視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

雨の止んでいるうちに、と本屋さんへ遊びに行った。土日にはいつも混むけれど、今日は駐車場に車がすぐに停められたので、安心して入ったら人がたくさんいた。うへぇ。徒歩で来たのかよ、おまいら(電車男風)。店内をゆっくり見回り(パトロールではない)、目に付いたものを抱きかかえて歩いていたら手がしびれてきた。写真雑誌や写真集のたぐいは重いから困る。大きさと重さで買うのを1冊あきらめたほどだ。狭い小売店では無理だけど、こういう大型店ではスーパーにあるようなカートがあったら便利なのになぁと思った(絵的には変だけどね)。

☆傘地蔵さんへ
「浜田真理子 so far songs」のような番組を楽しみにしてくださってどもども〜。お誕生日おめでとうございます。なので(笑)、昨夜、放送でかけた曲お知らせしておきますね。
「カナリア」(by浜田真理子)、「Teach your children」「ニッポン娘さん」(byふちがみとふなと)、「Love me tender」(byふちがみとふなととまりこ)、「シンボルロック」「ヨコハマ物語」(by秘密博士)「ヒゲの未亡人の休日」「さよならがいえなくて」(byヒゲの未亡人)、「場末哀歌」(by岸野雄一&浜田真理子withふちがみとふなと)
こんな感じです。てへ。

穂村弘さんの『本当はちがうんだ日記』読み終えたので、今日は土屋賢二さんの『ツチヤの口車』を読んだ。どちらもおっかしいの。うふふ。なんとなく、本からしみだしたとほほ感が部屋中に漂う。さて、今夜は妹が伊勢宮で飲み会があるというので、車で送って行った。「じゃ、あとで電話するから迎えに来てね」だって。へ〜い。

松江は残暑がきびしくて、とても暑かったです。そちらではいかがですか?明日は、月に一度の「浜田真理子so far songs」の放送日です。9月23日(横浜)25日(東京)のライブのお知らせなどをしています。特に25日についてはごいっしょできるみなさんのことがうれしくて、ひとりはしゃいで紹介しながらしゃべっております。FM山陰にて夜12時から、どうぞよろしく。さて、今夜は穂村弘さんの『本当はちがうんだ日記』をくすくす笑いながら読んでいます。

こんばんは、浜田ヌッツォです(意味なしギャグ)。このごろは、司馬遼太郎さんの『燃えよ剣』を読みかえしています。前にも読んだんだけど、その時には気づかなかったことに気づいたりして、ますますおもしろいです。やっぱり土方歳三はかっこいい〜(はあと)。みねっちは、今日が始業式でした。今日が提出日だった夏休みの宿題の読書感想文を今ごろ書こうとしています(でもまだなにも読んでないそうです。とほほほほ)。わたしの本棚から一冊抜きとって「ちょっとこの本のあらすじおしえて」とか言ってます。「おっけー」と言って、でまかせの作り話をしてやりました。ぎゃははは。めでたしめでたし。

無事、みねっちはボランティアの仕事を終えて帰ってきた。楽しかったって。わたしも朝のうち、おばあちゃんといっしょに様子を見に行ってきた。みねっちが派遣されたのは、募金をする場所であるだけでなく、松江のイベントのメイン会場でもあったので、わたしたちが行ったときには彼女、友達とイベントの準備などをはりきってやっていた。黄色いTシャツが似合ってた。ちょうど特設ステージの上ではゲストのネゴシックスくんがリハ中だった。それからわたしとおばあちゃんは家に帰って、わたしは明日のラジオの原稿を書いた。みねっちは夕方、疲れた〜と明るく帰ってきた。おつかれさん。少しおねえさんに見えた。一緒に番組を終わりまで見て、「さー、夏休みも終わったね。明日から学校だねー」と言ったら、彼女、「う、やばい、」と言って、あわてて宿題をはじめたとさ。をいをいをい、まだやってなかったのかよぅ。

みねっちが、24時間テレビの募金のボランティアをすることになった。友達と申し込んだそうで、この間集合場所などを書いた返事が来た。はじめその話を聞いたときには驚いた。毎年、この番組に対する自分の意見を決めかねてもてあますので、なるべく避けて見ないようにしているのに、ボランティアをするときたもんだから。うへぇ、まじかよう。別に福祉がいけないとか、ボランティアがいけないとかではなく、番組の趣旨に文句はないけれど、芸能人がまるで生け贄のようにマラソンをして、選ばれたその人は、かわいそうに、1年も前から走る準備をして、それをお茶の間で眺めて、「勇気をもらいました」とか言うのはいかがなものか、と思ったり、障害を持つ人たちのドラマを見て安易に感動して、期間限定の「善人」になったりするのが、いやなんだなぁ。お金持ちの人が、小さな貯金箱に一円玉とか入れて会場に持って行くさまを見るのもわざとらしい気がするし、また、そういうことを思ってもやもやしたりごちゃごちゃ言ったりするのも自分がとてつもなくいやな人間になったようで、自己嫌悪に陥るし。もう何年も毎年夏になると悩んできた問題なのである(冬には忘れているけど)。みねっちが屈託なく「ボランティアすることにしたよ」と言ったとき、そういうことがアタマの中に一瞬のうちに押し寄せてきた。わたしのそんなちっぽけな葛藤をみねっちは知るはずもないし、ボランティアをしたいという彼女の気持ちにうそはないんだよなぁ、と思い直し、つとめて平静に「へぇ〜そうなんだ」と言った。いや、言おうとした。でも、それより先に、「けっ」って言ってしまった。しかも、さらに「ボランティアの意味をよく考えてやりなさいよ」なんて、励ましにもならぬ言葉を投げつけてしまった。うぇ〜ん。冷静な判断が脳から指令される前に、脊髄あたりで反応して口から出てしまったらしい。ごめんなさい、こんなやな母親で。でも、明日は、こころを入れかえて募金に行ってみせます。みせますとも!みねっちのためですけど。とりあえず、100万円くらい持って行くか。と〜か〜ね〜〜〜。

あ=、週末でうれしいな〜。今週もがんばりました(自分で言うけど)。今日は会社で、先日わずか46歳で亡くなられた杉浦日向子さんの『百物語』とうちに帰ってから『風流江戸雀』を読みました。おもしろかった。亡くなられてからいろいろなところで見たり読んだりしましたが、杉浦さんの生き方はすばらしく粋でしたね。

そして、今日から『御宿かわせみ』にかわって、NHKの金曜時代劇で『秘太刀(ひだち)馬の骨』が始まりました。原作は藤沢周平氏なのですが、脚本を近藤ようこさんのお友達の山本むつみさんがなさるということで、おもしろそうだよと、近藤さんからお知らせをいただいたことでもあり、楽しみにしていました。主人公の内野聖陽さんは、『蝉しぐれ』の時はどちらかと言えば寡黙で渋い役柄でしたが、今日の石橋銀次郎役では、三枚目の明るい感じもあり、印象がまったく違ったので感心しました。近藤正臣さんも久しぶりに見て感動。そういえば、音楽は近藤等則さんでした。なんか、近藤さんがいっぱいで混同します、とか言わないようにね、さむいですから。あと、尾美としのりさんや本田博太郎さんが出ててうれしかったわ〜、わはは。これで金曜日にお楽しみができました。さて、では、これから、DVDを見ます。何を見るかって?てへへへへへ、『THE3名様』。ぎゃはははは。しょうがないねぇ。