視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
浜田開府400年記念事業 浜田真理子コンサート
場所:石央文化ホール・大ホール
出演:浜田真理子、加瀬達、檜山学、伊藤大地、MARINO、久保田麻琴(音響ミックス)
日時:2020年2月2日(日)開場13:30 開演14:00
料金:大人3,000円(当日3,500円)全席自由    学生(中高大学生)1,000円(当日1,300円)    小学生 無料 *未就学児不可
プレイガイド:石央文化ホール、浜田市教育委員会、みずほ楽器、ブックセンタージャスト、ラ・ペアーレ浜田、世界こども美術管、石正美術館、江津市総合市民センター(江津市)、いわみ芸術劇場「グラントワ」(益田市)
浜田真理子ライブ@ビルボードカフェ
日時:2020年2月27日(木)
出演:浜田真理子 ゲストMarino(sax)
場所:ビルボードカフェ&ダイニング@日比谷ミッドタウン http://www.billboard-live.com/cafe/
時間:開場18時 開演19時半
料金:指定席4500円 (要1ドリンク&1フード)
チケット販売情報: 2019年12月21日(土)15:00販売開始 ■チケットぴあ ・インターネット予約 : https://w.pia.jp/t/hamadamariko-t/ ・電話予約 : 0570-02-9999 [Pコード] 173-475 【お問合せ】 03-6273-3355(ビルボードカフェ&ダイニング)
CD/DVDを買う

雨の金曜日になりました。明日と明後日は宍道湖に浮かぶ嫁が島のライトアップなどが企画されているし、明後日は鼕(どう)行列や武者行列もあるのに、よいお天気にならないと困ります。季節の変わり目、暑かったり寒かったりするから体調をくずす人も多いのでしょうね。おだいじにね。わたしもなんだか今日は肩の凝りがひどいみたいです。一週間の疲れがたまってきたのでしょうか。たいして仕事してませんけどねぇ。しかし、金曜日はうれしいです。ひゃっほう========わーーいわーーいわーーーい!!!!!!っていうくらい。秋の夜長に、なにか作ってみようかなぁ。明日、手芸やさんへ行ってみようっと(肩凝ってるくせに)。え?ライブの練習しろよって?あははははは、そうだったそうだった。えへへへへへ。←ごまかし笑い。

☆レッカー移動でロシアへ行った大友さん(ちがうだろう。きゃはは)帰国されたら打ち合わせお願いしますね♪

子供のころ、この「テルヤマモミジ」は、ひとつの単語だと思っていました。紅葉もそろそろはじまっていますね。ニュースで見た北海道の景色は美しかったなぁ。あなたのところではどうですか?いつも書いている5年日記、去年の今日のところを見たら、「寒い。気温もあまり上がらず。夜、ストーブを出す。」と書いてありました。今日はすごく暑い日だったのにね。ストーブだなんてまだまだ先かな。みねっちはさっき、学校で稲刈りして日焼けしてまっかっかな顔で帰って来ました。がんばったねー、おつかれさん。明日も晴れだといいね。(あ、でも、寒くならないと紅葉が見られないなぁ。)

今日はとてもいいお天気でした。秋の夕陽の美しさはまた格別ですね。でも天気予報によれば明日の松江の気温は30℃くらいまで上がるようです。みねっちがさっき「明日は稲刈りだ!」と言っていたのに、この分じゃ日焼けしてしまうわねぇ。日焼け止めぬっておきなさいよぅ。自分が育てたお米っておいしいんだろうなぁ。

さて、来年の話をすると鬼が笑うなんて言いますが、美音堂の市川氏から電話で業務連絡。来年、再来年の活動についても話し合いました。再来年の話までしたのでは、鬼は笑い死にだね。さあ今年もまた神在月がやってきました(旧暦の10月はもう少し先だけどね)。来年の御縁はどうなりますやら。急に拝んでみたりしてね。ぷ。

例年なら9月の終わり頃、私の誕生日あたりにこの香りに包まれるのですが、今年は少し遅いのかしらね。咲いているのを見つけたことはないけれど。日も短くなりました。一日一日秋が深くなっていきますね。昨夜寝る前に寒かったのでミルクティーを2杯も飲んだら目がさえて眠れなくなってしまいました。今夜は早く寝ましょうか。

会社の休憩時間に、絲山秋子さん(絲山さんて秋の生まれかしら。)の『イッツ・オンリー・トーク』を読みました。おもしろかったです。物語のエピソードももちろん衝撃だけれど、絲山さんの文体の一見すごくあっさりとした言葉の後ろがわの深さが好きです。なんか、すごく上質の裏地のついている布地みたいで。

三連休も三日目になりましたね。ああ、残念。みなさんはどんなお休みでしたか?昨日、姪っ子とふたりで(異色のとりあわせだとみんなに笑われましたが)県立美術館に行って『ミュシャ展』を見てきました。素敵だったわ〜。さて、『きょうの猫村さん』(byほしゆりこ)というマンガを見つけました。猫の家政婦、猫村さんのお話で、猫版、家政婦は見た、って感じ。おっかしいし、絵がかわいいー!!!ネットで一日一コマ更新されているものが本になったんですって。ふふふ。それと、そうそう、『のだめカンタービレ』見ましたよ。urikoさんところの掲示板で話題になってからずっと見たいと思っていたので、このあいだ思い切って「大人買い」したのです。おもしろかったねー。続きが楽しみですね。まあぼうちゃん教えてくれてありがとう。

☆大人買い−まんがを全巻とかまとめて買っちゃうことですって。作家の角田光代さんの対談集『酔って言いたい夜もある』(太田出版)のなかで、石田千さんが使っておられて知ったことばです。

ひと雨ごとに涼しくなるというか、肌寒くなってきましたね。着るものも半袖じゃ寒いなと、洋服の入れ替えなどを午前中にしました。今日はほんとは妹といっしょに映画『蝉しぐれ』を見に行くはずだったけれど、彼女の都合が悪くなったので延期。午後、することがなくなって、ライブの選曲をしたり、歌を歌ったりしてのんびりと過ごしました。それからこの前もらったDVD『北京ヴァイオリン』をみました。貧しいおとうさんと二人暮らしの天才ヴァイオリニストの少年のお話です。流れいる音楽も素敵だし、なんといっても、おとうさん役の人がいい味出してて、大粒の涙がぽろぽろこぼれました。なんか、この人がすまなそうに、へへへと笑うと泣けるのねー。こないだから泣きどおしだけど涙ってなくならないから不思議だわ〜。『リトル・ダンサー』みたいだね。ありがとうね、DD。

古典落語と創作落語の関係はまるで、カバー曲を歌うことと、オリジナル曲をつくって歌うことみたいだなぁと思ったりします。演じつくされ知りつくされた古いお話に、自分を通して新しい命を吹き込むことは、オリジナルを創作することと同じくらい楽しくてスリリングなことなのではないかしら。なぁんて創造の想像をしてみたり。