視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う


吹奏楽祭にみねっちの同級生たちが出演するというので見に行きました。みねっちに誘われて、どうしようかなぁと言いつつも、お天気は初夏のさわやかさ、雨の季節が来る前に、みねっちとお出かけも悪くないなと、いっしょに県民会館へ行きました。みねっちの高校の友達は、『ウエストサイドストーリー』の曲(トゥナイトやアメリカ!)のメドレーや、『ストーリー』という曲を演奏&歌で聴かせてくれました。思ったよりメンバーがたくさんいて音が充実していましたのでびっくり!いい演奏でした。

それからぶらぶらしているうちに、すてきなレストランを見つけたのでそこで昼食をとり(何気なく入ったお店でしたが、知っている人が働いていて、またびっくり!おいしいお店でした。)、雑貨屋さんをひやかしたり、カフェでケーキを食べたりしながら、進路のことなんかも話したりして、久しぶりにみねっちとゆっくり話したような気がしました。今日は日焼けしたかもしれないなぁ。

☆『トップランナー』に野狐禅が出ていました。ヴォーカルの竹原ピストルさんとは一度だけお会いしたことがあるのですが、その人となりどおりの素直でまっすぐな歌い方がとても好きです。「カモメ」という歌を聴くといつも涙が出ます。

今日は、晴れ、気温はそう高くもなく低くもなく。散歩に出かけました。近くのお店によってみたり、家々の花を見ながら歩いてみました。サンダルを履いて出たのでちょっと足が痛くなりました。歩くときは歩きやすいものがいいですね。でも、曇りぎみで、日差しがあまりきつくなかったのは散歩には幸いだったかも。来週には梅雨入りしそうと、ニュースで言っていましたが、朝晩まだときどきストーブをつけたりします。毎年のことですけど、変ですね。

『五線譜のラブレター』を見ました。コール・ポーターを題材にした映画でしたが、ミュージカル風のつくりで、好きな歌がたくさん聴けてよかったです。愛のかたちはいろいろあるということ、また、人と人との結びつきや絆、ということについて、深く考えました。今夜は眠りにつくまで、何か静かな音楽を聴いて過ごすことにします。ではおやすみなさい。

今日はなんだか、肌寒かったです。おばあちゃんが、サンダルを買ってきていたので、「サンダル買ったんだね」と言ったら、「うん、どう?」と聞くから「バルタン星人みたい」と言いました。おばあちゃんは、「へ?」と固まっていましたが、だって、ほんとに、似てるんだもの、バルタン星人の顔に。みねっちに言っても通じないだろうし、こういうのをジェネレーションギャップというのでしょうか。ま、それはともかくとして、昨夜、アマゾンから『きょうの猫村さん2』が届きました。あははは、猫村さんパワー、2になっても炸裂しています。エプロンのたて結び、相変わらずかわいいです。さて今夜は、DVDで借りた『五線譜のラブレター』を見る予定です。

さわやかな日でした。川べりを見下ろすと、昨日までは風でゆさゆさ揺れていた木々が今日は、さわ、とも揺れていなかったので、風がない日なんだなぁと知れました。黄砂がとばなくてよかった。今日から、6月ですね。今年の梅雨入りはいつごろでしょうか。ああ、そうそう、今日から、駐車違反の取締りが民間に委託されて始まりましたね。あなたはだいじょうぶでしたか?渋滞緩和のためだそうですが、宅急便の人たちは大変ですね(ちなみに、今日松江で切符を切られた人は、0人だったそうです。ぷ。さすが。)。ああ、でも、あの逆ギレの人をニュースで見るのはこわいよぅ・・。

さて、「一度で二度きく、コンバット♪」のCMソングが頭の中で流れて、いい調子で仕事をしました。あれはどうしてあんなに、軽快なのかなぁ、とよく考えたら、フレーズが三三七拍子の七拍子のリズムなんですね。どおりで、あおられる感じ。でも、「まこちゃんほんとは55歳♪」という部分も好きです。ははは。

あまり陽気がいいので、今日はなんだか眠くてしょうがありませんでした。別にサッカーを見て夜更かしをした、というわけでもないのにね。サッカーの試合は水曜日、という情報がどこかで刷り込まれていたのか、今朝起きて、さー、今日はサッカー見るぞぅ!と仁王立ちをしてみたけれど、ニュースを見たら、もう終わっていました。そうだった、時差を計算に入れていませんでした。しょんぼり。いや、別にいいんですけどね。

まぶしいので、いつもおろしたままのブラインドを休憩のたびにあげて、外の光をたくさん入れて、休憩中は『ノアラとヨッコラ』を読みました。きれいな絵とやさしいお話が、今日の日差しに合っている気がしました。sakanaの西脇一弘さんの初めての本だそうです。青い目の熊だなんて、ぬいぐるみで持っていたらきっと愛してしまうだろうなぁ。お話は会社で全部読んでしまって、少しかなしいようなさびしいようなこころもちが残って、どうしてくれるのさ、と思ったので、sakanaの『sunday clothes』を聴いているところで、着地。

さびしさ、と言えば、お弁当の時間に夜中にひとりでさびしい気持ちになったらどうするか、という話になって、意外にもりあがりました。なんだ、みんなさびしい気持ちになるのか、と思ったら少し気が晴れました。わたしの場合、今夜はだめだ、くよくよしそう、と思ったらすぐに寝ることにしています。9時半だろうと、10時だろうとね。夜のくよくよは果てしがないものね。今日はこのへんにして、明日また続きをくよくよしよう、と寝てしまうよ、と言ったら、それはよい考えだね、とみんながうなづきました。

実は昨日の夜は、少しくよくよして、ひきずってしまいそうだったので、早く寝ました。サッカーのことも忘れて。あれ、話がループしていますか。そうして、会社で、ブラインドをあけて、光をすいこんで、まだ少しくよっとしそうでしたが、美しいお話を読んでいるうちに、昨夜のくよくよはだんだんに影をひそめて、そのうち、物語のせつなさに胸をうばわれてしまって、結局はよい音楽に着地したのです。今夜は、熊とサッカーをする夢でも見るかもね。

今日はとてもよいお天気でした。会社ではときおり冷房がはいって、少し肌寒く感じました。窓の外を見ると遠くの山のあたりはすこしもやっているようでした。今日も黄砂が飛んだのかな。それにしてものどかな眺めです。山と湖と川とちっこい町と。休み時間に、川上弘美さんの『東京日記〜卵一個ぶんのお祝い。』を読んだら、さらにのどかな気持ちになりました。この本の好きなところのひとつは、ピーナッツの皮みたいなでこぼこの手触りのカバーです。そろそろ、ハマダ文庫の本も補充しないとなぁ、なんて、思い出したように使命感にかられてみたり(ほんとうに思い出しただけ)。

早くも夕ご飯を食べ終わっています。今日は、みねっちもバンドの練習がなくて早く帰ってきたので久しぶりに三人で夕ご飯を食べました。おばあちゃんは久しぶりにビールを飲みました。ごはんの間中みねっちは、田植えとバンドの話をしてそれがあんまり長いので、だんだんうざがられました。でも田植えとバンド、という組み合わせが最高だわとわたしはポテトサラダを食べながら思いました。

山本一力さんの『峠越え』を読み終えました。不思議なお話でとてもおもしろかったです。江戸の時代小説、というよりは、なんか、男の気配りのビジネス書みたいでした。男はたいへんだなぁ。女もたいへんですが同じ「たいへん」なら、わたしは、女のたいへんのほうがいいなぁ(慣れてますし)。そういえば、木曜時代劇、また新しいのがはじまりますね。清水の次郎長親分のお話が。楽しみです。