、おれたちに両腕を差し伸べておいでだ!」なぁんて書いてあったので、つい、『女神サミット』のことを思い出したってわけ。会場のBGMとかによいのではないかしら、なんてね。

それはそうと、小泉今日子さん。昨日の日記を読んだ妹から、「話をひっぱりすぎ」というメールが来たので、先を急ぐことにします。とにかく、そういう風にして気合充分で、今日子さんとの対談は始まりました。生れて初めてロケバスというものに乗って中で着替えたりメイクをしてもらったりして、なんだか、「一日芸能人」みたいなキモチを味わいました。てへ。初めてお会いする今日子さんは、月並みな表現ですが、すごくかわいかったーーーーーーー。思わず、本人に向かって「きゃ〜かわいい〜」とか、ミハミハしてしまいました。なんといっても、顔が小さいです。宮沢りえさんにしても、寺島しのぶさんにしても、お会いしてみるとみんな小さいです。まいったなぁ〜、となりに並んだら、あたしが近くにいるみたいで、無駄に遠近感出してしまうじゃねえかよ。とか、思ってしまいました。さっきまで、燃える闘魂だった市川くんも、「まぁ、こちらは、ミュージシャンですから、ビジュアルとかとくに関係ないんで、」とか急に大失速してるし。なんだこのやろう、貴様それでも軍人か、市川、時給ダウンだ!とこころの中でちょっぴり思いました♪(注:別に美音堂は、時給制ではないです。しかもわたしが給料払ってるわけでもないですし。)。こうなったら、大友さんに教えてもらった写真うつりの必殺技を使うしかないと思いました。大友さんは写真に写るときは、すばやくトナリに並ぶはずの人より1メートルくらい後ろに下がって、あごをひいて、怒ったような顔をするといい、と言っておられました。「怒ったような顔がミソだよ」と言っておられました。なごやかな対談で、それは使えないなぁとあきらめることにしました。

とか、いろいろ葛藤しましたが、対談がはじまってみると、楽しすぎてそんなこと忘れちゃってました。今日子さんは、思ったより、「おっさん」で、同年代でもあるせいか、話がたいそうはずみました。対談の内容まで書いてしまうといけないので、ここはさらりとした梅酒。

予定より、対談がだいぶん早く終わってしまったのだけれど、なんとなくお別れしがたく、「お茶でも飲みに行きます?」と言って、みんなでお茶を飲んでお話お話。それでも別れがたくて、「ご飯でも」とご飯を食べに行って、お話お話。飲む飲む食べる食べる。ヨシノちゃんは、ことりの写真見せる見せる。そのころには、みんなで酔う酔う。しまいには、よっしゃ、カラオケ行こう!となって、なぜかカラオケボックスに行って歌う歌う、わたしたち。今日子ちゃんの歌はもちろんだけれど、たまたまわたしの歌もカラオケにあったので、今日子ちゃんが『純愛』歌ってくれました。竹中くんが、こっそり入れた『夜明けのミュウ』がかかると今日子ちゃんがまた歌ってくれてみんなで「うわ〜キョンキョンだー」とか、なんだかいまさら感動しました。もちろんわたしも歌って踊りました。

そんな楽しい、夢のような一日でした。ちっともレポじゃない感じのレポになってしまいましたが。『SWITCH』は、5月20日発売だそうです。見てね♪長くなってしまいました。めんごめんご。

そろそろ書いてもよいことのことなので、少しばかりお知らせです。先日、小泉今日子さんと対談をすることになり、お会いしてきました。なんでも雑誌「SWITCH」の6月号で今日子さんの大特集をするそうで、その中の企画のひとつに誰かと対談する、というのがあったそうで、お誘いいただきました。今日子さんがわたしのライブにもおいでになったとか、CDを聴いてくださっているということは、人づてに聞いてはいたのですが、実際にお会いしたことはなく、同年代のアイドルでもあり親しみを感じていたので、お誘いをうけたときはとてもうれしかったです。

わーキョンキョンに会えるんやわ〜と実はすごく楽しみでした。このごろの今日子さんの女優としての活躍をたいへん頼もしく思っていたし、なにしろ、わたしは、今日子さんの出演された『マンハッタンラブストーリー』が大好きなので。今日子さんの演じられた赤羽さんの役、最高でした。ので、お会いしても対談が終わっても、そればっかり話してましたよ、わたし。あはははは。

当日は、対談している様子をカメラマンの方が写真に撮られるとのことで、お花見もかねて、どこかの公園でお会いすることになっていました。わたしのほうには、いつもの美音堂スタッフ全員(ふたりだけど)とそれからメイク&スタイリストとして、ヨシノさんと、応援団としてムナカタコーチ(実は今日子さんにわたしのCDを紹介してくれた人だった)が来てくれていました。

なんか、この日に向けての市川くんとヨシノさんの力の入れ具合はただごとではなく、事前にわたしが着るための洋服を買いに行ったり、市川くんの奥さんのみえちゃんにサイズを直してもらったり(みえちゃんありがとう。)、ヨシノさんのおうちで、ヨシノさんの洋服タンスまでひっかきまわして、ああだこうだと言いながら大騒ぎしていたそうです。(そのころハマダは松江でのんびり暮らしていました)。ふたりのはりきり様は当日、羽田空港に迎えに来てくれた市川くんとヨシノさんのふたりから立ち上る湯気みたいなオーラで遠くからでもハマダにびんびん伝わりました。近づけば、ふたりの目の中に炎を見ました。このふたりのためにも、どうか、写真がかわいく写りますように、と祈るハマダでした。「なんか、あんまりがんばりすぎって思われたらどうすんの、あははははは」と緊張緩和に、わたしが言うと、「多分、小泉さんは、メイクさんとかも頼まないで、おうちから自分で普通にメイクしてこられると思いますが、まぁ、あちらは女優さんですし、こちらががんばりすぎたとしても、とんとんだと思います」と、「編集長さんが言っていました」と市川くんが真顔で人のせいにしていました。「とんとん」って。いや、とんとんになればいいのだけどねぇ。

なかなか対談が始まらないね。長くなったので、今日はこのへんで。続きはまた明日ね♪