視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

お弁当の時間にテレビを見ていたら、またあの兄弟の話題だった。なんかかわいそうになってきちゃったなぁ、どっちも。とか思いながら、カレイの煮付けを食べているときに、なんか、この場面は知っているなあと思った。いえ、カレイのほうじゃなくて、テレビのほう。その時は思い出せず、午後中考えながら仕事をして(こら)、やっと4時半ごろ、思い出した。講談の『大塩平八郎ひょうたん裁き』だ!そうそう。大店の跡継ぎを決めるのに、臨終の父親が兄弟別々に代々伝わるひょうたんを渡してたんだよね。で、父親の死後、兄弟がみんなそれ持って、我こそは跡継ぎよって主張するわけ。それを、大塩平八郎が解決するんだった。どうやったと思う?ふふふ。教えないよ。だってあたしって、いじわるじゃないですかぁ。

月曜日。梅雨入りしてから、とたんに晴れ晴れ晴れ。今年の夏のお天気も一筋縄ではいかない困ったさんになりそうですね。みねっちが、おもしろいから読んでみたら、と貸してくれた『チョコレート・アンダーグラウンド』(byアレックス・シアラー:金原瑞人訳)を読みはじめました。これは児童文学に分類されるのかな。なかなかおもしろいです。「健全健康党」という政党が選挙で勝って与党になっちゃったために、チョコレート禁止令が発令されることになって、チョコレートをはじめとしたお菓子や甘いものはすべて禁制品になってしまったある国で、少年ふたりが戦いを挑むってお話。チョコレートと少年だから、なんだかイメージはかわいいけれど、ジョージ・オーウェルの『1984年』などをちょっと思い出させますね。みねっちがこないだから、やたらと「選挙にはいかなきゃだめだ」って言ってたのは、これを読んでたからなんだな。あはは。

松江のライブハウス『Birthday』の三周年記念のパーティ&ライブにみねっちを連れて行ってきました。ライブは、神戸からYoshikaさん(vo)、奈良から宮川真由美さん(p)、そして、松江からわたしの友達のしんのすけ(b)でした。スタンダードナンバーや、赤とんぼなど、おなじみの曲を2セット演奏されました。Yoshikaさんの声、宮川さんのピアノ、しんのすけのクールビズなシャツ、どれも最高でした。みねっちの知っている曲が多かったので彼女も喜んでいました。わたしたちは、なんだか、一番前の席に通されて、それがBirthdayのママさんのお母さまの横だったので、お話をさせてもらったりしました。いろんな方に会えました(前にここで書いた『言葉の力』を注文して買ったという方、どもども〜。お会いできてよかったですね=。)。出雲のライブハウスジルジャンのマスターもおられました。「おぅ、まりこ、グラマーになったな」と言われて、赤面しました(でぶになっただけなのに、ものは言い様だなぁ。あはははは。こら===!)。バースデイの3歳のバースデイ、おめでとうございます。これからもお世話になりまーす!

そしてもうひとつのバースデイは、琵琶法師の因幡修次くん。44歳のバースデイ、おめでとう。よく、ナイスガイ、とか、マイトガイとか言いますが、こないだ読んだ、『百円シンガー極楽天使』の中に、夢川ひろし、という鳥取県出身の演歌歌手が出てくるのですが、その歌手のニックネームは「サンドガイ」(鳥取は砂丘が有名なので)。あははは。島根が誇る因幡くんは、さしずめ「シジミガイ」といったところでしょうか。まぁそれはともかく、これからもお元気で活躍してね。おめでとうございまーす。

山陰地方も梅雨入り。今日は、市川氏の結婚式でした。入籍はとっくにしていましたが、仕事の都合などで、式が今日になったのね。あらためましておめでとう。和装なんだってね。今度写真を見せてくれると言ったので、調子にのって、「マリコ的こころ」に載せてもいいか、と聞いたら、「それだけはかんべんしてください」と言われた。あはははやっぱりね。載せてください、と自分から言われたらちょっとひくし。というわけで、今日は米朝師匠の落語のCDを聞いたり、みねっちとばか話をして笑いすぎたりして腹筋が苦しい平和な日。

『御宿かわせみ』を見た。今日のは、別れ別れになった兄弟が再会するというお話。かわいそうで、かわいそうで、すごくすごくすごく泣いてしまった。思い出しただけでも、かわいそうでかわいそうで(涙涙涙)。うぅぅ。どこかの兄弟に見せたいくらい。ほんと。さ、顔洗って水分補給しないと。次は『タイガー&ドラゴン』だし。

車に乗って信号待ちをしていたら
道の反対側に見えたのは
20年くらいも前に
わたしの顔を
グーでなぐったおとこの人が
おじいさんになって
自転車でよろよろ走ってゆくすがた

よろよろ
よろよろ

前を向いたままわたしは
ミラーの中でどんどん小さくなってゆく
虫みたいなうしろすがたに
死ね死ねビームを送った

ビーーーーーーーーーーーーーム

あ、死んだ

なぁんてあはは

やっぱりもう時効かな

『百円シンガー極楽天使』を読み終えました。文体そのものは、あまり好みではありませんでしたが、とにかく書かれている内容が、おもしろくて考えさせられることしきり。以前もどこかで書いたけれど、有吉佐和子さんの『出雲の阿国』の中に、こんな文章があります。

「唄ったり踊ったりして何が育つか、何が稔るか、誰の腹がくちくなるか、唄や踊りで銭とるのは、傾いた女のすることで、土を離れた根無し草よ。畑から引抜かれた青菜は、町で売り歩いている間にも見る間にしおれていくものぞ。」

あるお婆が、阿国に説教する場面です。古い考え方なのかもしれませんが、わたしは、このお婆の言葉は正しいと思います。以前、ナイトクラブやレストランやラウンジや、いろんな場所でわたしがピアノを弾いて歌を歌っていたとき、わたしは「マリコ先生」とよばれて、ホステスさんや、バーテンさんや、板前さんよりも、ちやほやされ大事にされました。給料も一番多かった。でも、お店が暇になって経営が立ち行かなくなると、一番先に切られるのは、わたしでした。なぜかというと、ほかの人をくびにしたらお店の営業そのものができなくなるからです。そういう経験を何度かしているうちに、こういう仕事はお店にとって、「あればうれしいけれどなくても困らない」部分なんだなと思うようになりました。

歌を歌う仕事もほかの仕事と、何かをやってお金をいただく、という点では、そんなにかわらない気がします。そしてその、仕事という点においてはほかの仕事をする人と同じように職人でありたいと思っています。根無し草だ、傾き者だという罪の意識やかなしみをこころの隅にいつも抱きながらね。でもね、たとえ1曲歌って100万円もらえるような歌手になっても、今日うちの庭の草刈りをしてくれた時給700円のシルバー人材センターのおばあちゃんには、絶対に勝てないのよ。