視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

むし暑い日。いぜんとして雨が降りません。水の都なのにねぇ。朝起きて、「仕事休みてーーー!」と思ったけれど、とても会社に電話して有休をとる勇気がなくてがんばって行きました(だって、「だるい」という以外に理由ないし。はは。)。有休と水は大切に。仕事中、なんとなくココロの中で『ガメラ』の歌を歌っていたんだけど、どうしても、途中から『魔法使いサリー』になってしまう。休憩中に机につっぷして眠っていたせいで、目のところに丹下左膳風に縦に線が入っているのにトイレで気づいた。起きてから30分以上も経っているのに消えていなかったということは、よほど顔が乾燥している証拠だ。今夜パックします。会社から帰るとテレビに谷亮子さんが出ていた。ご懐妊だそうで。『母でも金』という字が見えた。あははははっははは。しょうがないねぇ。

☆今日の思い付き:ターンテーブル演奏をしている大友さんが、演奏のクライマックスで、「いつもより多めにまわしておりまーーす!」と言ったりするのはどうだろう。

超ハードスケジュールのヨーロッパツアーを終えたONJOのツアーのしめくくりとなるコンサートが、東京都江東区の森下文化センターというホールで行われると知って、わたしは、ひそかに見に行こうと思っていました。ONJOのコンサートは、一度ゆっくりと見てみたいと思っていたのだけど、たいていコンサートなどあるときは、平日だったり、前後に自分のライブが入っていたりしてうまくスケジュールが合わないのであきらめていたのだけど、このたびは、土曜日にコンサートが行われるということもあったので、会社も休まなくてすむし、しかもホールでのコンサートだし、絶好のチャンスだと思ったのでした。

市川くんにチケットをとってもらい、飛行機と泊まりの手配をしてこっそりと土曜日の朝、東京に向かいました。なんでこっそりかというと、もしもバンマスの大友さんに知られたなら、きっと「ハマダさんにもなんか歌ってもらおう」とか、気をつかわせてしまうと申し訳ない気もしたので。(ま、別に言われなかったかもしれないけど、ははは。)ま、ほんとは、お客さんで見たかっただけなのよ〜。てへ。いいですね〜、人のライブはキンチョウしなくて。そういうわけで朝からるんるんで東京に向かったのです。思えば、自分のライブや仕事以外でお出かけなんてずっとできなかったし。

朝から出かけて、市川くんや竹中くんと銀座で「銀ぶら」(あはは)して、夕方には、森下へ向かいました。商店街を歩いたり、のらくろロードを歩いたり(「のらぶら」)、「どぜう」の看板のお店の前を歩いて小名木川のほとりを散歩してみたりして時代小説でおなじみの深川の町をゆるゆると楽しみました。

コンサートは最高でした。行ってよかったー。カヒミ・カリィちゃんの歌を生で見たのもはじめてだったし(カヒミさんは、ちぃちゃくてかわいくて、横の大友さんよりかなり遠くにいるように見えました。←ほんとは、大友さんより前にいたけど。あははは。)、Sachiko Mちゃんの演奏してる姿を見たのもはじめてだったし、カナリアのサントラでゴイッショしたみなさんを見ることができたのもうれしくて、なんか鼻血が出そうでした。大友さんが指揮をされる姿はキレがあって、かっこよかったです。「ユリイカ」の演奏は、あんまり美しくて叫び出したいくらいでした。アンコールがおわって、思わず「おおともさーーーん」と黄色い声を出してしまいました。(すいません、声が通るもので。)森下文化センターばんざーい!

終わってから楽屋をおたずねしたら、西部講堂などでゴイッショしたみなさんと、「お久しぶり〜」の対面。えー?島根からわざわざ見に来たのー?なんて、芳垣さんにあきれられてしまいました。あはは。いやいや、それだけの価値はありましたよ。大友さんは、ステージでまだ、かたづけの最中なので、おどろかしてやろうと、スタッフの人になりすまして、「大友さん、このアンプどこにかたづけますか?」とうしろから声をかけてみたのですが、ふりむいた大友さんがわたしを見て、一瞬、何がおこったのかわからないといった様子でフリーズしてしまわれて、3秒くらい無言で、あう、あう、あう、となっておられたのがおかしかった〜〜。あははは、大成功!(結局この「ドッキリ」がやりたかったのか)

ずうずうしくも打ち上げにも参加させていただいて、みなさんとお話でできてよかったです。カヒミさんともお話できてうれぴー。で、なんでか、中締めの解散の音頭とりまでやってしまって(だれ?俺?)、わ=っと嵐のように去ってみました。その様子はさながら、選挙の日に当選した候補の選挙事務所へ行って、盛り上がって、ただ酒を飲んで、うわ=っと帰って行く近所のおっさんみたいだったかもしれません。ONJOのみなさん、すいません、おじゃましました。

そのあと、美音堂軍団3人は、下北沢へ行って、もうすぐお誕生日で還暦を迎えられる大木さんや、こないだ38歳になったばかりの竹中くんのささやかなお誕生会をしました。おめでとうございます。この日、打ち上げ会場でのそれも含めて10回以上乾杯したように思います。乾杯まみれでした。お店を出たら朝が来ていて、予約したホテルにチェックインしたのが6時でした。なんとも濃い一日でした。

☆沼田順ちゃん、こんなんでいいでしょうか?打ち上げの計算はひとりでしましょうね。てへ。

今年は美空ひばりさんの17回忌の年にあたるとかで、CDやDVDがどんどん発売されたり、テレビの特別番組が組まれたりして、未公開の映像もたくさん見たりすることができる。わたしの好きなシーンは、例の不死鳥コンサートの始まる直前の舞台そででのひとこま。楽屋から、あの赤いドレスに身を包んで、誰かの腕をかりて、少し腰を曲げて足をひきずりながらゆっくりゆっくり歩いてきた表情のかたいひばりちゃんが、最初の曲のイントロがなりはじめたとたんに、満面の笑みをたたえて颯爽としてステージの中央へ歩いて行くところ。あの姿を見ると、わたしは涙がとまらない。すてきなシーンはほかにもきっとたくさんあるのだろうけれど、わたしにとっては、あの瞬間のひばりちゃんがイチバンかっこいい。

☆『タイガー&ドラゴン』今夜で最終回。あぁ、残念、来週から何を楽しみに生きていったらいいかわからない、とため息をついたら、みねっちに「子供じゃないんだから」と笑われました。だってぇー。

父のスナックのうらに野良猫がいつのころからか何匹かうろつくようになって、えさをやったりしているうちに仲良しになって、毎日夕方父が店に行くと、車のエンジンの音を聞いて(ちゃんと聞き分けて)通ってくるようになったという話は前から聞いていたのだが、その猫がさきごろ子供を産んで12匹にまで増えてしまってどうしようかと困っているらしい。保健所に通報すれば殺されてかわいそうだし、かといって、このまま世話をするわけにもいかないし、と父は真剣に悩んでいた。野良猫だから人には絶対に寄りつかないから、誰かが飼うこともできないだろうとも言っていた。「まりちゃん、インターネットで調べてみて」と頼まれたが、何をどう調べたらいいんだか。

そんなことが頭のすみにあったせいで、会社で読む用にうちの積読棚から、つい、内田百?の『ノラや』(中公文庫)を選んでしまった。おもしろかった。百?先生のユーモアあふれる筆致と野良猫ノラ、クルツへの愛情にほのぼの。ノラはある日、急にいなくなってしまうんだけれど、百?先生、ノラがいなくなってからとにかく泣いてばかりいる(泣いてばかりいるのは、本来はコネコちゃんのはずだが)。その繰り言めいた嘆きぶりについつい吹き出してしまう(ごめんなさい)。

五月雨と書いて、さみだれと読みます。梅雨の季節の六月のほうが雨が多いのに、六月雨という言葉がないのは、五月雨という言葉が旧暦に対する言葉だからですね。旧暦とは月の動きで日付を、太陽の動きで季節を測る「太陰太陽暦」のことで、今日は旧暦の5月16日、月なら十六夜です。なあんて知ったかぶりは『旧暦ライフ温故知新』(by川口澄子)を読んだから(ヨシノちゃん、ありがとねー)。山陰地方は雨が降らず、五月雨を待っています。晴れは好きですが、なにごともほどほどがいいね。『涙流れて愛が生まれる 愛が生まれて五月雨になる』とサンボマスターの歌、空を見上げてくちづさんでいます。

☆B堂Tこと、竹中くん、お誕生日おめでとう。あなたは雨の季節に生まれたのね。すてきな一年になりますように。プレゼント、送りそびれたので、今度持って行くね。「李白」でいいかしら?(こればっかり)

いろいろありますが
ただ愛することにしました
あなたのミリョクはもちろんで
とんでもないほどおバカなところも
スキもキライもゼンブまとめて
ただ愛することにしました
そんな覚悟をきめた今宵は十五夜

なやんでもみましたが
ただ愛することにしました
薄情者となじってみたり
愛されたいと涙流してみたり
わたしのココロもゼンブまとめて
ただ愛することにしました
そんな覚悟をきめた今宵は十五夜

学校で先生が、「いい音楽をきかせるときれいなお花がさきます」と言われたので、わたしはほんとかなと思ってお庭のお花に音楽をきかせてみることにしました。リコーダーを持ってお庭に出ました。ほんとうは、まだ、ソとラとシしか習っていないので何もふけないけど、すごくじょうずな人になったつもりで両手のゆびをぜんぶ使ってぴーひゃらぴらりらりららららとふきました。きれいなお花がさくといいなぁと思いながらずうっとふきました。わらい声がしたのでうしろをむいたら、おかあさんがえんがわのところにわらい顔で立っていて「その音楽、なんだかへびがたくさん集まってきそうだね、みねちゃん」と言いました。