視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

久しぶりに『フレンズ』を借りてみました。シーズンWまでは見たので、シーズンXから。やっぱりおもしろい。メイキングが映像特典でしたが、びっくりしました。脚本家が12人もいてひとつのセリフのウケが悪いとすぐに集まって意見を出し合ってもっとおもしろい別なものにかえていったりね。照明さんも編集さんもその他の係りの人たちも同様です。昨日の職人の話の続きみたいだけど、すごいなぁ。本編の前に主題歌「I'll be there for you」が流れるとわくわくします。

大友良英さんプロデュースでさがゆきさんが中村八大さんの楽曲を歌った『See you in a dream』を聴きました。さがゆきさんの歌、初めて聴きました。すてきなアルバムですね、発売おめでとうございます。「太陽と土と水を」とか、「宇宙にとび込め」が好きです。今度ライブでごいっしょするみなさんがたくさん参加しておられるのでうれしくなりました。芳垣さんの歌が聴けてびっくり。わー!対談やインタビュウのブックレットも豪華〜(デザインがかわい〜)。

昨夜の『慶次郎縁側日記』よかったです。吉次さんがよい味を出していて。あの人はせつなくて、登場人物の中では一番好きです。もみじの赤と吉次さんの着物の赤の色がきれいでした。ひいらぎさん、今度は見られたかな。さて、今朝、起きぬけにテレビをつけて何気なくながめていたら「現代の名工」に選ばれた人たちが出ておられました。ギターをつくる人、砲丸投げの砲丸をつくる人、重要文化財などの宝飾品などを梱包する人など。いづれもこの道何十年というおじさんばかりなのですが、まあその作業の地味なこと。ふふふ。でも、かっこいいですね、職人技っての。しびれます、びりびりと。

人間は、自分のとった行動に対して結果を出したり、見返りを求めずにはいられない、それはDNAに組み込まれていることなのだ、とどこかで読んだことがあるような気がします。正直に言うと、それを読んだ時、すこしほっとしました。DNAならしょうがねぇなって(なぜか伝法な口調で)。

想う人のこころを欲しがる気持ちが満たされないと感じる時、せつなくなったり、またそんなことで悩むなんて、自分はなんと勝手な人間だろうと自己嫌悪に陥ったりします。そんなこころの葛藤や懊悩は、歌や小説のテーマとしては最高なのですが、辛いのでできれば苦しみたくないなぁ、どうすれば悩まないですむかしらんと思ってきました。

見返りを求めぬ愛は慈愛と言って、ほとけさまの愛です。そんな風に人を愛したいものよと思いながら、なかなかできないでいます。だってわたしはほとけさまじゃないし。悩む日があってもいいのかもしれない。悩むということもDNAに組み込まれていることなのかもしれないし。しょうがねぇんだよ、DNAなんだから。へへ。

慈愛にあこがれつつ、DNAを言い訳にして、明日もげんきにゆこうよゆこうよ人間のわたし。

1週間なんてあっという間に過ぎてしまうものですね。それにしても、ブログはたのしいですね。コメントがかえってくるのがうれしいし、これまで今ひとつ意味がわからなかったトラックバックについてもだんだんわかってきたような気がします。いろんな人のいろんなページに行けるのっておもしろいですね。インターネットってすごいわ〜って、パソコンを始めてからずぅっといまだにしつこく感心し続けています。で、このブログ、会社などで携帯から見ようとしたら見られませんでしたので、「携帯からも見られるようにして〜」と、希望要望これ女房を出しております。そしたら、今とりかかっている最中なんですって。わ〜い!では日々辛抱、で待ってまーす。

たて続けに本をいただきました。作家の栗田有起さんから『マルコの夢』(栗田さ〜ん、角田光代さんとの対談集『酔って言いたい夜もある』読みましたよ〜、おもしろかったですぅ〜。)そして、お友達のイトウさんから『般若心経絵本』(by諸橋精光)と『モギ−ちいさな焼きもの師』(byリンダ・スー・パーク)。おもしろそうな本ばっかり。ほんとにほんとにありがとうございまんもす。あ〜、一日が30時間くらいあるといいのにねぇ。(睡眠時間が増えるだけだったりして。)

上京の折に乗る飛行機の中でわたしはいつも、イヤフォンでなにかしら聞くことにしています。いろんなチャンネルを回して探りますが、たいていは落語を聞いています。先日の上京の際も、少しの間音楽を聴いてから、落語チャンネルに合わせました。なんと、今月は志の輔さんじゃあ〜りませんか!あらしまったわ、最初から聞くんだった、ち、ち、ち、と思って少しボリュームを上げました。

ストーリーは大工の八五郎さんの妹のお鶴さんが殿様のお目にかなってお世取りを産んだというお話。八五郎さんが、というよりは志の輔さんの語りがおかしいので、何度も「ぶっ!」とか「ぐふぅ!」とか吹き出してしまって困りました。となりにサラリーマンらしき人が座っておられたので、恥ずかしいので口を手でおさえて、窓のほうを見てひとりでにやにやしていました。ストーリーはさらに、八五郎さんが産まれた赤ちゃんのお祝いにお城に上がってお殿様にお目通り、というところに行くのですが、お世取りはめでたいけれど、八五郎さんとお鶴さんの年老いたおっかさんは、孫を抱くこともできないんだなぁ、なんてくだりになったら今度は涙が出て来てしまって、さっきまでは笑い声が漏れぬよう口を押さえていた手で、目頭を押さえたりしなきゃならない始末。東京までの小1時間、泣いたり笑ったり忙しかったこと。しょうがないねぇ。

最後には、八五郎さんのがらっぱちながらも誠実な人柄をお殿様が気に入り、八五郎さんを士分にとりたてよう、というお話になるのですが、そのとき、飛行機は羽田に着いてしまったのでした。くぅ〜。続きが聞きてぇ〜、オチが知りてぇ〜、と思ったけれど降りなきゃなりません。ま、いいか、また帰りに聞けば、と後ろ髪をひかれつつ降りて、さて帰りの日。座席についてまわりを見渡してもどうしてもイヤフォンが見つからず、おっかしいなぁ〜、客室乗務員さんが来られたらもらおう、と思っているうちに、風のため飛行機が揺れるわ、疲れもあるわで、寝てしまってました。出雲空港に着いて、そりゃ悔しかったのなんのって。(しかもイヤフォン、お尻の下でぺちゃんこでした。こりゃまた失敬。)

家に帰って、八五郎さんがどうなるのか、どうしても知りたくて、わたし、「落語登場人物辞典」で調べました。キーワード、「お鶴」でひいたら、『妾馬(めかうま)』と出てきました。今度、ライブで東京へ行くとき、また聞けるかしらん。

駐車場から出て家に向かって車を走らせれば、行く手には上弦の月。日暮れの暗さに驚き、月の白さに驚きました。ところがわたしときたら月を見て、風流せずに、かまぼこが食べたいなぁなんて考えてしまいましたよ、おまいさん。わさび醤油でね。仕事のあとはお腹がへるん旧居、なんてね。夕ご飯はロールキャベツを食べました。スープのなかに、おばあちゃんのひらめきで、ゆずの皮を入れたのでよい香りがします。ああ〜、のんびり、って、ちがうちがう。もうすぐライブじゃないですか。美音堂の書き込み、そして、バンマスの大友さんからのコメントもちょうだいして、身のひきしまる思いです。大友さん、アレンジ楽しみにしていま〜す。

昨日はなロボが書いてた、『フラニーとゾーイー』(by J.D.サリンジャー)、わたしも読みました。おもしろかったですね。わたしの好きなところはね、ラジオの放送の前に、ゾーイーが靴を磨いて行くところ、です。ラジオだから聞いてる人から靴なんて見えないはずなんだけどね、どこかで聞いてくれているかもしれない『太っちょのオバサマ』のために磨いていくんだ、っていうところ。『太っちょのオバサマ』というのは、例えで、どこにでもいて、いつもその人のために一生懸命やらなきゃいけないんだ、っていうところ。そしてその人は、誰かというと、キリストなんだ、っていう風に、お話はしめくくらるけれど、わたしは、そこを『おてんとうさま』にこころの中で変換して読んだの。わたしは仏教徒でもクリスチャンでもないし、またスピリチュアルな人間でもないけれど、写経などをするのはきっと、はなロボが書いてくれたように、「ただ唱える」「ただ書く」ということがしたいからなのです。そうしているうちに、自分のキモチや、自分の中のおてんとうさまやお月さんに出会えるからなのね、きっと。祈りってそういうことかしらね、おまいさん。

春でもないのに眠い日でした。寝ても寝ても眠い日でした。深い眠りがとれていないのかもしれませんね。ああ、テンピュールの枕、今年の年末懇親会のビンゴゲームの景品にならないかしら。季節はずれの黄砂が飛んだとニュースが言っていたように、風が強い日でした。暦を見たら今日から冬でした。かなしい知らせがあちらこちらから飛んできて、やりきれない日でした。今夜はこころをこめて写経をします。