視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

文藝春秋の増刊号『言葉の力』読み終えました。しつこいようですが、とてもおもしろかったです。美しい言葉も覚えました。覚えたのはよいけれど、使う時がないままに、忘れてしまいそうですけど。ところで、ずっと先日のライブ音源を聴いています。聴きながら、アンサンブルということについて考えています。積み木のようにひとりひとりが積み重なってひとつの塊になるのではなく、おのおのが、いったん分子のレベルくらいにまでとけてまぜ合わさってそれから固まるような、そんな音作りが楽しいですね。この間のセッションでは、そんな「とけた」ような感覚を何度か味わったような気がしましたが、わたしだけだったかしら?へへへ。さて、今夜は久しぶりに写経をしましょうか。おお、そうだ、イシ子を文鎮に使いましょ。

みねっちに携帯を買ってやったのは、この春。まだ数ヶ月しか経っていないけれど、さすが若いだけあって、いろんな機能を使いこなしている(だれが、料金払うと思ってるんだ!こら〜!)。メールや電話の着メロもかけてきた人ごとに音を変えたりして、誰からメールがきた、とか、電話がかかっているとか、音だけでわかるようにしたりと、ずいぶんハイカラさんである(え?それが普通?うっそー。)。

ところが、聞くと、そういう風な工夫をこらしているのは友達に対してばっかりだと言うから、なんで〜なんで〜あたしもあたしも〜と頼んで、一緒にダウンロードして選んでみた。悩んだすえ、『太陽にほえろ』のテーマ曲に決めた。はははははは。わ〜〜い(って、別にあたしが聞くわけじゃないけどね。)。ちなみに、おばあちゃんから電話がかかったら『渡る世間は鬼ばかり』のテーマだそうだ。あははははは。「あたしが弁当こしらえて・・・」の世界。あははははは。(ついでに言うと、わたしの妹は、『サザエさん』だった。)それにしても、『火曜サスペンス劇場』の音楽はこわい。一瞬わたしのはそれにしてもらおうかと思ったけど、こわくて電話に出られそうにもないとみねっちが言うのでやめた。

みねっちが携帯で写真撮ってくれるというので、ポーズとってみました。ピースサインを出していたら、「もう40歳なんだからそういうのはやめたら」と言われたので、ほんじゃこれはどう?ってとったのが、「若者ポーズ」だyo!←無理がある?いやいや、無理は承知の介(もう少し、部屋をかたづけてから撮ればよかったな)。

それはそうと、そうやって携帯ライフをエンジョイしてるのはいいんだけど、彼女、家の電話もちょこちょこ使います。「携帯代の節約」とか言って、意味がわからん(どっちにしたってわたしが払うんだろうし)。いや、まったく、親の顔が見たいyo!

一日中おでかけをしていていろんなところへ行って、沢山の人に会って、ずっとしゃべってました。午前中からお洋服やさんの「BeeWest」に行って、それから、近くのCDやさん「SWING」に寄って、いったんうちに帰ってから、夕方出雲へ。出雲市の「MUSE」というギターショップに行ってお店のみなさんにごあいさつ。常連さんも来ていらっしゃいました。ギターショップではあるけれど、地元の自主制作盤CDをたくさん置いてくださっているので。URIKOちゃんもかけつけてくれて、楽しかったです。そのあと、URIKOちゃんと「赤坂」へ行ってまたまたガールトーク。夜もふけたので、家に帰ってみると、美音堂から先日のツアーの録音CDや録画DVDが届いていました。わ〜!今、横目でDVDを見ながらこれを書いています。かっちょいいバンドだなぁ。てへ。

☆先日の西部講堂でのライブについて、たいへん興味深い感想を書いていらっしゃる方がありましたよ。(kaerusan、どうもありがとうございます。)5月7日のところです。見てね!
http://d.hatena.ne.jp/kaerusan/

さていよいよ明日から、大友さんとバンドのみなさんは欧州ツアーですね。こないだのツアーでは、バンド内でわたくし最年少でした。ふふふ。40人近くいる昼間の会社では最年長なので、このたびはそれがとてもうれしかったのですよ。みなさんとても楽しい方々です。また少しずつ書いてみようと思いますが、このごろのこのココロ、長いのが続いたので今日はこのへんでやめときましょ。みなさま、お気をつけて、楽しい旅になりますように。

ボインはナインやないんやで〜♪っと。こんばんは、ボインの人、あ、違った、母音の人、ハマダです。とか、いきなり一部の人にしか受けないギャグからはじまりましたが、今日は木曜日、うれしいです。明日出たら休みだね、わ〜い。今日も今日とて、『言葉の力』を読んでいます。ほんとうにこれはおもしろいですね。今日感心したのは鴨下信一さんの書かれた「日本語の<音色>」という文章です。氏によれば、同じ「花」という言葉でも、「赤い花(バラ)」というときと「白い花(バラ)」と言うときには微妙に二拍目の音の高さが違うというのです(赤のほうが高い)。そういう「音色」が日本語にはあるということだそうで。さらに余談的におもしろかったのは、以下の文。

『〜「赤い」「白い」という修飾の部分を強調表現しないで、被修飾語の「バラ」とか「花」の方の音を変えることである表現をする・・・というのが日本語の高級なところで、台詞でも朗読でも「赤い」「白い」をこねくりまわして表現する俳優は下手、「花」「バラ」で表現する人が上手と昔から決まっている。』

あははは、そうなのか〜〜。あははははは。そうだねぇ。確かに、歌を歌うときでも、「赤い」とか「白い」というような言葉には、表情がつけやすいものねぇ。それにひきかえ、「花」とか「バラ」とか、名詞には難しい。(いわんや「イシ子」なんて歌詞をや。はは。)そういうこと分析して、言うはよこやまやすしですが、実際にやるのは難しいねぇ。北島マヤならできるかもしれませんが。まーわたくし、ハマダも紅天女の第三の候補としては(ほんまか)一応マスターしておくとするか。なんつって。←太い発音で

運動不足解消に久しぶりにジムに行ってきました。たまに平日行くと、人の多さにびっくりします。客層もぜんぜん違うし。いつもは土曜日や日曜日に行くことが多いので、おばさんの集団やOL風の女の人が多いんだけど、今日は、サラリーマンみたいな男の人が多かったです。汗をざーざーかいてTシャツをびしょびしょにして走っているおじさんや、顔の半分から下全部くらいがあおあおとするくらいひげの剃りあとの濃い感じの男の人が鏡を見ながら筋トレとかをしているのを見たら、申し訳ないけど、彼らに罪はないけれど、吐きそうになって早々にきりあげて帰ってきました。

それにしても、ジムには2月から通って、というか、在籍していますが、じりじりと体脂肪は減り、一方でじりじりと体重は増えています。これじゃ、やせてきたのか、太ってきたのか、わからんじゃないか。見ためだけならどんどんまあるくなってるてぇことじゃぁないか(やりばのない怒り!)。それじゃなにかい?あたしゃ、お月さんかえ?ええ?どうなんだい?ええーっ?←志ん朝さん風に

いま、読んでいるのは、文藝春秋の特別版『言葉の力』(3月臨時増刊号)という雑誌です。総勢95人もの大学の先生、作家、詩人、アナウンサー、などいろいろな人たちが、言葉や日本語について、短い文章を寄せています。会社の短い休憩中に斜めに眺めるにはぴったりだなぁと買ったのだけど、読んでみると結構おもしろいのです。「このごろの若い人は」的な愚痴っぽいものもあり、「責任者呼んでこい!」的なキレ気味のものもあり、書いた人それぞれの視点から言葉の大切さなどが熱く語られています。その一番最初の「ことばの力」という文章を書いたのは中西進というかたで、その中で『古今集』の序文を引用しておられました。

『力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女の仲をもやはらげ、たけき武士の心をも慰むるは、歌なり』

ここでいう、歌とは、和歌のことであり、もちろん言葉のこと(特に七五調の)なのですが、その文自体の美しさにまずはたいそう感心してしまいました。それから「歌」(言葉)は、「うた」と言い換えることもできるかしらと思ってみたりしていると、始業のチャイムがなりました。