視聴コーナー
YouTube mariko channel new! 詳しくはこちら
You Tube浜田真理子美音堂公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
浜田開府400年記念事業 浜田真理子コンサート
場所:石央文化ホール・大ホール
出演:浜田真理子、加瀬達、檜山学、伊藤大地、MARINO、久保田麻琴(音響ミックス)
日時:2020年2月2日(日)開場13:30 開演14:00
料金:大人3,000円(当日3,500円)全席自由    学生(中高大学生)1,000円(当日1,300円)    小学生 無料 *未就学児不可
プレイガイド:石央文化ホール、浜田市教育委員会、みずほ楽器、ブックセンタージャスト、ラ・ペアーレ浜田、世界こども美術管、石正美術館、江津市総合市民センター(江津市)、いわみ芸術劇場「グラントワ」(益田市)
浜田真理子ライブ@ビルボードカフェ
日時:2020年2月27日(木)
出演:浜田真理子 ゲストMarino(sax)
場所:ビルボードカフェ&ダイニング@日比谷ミッドタウン http://www.billboard-live.com/cafe/
時間:開場18時 開演19時半
料金:指定席4500円 (要1ドリンク&1フード)
チケット販売情報: 2019年12月21日(土)15:00販売開始 ■チケットぴあ ・インターネット予約 : https://w.pia.jp/t/hamadamariko-t/ ・電話予約 : 0570-02-9999 [Pコード] 173-475 【お問合せ】 03-6273-3355(ビルボードカフェ&ダイニング)
CD/DVDを買う


今日は暑かった〜。台風によるフェーン現象だとかで、30度をこえた真夏日となりました。梅雨に入って雨はそう多くないものの、なんだか、湿気で鬱々と閉じこもった気持ちがしていたので、今日の日差しは少しよろこび。水分が体内にこもってむくんだような毎日だったので(太ったとは思いたくないので、)、汗を出さなければ、ということを自分でも感じていましたし足ツボの先生にもすすめられたので、運動がてら(ほんとは遺跡の近くのお店へ買い物がてら)田和山遺跡公園へ行ってみました。

遺跡は弥生時代の環濠(かんごう)という3重の溝に囲まれた小さな山のようになっているので、斜面を歩くとまー汗が出ること出ること。これだよこれだよ=!そこに山があるからわたしぐらいの山登りニストになれば(こればっかりですけど)登るのさ、とか思いながら、誰もいない遺跡の山にひーひー言いながら登りました。疲れました。何もこんな暑い日に登らなくても、とちょっと思いそうになりましたが、思い立ったらやめられないとまらない、かっぱえびせん的こころ。みねっちと前に行ったときは、まだ遺跡が発見されたばかりのときでしたので、きちんと公園として整備されていなかったのですが、久しぶりに行ったら、復元の竪穴式住居なんて作ってあって、びっくりしました。てっぺんからみると、斜面が崖のようになっているので、サスペンスドラマなら、ここで罪を告白しているところだな、とか思いつつ携帯写真を撮りました。が、この写真がいったいなんなんだか・・・スイマセン。撮った自分も何が撮りたくてカメラを向けたのだかちっともわからない写真になってしまいました。旅行の写真の中には必ず一枚はこういうのがあるものですが、一枚しか撮っていない写真がこれだったのには、ぎゃふん!(昭和風嘆息)。汗もたくさんかいたし、さぞ体重も減っているだろうと家に帰って勇んで体重計に乗ってみましたが、なぜか増えていました。しくしく。

台風3号が近づいているので、天気予報を見ながら、おびえています。大雨も各地で激しさを増しているようで、ニュースを見るのがいやになります。雨もまんべんなく、適度に降るといいのだけど。さて、今日の松江は蒸し暑くて、みねっちは「暑い暑い」を連発していました。わたしはレコーディングに向けての楽譜を一枚つくりました。午後からみねっちと出かけた先で、わたしの高校時代の同級生に会いました。高校でいっしょにバドミントン部だった彼女とは、何年かに一度、ちゃんと出会うことになっているようです。わたしは、出雲の国の生まれですから、ご縁とかいう考え方に特別な意識を持っている感じがありますが、人と人との出会いや別れ、そして、近づいたり離れたり、という距離感はほんとにおもしろいなぁと思います。細く長く付き合える人、太く長く付き合える人、折にふれて出会う人、いろいろな人がいますが、みな、自分のそのときそのときの状態やタイミングに合う人なのでしょうね。江原啓之さんが、著書などで書かれているような「波長」というのもうなづけるような気がします。出会う人はみな自分が引き寄せている、というような考え方でしたね。なんか、責任重大だねぇ。でも、単なる運命論よりずっといいね。すてきな人と出会うために、すてきな自分になりましょう。気合、入れときます?はちょ=!

暦の上では、梅雨明けが近づいてきました。といっても、今日の松江は、梅雨らしくなく晴れ、気温も上がりました。今日はお休みで午前中に久しぶりに足ツボの先生に来ていただくことになっていたので、楽しみに早起きしました。足ツボの先生は、わたしよりずっと若い女性ですが、好奇心旺盛でいろいろな勉強をしている人なので、雑談を含め、話をしていてとても楽しくて時間があっという間に過ぎました。足ツボマッサージは、悪いところがあると半端じゃなく痛いので、多少(というかすごく)手加減をしていただきました。毎度思うことですが、体の状態が足の裏でわかるというのは、不思議なことです。人間の体っていうのはすごいなぁ。お昼からは、ぼうっと、桂枝雀さんの落語のビデオをけらけら笑いながら見ていましたが、いつの間にか眠ってしまっていました。どれくらい寝ていたのかわかりませんが、起きたら4時でびっくり。なんだかわからないうちに、今日が終わろうとしています。今日は七夕さんですね。松江の今夜は少し曇りそうですが、想いは雲をつきぬけて行きますね、きっと。

九州地方では雨がすごく降っていますね。梅雨の雨と、台風の雨がいっしょになっているようで、ニュースを見ながら気をもんでいます。被害があまり広がらないことをおいのりします。さて、今日は、会社で小林秀雄氏の『栗の樹』の続きを読みました。このごろは、些事に追われて(ぬりえ?)読書も少々ペースダウンしていますが、しょうがありませんね、そういうときがあってもいいですね。今日は「美を求める心」という章を読んで心動かされました。少し引用してみますとこんな感じ。「涙は歌ではないし、泣いていては歌はできない。悲しみの歌を作る詩人は、自分の悲しみを、よく見定める人です。悲しいといってただ泣く人ではない。自分の悲しみに溺れず、負けず、これを見定め、これをはっきりと感じ、これを言葉の姿に整えて見せる人です。」なんだか、気持ちがきりりとひきしまるようです。さあ、明日もハマダ、がんばれそうです。

今日はなんだかざわざわとたいへんな日でしたね。朝起きると、ミサイルが何発も発射されたとかのニュースがやっていて。ほんにおそろしいこと。(おかげで、「純情きらり」がお休みになったのが、腹立たしかったわ。)仕事に出かけて、夕方家に帰ってその後どうなったのか、とテレビをつけて見ていたら、思い出したように、7発目が発射されました。うーん。その妙な間はいったいなんなのさと、不謹慎で申し訳ないですが、「稚児の空寝」を思い出しました。


このごろは、本屋さんに行くとやたらにぬりえの本、というかノートブックが目立ちます。大人のぬりえ、というやつらしいです。なにやらブームのようですね。わーい。こういうブームうれしい!実はわたくし、子供の時はとってもぬりえが好きだったのです。雨の日、外で遊べない日の定番といいますか、折り紙、きせかえ人形、と並んで、ぬりえは大好きな遊びのひとつでした。24色の色えんぴつが欲しくてねぇ・・・(遠い目)。でも、うちでは買ってもらえませんでした。いつか山ほど買って食べようと思っていたチョコレートと同じように、「大人になったら自分で買うもののリスト」に入っていましたが、いつしか忘れてました。いくら好きだと言っても、子供用の絵のぬりえをしても、なんだかマニアみたいで変な感じだし。で、少しばかりボーナスも出たので、思い切って、買いました。36色の色えんぴつ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(ばんざーいばんざーい)。24色じゃないよ、36色だよ、やっぱ、わたくしぐらいのぬりえニストになれば。そして、もちろん、大人用の絵のぬりえも。最近の色えんぴつには、水彩色えんぴつというのもあるそうで、ぬったあとに水をつけた筆でぼかすと、きれいに色が溶けたりするんだってねぇ、すごいわ〜。と言っていたら、みねっちが、ふん、と鼻で笑って「そんなの前からあるよ」と言いました。うるさい、前からっていつだよ、この平成生まれ、おかあさんなんて、24色が欲しくても買ってもらえなかったんだぞぅ〜!金とか銀とか入ってなかったんだから、それでもってクーピーとかなかったんだぞう、とか、わけのわからぬ自慢をしてしまいそうになりました。これ以上逆上すると、「昭和って感じ」とか言われて墓穴を掘ってしまいそうなので、やめるとします。

で、36色。えへん。ばんざーいばんざーい!!!!!!!!あーでも、水彩色えんぴつは、高くて買えませんでしたので、普通のやつですけど。そんなわけで、歌川広重のぬりえ画集、ちょっとトライしてみました。なんと楽しいこと。鼻歌まじりで、お手本を見ながら。36色あっても、出ない色があるのねぇ。何度も重ねてぬってぬってぬって、お手本とは、似ても似つかぬ色になりましたが、それもご愛嬌です。

「ねぇ、これどう思う?」みねっちに聞いたら、「なんかお茶漬けに入ってる絵って感じ」。げ、するどい。

早いもので、今日から7月。今年も後半に入ったということですね(ひゃ〜)。今月はいよいよアルバムのためのレコーディングの準備に入ります。楽しみでわくわくします。さて、今日は一日雨が降ったりやんだりでした。特に何も用事がなかったので、ピアノを弾いて歌ってみたり、DVDを見たりしました。『ミリオンダラーベイビー』を見ましたが、おもしろかったです。なんだか、泣きながらいろんなことを考えてしまいました。生きるってどういうことなのかなぁ、なんて。返却日が今日だったので、夕方返しに行って、今度は、痛快時代劇(わはは、『ミリオンダラーベイビーの』反動で。)、を借りてきました。まだ見てもないのに、痛快かどうかはわからないだろうって?いえ、わかります。痛快そうなやつ借りてきたから。(そこが時代劇のよいところ)

☆タイトルの「モ・クシュラ」。ネタバレになるから、これから映画を見ようという人は、意味を調べないでね〜。