視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

風が強くて今日は寒かった〜。寒かったり暖かかったりと、体がついていくの大変ですね。風邪をひかないようにね。さて、わたくし、本を読むのは、比較的早いほうだと思いますが、そういうのは、まぁ、癖みたいなものでしょうね、きっと。一字一句のがさず読んでいるわけではないのだと思います。その証拠に、会社で仕事のときに時々行う、校正の仕事、これは句読点まできっちり見なきゃいけないのに、からきしだめですから。わははっは(ぃゃぃゃ笑い事じゃないけど・・・凹)。まぁ、読むはしから中身を忘れてますし。なんというか、読んで、あとでどうこうしてやろう、という気持ちよりは、ただそのとき読みたい、知りたい、目で字を追いたい、ページをめくりたい、どきどきしたい、みたいな感じかなぁ。とりあえず、目標があると楽しいので100冊なんて決めていますが、年間300冊読むという人のことを聞いたことがありますし、人それぞれペースがあると思いますので、自分のやり方で読むのがよいと思いますよ。ささ、今夜は『アンフェア』ですね。楽しみ。ほんに、アンフェアなのは誰なんでしょうね?どきどき。

また一週間がはじまりました。そして、明日は2月最後の日。はや〜。ゴールデンウイークのライブのチケットも売り出されています。そろそろ春に向かって、活動開始だなぁ。さて、あいもかわらずの本の話題でごめんなさいですが、今日は会社で、絲山秋子さんの『沖で待つ』(文藝春秋)を読みました。芥川賞をとられてからは本が売り切れ状態だったのですが、通販で頼んで少し待ったあと、やっと届いたのです。2編入っていましたが、どちらも働く人のお話、おもしろかったです。作者とは年代が近いこともあって、バブルの時の空気感など共感できる部分も多々あり、懐かしく思い出しました。といっても、わたしは、当時会社勤めをしていたわけではないのですが、大企業に就職したお友達が多かったので、いろいろ話を聞いて、景気がいいなぁ、でもたいへんそうだなぁ、と思っていただけなんですけど。それと『沖で待つ』というタイトルがすごくいいと思いました。あの作品のなかのこの部分をタイトルにしたのか!あっぱれ!と膝をうちたくなりました。それにしても、以前は、賞をとった本なんてすぐに買うのは恥ずかしいわん、なんて思って、ほとぼりが冷めたころにこっそり買って読んだりしていたけれど、このごろは、というか、40歳を過ぎてからは、こころを入れ替えあらためて、フットワークを軽くすることにしました。興味が向いたら、まず、動いて自分から近づいてみるという感じでね。20代ならば、またのチャンスでいいけれど、40代に入ったことで、「また今度」をあてにするのは、なんだかこころもとなくなってきたのです。(忘れちゃうし。)気が短くなったのかもしれませんけどねぇ。

おはようございます。こころの金メダリストのハマダです。やまちゃんさん、ありがとう。どちらかというと、わたくし、金メダルより、欽ドン賞のほうがほしいので、これからは、そちらをくださいね。昨日も今朝も、早めに起きて(決して早くはないです、休みの日にしては、というくらいで。はは。)、漢方生活をしています。漢方生活っていうのは、別に朝から薬を煎じて飲んで、気功や太極拳をする生活という意味ではなくて、朝は起きて、朝の空気を吸い、ゆっくり音楽を聴いて、朝ごはんをゆっくり食べ、少し体を動かして、昼ごはんをちんまり食べて、お茶を飲んで、みたいな、こうして書き出すと、普通の生活のことなのですが、とても、気分がよいです。大きなことではないけれど、なんとなく、たのしいキモチになります。小さなことでも、すぐにストレスに変換しやすいわたくしとしては、お休みの日くらいはこういう時間を持つのが必要なことなんだなぁとやってみて気がついたということ。

☆みどりちゃん、お久しぶりです。漢方の本はいろいろ買って読んでみましたが、オレンジページムックの保存版『漢方養生法』が写真もきれいでわかりやすいと思いました。


☆☆妹が、椿の花をくれました。好きな花です。

今日は、寝不足の人が多かったのではないでしょうか。朝起きて、テレビをつけたら、フィギュアスケートの表彰式でした。よかったね、金メダル。オリンピックを見ていたわけではないけれど、わたしも今夜は眠いです。昨夜は近所の猫が夜中の間ずっと、わーわーゆうとりまして。春かしら。みねっちが、さっき大笑いしながら、教えてくれたのは、仲良しの男子からメールが来て「鶏肉やく?それともにる?」書いてあったそうで。なんのことかさっぱりわからないので、なにかの暗号かしらなんて言いながら、なんのこと?と返事をかえしたら、返事が来て言うことにゃ、おかあさんに送るつもりだったのを間違えてみねっちに送っちゃったんだって。あはは。おかあさんのかわりに料理してんのかなぁ。なんかかわいいなぁ。いいなぁ、そういう男の子。ほほえましいので、ひとりでくすくす笑っていたら、「結局、鶏は煮たんだって」とみねっち。

いよいよ今夜、フィギュアスケートのフリー演技ですね。でも、真夜中でしょ、そんな遅くまでとても起きていられないから、リアルタイムで見るのはあきらめて、ニュースで見るだけになりそうです。明日は金曜日だわ。スキップしたいくらい、いえ、3回転ジャンプくらいできそうなほどのうれしさ。今日、注文していた漢方の本が届きました。漢方は奥が深くて、体にやさしそうでいいです(newちゃん、また今度見したげるね)。いろいろ、豆知識を仕入れて、自分で試してみるのはもちろんですが、身近な人たちに(そうそう、あなた、あなたよ、)からだによいこと、(聞かれもしないのに、)お知らせしたいと思っていますよ。お楽しみにね。てへ。

昨夜、『犬の記憶』を読み終えました。もっと、ちびちび読み進めるつもりだったのですが、あまりおもしろいので、やめられず、一気におしまいまで突っ走ってしまいました。これから読む『犬の記憶終章』も楽しみです。ひろすけさん、そうだったんですか。うっかりしていました。ひろすけさんの本、もう一度、開いてみますね。

実は、『犬の記憶』を読む前には、茂木健一郎さんの『脳と仮想』(新潮社)を読んで、大変感動していました。脳とこころ、そして記憶について書かれた『脳と仮想』、写真と時間と記憶について書かれた『犬の記憶』、書かれた時期もジャンルも、そして多分本屋さんで並べられている場所もぜんぜん違うであろうこれらの2冊はしかし、まるで合わせ鏡のように互いを照らし合い、また驚くべきタイミングと精度で、わたしのこころの中の一点に光をあててくれます。
その一点とは、「うた」。

朝は雨がぱらついていたのに、仕事をしているうちに少しずつ晴れて、3時の休憩の時間には、窓の外の風景のずっと遠くに大山(だいせん)の美しい姿が見えました。びっくり。手前にある近くの山は、はっきりくっきり見えるのに、富士山に似たその姿は頂上近くに雪の帽子をかぶってなんだかぼんやりと見えていました。砂漠で見る蜃気楼はかくあらんというような、はかない姿。携帯で写真を撮ろうとしたけれど、やっぱり、遠すぎました。

さっそく、森山大道さんの『犬の記憶』読み始めています。ぬまたさんが書いておられたように、すばらしい本ですね。股旅ごころをまたもやくすぐられています。