視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
浜田開府400年記念事業 浜田真理子コンサート
場所:石央文化ホール・大ホール
出演:浜田真理子、加瀬達、檜山学、伊藤大地、MARINO、久保田麻琴(音響ミックス)
日時:2020年2月2日(日)開場13:30 開演14:00
料金:大人3,000円(当日3,500円)全席自由    学生(中高大学生)1,000円(当日1,300円)    小学生 無料 *未就学児不可
プレイガイド:石央文化ホール、浜田市教育委員会、みずほ楽器、ブックセンタージャスト、ラ・ペアーレ浜田、世界こども美術管、石正美術館、江津市総合市民センター(江津市)、いわみ芸術劇場「グラントワ」(益田市)
浜田真理子ライブ@ビルボードカフェ
日時:2020年2月27日(木)
出演:浜田真理子 ゲストMarino(sax)
場所:ビルボードカフェ&ダイニング@日比谷ミッドタウン http://www.billboard-live.com/cafe/
時間:開場18時 開演19時半
料金:指定席4500円 (要1ドリンク&1フード)
チケット販売情報: 2019年12月21日(土)15:00販売開始 ■チケットぴあ ・インターネット予約 : https://w.pia.jp/t/hamadamariko-t/ ・電話予約 : 0570-02-9999 [Pコード] 173-475 【お問合せ】 03-6273-3355(ビルボードカフェ&ダイニング)
CD/DVDを買う

ねじれたまま付けてしまった取っ手のことが、仕事中にも気になって頭から離れず。他がうまくできたものだからよけいに悔やまれます。このままでは、かばん職人としての沽券にかかわる(いつから職人になったのさ)ので、いろいろやり方を考えて、帰ってすぐに直しました。取っ手をつなぐループに小さくイレギュラーな縫い目ができてしまいましたが、取っ手がねじれているよりは100億倍いいと思います。ついでに、余った布で飾りのちょうちょ、つけました(蛇足)。これでほんとに終わりです。このかばん物語にお付き合いくださいましてありがとうね。

一週間の使用停止として、取り上げていた携帯を今朝返しました。「もう戻ってくるんじゃないぞ」と言って渡したら、彼女「お世話になりました」と言って出所、じゃなくて、喜んで登校して行きました。これからは気をつけて使うようにネ(←昭和風)。実は、こないだの日曜日、みねっちが部活に行っている間に携帯のお店へ行って、プランの見直しをしてきていました。もともと彼女のプランは新規で買ったときの暫定的なもので、実際に使ってみて見直しに来て下さい、とお店の人に言われていたのをわたしがずるずると行かないでいたことも高額になってしまった一因かもしれないなと思って。そうしたら、なんと、ずうっと安い値段で使い放題というプランがあったのね。知らなかったわ。なので今までと同じくらい仮にこれから使ったとしてもすごく安いことになるのです。さっそく変更の手続きをしました。でも、それは料金を払うわたしとしてはとてもうれしいことだけれど、それではみねっちの使用の自粛を促すことにならないので(なんか負けた気がするので)、使い放題のプランにしたことは当分内緒です。ふふ、おびえながら使うがよいぞ。あ、そうそう、みねっちと同じクラスのAちゃん、これを読んでもみねっちには内緒だぜ。


☆かばん作り進捗情報−感動の最終回
できたよ===。今日も会社から帰って急いでご飯を食べて作業にかかりました。今日の作業がイチバンきつかったです。表と裏の布をくっつけてバイヤスで閉じる、というだけなんだけど、布が厚いのと、いろいろなものを一緒に縫わなければならなかったので。最後だからあわてていたのか、取っ手の紐がねじれてたのがものすごくココロのこり(くやしい〜)。これもう直せないんだよなぁ。ま、いっか。というわけで、写真を撮ってみました。大きさの参考までに、たばこを1本横においてみました(みかんもおいておけばよかったね、NONちゃん。)。

夕ご飯のあと、ジョー・パスさんのCDを聴きながら裁縫をしました。なぁんか、こてこてのスタンダードが聴きたくなって。「I thought about you」が流れてきます。いっしょにくちづさんでみたらところどころ歌詞があやしい。昔はよく歌ったのにな。どうしてこの歌が好きかというと、出だしのところの、I took a trip on a train.という文の t の音の繰返しが気持ちいいから。「カッパ菜っ葉買って切って食った」と同じくらい気持ちいいです(だからなに)。

☆かばん作り進捗情報
今日はあまり大きな動きのないこまごまとしたところの作業。内側の布を筒にして底をつけ、かばんの口をとじる紐をつくり、かばんの取っ手をつける小さな紐をつくりました。

今日は会社から帰ってからFM山陰へ行って番組の収録をしてきましたよ。宮崎貴士さんの『アステア』を紹介しました。曲もたくさんかけたいし、感想など言いたいこともたくさんあるし、で時間がなくなって、早口になったせいでカミカミ大魔王でした。あわわ。放送は11月5日の夜12時からです。お楽しみにね。

ムナカタコーチにいただいた勝新太郎さんの自伝『俺 勝新太郎』を読みました。とてもおもしろかったです。こういうやんちゃな人は、今はもういないでしょうねぇ。魅力的な人だけど、好きになったらさぞ、たいへんでしょうね、つるかめつるかめ。つくづく、玉緒さんはえらいなぁと思います。今夜は勝さんの歌声でも聴こうかえ。

☆かばん作り進捗情報
かばんの内側の布にポケットをつけました。ものを入れたら破れてしまいそうな、かよわいポッケです。

また寒い季節がやってきましたね。ほんとうに、あのときはこわい思いをしましたね。わたしはこのごろすっかり災害恐怖症になってしまいました。日頃の備え、なかなか満足にできませんが、防災について、もっと意識を高めなくてはいけませんね。なんて、きれいごと、書いてしまいました。ごめんなさい。でも、復興が進むようサドガシマンとともに、ココロからお祈りしておりますよ。

音だけ聞いていると外は吹雪か、というような風がふきすさぶ昨夜、かばん作りにも疲れて、ぽつねんと『壬生義士伝』を読みました。浅田次郎さんは、ずるい。物語にどっぷりとつかりながらも、一方では、そんなことも思いながら、また泣いてしまいました。ここで泣かせようとしてるな、このやろう、その手にのるか、と歯を食いしばって(なぜ)いましたが、物語の情景や、行ったことのない冬の盛岡の景色がいやでも目の前にうかんできてだめでした。外の風の音までが、効果音になってしまいました。えーん。特に、ラストのあたり、もしや、まさか、やっぱり、やっぱり、そうだろ、わかってたのさ、わかってたのにーーーーえーーーん。と、流れが読めていたにも関わらず、実際にそのとおりだったことがまた悲しく、あ、今思い出してもだめだだめだ(くぅ〜)。この本を貸してくれた妹は2回読んで、2回目のほうがたくさん泣いてしまったと言いました。解説の久世光彦さんの言われるとおり、浅田次郎さんはほんとうに「巧い」です。その久世光彦さんが以前どこかで書いておいでだった『何度も思い出し、いつまでも胸に残るのは『通俗』である』という言葉をまた思い出しました。

☆かばん作り進捗情報
表のステッチはすべて終え、今日は底をまつり縫いで縫い付けました。まあるいかばんの外側ができたので、うれしさのあまり、かぶってみたりしました。あとは、内側の布を縫いつける作業が待っています。

朝から時折大粒の冷たい雨が、風にひゅーっと吹かれて落ちて来て、寒い寒い一日でした。この風は北風小僧の勘太郎なのかな。今年は灯油が高いとこぼしながら母はストーブやホットカーペットを出して大忙しでしたが、わたしは温かいココアを飲んでのんびりしました(こら)。途中近くのホームセンターへ糸を買いに行きました。信じられないことですが、かばんを作っていて、しかもまだできあがっていないのに、先週買った糸を使いきってしまったのでした。下手の長糸で、縫い終わりの糸を無駄にしたりしたせいかもしれませんが、それにしても、50mの糸をかばん一つ作るために使ってしまうなんて、この人生ではじめてのことで、少し感動しています。50mと言えば、50m走の長さですしと、学校の運動場を思い浮かべてみました。ついでに、人間の腸を広げるとテニスコートの広さになる、ということまで無駄に思い浮かんでしまいました。そういう、どう使ったらいいかわからないまぬけな知識はできれば忘れてしまって、かわりにもっと有益な事を頭に入れたいと思うのですが、そういう豆知識に限って忘れないのね。