視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

吉祥寺のスタジオへ行って大友良英さんとライブの打ち合わせをしてきました。楽しかったです。わたしのばくぜんとした曲のイメージやストーリーをお伝えして、今後大友さんが、それらを参考にして曲のアレンジをされる予定です。大友さん、ちょっとやせましたか?と聞いたら、「みんなにそう言われるけど体重はかわらないよ」と言っておられました。顔がすごくほっそりされたような気がするけど。体重がかわらないということは、引力の関係で何かが下のほうへ移動したのでしょうか。わたしもこのごろは顔の肉とか、いろんなカラダの部分の肉とかが下へひっぱられる気がしているので引力は嫌いです。(ニュートンさんまでもが憎い気がします)。

それはそうと、このブログに関してたくさんのコメントありがとうございます。感激です。コメントにひとつひとつにおこたえすることはなかなかできませんが、すべて読ませていただいています。これからもよろしくお願いします。そして、URIKOさんのところの掲示板がお休みになるとのこと、寝耳に水で、さっき知ってびっくりしました。事情がよくわからないので、また連絡をとってみたいと思いますが、ほんとうにたくさんの出会いをくれた楽しい掲示板でしたので、残念なキモチです。また気が向いたら再開してね、URIKOちゃん、今までありがとう、おつかれさま。また今度オチャでも飲みましょうね。

この「ハマダマリコ的こころ」も時代の波に乗り(遅、)ブログになりました。イープラスさん、お世話になります。なんか部屋の模様替えをしたり、学校で席替えをしたときのようなわくわく感がありますね。ま、書いてる人間はかわらないので、中身は相変わらずのへっぽこですが、今後ともよろしくお願いします。また美音堂スタッフによる「美音堂日記」なるものも一緒にスタートしました。美音堂からのお知らせなどはそちらでいたします。ライブ音源なども聴けるようになったそうです(ひゃ〜どきどき)。みなさまからのコメントも楽しみにしていま〜す。

さて、わたくし、明日はシアターコクーンで行うライブのことについて大友良英さんと雑談するため、打ち合わせをするため、東京へ行ってきまんもす。

えらくよいお天気です。昨夜から今朝にかけては雨が降っていたようだけれど、冷たい雨ではなくて、気温もあがり、ジャケットを着ていたら暑い暑い。絶好の行楽日和かな。どこかへ出かけましたか?行楽ではありませんが、わたしは午前中にサティに行ってきました。お店の中にはもうクリスマスソングが流れていて、なんとなく年末の気ぜわしい雰囲気をかもしだしていました。文化の日だからというわけではないけれど(注)、急にお抹茶が飲みたくなったので、お茶を買って帰りました。ついでに茶せんも新しいのを買いました。野だて用のこぶりちゃんです。妹と母が出かけると言ったので、お土産にお茶うけの和菓子を頼みました。まだかな〜。

注:松江は第7代藩主の松平治郷(不昧公)が茶人大名とよばれるほどの茶道に通じた人であったので、お茶や和菓子の文化が発達しています。

☆明日のこのページではお知らせがありまーす。夕方になったら開いてみてネ。

今日もよいお天気でした。気温もぐんぐん上がりました。でも、空気が乾燥しているせいか、風邪をひいている人が多いようですよ。うちのみねっちも今日は学校をお休みしました。たいしたことはないのですが、早めの休息です。みなさんもお気をつけて。今日は会社で、池波正太郎さんの『幕末新選組』を読みました。新選組のなかでもあまりめだたない永倉新八の物語です。剣に生きた、まっすぐでさわやかな人です。わたしの好きな土方歳三があまり出てこないので残念でしたが、おもしろかったです。江戸っ子の池波正太郎さんが、同じく江戸っ子の新八さんにものすごく共感しておられる感じがよくわかりました。今年は新選組関連の本をたくさん読みました(あと3冊まだ読んでないのがあるのですが)。でも、書く人によって、また光をあてる人物によってひとつしかないはずの歴史のできごとが違った意味を持って見えてくるのがおもしろいですね。

今朝はこの秋いちばんの冷え込みでした。さみーでいびずじゅにあ===、と、お決まりのだじゃれといっしょに気合いで布団をはねのけて起きました。寒いから今夜はうちから車で10分の、玉造温泉にでもつかりに行こうかな、と思って家に帰ると、みねっちが少々風邪気味の体だったので行くのはやめて、うちのお風呂でゆっくり長湯しました。30分も入っていたら汗がたくさん出ました。汗かいたの久しぶり。ほかほかだよぅ〜。

寒い日でした。もう10月も終わるのに、これまでが暖かすぎましたね。会社では暖房のききが悪くて足元がすぅすぅしました。明日はレッグウォーマーを持っていったほうがいいかな。町ではいろんな木の葉が色づいてきます。毎朝通る天神さんのイチョウの木が黄色い葉っぱを散らしはじめたら拾って栞をつくりましょうか。

般若心経を写すことをはじめてから、何年かたちましたが、いまだに意味も読みもゼンブは覚えていません。もちろん解説の本や意味を記した本なども何冊かは読んでいましたが、なんとなく右から左へ抜けていました。生命科学者でもあり歌人でもある柳澤桂子さんという方が、またあらたな般若心経の訳本を出されたことをテレビで見て、おもしろそうだなと買ってみました(まっくろな本の装丁がかっこよかったですし。)。本の帯に「心訳 般若心経」とあったのが目をひきました。心訳って。さすが、生命科学者だけあって、訳の中に宇宙とか、粒子だとかいう単語が出てきます。子供に絵本でも読んでやるように、ゆっくりと、ひとりで声に出して読んでみました。なんとやさしくてうつくしい言葉だろうかと思いました。

みねっちと松江ウォーターヴィレッジへ行きました。うちから歩いて5分の宍道湖を渡ったならちょうど対岸にあたるあたりにある複合美術館で、ルイス・C・ティファニー庭園美術館とイングリッシュ・ガーデンがセットになってます。ルイス・C・ティファニーという人は、かの有名なマンハッタンのティファニーさんの二代目だそうですが、家業はつがず、芸術家(画家を経て、インテリアやステンドグラスのデザイナー)になり、いわゆるアール・ヌーヴォーの時代に活躍したんですって。そういえばこないだ見た県立美術館のアルフォンソ・ミュシャ展の作風と雰囲気が似ているかもね。でも、ステンドグラスの数々、きれいだったわ〜。ああいう美しいものを見るとココロが洗われるようですね〜。イングリッシュガーデンではお花がたくさん咲いていて、こちらは、ジェーン・オースチンの世界にトリップさせてクレマチス。