視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

ダウトミュージックの沼田さんから、ONJOの(オンジョーではありません。大友良英ニュージャズオーケストラの意です)『OUT TO LUNCH』が送られてきました。沼田さんありがとうございます。すばらしいですね。そして大友さんはじめ、ONJOのみなさん、発売おめでとうございます!ただいま2回目を聴きながらこれを書いているところです。わたしは特に3曲目の「Gazzelloni」が好きです。なにげなく曲名をみて、「あ、ゴジラだ」と思ったほどのしろうとですが(ごめんなさい)。ジャケットもすてきですねえ〜。いつもどこかにまあるく小さな穴があいているのが沼田さんところのCDの特徴ですが、今回は、そうきたか。ステキ。12月10日には発売記念のコンサートもあるようですね、行けなくて残念ですが、すばらしいコンサートになりますね、きっと。それにしても、ライナーに載っている殿山泰司さんの文章、最高に粋ですネ。

昨日でしたか、「竹田の子守唄」についてまさよしさんからコメントをいただいたので、少し書いてみたいと思います。子供の頃からよく知っていて好きな歌ではあったのですが、ライブで歌ったりしたのは、はじめてでした。実は歌おうと決めるまでにもずいぶん迷いました。かつて放送禁止歌にもなったことのあるほどの重い歴史を背負ったこの歌をわたしが歌ってもよいのだろうか、それもただ好きだという理由だけで軽々しく歌ってもよいのかどうか、自分の態度が決められなかったためです。わたしはあまり歌に自分自身の思想や政治は持ち込まないことにしています。わたしのつまらない考えなんか入れなくても、優れた歌は歌自身がひとりでに語ってくれるので、わたしはむしろ自分なんか無くしてしまってただ透明になってカラダに歌を通り抜けさせるようにすればいいのです。ただ、かなしい歌ではありますがわたしはこの歌をとても美しいと思います。そうして、こんな美しい歌がありますよ、という意味で歌ってみたいとは思ったのですが、それを聴いて辛い嫌な思いをする人がいるのなら歌うべきではないのかと思ったり。このことについては、藤井正さんという方の書かれた『竹田の子守唄〜名曲に隠された真実〜』という本が出ていますので興味があればご覧ください。わたしもまだ迷いながら歌っています。これからもきっと迷いながら歌っていくのではないかと思います。でも、その迷うキモチは大事なのではないのかとも思うのです。

寒い日。風も強けりゃ雪も降る。月曜日からこんな天気だとくじけちゃうなぁ、と家に帰ると大きな包みが届いていました。もしやもしやと、開けてみたら、わーーーーい、はたしてそれはyonda?のクッションでした。新潮文庫の表紙の内側の三角のマークのシールを集めて台紙に貼って送ると枚数に応じたパンダのキャラクタ、yonda?ちゃんグッズがもらえるのです。新潮文庫を立て続けに読んでいた時その応募台紙がはさんであるのをみて、それまではそういう何かをためて送る、なんてことをしたことがなかったんだけど、おもしろそうだからやってみようと思って集め始めたのが2年前。昨年は応募の締め切り日を失念していたため送れず、今年に繰り越したのでした。応募したのが9月頃なので、実はすっかり忘れていたのだけど、うれしー。別にクッションがどうしても欲しかったというわけではないのですが、他のグッズ、文字盤に芥川龍之介の顔がついた腕時計とかは、夜、時間を見るのがこわいし、やっぱりクッションが一番いいなぁ。

このごろは、慶次郎縁側日記シリーズの第6弾『隅田川』(by北原亞以子)を読んでいます。短編ですから区切りもつけられるし、ライブ前後で気持ちがあっちこっちへとんでいるわたしにはちょうどよい読み物です。なんだか、シリーズの最初の頃は、読むとひりひりするような文章だったのですが、このごろは変わらぬドライな視点でありながら、あたたかみやおかしみまでも感じられるような気がします。単行本では、これ以降番外編も含めてあと4冊も出ているとのこと。さらに物語は進化していくのでしょうね、楽しみ楽しみ〜。


朝、義弟が来て、車のタイヤを冬用のにかえてくれました。妹が気をきかせてお願いをしてくれたのでしょう。ありがとね。助かりました。その義弟がタイヤをかえ終わるか終わらないかという頃になって、ぎりぎり保たれていた晴れの天気がくずれてきました。午後には北風が吹き荒れて寒くなりました。雷とともに、時折風にとばされて降りてくる雨は、みぞれになったりあられになったりと姿を忙しくかえては消えてなくなりました。今日も一歩も外に出ないで過ごすことになりそうとライブの練習をしたり、映画を見たり、お茶やコーヒーや紅茶を飲んで写経をしたりしました。

夕方になって、車にガソリンがあまりなかったことに気づいて、しぶしぶ外へ出ました。雨は止んでいますが、風がつめたいこと。家の近くのガソリンスタンドへ行くと、タイヤをかえに来ている人が何人かいて店員さん(というのかな)は大忙しの様子でした。それを横目で見ながら、「タイヤは天気が悪くなる前にかえておかないとね」と自分がかえたわけでもないくせに、ちょっと(誰も気づきませんが)鼻高々でした。

その帰り道、氏神さんの神社の前を通ったら、いちょうの葉っぱが散って、鳥居の下が黄色いじゅうたんを敷きつめたようになっていました。それがすごくきれいなの!あそこを歩いてみたいなぁ、と思ったので、車を鳥居の前に止めていちょうの落ち葉を拾ってきました。きれいですねぇ。雨に濡れていたので家に持って帰って乾かして写真をパチリ。しおりをつくるには、少し大きすぎる葉っぱばかり拾ってしまったので、下をくくってブーケにしてみようかしらん。生花じゃなくて落ち葉のブーケだなんて、四十雀すぎのわたしにはふさわしいかもね。

☆余談ですが、今日の『笑点』は最高におかしかったヨ。ノブ&フッキーも出たし。ふふふふ。

今日は家から一歩も出ていませんが、窓の外をながむるに、お天気はよさそうでした。でも明日は雪のマークが出ていました。師走ですからそれもありですけど。そういや紅葉をあんまり見なかったわ、今年の秋は。天神さんのイチョウとケヤキくらいかしら。真っ赤なもみじが見たかったなー。赤って好きな色のひとつなのです。さて、今日は朝からライブの選曲をして練習をしました。マイクなしに練習するとすぐに声が嗄れてしまうので、吸入器を使いながらね。(ときどき吸入器の霧を顔にあてました。ふふ。)さ、今夜はラジオ聞かなきゃいけないわ。わたしも今夜はよふかしでござんすよ。

金曜日はうれし。明日がお休みなのでなんとなくこころに小さく花が咲く。夕ご飯のあと、部屋で音楽を聴いていたらみねっちがやってきて、「暇だ」というので、眉をカットしてやったり、お互いに携帯メールして会話して遊んだりしていたら、妹からメールが来た。「わ〜い!体重1キロ減」と書いてある。あらら、彼女も暇なのかしら。同じ文章をみねっちとどっちが早く打てるか競争したら負けてしまった。くやしい。そのうちみねっちの携帯の電池が切れてしまったので彼女「充電しなきゃ」と2階に上がって行ってしまって、わたしは「暇なひとり」になった。なんて書いているうちに、『慶次郎縁側日記』の時間になったから、ほんとはもう暇じゃないのよ。じゃあね。

今朝の松江はこの冬一番の冷え込みでした。放射冷却でしろいしろい霧の朝。寒かったね。空気も乾いて風邪がこわいです。ライブの前は特に神経質になって、こほん、と少しでも咳をする人があれば自然に息を止める癖がついてしまっています(なのでしょっちゅう呼吸困難におちいります)。さて、今夜はラジオの収録に行ってきましたよ。先日書いたとおり、シアターコクーンでのライブ音源をかけました。12月3日の放送です。お楽しみにね。

飛行機の中で聞いた、志の輔さんの『八五郎出世』、とても気に入ったので、CDを買ってみました。何度聞いてもおもしろいです。でも先日聞いたのとオチの部分やその他小さくいろいろ違っています。もちろん大筋は同じなのですが、飛行機の中で聞いたバージョンのほうがより完成されているように思えました。と思ってCDをよく見たら1993年の録音でした。やっぱり何度もお客さんの前で演じることによってかわってくるのだなと感心しました。

こんばんは、うろこひめです(進化しすぎ)。今日も寒かったですね。雨にまじってあられがふりましたよ。北のほうでは、雪がつもっているところもあるようで、ニュースで見てふるえました。寒そう〜。今日で11月も終わり。今年もあと少しですね。さてさて、風邪をひかないように、あったかくして早めに寝ましょうか。では、夢で会いましょう、おやすみなさ〜い。