視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

古典落語と創作落語の関係はまるで、カバー曲を歌うことと、オリジナル曲をつくって歌うことみたいだなぁと思ったりします。演じつくされ知りつくされた古いお話に、自分を通して新しい命を吹き込むことは、オリジナルを創作することと同じくらい楽しくてスリリングなことなのではないかしら。なぁんて創造の想像をしてみたり。

こんばんは、ぎょうざ人間ハマダです(丸岡さーんありがとうございまーす!)。というわけで、今夜は『ハルとナツ』の最終回の日ですから、燃えています。いそいでいます。毎晩泣いているので、翌朝目がはれて困りますが、それも今夜で終わりなのね。ちょいさびし。もう、おかっぱ頭の女の子を見るだけで、条件反射で涙が出そうな感じです。しまいには、アンガールズとか見ても涙ぐんでしまうかもしれません(なわけないっしょ)。じゃ、お風呂に入りますので、今夜はこのへんで。また明日ね。

この間のこと、みねっちが学校の畑で育てている野菜に虫が寄ってこないように、ある薬をまいたそうだ。その薬は、人体に影響を及ぼすかもしれないようなきつい殺虫剤の類ではなく、虫の嫌いな匂いをさせて(ねぎ臭だと。わはは。)虫を追い払うだけのものだから、仮に人間が食べて体内に入ってしまってもだいじょうぶなんですと。夕ご飯の時、みねっちがそう自慢げに話していたので、わたしとおばあちゃんは、ほ、ほぅ、とか、虫はねぎが嫌いなのかね、とか、それじゃ、ねぎには虫がこないのかね、とか言いながら感心して聞いていた。みねっちは調子こいてさらに「それが、傑作なのはさー、その薬の名前が『虫たちの別れ』っていうことなんだよぅー、ありえんでしょーーー」と言って、きゃははははははと笑った。えらい、ハイカラな名前だねー、文学的だねー、と言って、わたしもおばあちゃんも笑いました。なんか、ニヒルな虫が、野菜の近くからトレンチコートのえりを立てて足早に去って行くような様子が目にうかんだりして、さらに笑いがとまらなくなりましたとさ。ありえんありえん、でもなんか、ちょっとかわいいし。きゃははははははは。

雨の夜です。濡れた道路をゆく車の音がしゃーしゃー聞こえます。さてわたくしハマダはこのごろ毎晩泣いています。といっても、あの人が恋しくて、とか、秋だからなんとなくオセンチになって、とかそういうことじゃないのよ。NHKの5夜連続のドラマ「ハルとナツ」を見ているからです。昭和初期のころブラジルへ移民として渡る時に離れ離れになった日本人姉妹の半生の物語なんだけど、ブラジルへ行った姉も、日本に残された妹もどちらも苦労して、でも強く生きていて(ちょっと「おしん」みたいだけど)、もーかわいそうでかわいそうで。ぅぅぅ。昔の人はえらいですね。子供たちが一生懸命働いているのを見て、俺にゃあとてもできねぇ、とか思いながら毎晩ぐすぐす泣いているってわけなの。

いつもライブのときに物販のお手伝いなどをしてもらうすみちゃんが、南青山でのライブのあとに「わたしの大好きなマンガです」といってくれた『オッス!トン子ちゃん』(byタナカカツキ)を読んで笑いました。すごく変なまんがだね。あははは。主人公のトン子ちゃんは太っているけどかわいいので、別に太っててもいいのかなぁとダイエットする気が少しくじけます。照れやのすみちゃんは「わたしはすごく好きなまんがですけどもしもまりこさんが気に入らなかったら返してもらっていいです、わはははははははは(←テレ笑い)」とか言ってたけど、返さんよ、これ。だって気に入ったから、わはははははははは。ありがとね、すみちゃん、お友達の「日本兵」によろしく。

爪をたてても
痛いだなんて言わないで
わたしのココロは
もっともっと痛い

爪をたてても
痛いだなんて言わないで
わたしのココロは
もっともっと痛い

鏡にうつる
わたしの爪は
いろくれないの
おどってゆれて
あなたの背中で散る花びら

おはようございます。もう昼前ですけど。岸野雄一さんの「舞い」ではないですが、わたくし昨日お誕生日をむかえて、四十と一つ、になりました。四十雀という節目の大台にのった昨年の感慨や感傷などは、今年はまったく影をひそめて、静かに静かにさりげなく、ひとつだけ、「齢」をちょうだいした、という感じです。お祝いのメッセージなどいただき、ありがとうございました。ぼちぼちやります。

さて、昨日は会社から帰ってから、FM山陰の番組の収録に出かけました。ディレクターの石橋さんがバースデイケーキを用意してくださっていたので、恐縮しながら、「ダイエットしていますので、45度くらいに切ってください」とか言って収録のあと局に残っていたパーソナリティのみなさんたちとコーヒーを飲みながら食べました。

実は、先日のCM録音のときのスタジオにても(それがすごいスタジオで、美音堂のずっこけ三人組はおおはしゃぎ。市川くんが「もうこういう場所には一生来れないかもしれないので、」と言ったので思わずデジカメで写真を撮りました。ははは。)ケーキを用意していただき、クライアントさんも含めたスタッフのみなさんで(おじさんばかり15人くらいでした)御詠歌のように低くハッピーバースデイの歌を歌っていただき大変恐縮したのでした。

どちらの場合も、かわいらしいケーキに41本もキャンドルを立てたら針ねずみになってしまうので、「1本10歳として4本たてて、のこりの1歳は四捨五入して」とか、無理やりかなしいルールを定め、ふぅ〜っと吹き消させていただきました。41本もキャンドルを吹き消したら酸欠で倒れてしまうかもしれませんし、このくらいが丁度いいのです。でも、一息で吹き消さねば願いがかなわないわ!とかいうことに集中するあまり、「願い」を思い浮かべるのを忘れていましたの。やれやれ。というわけで、こけつまろびつ、平三平さんのように(あははは)、四十坂を登っているわたしです。

今夜の「浜田真理子so far songs」では先日の横浜・南青山ライブの音源をたっぷり紹介します。ふちがみとふなとさんの歌や、ふちがみとふなととまりこのセッション部分など、とれたてほやほやの音源ですよ〜。お楽しみにね。