視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

先日、お仕事の帰り際にプロデューサーの方に、おもしろいから読んでみたらと、いただいた本、『おそめ』(by石井妙子:洋泉社)を読みました。ていねいな取材と調査のもとに書かれた、実在の銀座のマダムの半生が描かれたすばらしい本でした。大変感銘をうけたので、どんな風に感想を書こうかと、さっきから何度も文章を書いては消し、書いては消しています。なんだか思いがあふれてすっきりとまとめられないのです。言いたいことはたくさんあるのに。ひとつひとつのエピソードが、とにかく魅力的であるのはもちろんですが、おそめさんの言うところの「さだめ」に抗うことなく流されながら、また一方で、自ら「さだめ」を切り開いていく優しくて強い生き方、愛し方にこころを強く揺さぶられるのです。


わたしの職場には女ばかり35人くらいいます。昼休みには、小さなグループに分かれて、おもいおもいの場所でお弁当を食べます。わたしは、畳のひかれた休憩室で、今日は380円のレディース弁当(玄米つき)を食べました。のんちゃんが作ったふきのとうの味噌あえのタッパーを冷蔵庫から出してきてみんなで、ごはんにのせて食べました。昨日有休をとっていたちーちゃんが作ってきたというバナナケーキをみんなに切りわけてくれました。なみちゃんが、親戚の家の棟上で撒かれた小さなお餅、持ってきてくれたので、みんなで数えて分けて袋に入れました。まゆみさんが、「棟上のお餅は、家が焼けてしまうけん、焼いて食べたらいけんよ」と言いました。誰かが、チンするのはいいのかと聞いたので、わたしはこころの中で、チンなら半焼くらいはするのではないか(半鐘だけに、ぅわはははははは)とか思ったのですが黙っていました。また寒がられるにきまってるし。そんなこんなでいつもにぎやかな休憩室です。

雨が降っています。気温はさほど低くはなかったけれど、明日は寒そうです。東京での仕事の帰りに、ムナカタコーチにいただいた『今夜も落語で眠りたい』(by中野翠:文春新書)を読んでいます。わたしのような初心者にもわかりやすく書かれているので、たいへんおもしろいです。中野翠さんも、はじめは寄席にも行かず、CDやビデオを見ておられた、というところに励まされたりして(いや、わたしは、行かないのではなく、近くに寄席がなくて行けないのだけど)、楽しく読んでいます。紹介されているお噺のCDを集めるのもおもしろいかもしれないですねぇ。それにしても、最近の新書ブームはすごい。

風のつよい日でした。東京へ行く前にやっと盛りになっていた花が風に吹かれて舞っていました。ほんに、花のいのちはみじかいですね。会社へ行く途中、歩いていたら、スカートがひるがえってしまって、あわてて持っていたバッグを取り落としてしまいました。さて、このたびの東京行き、ほんとうに楽しかったです。お世話になったみなさん、ありがとうございました。初めてお仕事をいっしょにさせていただいたすばらしい方々のことなど、またお知らせいたしますね。お楽しみに。

帰ってきたら、みねっちの学校が始まっていて、昨日が始業式、今日は入学式がありました。昨年は受験もありましたし、入学後の1年間は嵐のようにすぎて、よかったなぁ、2年生になれてと思い返してしみじみしました。みねっちのクラスにフィンランド人のかっこいい留学生が来た、ということで、クラス中(の女子)が盛り上がっているそうです。(ほかの男子たちはちょいとすねぎみだって。あははははは。)楽しい一年が送れますように。

おはようございます。昨夜は、ホテルに帰ってきてからつかれてすぐに寝てしまったので、何も書くことができませんでした。今朝は、6時半に目が覚めました(いつもよりずっと早い目覚め)。今日は午後から、ひとつレコーディングをします。自分のアルバムではなく、企画ものへの参加なのですが、これがどんなにすごい企画か、などについてはまた後日お知らせしたいと思います。てへ。

今日も、東京は晴れ。カーテンをいっぱいに開けて、朝日をぐぅっと部屋のすみずみまで入れて、波多野睦美さんのCDを聴きながら、生姜入り紅茶(注)をすすっていますと、なにやらとても美しいキモチになって、きゅうに、何か書いてみたくなって、もしかしたら美しいことでも書けるかと思いつくままに、パソコンに向かって指を動かしているのですが、結局はいつもとかわらぬ、こんなよしなしごとです。時々窓の外を見下ろしては、日常と非日常のまんなかあたりでゆらゆらゆれている今朝のハマダです。

さてと。

(注)生姜入り紅茶のつくりかた
紅茶に生姜を入れる。ただそれだけ。紅茶は、煮出してもティーパックでもいいし、生姜は生をすってもいいし、チューブでもいいです。量は適当。血流がよくなってからだがあたたまるので、低血圧、低体温の人には特におすすめいたします。

今日の松江はとてもよい天気、気温も高くジャケットもコートもいらないくらいでしたが、夕方羽田に着いたら寒いのでびっくりしました。明日は気温も上がるそうなので少しほっとしました。それにしても、出雲空港までの道中、国道9号沿いの桜、きれいだったわよう。玉造の桜並木は圧巻でした。飛行機の中で聴いた二葉百合子さんの浪曲『岸壁の母』に涙しました。ほんとに鍛え抜かれたいい声ですねぇ。市川くんとホテル近くのレストランで夕食をとりながら、最近のお笑い事情について意見を交換しました(なぜ)。わたくしは今宵、持ってきた落語のDVDを見ながら寝ることにします。

こないだ、newちゃんのコメントにもあったのですが、『さんいんキラリ』という季刊誌の春号にわたくしのインタビュー記事が載りました。おばあちゃんが、あったよぅ〜と仕事の帰りに買ってきてくれました。山陰の風景や食べ物、人、モノを中心の美しい写真雑誌です。よかったら見てね〜。

キラリつながりに書くと、NHKの朝のドラマ、『純情きらり』が始まりましたね。おもしろいです。おかっぱ頭の女の子がかわいいし。それに、戸田恵子さんの、着物姿を楽しみにしています。

みねっちが、アガサ・クリスティのミステリに挑戦しています。わたしが、高校生の時にぜぇんぶ読破したわよぅ、と自慢こいたため、よっしゃ俺だって、とやる気を出したようです。まだ1冊めのくせに、おばあちゃんに、「あたし、アガサ・クリスティ読んでるんだよねぇ、」と知ったかぶりをしたら、わたしが高校生だったときにいっしょにまわし読みをしていたおばあちゃんが、「あら、なつかしいわねぇ、それ(みねっちが手にしてるやつを指差して)って、最後に全員死ぬやつだったっけ?」とさりげなく、ネタバラシ的発言をしたので、一気にみねっちのテンションが下がっていました。そのやりとりを見ていて、おかしさのあまり、わたしが死ぬかと思いました。あははは。ちなみに、みねっちが読んでいるのは、「最後に全員死ぬやつ」ではありませんが、がんばって全部読んでほしいわ、ねぇ、モナミ。