視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

今日は日直だったので、朝は『風のハルカ』も見ないで家をでました。雨も雪も降ってはいませんでしたが、底冷えしていました。早起きしたつもりだったのに、結局もたもたしていて時間がなくなってしまってあわてて家を出たので、毛糸のぱんつをはいて行くのを忘れました。おかげで一日、ふともものあたりがすぅすぅと大寒でした。さて、明日からセンター試験ですね。受験生のみなさん、受験生を持つおうちの方、あとちょっとですよ、がんばってくださいね、カチカチ(切り火)。あわてないように、朝は余裕をもって家をでましょ。

昼休みのあと仕事をはじめると眠くなります。今日もそうでした。でも、ちょうどよいところで10分間の休憩時間がきたので、キーボードの横につっぷしてばたと寝てしまいました。たった10分なんだけど、これをするとしないでは、あとの仕事が大きく変わってくるのです。ま、それはともかく、今日もいつものように寝ていたら夢を見ました。なぜか、わたしがスクール水着みたいなのを着て、プロレスラーなの。そうして、リングの向こう側にいる対戦相手が、猫ひろし、なのです。わたしは相手を一瞥して、ふん、こりゃ楽勝だわ、と不敵な笑いを口元にうかべます。そこで気づくのは、場内いっぱいの「ねっこっひっろし!ねっこっひっろっし!」の大歓声。完全なアウェイなのです。ふん、とまたわたしは鼻で笑って、ざけんなよ、と今にも飛び掛かろうとしたそのとき、ゴング、いえチャイムがなり目がさめました。変な夢。でも、思い切り闘う態勢に入っていたので、ハチミツ入りの黒飴をいっこ口の中に放り込んで、うっしゃーとココロの中で言って、機関銃のようにキーボードをたたいて仕事を再開しました。

会社から帰ったら、宅急便が届きました。お友達から。何かな、と内容のところをみると「鉱物」と書いてあります。ご飯を食べていたときだったので、おばあちゃんとみねっちと3人で、「え?鉱物?」と声をそろえてしまいました。「好物」のまちがいじゃないの?とみねっちが言いました。でも、そんな間違いあるわけないっしょと、あけてみて、箱をみて、また3人で声をそろえてしまいました。「火打石セット」だったんですから。あはははははは。なんだそれ===!うけたうけた。お手紙を読むと、「『おまえさんごっこ』をやるときにお役立てください」とあります。おまえさんごっこって、あははははははは。お役立て、って。あはははははは。切り火ですか。うわはははは。なにからなにまでうけました。ありがとう。明日の朝、ガッコ行くとき、カチカチしてやろうか?とみねっちに言ったら、「いい」と言われてしまいました。いやだよう、おまいさん。

夏から秋にかけて、カメムシが大発生するとその年の冬は大雪になる、とわたしたちの地元では言われています。カメムシなんて、そうどこにでもいるわけではないけれど、会社の同僚のまきちゃんの家には裏に畑があるのでよくいるそうです(一度会社に「連れて来て」大騒ぎになりました。カメムシってくさいのよぅ。わはは。)。で、昨年は、10月になってもまだいるから家の中に入って来て困るとまきちゃんがこぼしていたのですが、その頃には既に気象庁から長期予報で「今年は暖冬」と発表されていて、おかしいわねぇとわたしたち、首をひねっていたのです。そうしたら、結果はご存知の通りの大雪で寒冬。予報合戦はカメムシの圧勝ですね。人間チームはきっと最新式の予報システムを使って「暖冬」ということに決定したのでしょうが、これからは、まきちゃんちに電話して、カメムシ情報をゲットしたほうがいいのじゃないかと思ったりしています。

なんとなく、日が長くなりましたね。今日は会社で、『特別な一日』(朝山実編:徳間文庫)を読み終えました。ライターの朝山氏が12編の短編を選んで集められたものなのですが、そうそうたる男性作家による短編たちが(浅田次郎さんや重松清さんをはじめ、大杉蓮さんのエッセイまで)それぞれとても濃い感動をもたらすものだから、文庫1冊という分量のわりには読み終えるまでに時間がかかってしまいました。ひとつひとつ消化してからでないと次が読めないですしね。全体的に、とても男くさくて、ハードボイルドで、女々しくて、弱虫で、(矛盾してると思う?わたしはそうは思いませんけどねー。ふふ。)優しくて、美しかったです。わたしの中の「おっさん」な部分が反応したのでしょうか、何度もうるうるきちまいましたよ。やるせない話もありましたが、最後の永沢光雄さんの「大阪近鉄バファローズ!」では、朝山氏があとがきで述べておられるような「微弱な笑み」を浮かべさせていただきましたよ。やっぱり、この話が最後でよかったです。

昨日から、『The 有頂天ホテル』が公開になりました。少し前から、うちの家では、その話でもちきりで、どちらが先に見るかということが重要問題になっていたのだけど、昨日の朝一番の回をみねっちが友達と見てきて、帰ってからずぅっとおもしろかったおかしかったと自慢するので、ああ、ちくしょう先をこされたと、わたしも今日見てきました。笑いました。ふふふ(思い出し笑い)。たまたま例の500円DVDで『グランド・ホテル』を見たばっかりだったということもあって、2倍楽しみました。豪華なメンバーでおもしろかったなぁ。ふふふ(再び思い出し笑い)。いろいろコネタが満載なので、書きたいけれど、これから見る人のために書かないでおきましょう。映画のはじまりの、ビリー・ワイルダー風の、音楽やタイトルや出演者のクレジットの画面では、わくわくどきどきして、ああこの気持ち、この気持ち、と、久しぶりに映画館に行ったので思い出して、あらためて映画っていいなぁって、思いました。ああ楽しかった。幸せ幸せ。

明け方、突然目が覚めました。眠りに戻るまで、暗い部屋のなかで、考え事をしていたらふと、歌詞になりそうなコトバのフレーズがうかんできました。しばらくもごもごところがしていたけれど、このまま寝てしまったら明日になると忘れているかもしれないと思って、起きて部屋のあかりをつけて(寒い!まぶしい!)なんでも帳にしているノートをひろげて走り書きしておきました。4時でした。安心して、それからまた布団にもぐって寝ました。二度寝だったので、少し寝坊してしまって、『風のハルカ』を見逃してしまいました。起きてすぐ、歌詞を思い出そうとしたけど全然ムリでした。書いておいてよかったわ、とノートを開いて読んでみたら夜中に思っていたほど、今世紀最高の歌詞、というほどではありませんでしたが(はは、)、思い出してきました。歌詞になるように削ったり書き足したりコトバを整えて、数時間ほうっておきました。午後から、ピアノに向かってメロディをつけてみました。ちょっと変わった歌ができました。満月の力でできたのかも。なあんてね。今夜は雨で見えなくて残念です。

昨日はあんなにきれいに晴れて月もきれいだったのに、今日は雨雨雨の雨ちゃん。天気予報を信じて傘を持って行って助かりました(信じるものは救われる)。気温が急に上がって変な感じ。せっかくの週末なのにね。そういえば、今日は13日の金曜日ですね(それがなにか)。『通販生活』が届いていたので、何も買う予定はないのに、じろじろ見ました。でもほんとは、ひとつだけ、欲しいものあるのよ「サピエンス」っていう本棚。本を横にした状態で高く積んで置いておける本棚です。しきりがついているから、下のほうの本も簡単に取り出せるし。目の前にないとすぐに物事を忘れてしまうわたしにはお誂え向きなのよね〜。と、毎回カタログが届くたびに考えるのだけど、カタログを閉じるととたんにそのことを忘れてしまうんだなぁ、これが(ばかですね)。さて、本棚と言えば、ハマダ文庫も好調なすべりだしです。週末におうちで読もうという人たちが、何人か借りて行ってくれました。わーい。ありがとね。うれしいなぁ。ほんとなら、オチャでも出してブックカフェみたいにサービスしてうれしさをあらわしたいところですが、それもできないので、そうだ!今度あめちゃん持って行ってかごに入れて棚のところに置くってのはどうでしょう?最高ですね(自問自答式)。