視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

いつか、500円均一で買ったDVD『All about Eve(イブのすべて)』を見ました。これまでに何度も見たのですが、見るたびに印象が変わるような気がしています。初めて見たのは多分20代の頃で、当時の感想は、イブを含めた登場人物全員が老けてるなーといったようなものだったと思います。もちろん、ストーリーのおもしろさは理解していたとは思うのだけど、誰にも感情移入ができないまま見終えたという印象で。今回、ベティ・デイヴィスの演じるマーゴという中年の女優の気持ちがとてもよくわかるような気がするのに驚きました。それは、わたしが女優だからではなく(ぃゃぃゃぃゃ、違う違う、違うから)、40歳を過ぎたから、なのでした。何度見てもいろいろ考えてしまう。そういう映画ってすごいよねぇ。

☆今日の写真
CDやさんをぶらぶらしていたら、山陰のアーティストコーナーに飾ってありました。『romance』と『あほ男』というCDが仲良くきれいに並んでいました。わはははははははははは!!大笑いしながら、思わず写真撮っちゃったよ。きゃははははははははははは。

今日は七草。寒い日が続きますが、ごきげんいかがですか?昨夜やまちゃんさんのコメントを読んで、あやうく、おっさん化炭素中毒死しかけたハマダです。やまちゃんさん、いつも書き込みありがとうございます。今年もテンション高いですね。いつか、ライブ会場やサイン会でお会いできますことを楽しみにしておりますよ。

そして、みつとみ俊郎さん、先日はお世話になりました。楽しい時間をありがとうございました。『音楽はなぜ人を幸せにするのか』たいへん勉強になりました。『ミセス』楽しみにしております。今後ともよろしくお願いいたしま=す。大木さんところのリンクを紹介してくれたやまシンくんは、声のピッチの高い人ですので、その声の波形、一度オシロスコープで測ってみたいと思っているのです(そんな豆知識いらないですか、すいません。ぷぷ。)。

小沢昭一さんが、『散りぎわの花』というエッセイ集の中で、30年以上続いているご自身のラジオ番組についての思いを、タイトルに掲げた都々逸を引用して表現なさいました。その十分の一、たった三年のわたしなんぞにはとても及ばぬ境地だなと感心したり恐縮したり。恥ずかしながら、月に一度の『浜田真理子so far songs』、FM山陰にて今夜12時放送です。

ハマダ文庫の準備はちゃくちゃくとすすんでおります。といっても、本を持って行って並べるだけなので、準備というほどのことではないけれど。ただ本棚が小さいので、用意していた本がゼンブ入らないかもしれないなぁと危惧しています。貸し出しの回転がよければ、だいじょうぶだけどね。文庫本や新書ならもっとたくさん入りますが、値の張る単行本のほうがまわし読みには意義深いかと思うので(安い本は買ってもらうとして。)重いけれど、がんばって持って行きます。時代小説はあんまり用意していないんですよ、めっっしゅさん、なにしろ、読んでいただくみなさんは、20代30代のお嬢さん方、そうすると、やっぱり、角田光代さんとか、栗田有起さんとか、川上弘美さんとかのほうがいいかなと思ったので。『剣客商売』シリーズとか、『趣味の文具箱』とか、『世界の名酒事典』とか『歴史群像シリーズ』とかのおっさん化炭素満載なやつは、ちょっと断念しました、残念!(←ぃゃぃゃぃゃ、さむいさむい)。スペースを確保したらもちろん、持ちよっていただくのもありで〜す。へへ〜楽しみ〜。

じゃ、テレビ見るんで、その前にお風呂にはいってきまんもす。ごろちゃんの金田一さん、久しぶりですね。

年末から考えていたことを今日は実行しました。会社の中にハマダ文庫のスペースを作らせてもらったのです。昨年末にまず課長にお許しをもらって、仕事はじめの昨日、所長からめでたくOKをいただいたのでした(ありがとうございます!)。会社で使っていない小さな棚があったので会議室に運び、そこに家から持って行った本を並べたのです。会社のみんなが読んでくれそうな単行本を、お正月の間に50冊ばかりセレクトしておいたのです。重いし雪は降るしで、今日のところは15冊ほど持って行くのがやっとでしたけど。貸し出しノートもつくりましたよ。たのし=。おもしろそうでしょう?(こういう、仕事と関係ない作業には、やたらはりきっちゃうんだよなぁ。てへ。)

久しぶりに仕事に出たら肩がこりました。仕事納めの日から数えても、一週間も経っていないのに、おかしな感じ。やっぱりごろごろしていたせいかもね。でも、正直なところ少々退屈していたので仕事に出てよかったです。昨日から読み始めた『魂萌え(たまもえ)』(by桐野夏生:毎日新聞社)一気に読み終えました。分厚い本だったので、読み始めるまでに勇気がいって、買ってから部屋に2ヵ月近く置いてあったのですが、昨夜ちら、と読み始めたらとまらなくなりました。うへぇすごいなーって感じ。59歳の主婦が主人公で、夫が急死してその葬儀の日から物語は始まるのだけど、なんだか、老いること、老いてからの恋愛について、家族について、生きることについて、オンナであることについて、いろいろ考えさせられて身につまされる話です。たくさん、言いたいけれど、ネタバレになってはいけないので、黙っておきます。女性でないと書けない話だなぁって感心しました。読みながら既視感を持ったのはきっと、近藤ようこさんのマンガに通じるものがたくさんあったからだと思います。どのへんが、と書くとさらにネタバレしそうなので、これも秘密(ふふ)。たいへんな話なので、読みながら、つくづく、この本の装丁がすごく明るい、派手なピンク色で救われた、と思いました。男の人は読まないほうがいいかもねぇ、こわいから(なんて、あおってみる)。ふっふっふ。

新年最初に読んだ本は、永六輔さんの『言っていいこと悪いこと』。これは、エッセイでもコラムでもなく、永さんが、ラジオなどでおしゃべりになったことを、別の方が断片的に書きとめられたというかたちの本です。ですから、ひとりごとのようでもあり、箴言のようでもあり。「結界」という章に感じ入りました。

今夜は同じ時間帯に見たいドラマが3つもあって困ります。土方歳三と、八犬伝と、古畑任三郎と。どれかをリアルタイムで見て、もうひとつを録画するとしても、あとひとつはどうすればいいのか。悩むところだわ(小さい悩み)。妹の助けを借りようかしら。ところで、昨夜の『里見八犬伝』はおもしろかったです。子供の頃、NHKで人形劇でやっていたのをよく見ていましたし。「わ〜れ〜こ〜そ〜は〜たまずさの〜おんりょう〜〜〜〜」というセリフ、よく真似したものです。昨夜の八犬伝は、なんかいろんなことが中国風でしたので少しとまどいました。滝沢馬琴の原作を読んだのは小学生の頃だったので、こういう話だったっけと思ったりして。それにしても、ワダエミさんの衣装がとても美しかったです。前編の時点では、いわゆるイイモノは青系の衣装、ワルモノは赤・黒系の衣装にしてあるようでしたが、青も赤もそれぞれたくさんの種類があるのだなぁと感心しました。でも、衣装を色分けすると、登場した瞬間に善悪の見分けがついてしまうのですが。そういう意味では、二元的になりがちなお話で、ほんとはイイモノだけど、操られてワルモノになる船虫のような中間キャラがいるのは大事だなぁ、なんて思いながら見ていました。子供の頃も、船虫がわりと好きだったのですよ、わたし。そういえば赤でもない青でもない船虫の衣装は紫だったかしら。


元旦は、年末からのお天気の悪さはどこへやら、快晴でした。妹一家がお年始に来たので、わたしとみねっちは着物を着てお出迎えしました。ふたりでおすましして写真でも撮りましょうと思ったのですが、いざ、カメラをむけられると、おちゃらけてしまって、漫才コンビみたいになってしまいました。もう、よろしいわ、って。きゃははっははは。さて、今日は朝から雨もようです。箱根駅伝を見ながらこれを書いています。そういえば、ずっとごぶさたしていたジムからも、年賀状をいただきました。ごろごろしてごちそうを食べ過ぎて太らないようにしなきゃいけませんねぇ。あ、そうそう、今年のモットーは「腹八分目」。何事もほどほどに。中ぐらいなりおらが春でいきましょう。

今年は、サードアルバムの制作に着手しようと思っています。ファーストアルバムのリリースが1998年、セカンドアルバムが2002年ですから、もしも今年リリースできれば、オリンピックみたいね。ふふふ。お約束はできませんが、年内にリリースできればよいなぁ、とそれくらいの気持ちでのぞみます。期日も大切ですが、内容はもっと大事ですものね。のんびりお待ちいただければと思います。

では、今年もよろしく。このブログにもみなさまからのコメントお待ちしておりますよぅ。