視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

さわやかな日、そして父の日。妹といっしょに子供たちを連れて出雲の父の家へ行きました。プレゼントにはアローカシアという観葉植物の大きな鉢を買いました。なんでそれを選んだかという確かな理由はなく、ただなんとなく、お店に入ったときに一番目をひいたので(陶器の鉢もすてきでしたし)。みんなでわいわいとおしゃべりをしたり飲んだり食べたりして帰って来ました。ああ楽しかった。それにしても、カラアゲを食べたのでのどがかわきました。

☆父の家にギブソンが飾ってあったので写真撮ってきました。

久しぶりにビデオやさんに行って、DVDを借りてみました。『Ray』が新作で出てたので、今夜見る予定。それと『笑の大学』と、もうひとつ、なんか、すごい勢いでディスプレイされていたアメリカのテレビシリーズ『トゥルー・コーリング』の1巻を借りました。結構シリーズものは好きなんだけど、あんまり長く続くとわたしの根気も続かず、人にすすめたくせに最後まで見てない、なんてことになっちまいますが(例:『24』シーズンUの半分まで見たけど。市川くんに徹夜してでも絶対見ろと言っておいて、自分は途中で飽きた。わはは。ごめーーん。)なんか、大ヒットして、シーズンUとかVとかで、そのパターンを踏襲してるな、って思った瞬間にもう集中力がきれてしまうようです(例:『Xファイル』『アリー・マイラブ』『フレンズ』)。なので、おそるおそる、この『トゥルー・コーリング』は見てみましたが、おもしろかったわーー。不慮の死で亡くなった人たちのための死体安置所で働くことになった主人公のトゥルーが、死体の「help me」という声を聞くと、なぜかたちまち1日前に時間が戻って、トゥルーが原因をつきとめてその人が死ななくてもすむように助けてあげる、って話。おもしろそうでしょう?あ、でも、別にすすめているわけじゃありませんけどね。てへへへ。

今はほんとは、18日の土曜日の朝です。いいお天気。今日も暑くなりそうです。今年の夏は水不足になりそうでこわいですね。さてさてお天気につられて気分が昂揚しています。おととい友達にもらったsakerockの新譜『Life cycle』を聴いたりとか、サンボマスターのアルバムに語りかけられたりしてロックなキモチです。

昨夜寝ようとしていたら、バースデイのママさんから電話をもらいました。東京から某レコード会社のすごくエライ人が来ておられるので出て来ないかってお誘いでしたが、なにしろもう11時すぎでしたし、寝る寸前だったのでお断りしました。それにしても。すごくエライ人とか、すごく有名な人、ってのは、あれですね、夜中に一度も会ったことのない人を呼び出しても普通なんすかね。まぁ、もちろん、昨夜だって、その方が呼べとおっしゃったわけではなく、まわりの方が気をきかせて、会わせたいと思ってくださったのだろうですけど。でも、わたしは、キライです。そういうことは。ま、もちろん、惚れた男なら、夜中の2時や3時でも二つ返事、がってん承知の助で飛んで行くけどネ。

みねっちが、高校の芸術鑑賞でプラバホールに、寺内タケシとブルージーンズを見に行ったそうだ。あたしも見たかったわーーー。テケテケテケテケっていう感じをさーーー。で、帰りにサティに寄って(まぁ不良ねぇ〜)、友達とプリクラ撮ってきたって見せてくれた。「あげようか?」だって。そんなもんいらんいらんーー。さて、明日は健康診断なので、これより断食、じゃなくて絶食。体重計の上にそっと乗る練習せねば。

いつまでたっても雨が降らない梅雨だなあと思っていたら、夕方から降り出しました。夕ご飯はそうめんでした。夏が来たね。『チョコレート・アンダーグラウンド』を読み終えたので、北原亞以子さんの『花冷え』を読んでいます。これも短編集だけれど、泣けるんです。こういう短いお話で、よく泣かせるものだなぁ。うまいなぁ。

☆観音様は立ち姿です。あなたが困ったときにすぐに助けに行けるように。

お弁当の時間にテレビを見ていたら、またあの兄弟の話題だった。なんかかわいそうになってきちゃったなぁ、どっちも。とか思いながら、カレイの煮付けを食べているときに、なんか、この場面は知っているなあと思った。いえ、カレイのほうじゃなくて、テレビのほう。その時は思い出せず、午後中考えながら仕事をして(こら)、やっと4時半ごろ、思い出した。講談の『大塩平八郎ひょうたん裁き』だ!そうそう。大店の跡継ぎを決めるのに、臨終の父親が兄弟別々に代々伝わるひょうたんを渡してたんだよね。で、父親の死後、兄弟がみんなそれ持って、我こそは跡継ぎよって主張するわけ。それを、大塩平八郎が解決するんだった。どうやったと思う?ふふふ。教えないよ。だってあたしって、いじわるじゃないですかぁ。

月曜日。梅雨入りしてから、とたんに晴れ晴れ晴れ。今年の夏のお天気も一筋縄ではいかない困ったさんになりそうですね。みねっちが、おもしろいから読んでみたら、と貸してくれた『チョコレート・アンダーグラウンド』(byアレックス・シアラー:金原瑞人訳)を読みはじめました。これは児童文学に分類されるのかな。なかなかおもしろいです。「健全健康党」という政党が選挙で勝って与党になっちゃったために、チョコレート禁止令が発令されることになって、チョコレートをはじめとしたお菓子や甘いものはすべて禁制品になってしまったある国で、少年ふたりが戦いを挑むってお話。チョコレートと少年だから、なんだかイメージはかわいいけれど、ジョージ・オーウェルの『1984年』などをちょっと思い出させますね。みねっちがこないだから、やたらと「選挙にはいかなきゃだめだ」って言ってたのは、これを読んでたからなんだな。あはは。