視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

梅雨の晴れ間が続いています。さっきちょっと夕立のようにざぁっと降りましたがすぐに上がって、今は夕陽が沈むのか、空の向こうがオレンジ色に染まっています。今夜はまぁるい月が出るはずだけれど、雲がかからないといいなあ。さて、来る14日に、前に書いた中島みゆきさんのカバーアルバムが発売になります。中島みゆきさんのオリジナル盤もジャケットの色違いで、同時発売です。先日、サンプル盤をいただいたので、何度も聴いています。いまさらながらに、中島みゆきさんの楽曲のすばらしさに感銘をうけています。ぜひ、聴いてね。

『ALWAYS三丁目の夕日』をDVDで見ました。よかったです。何度も涙ぐんでしまいましたが、クライマックスのあたり、一番泣いているときに母が仕事から帰ってきたので、おかえり、の声が震えてしまいました。明日母にも見せてやりましょうっと。

来週の日曜日は父の日です。その日わたしはちょっとやぼ用で都合が悪いので、前倒して今日みねっちといっしょに出雲まで父の顔を見に行ってきました。みねっちの田植えとバンドの話(またかよ)を聞いてもらったりして楽しく過ごしました。最近はみねっちはバンドでエレキギターを弾いているので、父にコードを教えてもらったりしていました。そのあと、父がふいに立って隣の部屋へ行ったかと思うと、きれいに梱包したギター(らしきもの)を持ってきました。父が「まりちゃん、これ、わしの形見にあげるわ」と言うのです。40年くらい前に買った、父の自慢のギブソンです。今までは、冗談に「形見にちょうだいね」なんて、言っていたのですが、父もそういうことがあんまりしゃれにならない年になってきましたので縁起でもないし、あんまり言わないようにしていました。このたびは、突然のことで、ふいに胸をつかれて、涙が出そうになったのですが、がまんして、わー!うれし〜!!と大声を出してトイレへ行きました。泣くとマスカラがとれるので、トイレの中で、少しの間上を向いていました。父がそのギターを買った楽器屋さんには、みねっちが最近通ってスコアなんかを買っているのですが、よく考えると、わたしたち親子3代であのお店にはお世話になっているんだねぇ、なんて話したりして、なごやかな午後でした。おとうちゃん、どうぞ長生きしてねぇ。

☆ジョニー・キャッシュの物語、『ウォークザライン』のDVDを見ました。音楽と愛の物語、とてもよくてまた泣いてしまいました。このごろ涙腺が弱くていけねぇや。梅雨だからかな。

梅雨冷え、というのでしょうか、部屋でじっと座っているとなんだか寒いので、暖房を入れました。外に出てみると、粒の小さな霧雨が降っています。霧吹きで水をかけられる観葉植物はこんな気持ちなんだなぁ、と思いながらビデオを返しに歩いて行きました。週末ですね。いよいよサッカーのワールドカップが始まるとのことで、巷は(というよりテレビの中の世界が)、盛り上がっていますね。わたしはといえば、まぁ、中ぐらいなりおらが春というか、まぁまぁな気分です。盛り上がってるような、そうでもないような。それより、傘がない、というか、もっと日常的なことにこころを奪われています。そうかと思えば、わたしの魂のもう半分を持っているはずの人のことを考えて涙ぐんでみたり、要するに、ばらばらなのだけれど、ばらばらでありながら、日常的なことも、魂の半分を持っている人のことも、つきつめると同じ、わたしが生きるということに欠かせないものである、ということがなんだかおもしろいなぁなんて思っていたりする金曜日の夜です。

傘をなくしました。朝、午後から雨、という天気予報を聞いて、傘を持って出ようとしたら、どこかに置き忘れたということに気がつきました。なくしたこともショックですが、晴れの日が続いていたため、なくしたことにずっと気づかなかった自分のまぬけさにもダブルでショックを受けました。記憶の糸をたぐって、傘をさしてどこかに行ったということさえ、ぜんぜん思い出せないのが情けないこと。でも、こういう経験は初めてではありません。前にも一度なくして、またなくしたことに気づかず、ひと月近く経ってから、銀行のATMのところの傘たてにどこかで見たような傘があるのを自分で見つけて驚いた、ということがありました。ひと月もの間、誰にも盗まれなかったということにほっとしながらも、人気ねぇ傘だな、と、ちょいむかついたりしていたのですが、とにかくそうやって何度も手元に戻ってくる傘なのです。だから、また、ひと月くらいしたらどこかで見つけるのじゃないかとは思っていますけどね。しかし、これから梅雨なのに、傘がないんじゃ困るなぁ。(ま、こんなに、ひっぱる話でもないすけど。)

会社から帰ると、セザンヌの絵葉書が届いていました。なんとフランスから!消印はパリ!ひゃ〜、そんな粋なことをしてくれて、なになになんなのさ〜、そんなあなたはだれなのさ〜と思ってみたら、フランスツアー中のふちがみとふなとさんでした。うわ〜うれしい!ふなとさん、じゅんちゃん、ありがとう。ふなとさんの文面は、「いちびって出してみたくなりました。今年もよろしく!」って、あなた、年賀状じゃないんですから。しかも、「いちびって」と言われても、わしゃわからんよ。というわけで、またも活躍の「大阪ことば事典」です。うふふ。旅先からのお便り、うれしいものですね。じゅんちゃん、おかげさまで風邪もなおったよ。残りの日程ご無事で楽しんでいらっしゃいね。また京都に遊びに行きますね(今度はいっしょに太秦で、変装しよう!)。

放心状態です。こころが函館から戻ってきません。
今宵はこれにて失礼いたします。


今日もよいお天気でした。でもそろそろ雨の神さまがしのび足で近づいてきそうです。お休みも今日までなので、また散歩に行きました。県立美術館の駐車場に車をとめて、湖岸の白潟(しらかた)公園へ本とお茶を持って歩いて行きました。よめしま橋をわたって、公園の芝生を歩いて、木陰になるようなベンチはないものかとさまよいました。歩けば波の音や風の音、そして鳥の声が聞こえます。極楽だなぁ。気づけば歩きながら、『浜辺のうた』をくちづさんでいました。自分の住んでいる町のことって意外と知りませんよね。股旅になっていつか、知らない町を歩いてみたいと思った瞬間から、同時に松江のことが気になるようになったのです。まずは地元から。お休みのたびに、ガイドブック片手にいろいろ歩いてみようと思うのよ。下手な写真ですが、携帯で撮ってみたりもしますから、ふるさとを思い出してね〜、さなえちゃん。

昔のことぞしのばるる♪
明治維新のころ、松江藩の窮状を救ったといわれる芸妓、玄丹お加代の像の前のベンチに腰かけて本を読もうと思いましたが、風と日差しがきついのでそこはあきらめました。なかなか、自分の座る場所が決められない猫のように、いろんなベンチに座ってみては、ここじゃないわ、と移動を繰り返し、結局はもう少し美術館に寄ったところにあるベンチに居場所を決めました。読み始めた本は、『歳三往きてまた』(by秋山香乃)。きっとまた惚れてしまうので、半年も前に買って、なかなか読む勇気がなかった(あはは)、大好きな土方歳三の物語。何度も涙ぐみつつ半分ほど読み進めましたが、つくづく思いました、ああ、土方歳三がもうこの世の人でなくてよかったって。生きていなさったら、焦がれ死にしていたでしょうよ。