視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

とてもあたたかい日でした。ちょっと風がきつかったので、いろんな花粉もたくさん飛んだことでしょう。そういえば、今年は花粉症のニュース、あんまり見かけませんね。さてさて、桜、桜と言っていますが、この分だと、あっという間に咲いてしまいそうですね。わたくしは、桜餅の話ばかりしているので、みねっちにあきれられてしまいました。

わたしの妹は、今日から新しい職場へ初出勤でした。前の職場をやめてから、パソコンを習う学校へ通っていたのです。母がお祝いだからと、お赤飯を炊いたよ、とわたしが伝言メールをしたら、仕事がえりにそれをとりに寄ってくれました。40歳を前にしてのあたらしい職場だということもあって、朝はとても緊張していたようですが、職場の雰囲気もとてもよかったそうで、ほっとしているようでした。よかったね。おめでとう、がんばってね〜、みっちゃん。夕食はお赤飯、わたしたちもお祝いのおすそわけをいただきました。

昨日、あんまり家に閉じこもってばかりだと、運動不足で気詰まりだなぁと思ったので、階段の上り下りを10往復したら、今日は足ががくがくでした。やれやれ。気候もこれからだんだんよくなりますし、ウォーキングやら、自転車やら、またはじめましょう。ニュースなどを見ると、桜が満開のところもあるようですね。松江は、まだまだという感じ。次の週末が見ごろかいなと思いますが、そのころはわたくし、また東京へ行ってお仕事です。この分だと、東京でも松江でも、お花見しそびれるかも。

日中はよいお天気でしたが、夜になって雨が降り出しました。桜はまだ咲いていないから今のうちに降っておくがいいよと思います。薄紙をはぐように、風邪も治っていくようです。日にち薬とはこのこと。買い物に行く用事もあるのですが、でも、大事をとって、今日はどこへも出かけませんでした。家の中で、本を読んだり、クリーニングに出す冬物の洋服をまとめてみたり、ピアノを弾いて歌をうたってみたりしました。ピアノはよいけれど、歌はまだいけません、鼻声で。月がかわって、ゴールデンウイークのライブが急に近づいてきたような気がしたので、選曲もちらほらとはじめています。3日間のライブだから、歌もたくさん用意しなきゃいけませんねぇ。

『志ん生一代』読み終えました。おもしろかった。さて、次は何を読もう。そういえば今年はまだ一編も時代物を読んでいないので、ここらでお江戸へワープしましょか。山本一力さんの『深川黄表紙掛取り帖』(講談社文庫)をば。

浜田2号ちゃん、お久しぶりです。読書は、会社にいるときは休憩時間にしますが、家にいるときは、特にいつとは決まってません。読みたい時に読むので、朝でも昼でも夜でも。夜はぱったり寝てしまうので、寝る前にはあんまり読まなくなったです、このごろは。

よいお天気でしたが、気温は低かったです。3月も終わりましたね。なんとか冬を乗り越えたかしら、と安心したせいか、久しぶりに、寝込むほどの本格的な風邪をひいてしまいましたが、だいぶよくなりました。ご心配をおかけしました。まだまだ寒暖の差がきびしいです。みなさまにおかれましても、ご自愛くださいませね。と、あらら、手紙の文句のようになってしまいました。寝ている間には本を読んだり、落語のCDを聴いたりDVDを見たりしておりました。『志ん生一代』(by 結城昌治)を読んでいますが、なかなかおもしろい。五代目志ん生さんの波乱の物語なのですが、名前を何度もかえているし、まわりの登場人物も襲名したり改名したりの嵐なので、ええとこの人だれだっけ?と、混乱しながらも時代の雰囲気を味わいながら読み進めています。ささ、今夜はチャングム。

昨日、桜の開花宣言がなされて、いよいよ春だわと思っていましたが、今日は寒気が流れてきて、雪や風のお天気になりました。わたしは、風邪ぎみであったので、残っていたリフレッシュ休暇を使って会社を休ませてもらいました。リフレッシュ休暇は有給休暇と別に2日あって、次年度に持ち越せません。ほんとうは、有給休暇も使い果たして欠勤にくいこんでいるわたしのようなものが、リフレッシュ休暇をもらおうだなんてずうずうしい気がして、今更とてもじゃないが口が裂けても言い出せないなぁと、今期はあきらめようと思っていたのですが、今朝、熱が出て、と会社に電話して、気づくと「リフレッシュを使わせてください」と言ってしまっていました。こころよく「お大事に」と言ってくださった課長ならびに、懐の深い会社に感謝します。受話器を置いて鏡を見たら、口裂け女(古、)が写っていました。なぁんてね。それにしても、お天気が変わりやすいので、みなさまもお大事にね。

好きな人の肩もみをする、という夢を見ました。その人はなぜか、浴衣姿で、あぐらをかいてテレビを見ている、わたしは、その人のうしろで、ひざ立ちになって、こってるねぇ、とか言いながら肩をもみつつ、いっしょにテレビを見ている、という夢。ただそれだけ。目覚めると、その余韻のせいか、ほんわりとうれしい気持ちがしました。今日はもしかして、いいことがあるかもしれないなぁ、なぁんて思って起きあがると、肩がこっていました。あら。それで結局今日は特になんということもない日でしたが、その夢を何度も思い出して、にたにたしたのです。

とてもお天気のよい日でしたが、明日は雨、という予報を前に、夕方にはうっすら曇ってきたようでした。春に三日の晴れなし、ですね。それにしても、あと1週間で、今月が終わりだなんて、またまた早いわ〜。今年が4分の1過ぎちゃったってことでしょう?あらら〜。

今日から会社で、『チーム・バチスタの栄光』(by 海堂尊)を読み始めています。第4回『このミステリーがすごい!』大賞をとった作品だそうで。病院が舞台の、オビに書いてある推薦文のようにまさに、「白い巨塔」と「ER」と「インザプール」を足したみたいな話。つけくわえて、主人公によるストーリーの語り口が、ハードボイルド小説を思わせる「しがない」感じに満ちていてとても素敵(はぁと)。著者は現役のお医者さんだそうですが、現場の描写はさすがにリアルに感じられます。あんまりおもしろいので、家に帰ってからもずぅっと読んでいます。

☆今日の欽ドン賞受賞者:みねっち
理由:SHAKEのCDRを指差して、「シャケのCD」と言ったから。シャケって、君・・・。