視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

今日も寒かったですね。窓の外は一日中舞う雪のせいで、まっしろでした。水分が多いので、みんなみぞれにかわってとけちゃったけど。さて、今日更新されたライブ音源はふちがみとふなとさんとご一緒した、「チキチータ」と「煮込みワルツ」と、昨年のスターパインズカフェでの「イシ子」。まだまだ寒い日が続きます。煮込みワルツのお鍋で、あたたまってちょんまげ。

夕ごはんのあと、みねっちと、わたしの部屋で、雑談をするのが日課です。毎日みねっちの学校や友達の話を聞いて、大笑いしたり、涙したりしています。そして、青春っていいわねぇとか、若いときはいろいろめんどくさいわねぇとか、思ったりしています。大人からしたらたいしたことじゃなくても、若いときは若いなりに悩んだりするんだよね。がんばれみねっち。あぁ、わたしにもあんな時があったなぁ(元ギャルの遠い目)。

昨日の「マリコ的」に関していろいろご意見ありがとうございます。言葉足らずでうまく説明できておりませんでしたが、決して、わたくし、楽譜を否定するものではありませんので、ご理解くださいね。さて、今日は、作った曲を自宅で録音してみました。本格的なデモ録音は来月に、と思っているので、今日はたたき台のための、デモのデモみたいな録音です。うちには防音のスタジオなんてないものですから、おばあちゃんには、キッチンの洗い物をちょっと待ってもらって、みねっちには、これから遊びに来るという彼女の友達が玄関で大声を出さないように、玄関口で見張ってもらって、3曲だけ、MDで軽く録音しました。ははは。なんか、手作り感満載ですね。協力ありがとう。>おばあちゃん、みねっち。

山陰地方にお住まいのみなさま、昨夜の『浜田真理子so far songs』、聞いていただけたでしょうか。突然のお知らせで、申し訳ありませんでしたが、昨夜の放送をもちまして、しばらくお休みさせていただくことになりました。この番組は、2003年の1月に週一回の30分番組としてスタートし、2005年からは月一回の特番(sp)として55分の番組になりました。ですからきちんと数えてはいませんが(ずぼら)、放送回数は120回弱を数えたと思います。4年目にはいる今年はアルバムの制作などもあり少し時間をいただきたいので、ちょっとここらで一区切りさせていただくことにしました。局側の要望もあり、なかなか公表できずすみませんでした。アルバムができたら、それを持ってまたおじゃまするかもしれません。応援くださったみなさん、お礼を申し上げます。ありがとうございました。

☆monkさん、宮崎さんのお母様ですか。わ〜奇遇ですね。宮崎く〜ん、お母さん出てるよ〜〜!!とかね(ふふふ)。話題のサーカスのうた、「美しき天然」という題で、ふちがみとふなとさんが『日曜日ひとりででかけた』というアルバムの中で歌っていらっしゃいますよ。胸がきゅぅんとする歌ですよね。

昨夜からの冷え込みで、朝方には家の前がつるつるに凍っていたようです。やっぱり2月はまだまだ寒い。朝寝坊をして、またハルカさんを見逃してしまったのですが、おばあちゃんに内容を聞いてびっくり。そうきたか。予想はしていましたが、実際にそうなるとやはり驚きます。

シャラポワさんとヒンギスさんのテニスの試合をテレビで見ました。すごかったね。おもしろかったです。テレビの前で、がらにもなく先日作った曲の楽譜をおこしました。楽譜を書くのは得意でもないし、あんまり好きでもないのですが、忘れないために(あ、そうだ、昨日書いていたミの音は、考えた末、フラットなしにしましたよ)。で、気づいたのは、わたしのつけるコードは楽譜には書きづらいということ。どうしても、ピアノで作っていくせいか、自分のおさえている和音がコードにしづらいのです。単純な例で言えば、ドミソの和音をCというのですが、ミソドとしてもソドミとしてもコードとしてはCなんだけど、それが、ドミソでなくてはならない、ミソドでは雰囲気が出ないとか。そんなら、そうドミソと楽譜に書けばよいではないか、と思われるかもしれませんが、楽譜に書いてしまうことで、今度はきっちり固定されてしまうような気がして、演奏していて、とても窮屈に感じてしまうのです。だってね、昨日と今日とでは違う和音がつけたくなるかもしれないし、1番と2番では気持ちが変わって表情や弾き方を変えたくなるかもしれないし、またいっしょに演奏している演奏家がドミソを前面に押し出して演奏したなら、やっぱりわたしは違うことを弾きたくなってしまうかもしれないし。毎日かわる自分の状態や状況に合わせて、楽譜も毎日勝手に更新されたらいいんだけど。つくづく固定した自分というもののなさに、驚きます。

大友良英さんが、きっちりコードネームを書いてしまうと、ハマダさんのつくる和音の良さが消えてしまうよ、と前におっしゃっておられたのはこのことかと納得しました。楽譜上での、そのあたりのニュアンスの伝え方がうまくわからないために、楽譜に対するニガテ意識みたいなのがずっとあったんだなとわかったりして、なかなか興味深いことだと思いました。楽譜は読めるしがんばれば書けもするので、ほかの演奏家と演奏するときに、あれば便利とは思っていましたが、書けば書くほど、思いが遠ざかるようであったのは、そのためだったのですね。和音の動きよりは、音階のほうに意識がいってしまいがちなせいもあるかもしれません。楽譜に色塗りをしたら素敵なことになるかもしれないなぁと思ってもみましたが、色というのは自分だけのイメージだったりするので、そもそも人に伝えるため、という楽譜の本末が転倒してしまいますね。パソコンの中身をそっくり転送させる、というような行為と違って、自分の頭の中のイメージを伝えるのはとても難しいことですね。でもやりがいがあって、そこがおもしろいところでもあるのですけどね。


やっと週末でうれしいです。今日は寒かった〜。雪が窓の外をびゅわ〜っと舞っていましたね。明日がお休みでよかった。昨夜メロディをつけた曲の一箇所が気になり、ずっと悩みながら仕事をしました。ある小節の中のミの音をそのまま使うか、フラットさせるかということについて。う〜ん。まだ決めかねています。どうしようかなぁ。少しほうっておきましょうかねぇ。さて、今日は節分。会社から帰ってみねっちとおばあちゃんとみんなで豆まきして、恵方巻を食べました。そうして、部屋にまいた豆で字を書いてみましたよ。ははは。しょうがないねぇ。早く春が来ないかなぁ。

東京地方のみなさんへ
漫画家の近藤ようこさんからお知らせをいただきました。明日の読売新聞の夕刊の『言葉を生きる』というコラムでわたしの「純愛」について、書いてくださったそうです。わ〜い!見てくださいね。(近藤さ〜ん、どうもありがとうございます!)

☆会社のトイレには無事ウォシュレットがつきましたよ。便座もあたたかい!

思えばもう2月なのですね。はや。お正月からはあっという間ですね。ぬぼぬぼしている間に今年が終わってしまいそうでこわいです。夕ご飯のあと、ピアノに向かってこの前書いた歌詞にメロディをつけてみました。なかなか思うようになりません。というと、何か思うところがあるように聞こえてしまいますが、ほんとうは違います。思うべきよいアイディアがないので、困るのです。あぁ、モーツァルトならどんなメロディを書くだろう。そういえば、子供のころ、毎月父が新しいレコードを買ってきてジュークボックスに補充しているのを見て、こんなにたくさんの曲がどんどん作られていったら、いつか歌のメロディがなくなってしまうのではないかと、不安に思ったことがあります。そうしてもっと何百年も前の昔に生まれていたら、わたしだって曲が書けたかもしれないのになぁと、ひとりため息をついたりして、この先、きっと歌なんか作ることはないからいいけど、作る人はたいへんだな、なんて思っていたのです。あれから30年以上の月日が流れてしまいました。はや。そうして今、そんなわたしが歌を作っているだなんて、驚きを禁じえません。いや、別に禁じなくてもいいけれど。それは、ともかく、明日は金曜日でうれしいです。いやっほう=。

明日は、会社のビルの全館の洋式トイレにウォシュレットがつくそうで、工事があります、という旨の貼り紙が事務所のホワイトボードにしてありました。なぜ、今、ウォシュレットなんだろう。でも、みんなは、ウォシュレットそのもののことよりも、便座があたたかくなる機能がついているかどうか、のほうが気になるようでした。冷たいのはほんと、座ったとき息が止まります。思わず目が覚めちゃうよねぇ、とか、言ってる人もいました(わたしです)。

週末はまた寒くなるようですね。雪とか降るのかしらん。やだなぁ。「ためしてガッテン」を見ていたら、くしゃみで飛ばしたインフルエンザのウイルスは結構長く空中に漂っている(9時間も!)そうなので、気をつけましょうね。今日から、派遣社員のみなさんがこられましたが、別室で研修なので、ほとんど姿を見ることはありませんでしたよ。当分こんな感じでしょうね。覚えることがたくさんあって大変ですけど、がんばってね、とここにかいて陰ながら応援いたします。さて、このごろは、会社でも本を読まずに、今年作る予定のアルバムについて思いをめぐらせています。休憩中に、曲を書いてみたり、ぼんやりとイメージをうかべてみたり。とても楽しいです。あと、50曲ほど作ります(うそに決まっています)。

さて、今週末にはFM山陰にて「浜田真理子so far songs」の放送日です。このたびはゲストも出演いたします。爆笑トークをお楽しみに。そして、番組の終わりにはちょっぴりお知らせもございます。冬の夜中に起きて聞くのはたいへんでしょうが、今回の放送はぜひ聞いていただきとうございます。あったかくしてラジオの前に全員集合!(←これが寒い。)

☆ひいらぎさん、わたしも同感です。>嵐の日の告白の毛布事件

安来のおじが、NHKに出たお土産として、『風のハルカ』のマスコット人形のきりぼんちゃんをもらったと自慢していたのが、ちょっとうらやましい。いいなぁ。ドラマのほうはなかなか現実ばなれしていて、毎朝驚きの連続ですが、朝ドラってなんとなく続けて見てしまいますね。何年も見ているから、そういう体質(朝ドラ体質。なんだそれ。)になってしまっているのかなあ。ドラマと言えば今夜は『アンフェア』ですね。楽しみ。わたしも早くダイエットして、ナイスバディになって、篠原涼子さんみたいに、はだかで新聞読んでみたいです。へくしっ。

明日から、うちの会社に派遣会社から新しく6名のみなさんが派遣されてきます。4月からの増産に備えての戦力補強なのだそうです。当分の間は研修期間なので、わたしたちと直接一緒に仕事をすることはないけれど、でもなんだか楽しみですね。きっと、人数の多い職場に入られるから緊張しておられるだろうけど、だいじょぶよ〜。と、ハマダの局(つぼね)はわくわくしておりますよ。そういえば、この間読んだ『ないもの、あります』という本は、実は名前はよく知っているけれど、実際には見たことのないもののカタログになっていて(例えば「左うちわ」とか、「堪忍袋の緒」とか、「無鉄砲」とかが絵とコメントつきで紹介されています。はははは。)大層おもしろかったんだけど、その中にすてきな香水のびんに入った「先輩風」も載ってたわ。これを機会にひとびん注文しようかしら。