視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

昨日は信じられないくらいの晴れだったのに、今日ときたら、晴れてみたり、雨が降ってみたり曇ってみたりの、いや、まったく、お天気がお天気やでした。新しいパソコンで、さくさくさくさく書いています。うれしい。パソコンってすごいですね。とかまた久々に思ったりして。あぁ、でも、先週は、久しぶりにばたばたしておもしろかったけれど、ずっと夜帰りが遅かったので、睡眠不足気味です。なので、今夜は早く寝ましょうっと。

さて。今日の俺ニュースの時間です。妹に「ダイエット腹巻」をもらいました。ははははははははははは。腹巻して寝るだけで、やせるそうです。指圧用のシリコンも背中にあたる部分に入っています。ははははははははははははは。システムはよくわかりませんが、特徴:生地に、チタン、ゲルマニウム、ケイ素などの鉱物をプリント加工していますと、なんだか、誇らしげに書いてあるのです。「鉱物」って。あははははははは。最近よく人に鉱物をもらうようです。昨年ひろったイシ子のご利益かもしれません。

☆あ、そうそう、彦さん、テレビ見ましたよ。素敵なお店ですね。

お久しぶりです。やっとここに登場することができました。ラジオの収録と、雑誌の取材がいくつかなど、びっちりお仕事しました。(ふぅ)。パソコンを新しく買ったので、仕事のために松江に来ている、市川氏に今、家に来てもらって、パソコンのデータの移動やら、セットアップなどをやってもらっています。では、引き続き作業にはいります。(っていうか、わたしは横で応援するだけですが。はは。)このたびの取材の掲載情報などはまた後日詳しくお知らせいたしますので、お楽しみにね。では、今日のところはこのへんで失礼いたしまんもす。

⊇ωし£〃ωし£し£маナ⊇〃маレ)⊇τ〃£

読めましたか?いえ、女性にもてる呪文ではありませんよ。さっき、みねっちに教えてもらったギャル文字です。まぁ、読めても読めなくても、それがどうしたのさ、という話ですけどね。こういうののどういうところがおもしろいのか、もうギャルとはだれも呼ばないわたくしにはとんとわかりませんが、若いおねいさんとの話の種になるやもしれませんよ。(おじさんおばさんがそんな話題出しても、「がんばってる感」がむなしくただようだけでしょうけど。ほほ。)ギャル文字というのは、でも、暗号ではなくて、文字そのものなのね。フォントが変わっただけなので、慣れれば読めるかもしれませんね。フォントにフォントにごくろうさん。

追記:
さっきメールが届いたのでお知らせします。明日の夕方5:10〜NHKのテレビ番組「しまねっと」で、安来のおじが出るそうですよ〜。山陰のみなさん、みんなで見ましょうね〜。

宍道湖を照らす夕陽がきれいでした。あなたに見せてあげたかった。今日も寒かったですね、と、書いている今ここに、みねっちからギャル文字のメールが送られてきたけど、ぜんぜん読めません。ギャルにしか、読めない文字なのかしらんと元ギャルはかなしむ。さて会社で休憩のとき、ココアを飲みながら、石田千さんの『月と菓子パン』というエッセイ集をゆるゆる読みはじめました。のんびりした書き具合がとてもここちよいです。このかたの文章には、一人称がいっさいないのですよ。読むのを止めて、そのことの効果について考えていたら、チャイムがなって休憩時間が終わってしまいました。また、「やもめ酒場」という一編を読んだらふいに涙が出そうになりました。下町の小道をお散歩する石田さんその人みたいに、いろいろほかごとを連想したりして考えながら、止まりながら、ひとつひとつゆっくり読みたいエッセイですね。

今週末は、取材がいくつかあって、久しぶりに忙しくなりそうです。お天気がよいといいなぁ。

プリン占いでは、たまごでしたよ。あははは。namiさんありがと。今朝は冷えました。まだまだ冬は続きますね。あなたのところもきっと寒いでしょうね。というか、いつもの冬ならこれからが、寒さ本番なんでしょうけれど、今年の場合は、もう飽きちゃったね。インフルエンザも流行っています(とニュースで言っていました)。かかっている人はおだいじに。かかっていない人も、あったかくして、栄養と睡眠とりましょう。

朝。トイレに入ったら、壁に字がぎっしりと書かれた紙が貼ってあり、いえ、いつもみねっちテスト前になるとこういう状態なので(あそこに紙を貼るだけで彼女のテスト勉強は、ほぼおわったも同然なのですが)、驚きはしませんが、このたびは少し、驚きました。だって、内容をよくみると、日本国憲法の前文だったのですもの。こらこら、そういうの、トイレに貼るなよなぁ。リラックスできねぇよ。あ、そうだ、清水義紀さんの『騙し絵日本国憲法』見せてやろうっと。

今日は会社で、『ないもの、あります』(byクラフト・エヴィング商會)という本を読みました。おかしいのなんのって。笑った笑った。

とにかく、なぜだかわからないのですが、お天気が気になります。朝起きると、今日は晴れなのかくもりなのか、はたまた雨なのか。気温が高いのか低いのか、風があるのか湿度はどうか。ひいては、うぐいすはもう鳴いたか、梅は咲いたか桜はまだかいな、月が出た出た月が出た、などなど。出かける予定がある時にはもちろんのこと、予定がなくて今日は一日家から出まいぞ、という日にまで、なんとなくでもよいから把握しておかないと落ち着かないといったようなこころもち。なんなんでしょうか、これは。お天気の変わりやすい山陰で生まれ育ったせいでしょうかね。

今朝、久しぶりにネット占いのページに生年月日を入れてみたら、「放浪の狼」と出ました。「放浪の」とか、ついてますが、これは、動物占いだよね。ちょっとなつかしい。みねっちに訊ねたら、動物占いのよりハイパーなやつでは、「放浪の」とか、そういう形容語が上にのっかるそうだ。狼が放浪してもたいして驚かないけれど、ま、いいか。同じ狼でもいろいろある、ということみたいです。へぇ。けど、やっぱり放浪するのか、わたしは。

そういえば、昨日は「股旅」というコトバにたくさん反応していただきました。旅にはみな多かれ少なかれ憧れがあるのでしょうか。わたしもいつか一人前の股旅になれるよう願いつつ、まずは近場をうろちょろしてみたいと思います。地元や近いところっていうのは存外に知らないことが多いものですから、楽しい発見があるかもしれません。狼だって歩けば棒にあたるでしょうし。

朝はゆっくり起きて(またハルカさんを見逃しました)、朝食をとって、顔を洗ってていねいに化粧をして、部屋を片づけて掃除機をかけたらお昼が近くなりました。その間、マリリン・モンローとエンヤと梶芽衣子のCDを聴いたけど、みねっちはまだ起きてきません。遅くまで起きていたのでしょうか。若いと続けてたくさん眠れるからいいですね。暇なのでフィリパ・ジョルダーノを聴きながらパソコンに向かうことにしました。

すてきな本を読みました。『はなうた日和』(by山本幸久)と『此処彼処(ここかしこ)』(by川上弘美)です。連作の、短編集とエッセイ集という違いはあるものの、偶然2冊とも「場所」がテーマになっていたので、おもしろく読みました。いえ、偶然ではないかもしれません。最近、将来は股旅になってやろう、と思いついているところなので、どこか行ったことのない地名や場所が出てくると心臓がぱくぱくするのです。そういうわけで、無意識にこういう本を選んでしまったのかもしれないのです。

『はなうた日和』は世田谷線の沿線に住む人々のちいさな日常の物語集で、どのお話にもさりげなくうたが出てきます。それと世田谷もなかというお菓子が何度も出てくるのですが、それってほんとにあるのですか。おいしそう。

『此処彼処』は川上弘美さんが週に一度のペースで一年間新聞に、思い出の場所について書き続けられたエッセイ集です。地名がたくさん出てきて「股旅ごころ」をくすぐるうえに、「出雲」と題されたエッセイもあったので、うれしくなってつい抱きしめてしまいました。

股旅になるといっても、旅の下手なわたしです。よい股旅にはなれないだろうなぁ。乗り物にはほぼすべて酔うし、体力はないし、病弱だし、方向おんちだし、荷物が多くてかばんがしまらないし、眠れないし、変わったものは食べられないし、なにより面倒くさがりやだし。書いていてへこんできました。あはは。旅人として必要な条件をなにも持ってないのね。とほほ(涙)。でも、熱いこころはあるのです!というわけでもないのです、残念ながら。ただ、風のようにぷらぷらと吹かれてみたいだけ。行ってみたいだけ。木枯らし紋次郎とか、スナフキンみたいにね(え?寅さん?ははは。)。

番組の途中ですが、みねっちが起きてきたので、それでは、お昼ごはんを食べることにします。では、股。