視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

テレビで台風情報などを見て、たいへんだなぁと思っているところへ、みねっちが部活から帰ってきて、「尻がつった」と言う。なんだか、緊張感をくじかれる。ふくらはぎがつったり、足の指がつったりしたことはわたしもあるが、尻がつることもあるのか。それは、しり ませんでした、なんてね。

さて、アラン・カミングスさんというロンドン在住の音楽評論家がおられるのだけど、先日こちらへお見えになった。わたしは直接お会いできなかったけれど、人づてに、『ONJO』のCDと『Improvised Music from Japan』という雑誌を差し上げたら、今日、お礼のメールをいただいた。喜んでいただけたようだ。で、氏が地元でやっていなさるラジオの番組で、『ONJO』の中から、「a-shi-ta」をかけてくださるそうです。わーい。

昨日と今日は天神さんのお祭りで、交通規制もあるので、仕事のあといつもと違った道を通って帰りました。風があるので、浴衣の人もあまり暑くないかもしれませんね。みねっちは、昨日も出かけ、今日も部活から帰ったらすぐにご飯も食べずにトモダチと出かけて行きましたよ。若いってすてきね。あはは。さて。台風7号は関東を直撃しそうですね。地震に続いて台風とは、こわいですね。外出の際にはどうぞお気をつけてね。

ところで、先週、福岡に向かって出かける直前、テレビを見ていたら、NHKの番組でスタジオライブをやっていて、水谷浩章さんが演奏しておられるのを発見。ピアニストの山中千尋さんとドラムの外山明さんといっしょでした。「わーじょうずねぇ」と母と言いながら見ましたよぅ〜、水谷さん。

宇江佐真理さんの『神田堀八つ下がり』を読みました。表題作を含め、川にちなんだ短編が6つ、収録されています。「浮かれ節−竃(へっつい)河岸」は端唄のじょうずな小普請組の(貧乏な)さむらいが出てくる粋なお話でおもしろかったです。このまま宇江佐さんの世界に続けて入って行きましょうっと。

帰りました。暑い中、ライブにおいでいただきましたみなさん、ほんとうにありがとうございました。楽しんでいただけたでしょうか。福岡でライブをするのは初めてでしたので、とても楽しみでしたが、大変緊張もしました。サイン会にはたくさんの方々とお話もできて、うれしかったです。長い時間並んでいただいてありがとうございました。

ライブに出かける前に、ふちがみとふなとのふちがみじゅんちゃんからメールをもらいました。じゅんちゃんは、ちょうどその時、ふちがみとふなと、とは別のユニットで北海道へライブに出かけるところでしたので、行ったことのない知らない場所で歌う、わくわく感とすこしの心細さなどを共有しつつ、お互いがんばろう!応!鋭!、みたいな「励まし愛」メールをかわしておりましたが、なぁんか、じゅんちゃんが、北海道で、わたしが九州に同じ日に出かけるだなんて、おもしろいなぁと思いました。ふちがみとふなとさんとは、近々東京でごいっしょさせていただく予定です。そのうち発表いたしますのでお楽しみに。

それにしても、福岡はよいところでしたね〜。大都会で、びびりました。中洲にホテルがありましたので、「であいばし」の近くの那珂川沿いを散歩して、近くの大きなショッピングモールまで行ってみねっちにおみやげを買ったりしました。イムズホールはすてきなホールで、音響も照明もすばらしかったです。地元福岡からはもちろん、佐賀、長崎、宮崎、大分、熊本、鹿児島、山口、広島、島根、鳥取、兵庫、大阪、愛知、東京、神奈川、千葉、などなど、いろいろなところからお見えになったみなさんと、ともに同じ時間を過ごしたということのたのしさうれしさが、今頃実感としてせまってきています。

博多ラーメンも食べたし、辛子明太子も食べたし、白岳の高橋酒蔵の方にも会えましたし、満足しとるとです。さー、明日は、はりきって、仕事するぞー!なんつって。あ、同じ会社の佐賀事業所のみなさんからお花をいただきました。ありがとうございました。7月末の社内報にわたし、載る予定です。あはは、ここでお知らせしなくてもいいことですけどね。てへ。

おはようございます。今日もよいお天気で、絶好の福岡日和になりました。ライブでお会いできるみなさん、楽しみです。さて、ライブの前にはいつも、歌詞をゼンブ忘れたとかいうような絶望的な暗い夢を見るのですが、今回は違いました。昨日は、大友さんとバドミントンをする夢を見ました。あはは。意味がわからーーーん。

あのね、どこかの体育館みたいなところで、わたしと大友さんが、バドミントンの試合をしてるわけです。で、大友さん側のコートわきには、応援の人がたくさんいて、Sachiko Mちゃんとか、沼田さんとかが、体育すわりで、「大友〜」とか言って応援してるわけです。それはすごい応援で、ブラバンとかもいるわけです。でも、わたしのコート側には応援がだれもいないの。で、「誰もいないのかよ〜」とくるりと見回すと、後ろで、座っているラインズマンが、白いキャップと白ポロシャツと白いジャージという白づくめの菊地成孔さんだったりするのです。で、コートに立っている「わたし」とは別に、変な夢だなぁ〜と思っている自分も確かに自覚されていたりして、まことに変でした。主審は、なぜか、先日の女子バレーの審判をしていた、名前は忘れた外国の審判のおじさんでした。大友さんは、ふかみどりのポロシャツを着ておられたのですが、その夢の中のわたしは、主審のおじさんに、「あのユニフォームは卓球のユニフォームだから反則じゃないですか?」とか、抗議をするのだけど、「ノーノー」とか言われて、しょんぼりしたりして・・・。あぁ、すみませんくだらなくて。

わたしは、いつもこういうコント仕立ての夢を見るのですが、夏目漱石先生ならそのあたり、じょうずに文学になさるのでしょうが、わたしの場合はただのナンセンスになってしまうざんす。「夢は記憶の整理だから」とみねっちに冷静に言われてなるほどと思っているのですが、このごろ頭の中でいろんなことを考えていたので、ごちゃまぜの夢コントにしていったんリセットするのかもね。というわけで、頭の中を整理整頓しましたので(ほんまか)、これから福岡へ行ってくるとです。マリコです。

連休のあとの仕事はなんか、だるだる〜でした。今日も暑かったですね。福岡も暑いのかな。熱中症には気をつけましょう〜。さて、今日うれしかったこと。ふちがみとふなとさんのニューアルバム『ヒーのワルツ』がうちに届いたこと。わ=!発売おめでとうございます。とてもいいです。わたしの好きな歌もたくさん入っていてうれしー。じゅんちゃんの歌はもちろんのことですが、フナトさんの歌もたくさん入ってるぅ〜。フナトさんの歌はすごく味があっていいんです。自転車に乗ってるおじさんの鼻歌みたいで(あの、誉めてますので、大絶賛の意ですので)、やわらかでいいです。さらに!じゅんちゃんとのセリフの掛け合いもあります。フナトさんの棒読みのセリフまわしがこれまたいいんです=(これも誉めていますので)、こういう味は練習しても出せないんです。っていうか、練習したら出せないんです(でも、絶対練習してるはずなんです。そこがすごいのです。)とにかく、うれしいです、『ヒーのワルツ』。

みられる、って、もはや、断言はできないというところでしょうか。そんな言い方なら、わたしにも梅雨明け宣言できますが。あはは。異常気象ですからね、しかたないのかな。それにしても、女子バレーすごかったですね。北京に向けてがんばってますね。まだ3年も先ですが、それくらい先を見つめていないとだめなんでしょうね。わたしは、この日記風ページの他に、紙の日記を書いていますが、5年分がまとめて一冊に書けるようなノートを使っています。今、2冊目の2年目ですから、書き始めてからもう7年になります。7年前というとちょうどファーストアルバムが出たころですよ。いまだにライブで同じ歌、うたってますけど。あははははは。昨日、なんとなくまとめて昔の日記を読んでみました。あんなこともあったこんなこともあったと読みながらしばし回想にふけりました。読んでると、なんだか、成長しているのは、みねっちばかりって感じ。あははは。3年後に今日の日記を読み返して、どんな風に思うのかしらね。楽しみ楽しみ。

おはようございます。3連休の真ん中の日。お休みの日は寝坊してやれと思うんだけど、どうしても、うれしくて目が早く覚めてしまいます。今日も蒸し暑い日になりそうです。昨日はひょっとしたら梅雨明けするのかなと期待しましたが、南のほうに台風もいたりするので、もう少し「待て」という感じですね。今、オクノ修さんの『唄う人』を聞きながらこれを書いています。何度聴いてもすばらしいですね。はやりの言葉で言うと、「やばい」です。

題名につられて『嫌われ松子の一生』(上・下:by山田宗樹:幻冬舎文庫)を買って読んでみました。波瀾万丈な生涯を送った女性の物語でした。次はどうなるのか、と筋を追うのはとてもおもしろかったのですぐに読み終わりました。でもなんとなく、いかにも男の人が書いた話だなぁという気がしました。それにしてもなんでタイトルにひかれたのかしら。『無法松の一生』とかぶったのかもしれないな。あはは。もうすぐ福岡へ行くからかな。あはは。へんなの。

テレビのニュースを見ていたら、えらい人が、やたらに「丁寧」と繰り返しておられるのに気づきました。これも今はやってる言葉なのかしらん。先日も書いたけれど、『美人の日本語』(これ、タイトルのせいで、レジに持っていくのがちょっと恥ずかしかったです。ふふ。)の中に「丁寧」について書かれています。この本は、語源がわかりやすく書いてあるのでおもしろいです。以下少し引用しますと、

「丁寧は、昔、中国の軍で使われた銅製の打楽器で、注意を促したり警戒を知らせたりする時に使われたものだそうです。これがなかなか全員に伝わらなかったので、何度も念を入れて鳴らしたところから、細かいところまで行き届いていることを、丁寧というようになりました。」

ですって。楽器の名前だったのね、丁寧。20へぇ。国会が始まるときとかに鳴らすといい寧。なんつって。