視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

朝から時折大粒の冷たい雨が、風にひゅーっと吹かれて落ちて来て、寒い寒い一日でした。この風は北風小僧の勘太郎なのかな。今年は灯油が高いとこぼしながら母はストーブやホットカーペットを出して大忙しでしたが、わたしは温かいココアを飲んでのんびりしました(こら)。途中近くのホームセンターへ糸を買いに行きました。信じられないことですが、かばんを作っていて、しかもまだできあがっていないのに、先週買った糸を使いきってしまったのでした。下手の長糸で、縫い終わりの糸を無駄にしたりしたせいかもしれませんが、それにしても、50mの糸をかばん一つ作るために使ってしまうなんて、この人生ではじめてのことで、少し感動しています。50mと言えば、50m走の長さですしと、学校の運動場を思い浮かべてみました。ついでに、人間の腸を広げるとテニスコートの広さになる、ということまで無駄に思い浮かんでしまいました。そういう、どう使ったらいいかわからないまぬけな知識はできれば忘れてしまって、かわりにもっと有益な事を頭に入れたいと思うのですが、そういう豆知識に限って忘れないのね。

会社の帰りに駐車場へ向かって歩いていると、マウンテンバイクに乗った「ぽえむ」のマスターに出会った。すれちがってお互いに振り返り、わたしが、あ、と言うのと、マスターが、お、と言うのが同時だった。ぽえむは松江大橋の南詰にある古いジャズバーで、わたしが昔よく通ってライブをさせてもらったりしたお店である。この頃はとんと夜出歩かなくなったのでマスターの顔を見るのもずいぶん久しぶりだった。お久しぶりです、と挨拶すると、マスターは「なんだまりちゃん、このごろぜんぜん顔見せんなぁ。ぽえむのことなんて、もう過去のことなんだろうなぁ。」と笑いながら言われて恐縮した。やっだー、そんなことないよぅ、また行くけんね、と言って、(行く、けん、ね、に合わせて)自転車にまたがったままのマスターの、革のジャケットの背中のところを、ばん、ばん、ばんって、3回たたいた。マスターはにこにこして、おう、おう、と言って走り去って行った。なんか、久しぶりに会えてうれしかったのかな、つい力はいっちゃったよ、たたくの。痛かったかな、マスター。

今、下巻に入ったところです。新選組非業の隊士、吉村貫一郎の一生が本人の独白と彼に関わった人々の証言で進みます。もう泣けて泣けて。男であるということ、サムライであるということが、吉村の人となりを通してたてよこななめから語られます。もちろん、その他の隊士についても時代についても。会社で主に読んでいますが、休憩中に泣いてしまうとひきずってなかなか仕事になりません。残りは家で読もうかな。吉村貫一郎が主人公で、確かに彼はすばらしいサムライですが、それでもやっぱりわたしは土方歳三が好きですよ。

そういえば、先日、土方歳三が好きだなどと話をしていたら、ある方が「最後までじたばたと悪あがきをする男が好きなんだね」と言われました。いえ、そういうことではなくて、と言って説明をしかけましたが、やめて、そうかもしれませんね、と笑っておきました。めんどくさかったので。なぜ好きか、どこが好きか、なんてうまく説明できそうにもないし、だいいちそんなこと説明するのも野暮ですし。想いは大事に胸にしまっておきましょう。それにしても、土方歳三がもう亡くなっていてよかった。もしも生きていなさったら、鳴かぬ蛍は今ごろ焦がれ死にしていたでしょうよ。

☆続・かばんの進捗状況
28枚つなぎ終え、筒にして、今度はつなぎあわせたところの外側をステッチしています。ここは縫い目が見えるので、さらに丁寧にこまかく縫わねばなりません。この作業は永遠に思えます。

携帯電話の請求書が送られて来て、みねっちの携帯の使用料があまりに高額なので、明日から一週間使用禁止とした。実は、先月も同じくらい高かったのだが、夏休みあけだったこともあるし「今後気をつけるように」と、教育的指導の厳重注意ですませて執行猶予としていたのだけれど、今月もまた同じくらいの料金だったので、ついに、実刑にふみきった。先月に使用中止をほのめかしたときには、困る困ると大騒ぎだったのに、このたびは「わかった」とあっさり言ったので、少し拍子抜けした。ち。なぁんだ、もっと騒ぐと思ったのに、つまらーん、と言ったら、「あたしもやばいんじゃないかと思ってたし、着うた新曲たくさんとったし。それにこのごろ友達もみんな、使用中止とか言われてて、ついにあたしのところにもきたか、って感じだし」とか言う。あたしのところにもきたか、って赤紙じゃねぇんだぞ、このやろう。それに、語尾を「たし」「たし」言ってんじゃねぇ。とにかく、わたしの血と汗と涙とど根性と愛と平和で稼いだお金で払ってんだから、そこんところよろしくな、と言っておいたし。押忍。

もしも、履歴書の趣味の欄に書くとしたらわたしの場合、「趣味:音楽鑑賞、読書、写経、裁縫」とかになるのでしょうか。なんか、昭和だなぁ。あはは。さて、今日も今日とて、かばん作りをしています。今夜はジョニ・ミッチェルなど聞きながら作業をすすめていますが、ジョニさんのこの声の変わりようは一体どうしたものなのかと、つい作業の手をとめて聞いてしまいます。若いときは透き通るような声だったのにね。女性ホルモンの関係でしょうか。ひとごとではないので、心配になってみたりします。もちろん、それはそれであらたな魅力ではありますが。実際問題として、更年期を経ると女性の声は低くなりますね。わたしもそのうち声が低くなるかもしれません。「ブラームスの子守唄」や「竹田の子守唄」なんかは歌えなくなるのかもしれません。ま、その時はその時で、わたしのことですから、だみ声で「浪曲子守唄」とか歌うかもしれません。そうなってもあなたはわたしの歌を愛していると言ってくださいますか?・・・・・(うら声でしみじみと)みずいろわぁ〜、なみだいろ〜そんな便せんに〜〜〜♪、と、縫いさしの布切れと針を持ったままものまねなんかしてみている今夜のわたしです。ばか。だって、なんか、思考の流れで歌が出てきたんだもん(流れすぎ)。

仕事を終えて会社を出たら既に夕陽もピークを過ぎ(ピークって)、西の空がオレンジのような紫のようなピンクのような色に美しく焼けていました。夕ご飯を食べるとつるべ落しに日は暮れて、明日は満月裁縫の手を止めて少し欠けたお月さんを眺めて来ようかしら。(裁縫の歌、考えました。白雪姫の小人のマーチ『ハイホー』のメロディで、さいほーさいほー、と歌う。)裁縫をしながら、宮崎貴士さんのニューアルバム『ASTAIRE』を何度も何度も、聞いています。いいメロディです、ほんと。明るいメロディなのに、かなしくなるような。ひとつの物語を読むような素敵なアルバムですね。次のso far songsで紹介しますね。

☆今日の(だれも必要としない)かばん作り進捗状況情報
表側は、28枚はぎなので、一生懸命つなぎあわせる作業をしています。今のところ、16枚つながりました。

とてもさわやかな晴れの日。今朝は8時半に目覚めました。寝たのは朝4時だったのですが。今日は出雲大社でのしまね映画祭のイベントで角松敏生さんと、映画監督の錦織良成さんのトークショウがありました。そのため、角松敏生さんが、昨夜、松江のBirthdayにおいでになるとのことで、角松さんと仲良しの安来のおじやおがっちやイサオさんが一緒に集まって飲み会をされ、わたしもお招きをいただいて参加してきました。まずびっくりしたのは、Birthdayには、たくさんの角松ファンが来ておられて、聞くとみなさん、東京などから、トークショウを見に、遠路はるばるお見えになった方々でした。すげーなー。角松さんの新しいDVDに、Birthdayで今年の春にライブをされたときの映像がたっぷり入っているので、ファンのみなさんは、Birthdayを探し当てて来ておられたのでした。ほんとにすごいです。ファンのみなさん。そういえば、安来のおじのファンのみなさんもいらっしゃいましたね。角松さんは、前回の飲み会の時同様その場でイチバンの長老で、焼酎をたくさん飲んで、ノリノリノリノリノリノリノリノリノリノリノリノリノリノリベイベーでおもしろかったです。このたびは角松さんのマネージャーさんやスタッフの方も来ておられました。安来のおじたちが気をきかせてギターを持って参上していたので、セッションが始まったりしました。わたしも一曲『プカプカ』を歌いました。楽しく夜は更けて、気づくと夜中の3時半になっていて、ひえ〜〜〜っと言って解散したのでした。おつかれ様でした。今夜は早く寝ましょうね。

☆今日はものすごくよいお天気でしたが、どこへも出ずに裁縫をしました。昨日作った型紙を使って、布を裁ち、ちくちく縫い始めました。半返し縫いなので、なかなか進みませんがなかなか楽しいです。