視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

昨夜からずっと台風のような風がびゅうびゅう吹いて雨をそこらじゅうにたたきつけていましたが、やっと今頃になってしずかになりました。ああよかった。今夜はゆっくり眠れます(昨日もゆっくり寝たけど)。今日うれしかったこと。仕事中に急に豆ご飯(グリンピースご飯)が食べたくなって、どうしても食べたいなぁ、よっしゃ今度のお休みの時作ってみようかえと思っていたら、なんと、お弁当のご飯がまさにその豆ご飯だったの!やっほぅ。献立表を見ないで注文していたのに、すごいすごい!サプラァーイズ!!もしかしてあたしってば、予知能力とかあるのかも!!!!!と興奮してお弁当の時間にそのことをみんなに話したけど、意外とテンションの低い、へぇー、みたいな、あっそよかったね、みたいな反応で、いまひとつ盛り上がりにかけました。ち。わたしが、10時半くらいからお昼まで思い描いていた豆ご飯へのキモチなんて、他のひとにはわかるはずもないですしね、いいのさ俺は孤独が好きさと、ひとりでもそもそ食べはじめました。すると、いっしょにお弁当を頼んでいたなみちゃんは、豆ご飯が大大大嫌いということで、まきちゃんのお弁当の白いご飯ととりかえていました。そしたらまゆみさんが、あたしにも豆ご飯をくれ、と今度はまきちゃんと半分ご飯を交換していました。ちょっとちょっとあんたたち・・・、そんなに豆ご飯好きなの、ほんとにしょうがないわねぇ、と苦笑&ため息をつきながら、(だれにもあげないで)ひとりでつづきをもそもそと全部食べました。満足。(教訓:献立表はしっかり見ましょう。)

すばらしいお天気で、今日が高校の遠足だったみねっちは日焼けでほっぺを赤くして帰って来ましたが、そんないいお天気も下り坂、今夜遅くには雷雨になるそうです。あらら。そして、少し汗ばむほどの陽気も明日には気温を10度くらい下げてしまうそうです。あらら。連休前に体調くずさぬよう気をつけましょうね。

昨夜の『ちびまる子ちゃん』かわいかったですねぇ。まんがとそっくりな登場人物がたくさん出てきておもしろかった。物語もよくできてましたね、昭和のかおりがとても好き。DVDで「追いかけ再生」しながら見て、ひとり泣いたり笑ったりしました。(それにしても、「追いかけ再生」って便利ですね。早送りなどもできるし、CMを飛ばしながら見ていて、一瞬、本編が終わるより先に、全部見終えてしまうのぢゃないか、と錯覚をおこしたりしました。ないないない、そんなわけないって。)そういえば、「ちびまる子ちゃん」をはじめてテレビで見たのは、出産のため入院していた時なのです。ベッドで夕ご飯を食べつつ見て、なんとおもしろい番組が始まったなぁ、って思ったのを覚えています。わたしもまだ、20代でした。ひぇ〜月日が経つのは早いよぅ〜。つるかめつるかめ。

『五代目柳家小さん落語傑作選其の五』(笠碁・唐茄子屋)を聴きました。あ、いや、DVDなので見ましたというべきでしょうか。すごい。先日も書いた、中野翠さんの『今夜も落語で眠りたい』にオススメと書かれていたからです。いい味出てますねぇ。参りました。「へぼ碁」と「ざる碁」のご隠居同士が、待った、いや待たない、で、けんか別れをしたけれど、たんかをきった手前、仲直りができず意地の張り合いをして・・というだけのお話なんだけど、ふたりのご隠居の友達関係がほんとに手に取るようにわかって、かわいいなぁ、いいぞ!じじい!みたいな感じで、なぜだか涙が出てしまったのです。ぃゃぃゃぃゃ、まったく、やれやれ。

☆大阪のひろちゃんへ、
お久しぶり〜。妹さん、がんばって働いておられましたよ。声をかけていただいてありがとうとお伝えくださいな。ひろちゃんとともに勉強した日々、なつかしいねぇ(職業訓練校だけど)。ま、あの時わたしは授業中に歌を作ってましたけど(こら〜!>あの時のわたし)。


よいお天気でした。市役所に行く用事があったので、湖岸を車で走ると、末次公園のあたり、まだ桜が咲いていました。降りて、湖と桜いっしょの写真を撮りたかったけれど、車をとめるところがなかったので、そのまま行き帰りにながめただけでした。今年は春が遅い気がしますが、少しずつやってきてはいますね。少しずつといえば、『漢方小説』を書かれた中島たい子さんの新作『そろそろくる』を読みました。春の話ではなく、PMSの話ですけど、なかなかおもしろかったです。女子だけ放課後理科室にあつまりなさい、的な内容のお話ですが(昭和な例え)、男子にも読んでいただけて、理解が深まれば、いいこともあるなぁという気がします。さて、うちに咲いた、ノースボールの花を写真に撮ってみました。かわいいでしょう?ケータイで撮った下手な写真ですが、少しでもあなたのこころがなごめばうれしいです。気はこころですものね。

お天気はよかったけど、風が冷たい日でした。暇なので、みねっちと、ぶらぶらと買い物に出ました。カレンダーを見たら、ライブまでそう日にちがないことに気づいて、びっくり。「暇なので、」とか言ってる場合じゃないですね。選曲がんばろう。ぉー(弱、)。それにしてもはじめてのツアーです(3ヶ所だけど)。全部で10日近く家をあけることになります。一体なんこパンツを持っていけばいいのだろう。

先日、お仕事の帰り際にプロデューサーの方に、おもしろいから読んでみたらと、いただいた本、『おそめ』(by石井妙子:洋泉社)を読みました。ていねいな取材と調査のもとに書かれた、実在の銀座のマダムの半生が描かれたすばらしい本でした。大変感銘をうけたので、どんな風に感想を書こうかと、さっきから何度も文章を書いては消し、書いては消しています。なんだか思いがあふれてすっきりとまとめられないのです。言いたいことはたくさんあるのに。ひとつひとつのエピソードが、とにかく魅力的であるのはもちろんですが、おそめさんの言うところの「さだめ」に抗うことなく流されながら、また一方で、自ら「さだめ」を切り開いていく優しくて強い生き方、愛し方にこころを強く揺さぶられるのです。


わたしの職場には女ばかり35人くらいいます。昼休みには、小さなグループに分かれて、おもいおもいの場所でお弁当を食べます。わたしは、畳のひかれた休憩室で、今日は380円のレディース弁当(玄米つき)を食べました。のんちゃんが作ったふきのとうの味噌あえのタッパーを冷蔵庫から出してきてみんなで、ごはんにのせて食べました。昨日有休をとっていたちーちゃんが作ってきたというバナナケーキをみんなに切りわけてくれました。なみちゃんが、親戚の家の棟上で撒かれた小さなお餅、持ってきてくれたので、みんなで数えて分けて袋に入れました。まゆみさんが、「棟上のお餅は、家が焼けてしまうけん、焼いて食べたらいけんよ」と言いました。誰かが、チンするのはいいのかと聞いたので、わたしはこころの中で、チンなら半焼くらいはするのではないか(半鐘だけに、ぅわはははははは)とか思ったのですが黙っていました。また寒がられるにきまってるし。そんなこんなでいつもにぎやかな休憩室です。