視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
浜田開府400年記念事業 浜田真理子コンサート
場所:石央文化ホール・大ホール
出演:浜田真理子、加瀬達、檜山学、伊藤大地、MARINO、久保田麻琴(音響ミックス)
日時:2020年2月2日(日)開場13:30 開演14:00
料金:大人3,000円(当日3,500円)全席自由    学生(中高大学生)1,000円(当日1,300円)    小学生 無料 *未就学児不可
プレイガイド:石央文化ホール、浜田市教育委員会、みずほ楽器、ブックセンタージャスト、ラ・ペアーレ浜田、世界こども美術管、石正美術館、江津市総合市民センター(江津市)、いわみ芸術劇場「グラントワ」(益田市)
浜田真理子ライブ@ビルボードカフェ
日時:2020年2月27日(木)
出演:浜田真理子 ゲストMarino(sax)
場所:ビルボードカフェ&ダイニング@日比谷ミッドタウン http://www.billboard-live.com/cafe/
時間:開場18時 開演19時半
料金:指定席4500円 (要1ドリンク&1フード)
チケット販売情報: 2019年12月21日(土)15:00販売開始 ■チケットぴあ ・インターネット予約 : https://w.pia.jp/t/hamadamariko-t/ ・電話予約 : 0570-02-9999 [Pコード] 173-475 【お問合せ】 03-6273-3355(ビルボードカフェ&ダイニング)
CD/DVDを買う

2005年もいよいよ今日を残すばかりとなりました。ああ、今年もいろんなことがありました。楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと、辛いこと、たくさん経験して挑戦した濃い一年でした。みなさんにおかれましてはいかがでしょうか。でも、今年の終わりに、のんびりと、パソコンの前でこんな風なよしなしごとを書いていられるのは幸せなことですよね。今年も応援ありがとうございました。来年もよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます。

さて、樋口一葉の書いたおはなしに『大つごもり』というのがあったなと、本日のタイトルにしてみましたが、その樋口一葉づくしで始めた今年の読書は98冊、目標の100冊には及びませんでしたが、いろんな作家との出会いがあって楽しかったです。来年はどんなお話と出会えましょうか。

今夜は、何をして過ごしますか。新聞のテレビ欄を見るとずら〜っと長時間の番組が載っていますね。紅白歌合戦、楽しみにしていましたが、曲名を見たら知らない歌が多いので、微妙だなぁ。わたしの好きな前川清さんが、持ち歌でないのが超残念。(できることなら、壮大なオーケストレーションで、『出船』を歌って欲しかった・・・・。)みねっちには、お笑い番組の録画を頼まれました。「録画するのはいいけど、何見るの?」と聞いたら、当のお笑い番組を見るそうで、録画は保存用だそうです。はいはい、恐れ入りました。お笑いにもこころ惹かれるので、今夜はリモコン片手にチャンネルをこえて行ったり来たりしそうです。そこで一句、「大晦日 右手にリモコン 左にゃワイン−鞠吉」。どうぞよいお年を。

昨夜は、仲良しさんといっしょに忘年会をしました。5人のシングルガールズナイトで楽しかったです。2件目に、バースデイへ行って、お店のみなさんに年末のあいさつもできてよかったよかった。今年もお世話になりました。ママさん、来年もよろしく〜。(次のシングルガールズナイトには、ママさんも誘いますよぅ。うふふ。)さ〜、掃除でもすっか〜(うへぇ)。

こんばんは、バカボンのパパと同い年のアメリカザリガニのWピース・ハマダです(なが、)。刻々と年が暮れていきますね。明日は仕事納めの日で、午前中ちょこっと仕事をして大掃除をして帰ります。どうせなら掃除だけにすればよいのに、ちょこっと仕事をするところがミソです(多分)。新年あけて4日にはもう仕事はじめですから、長いお休みでもないのですが、なんかわくわくしますね、あたらしい年。

今日は『音楽はなぜ人を幸せにするのか』(byみつとみ俊郎:新潮選書)を読んでいます。会社で読み始めたので、まだ半分くらいしか読んでいないのですが、すごくおもしろいです。『倍音』だとか、『平均律』だとか、『正弦波』だとか、まさに、わたしの知りたいと思っていたことがらが、ピンポイントでわかりやすく書いてあるので、うれしいです。(これらのコトバってこれまで理論書を何度読んでも意味が実感として理解できなくて困っていたのです。)実は、このあいだ、お仕事でごいっしょした、寅さんが好きな音楽家の方というのは、この本の著者のみつとみさんのことで、昨日うちにこの本が届いたのです。ああ〜、この本をみつとみさんにお会いする前に読んでいたら、もっとお話をうかがいたいことがたっくさんあったのになぁと悔やんでおります。わたしのしょうがないおしゃべりに時間を費やしてる場合じゃなかったよ、くぅ〜。(←悔やむ音を倍音で鳴らしています。)なんつって。

松江でのライブ音源や映像が届きました(竹ちゃん市っちゃんありがとう)。お客さんからはこのように聞こえて、見えていたんだなとわかって勉強になりますね。自分の音源を聴くのはしょっちゅうですが、写真以外の(動く)映像を見ることはあまりないので、自分で気づいていなかったくせとかいろいろ発見して大笑いしました(笑うのか)。とにかく、これからは、肩で風をきって歩くのは止めにしようと思います。

いよいよ今年もあと1週間。はやいですね〜、明日は火曜日、そして、水曜に仕事に出て、木曜は半日出たら!テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ〜テュリャテュリャテュリャテュ〜リャ〜リャ〜(盛り上がる)で、お休みになるのだ!(「のよ」でも「のさ」でもなく)そうして、お正月になる野田!(って、冗談ですよ、冗談ですから、野田さん。ははは。)このごろは、会社で、井上ひさしさんの『ふふふ』(講談社)を読んでいます。エッセイ集なのですが、ひとつひとつが短くていいですねぇ、読みやすくて、とくにこの年の瀬のあわただしさの中では。その中に森川信さんのことが書かれていて、おもしろかったので、『男はつらいよ』の森川さんのおいちゃん、見たくなりましたよ。で、そういえば最近、『男はつらいよ』がどこかで話題になったけど、どこだっけ、と思い出したら、そうそう、先日お仕事でゴイッショした音楽家の方が(この方についてはまたいつか詳しく書きますね)「寅さんのビデオをゼンブ持っています!」と胸を張っておっしゃっていたっけ。ふふふ。いろいろつながってておもしろい野田!(すいません、何度も、野田さん。)

三連休の最後の日はクリスマスの日。久しぶりに気持ちよく晴れてうきうきしました。こころなしか、朝の化粧もうまくできたような気がして、買ったばかりの黒いブラウスを着たら、あら素敵、どこかへ出かけたくなりました。新聞で、美術館などのイベント情報を見たけれど、うまく場所や時間のタイミングの合うものが見つけられず、結局、部屋のそうじをしただけでした。All dressed up but still nowhere to go♪とはまさにこのことよ。

午後、退屈なので、今井書店に行って店内をぶらぶら。読む本はうちにたくさんあるのになぁと思い、遠慮しつつ(だれに)3冊だけ購入、CDショップのほうへ行って枝雀落語に市丸小唄、そして越路吹雪4枚組とパトリシア・カースの『ピアノ・バー』を買い求めました。(『ピアノ・バー』には、マンダラでふちがみじゅんちゃんが、歌ってた「行かないで」がはいってた!わ=い!)ばらばらなセレクション、といえば、そうですが、それがなにか。家に帰ったらちょうど3時だったので、おやつに昨日のクリスマスケーキの残りと紅茶。食べながら、すきなひとは今ごろ何をしているだろうなんて、1秒だけ考えましたとさ。

朝からプリントゴッコで年賀状を作りました。来年はいぬ年なので、いぬの絵を描いてみましたが、「エトウの犬」みたいになりました。「エトウ」というのは、ずうとるびのエトウさんのことですが、「ギャートルズのおわりの歌」がわかる人は「エトウの犬」についても説明不要ですね、きっと(ぷ)。

年賀状が存外に早くできたので、暇をもてあまして草加せんべいを食べていたら、東京から自分で送った宅急便が届きました。泊まっていたホテルの近くの本屋さんで買った本がたくさん入っています。『生協の白石さん』読み終えました。とうりょうさん、おもしろかったですね。白石さんの姿勢はお客対応に携わる人には大事ですよね。美音堂の必読書にしましょう(ぷぷ)。

今は谷川俊太郎さんの詩と、谷川賢作さんの音楽と、山本容子さんの絵が素敵にコラボレイトした『あのひとが来て』を読んで/聴いています(CD付なのよ)。波多野睦美さん、石川セリさん、村上ゆきさんという3人の歌手によって歌われる谷川俊太郎さんの詩の歌は、オペラで言うならレチタティーヴォですね。アリアにしてしまわないところにメロディをつけた賢作さんの、俊太郎さんのコトバへの尊敬が感じられて美しいです。その分、交互にさしこまれた音楽のみのトラックが輝きます。さて、今夜はイブですね。ケーキを食べながら古い映画でも見るかな。