視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
浜田開府400年記念事業 浜田真理子コンサート
場所:石央文化ホール・大ホール
出演:浜田真理子、加瀬達、檜山学、伊藤大地、MARINO、久保田麻琴(音響ミックス)
日時:2020年2月2日(日)開場13:30 開演14:00
料金:大人3,000円(当日3,500円)全席自由    学生(中高大学生)1,000円(当日1,300円)    小学生 無料 *未就学児不可
プレイガイド:石央文化ホール、浜田市教育委員会、みずほ楽器、ブックセンタージャスト、ラ・ペアーレ浜田、世界こども美術管、石正美術館、江津市総合市民センター(江津市)、いわみ芸術劇場「グラントワ」(益田市)
浜田真理子ライブ@ビルボードカフェ
日時:2020年2月27日(木)
出演:浜田真理子 ゲストMarino(sax)
場所:ビルボードカフェ&ダイニング@日比谷ミッドタウン http://www.billboard-live.com/cafe/
時間:開場18時 開演19時半
料金:指定席4500円 (要1ドリンク&1フード)
チケット販売情報: 2019年12月21日(土)15:00販売開始 ■チケットぴあ ・インターネット予約 : https://w.pia.jp/t/hamadamariko-t/ ・電話予約 : 0570-02-9999 [Pコード] 173-475 【お問合せ】 03-6273-3355(ビルボードカフェ&ダイニング)
CD/DVDを買う

さわやかな日曜、ふりそそぐ太陽♪monkさん、楽しい演奏ができましたか?今日は松江もすばらしく晴れました。午後からひとりで近くの温泉へ行って、バラ湯に入ってきました。お湯の中にバラの花びらや花がまるごと浮かべてあるのですが、とてもいい香りで幸せな気持ちになりました。

以前、何かのテレビ番組を見るともなくつけたままにしていたら、番組中の豪華客船のレポーターの「・・・船旅には時差がありません・・・」というフレーズが耳に飛び込んできました。話の脈絡はよくわかりませんでしたが、その言葉だけは大層、示唆にみちて胸に響きました。

20代のころはまったく平気でしたが、このごろは環境の急激な変化が心身ともに大変苦手になりました(自律神経も弱いですし)。なので、大きな動きが自分の身に起こりそうになると、その激変ジャンプぶりをなんとか自然なスライドに変えるべく、自分を納得させる理由を見つけたり、ささやかな対策を考えたりしてきました。時間とともに流れゆくものごとの変化は、とめることはできません。実のところ、冒険や挑戦、それにともなう変化は嫌いではありません(むしろ大好き!)。そうして、いったん、おかれてしまった環境に順応するのは結構得意でもあります。行く手の少し先にあたらしい世界があるのはわかっているのに、そこにひとっとびすれば、心身ともに少なからぬダメージを受ける、というジレンマを抱えて、攻めと守りの間でいつもゆれている自分を感じていました。そんな時のこの言葉でした。

そうか、船旅にすればいいのかって。たとえば、船旅のようにゆっくり行こうという意味です。ゆっくりでも、動いてさえいれば、いつかは着くじゃありませんか。そう思ったらこころが軽くなって、楽しくなってきました。もちろん、こころや体の強い人は、劇的な変化でも平気かもしれません。わたしもそういうこころや体をつくる努力をすることにはやぶさかではありませんけれど、長年自分と付き合ってきて、これが自分に合ったやり方かなぁと思っているところなのです。

朝には昨日の名残の雨がありましたが、昼ちかくにはすっかり晴れて日差しがまぶしくなりました。日焼け防止の帽子(だじゃれみたいですが)を買わなくちゃぁ。

昨日、この「マリコ的」を書いてアップしたあとみねっちの様子を見に行ったら熱を出していたので、あわてて病院に連れて行きました。それほど高い熱ではなかったのですが、クラスでインフルエンザがはやっているならこれから上がってくるのかも知れないと思って。病院の閉院時間ぎりぎりに駆け込んで診ていただきました。今朝起きると、すっかり熱が下がっていました。インフルエンザではなかったようです。本人も、あれはいったいなんだったんだろうと言っていますが、きっと、いろんな疲れが出たんじゃないのかなぁ。ずぅっと、バンドの練習で帰りも遅かったし、田植えも大変そうだし。本人はそう意識していなかったのかもしれませんが、お疲れだから「そろそろ休め」という意味の体のサインだったのかもしれません。体は正直ですね。

昨日、本屋さんで、山本一力さんの『峠越え』という本を買いました。きれいな本です。すぐには読まないで、もう少し飾っておいて朝な夕なにながめることにします。

台風の影響で、昼すぎから雨が降り出してなんだかとても蒸し暑い今日の松江です。この間から会社の契約を社員からアルバイトにかえてもらったので、今日はお休みの日です。今年で9年目のOL生活、正社員でなくなるのは少しさびしいなぁと思ったのですが、年々体も無理がきかなくなることも含め、自分や自分の周りの置かれている状況は日々変化するので、そのあたりは流れに逆らわず自分で自然に調整するしかないと、思い切って決断しました。おかげで時間とこころに少し余裕ができました。音楽活動はもちろんですが、いろんな勉強もできるかもしれません。今日は朝から、本屋さんに行ったり、歯医者さんに行ったりしたあと(100年ぶりくらいに歯医者さんに行ったので緊張しました。)昼ごはんを一人で食べていたら、みねっちが帰ってきました。このごろは学校のたんぼの田植えで忙しいそうですが、季節はずれのインフルエンザがクラスに蔓延しているそうで、体調が思わしくない人は、早退してよいとのことだそうで。彼女も少し風邪っぽいと葛根湯を飲んで寝てしまいました。気温も上がったり下がったりですし、体調をくずしやすいですね。というわけで、今は、フィリパ・ジョルダーノのアルバムを静かに静かに聴いているところです。

☆なつかしいみなさん、あたらしいみなさんの書き込み、ありがとうございます。個別にお返事はなかなかできないのですが、いつも楽しみに読んでいます。こんな調子で、毎日のつれづれを綴っています。今後ともよろしく、ときどきのぞいてやってくださいね。

夕方、仕事帰り、いつもと同じように駐車場に車をとめて家に帰って、郵便物などを開封して、ああ、ペーパーナイフが欲しいなあ、いや、みねっちが工作の時に作ってくれたああゆうぶっとくて切れない工芸品みたいなやつじゃなくて・・・、もっとすぅーっとしたやつが・・・、などと考えていたら、ふいに電話がなりました。出ると妹で、「ちょっとちょっとあんたの車、半ドアになってるらしいよ」と言いました。え?なんでわかるの、と言うと妹のだんながわたしの駐車場の近くを車で通ったときに見つけたらしく、ねえさんに教えてあげといてと携帯で連絡が入ったとのこと。義弟→妹→わたし、という情報の流れです。あわてて行ってみると、はたしてシートベルトをはさんでドアを閉めていたので、半ドアになっていました。ださ。いっけね、考え事してたからだわ、でも、ごていねいに鍵はしめてる。さすが、習慣とはおそろしいものですね。っていうか、ありがとう弟よ。してみると携帯電話も意外と便利なものですね。

☆話は変わりますが、みねっちはバンドでヴォーカルをしているそうです。オリジナルとかも歌っているそうです。愛とか、失望とか、絶望とか歌っているそうです。ぅわはははは、かわい〜。


よいお天気でしたが、風もあって肌寒い日でした。午前中のうちに花屋に出かけました。母の日のプレゼントに花を添えようと思ったのです。「ちょっと出てくるね」と母に言って花屋に行くと、さすがに母の日、花を買いに来る人が次から次へとあらわれていました。花は好きなので、よく花屋さんにも行くのですが、プレゼントするときには、いつも一番最初に目に飛び込んできて、これだ!と思ったものを買うことが多いようです。今日、花屋で一番目をひいたのは、テッセンの花の紫色でした。よく見ると、テッセンにもいろいろあって、ピンクの花をつけている鉢や、薄紫のものもありましたが、普通の紫色が一番美しいように見えました。こんな紫色が自然の色だなんて、ほんとにすごい。カーネーションを買うのも忘れて、テッセンの鉢を抱えて家に帰ると、家には誰もいません。母は買い物にでも出かけたのかもしれません。みねっちは、このごろバンドをやっているので、毎日練習で夜帰りも遅いし、今朝も練習でとっくに出かけています。わたしの部屋のテーブルの上に、大きなカーネーションの鉢が置いてありました。わぁーきれい〜、と思わず声に出してしまいました。みねっちが私が出るのと入れ違いに買ってきてくれたようです。毎年のことですが、涙が1ccだけじわっと出てしまいました。覚えててくれたんだなぁ。ささ、今度はわたしの番だわと、キッチンのテーブルの上にさっき買ってきたテッセンの鉢を置いておきました。しばらくすると母が帰ってきて、キッチンで、わぁーきれい〜、と言っているのが聞こえました。うふふ、喜んでくれたみたいで大成功。うちは三人家族、でも母二人、娘二人なのです。

雨の土曜日でした。寒い。いつになったらストーブを片付けられるのでしょうか。今夜は満月だというのに雲に隠れて見ることができないようです。残念。今日は買い物に出かけました。妹に頼まれた買い物もありましたし、それにほら、明日は母の日でしょ。ちょっとしたものを買いにね。それで、お店のおねいさんと話していたら、年の話になって、わたしが自分の年を言ったら、「え=!うちのお母さんと同じくらい!見えないですぅ!」とうれしがらせを言ってくれました。いやいやいや、と照れていたら、そのおねいさん、そこでお世辞をとめておけばよいのに、笑かすのは、「若さの秘訣はなんですか?」ときたのです。若さの秘訣って、ぎゃはははははは、若さの秘訣、って、君。そういう質問は80歳でテニスしてる人とかにするものではないのかと思うのですよ。または、ちかご〜ろわたした〜ちは〜い〜感じ〜♪みたいな、100歳万歳みたいな人に対してとか。わたくしもまだ、秘訣を伝授するほどの仙人にはなっていないつもりなんじゃよぅ。おねいさん、一生懸命ほめてくれたんだけどねぇ。気遣ってもらってありがとう。あはははは。でもせっかくですから一応秘訣、言っておきました。お笑い好きだからじゃないかなぁ、って。(100歳万歳風のこたえなんだよなぁ、これが。)

よいお天気でしたが、風がとても強い日でした。宍道湖は茶色で、波は海みたいだったねぇ。chamkyさんのコメントにあった土方歳三の本、おもしろそうですね。北方謙三さんの小説なら、ハードボイルドなんだろうなぁ。そして、日野市の新選組祭り、今週末ですね。行きたかったなあ。さて、わたくしは今日から藤原緋沙子さんの『恋椿』を読み始めています。北町奉行所の橋廻り同心の立花平七郎のシリーズものです。橋廻り同心って、江戸市中にたっくさんある橋を見回って歩く、という同心としては閑職なんだけど、元は腕ききの定町廻り同心だった平七郎(しかも男前ときてる。)がそういう職場にまわされたいきさつなど、なにやらいわくありげです。恋物語もからんでいて、なんか、こういうの、好きなタイプだわ〜とにたにたしています。毎回テーマになる橋が出てきて、いつか、これらの橋をたずねて歩いてみるのも楽しいかも、なんて夢をふくらませています。

☆関西地区のみなさま、ラジオ聴いていただけたでしょうか?お問い合わせくださったみなさま、ありがとうございました。