視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

大阪城音楽堂での「音泉まつり」に参加して帰ってきましたよぅ。ああ、楽しかった。楽しすぎて、何から書いていいかわからん。おかげさまで、心配された雨も降らず、というか、ちょっと降ったけど、わたしの時にはだいじょうぶでした。雷がなっただけ。聞くと、雨男や、晴れ女(わたし)やら、嵐を呼ぶ女(畠山美由紀ちゃん)やら、いろいろ混ざっていたようなので、お天気もひとつに決めかねたみたいね。おいでになったみなさん、ほんとにどうもありがとうございま=す。

今回は楽屋がひとつの大部屋状態で、異文化交流というか、異種格闘技というかでおもしろかったです。各チームごとにテーブルやイスが準備されていて、なぜかチーム浜田のとなりがチーム赤犬だったので、余ってるイスとか貸してあげました(というか、気づいたらもう座ってました。はは。)。出演者のみなさん、すごかったですねぇ、あばれんぼうでやんちゃで(しょうがねぇなぁ)。あははははは。特に赤犬。あははははは。ステージ最高でした。そして楽屋でも。あんなにたくさんの若い人のパンツ姿を一度に間近で見たのは初めてです(どきどき)。あははははは。なんかそんな、若いエキス、いえ、若い力あふれるサマーフェスティバー&カーニバーみたいなイベントにわたしなんかがいてもいいのかと、主催の清水音泉のタグチさんに「今回の出演者はどういう基準でセレクトしたんですか?」と前夜のリハ後の食事会でちょこっと聞いてみたら、「男気あふれるロック魂の人たちを集めてみました」とか言われました。俺もかよ!てへ♪(わ〜い)。

ボノボ(松井くん、和太鼓たたいてくれてありがとう)、スクービードゥー(なんかやたらかっちょよかった〜)、サンボマスター(さすが嵐を呼ぶ男たちでした!)、そして赤犬(あはははははははは、ばんざーいばんざーい!)のみなさん、それから、畠山美由紀ちゃん(やせた秘密教えてくれてありがとう。俺もがんばるぜ!)お会いできてうれしかった。こんな機会を与えてくれた清水音泉さん、ありがとね=。帰り際に、各バンドのみなさんが、「じゃ、また、フジ(ロック)で」って別れて行ったのが、かっちょよかったな〜。くぅ〜、ちくしょう〜、若いっていいなぁ〜。くやしかったので、美音堂のみんなと伊丹空港で別れるとき、「じゃ、また、ふじ(川食堂)で」って言いました(高円寺かよ)。忍者のすみちゃんもお手伝いありがとね〜。書きたいことは山ほど、川ほどあるけれど、また少しずつ。とりあえず、帰りしなのマリコ的こころ、筆にまかせてこんなんでました〜。

☆御堂会館に来てくれてたあの方、無事、手術を終えられたとのことで見においでになっていたそうです。手紙とお花を届けてくださいました。ほんとによかったー。気にかけてくれたみなさんへ、報告しまーす。

長らく積読状態だった『贋作天保六花撰』(by北原亞以子)を読んだら、おもしろかったのでそのまま北原ワールド『降りしきる』に突入しています。『贋作〜』のほうは、ピカレスク連作もの、そして『降りしきる』のほうは、短編集です。北原さんのお書きになる男の人はかっちょいいんだな、これが。そうそう、それで思い出した。『降りしきる』は土方歳三が出てきますが、わたしが歴史上の人物でイチバン好きなのは土方歳三で、わたしの『死ねるリスト』の第一位なんですよ。へへへ。ま、だからどうしたの話ですけどね。しかも、「この人のためなら死んでもいい」って思える人が、既にこの世の人でない、ってのもおかしな話。でも、あらら、そんなことを書いている場合ではないですね。明日は大阪へ行きます。今のところ雨が降ってるようですが、当日は晴れるといいね。さて、荷造り荷造り。『死ねるリスト』より、『持って行くものリスト』のチェックだわ。

月に一度の収録日。今年に入ってから、月初めのライブが多くて放送日に松江を留守にすることが多いのですが、今月の放送日もわたくし大阪に行っている予定です。なので、置き土産みたいな感じですが、山陰地方にお住まいのみなさん、今回の放送では、先日のスターパインズカフェでのライブの様子をお届けします。大友良英&ニュージャズスモールアンサンブルスペシャルの演奏も聞けますのでよかったら少し夜更かししてみてね。6月4日(土)夜12時からFM山陰で。

早いもので、もう五月もおわってしまったね。となりの席のさおりんが、「30代って早く過ぎますね」って言ってたけど、40代はもっと早いみたい。なぜだろう。特にライブ前は加速するような気がする。ひょっとして、知らない間にからだがネズミくらいの大きさにちぢんでしまっているとか。な、わけないけど(むしろ膨張してます。え〜ん)。しょうがないので、流した涙でネズミの絵など、足の指でもって描いてみたりしています。

会社の朝礼で所長が「かなしいお知らせがあります」と暗く言われたので、誰ぞ亡くなりでもしたかと心配したのだが、結局は今の事業所が、平成20年の3月で、なくなってしまうという既知のニュースの確認、というか決定の駄目押しだった。とっくにわかっている話がなぜ「かなしいお知らせ」なのかと言えば、まだ、それまでに新規事業を開拓して、せめて一部の社員でも解雇しなくてよいようにする、というわずかな望みが上部にあったのに、親会社の方から、「新規事業は開拓しなくてよい」というお達しが来たとのことで、その望みと、新規事業開拓のために費やした時間と努力が泡と消えてしまったからだ。かわいそうに。ま、仮に新規の事業が始まったとしても、到底社員全員を救うことはできないし、まして成績の悪いわたしなんかが採用されることもないだろうと思って、最初からぜんぜん期待していなかったので、わたしにとってはあまり「かなしい」お知らせでも「とつぜんの」お知らせでもなかったけれど、そういう話をされたということで、3年後の、いや正確にはあと2年と何ヵ月かあとのことをみなリアルなものとして考えざるを得なくなり、お弁当の時間はその話でもりあがった。そういうことを見越して、職業資格を取ってしまっている人もいるし、勉強をしている人もいる。3年後といえば、みねっちは高校を卒業するので、ハマダ家にとっても、大きな転機になるかもしれない。わたしとしては、暇な喫茶店とかで働きたいのだけどな。お客商売は得意だし(笑顔が自慢です。ユーモアもいくらかありますし)。美音堂の電話番とか。

今日は暑すぎず、寒すぎず、風もさわやか。こういうのを薫風っていうんでしょうね、きっと。さて、いよいよ、大阪城野外音楽堂でのライブが近づいてきました。お天気がよいといいですね。日頃晴れ女と豪語しているわたくしとしては、なんだか、当日のお天気に責任を感じてしまいそうです。それにしても、出演者リストを眺めるに、なんだかみなさん若さあふれるロックな方々で、未だになぜわたしがそこに入っているのか謎です(また最高齢かよ、ち。)。近しい人々の間では、ハマダはパンクな人間とも形容されてはおりますけれど(タイヤのパンクのパンクじゃないからね、言っとくけど)、それはまた別の話ですし。女子の部は、畠山美由紀さんとふたりです(美由紀さん、こないだは、おだんごありがとー!)。まーでも、『音泉(おんせん)まつり』っていうくらいですからきっとホットで楽しいイベントになると思いますよ。わたしは、宝船に乗って登場して「まつり」とか歌う予定です(うそですからね、大漁旗とか持って行かないようにね。うふふ)。

会社の帰りに文房具やさんに寄って、ノートを買いました。新しい読書感想文ノートにするためです。このノートは1996年からつけています。さっそく新しいノートに『空中庭園』と『古道具中野商店』と『イン・ザ・プール』の感想を書いておきました。各3行ずつくらいですけど。今年読んだ本はこれまでで33冊。今読んでいるのは、『駆けこみ交番』(by乃南アサ)。青春警察小説だって。あはは。新米の警察官が主人公で、いろんな技を持った近所のお年寄りたちの7人組(とどろきセブン)も出てきます。とどろきセブンって名前がかわいいなぁ。