視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

今日はなんだかざわざわとたいへんな日でしたね。朝起きると、ミサイルが何発も発射されたとかのニュースがやっていて。ほんにおそろしいこと。(おかげで、「純情きらり」がお休みになったのが、腹立たしかったわ。)仕事に出かけて、夕方家に帰ってその後どうなったのか、とテレビをつけて見ていたら、思い出したように、7発目が発射されました。うーん。その妙な間はいったいなんなのさと、不謹慎で申し訳ないですが、「稚児の空寝」を思い出しました。


このごろは、本屋さんに行くとやたらにぬりえの本、というかノートブックが目立ちます。大人のぬりえ、というやつらしいです。なにやらブームのようですね。わーい。こういうブームうれしい!実はわたくし、子供の時はとってもぬりえが好きだったのです。雨の日、外で遊べない日の定番といいますか、折り紙、きせかえ人形、と並んで、ぬりえは大好きな遊びのひとつでした。24色の色えんぴつが欲しくてねぇ・・・(遠い目)。でも、うちでは買ってもらえませんでした。いつか山ほど買って食べようと思っていたチョコレートと同じように、「大人になったら自分で買うもののリスト」に入っていましたが、いつしか忘れてました。いくら好きだと言っても、子供用の絵のぬりえをしても、なんだかマニアみたいで変な感じだし。で、少しばかりボーナスも出たので、思い切って、買いました。36色の色えんぴつ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(ばんざーいばんざーい)。24色じゃないよ、36色だよ、やっぱ、わたくしぐらいのぬりえニストになれば。そして、もちろん、大人用の絵のぬりえも。最近の色えんぴつには、水彩色えんぴつというのもあるそうで、ぬったあとに水をつけた筆でぼかすと、きれいに色が溶けたりするんだってねぇ、すごいわ〜。と言っていたら、みねっちが、ふん、と鼻で笑って「そんなの前からあるよ」と言いました。うるさい、前からっていつだよ、この平成生まれ、おかあさんなんて、24色が欲しくても買ってもらえなかったんだぞぅ〜!金とか銀とか入ってなかったんだから、それでもってクーピーとかなかったんだぞう、とか、わけのわからぬ自慢をしてしまいそうになりました。これ以上逆上すると、「昭和って感じ」とか言われて墓穴を掘ってしまいそうなので、やめるとします。

で、36色。えへん。ばんざーいばんざーい!!!!!!!!あーでも、水彩色えんぴつは、高くて買えませんでしたので、普通のやつですけど。そんなわけで、歌川広重のぬりえ画集、ちょっとトライしてみました。なんと楽しいこと。鼻歌まじりで、お手本を見ながら。36色あっても、出ない色があるのねぇ。何度も重ねてぬってぬってぬって、お手本とは、似ても似つかぬ色になりましたが、それもご愛嬌です。

「ねぇ、これどう思う?」みねっちに聞いたら、「なんかお茶漬けに入ってる絵って感じ」。げ、するどい。

早いもので、今日から7月。今年も後半に入ったということですね(ひゃ〜)。今月はいよいよアルバムのためのレコーディングの準備に入ります。楽しみでわくわくします。さて、今日は一日雨が降ったりやんだりでした。特に何も用事がなかったので、ピアノを弾いて歌ってみたり、DVDを見たりしました。『ミリオンダラーベイビー』を見ましたが、おもしろかったです。なんだか、泣きながらいろんなことを考えてしまいました。生きるってどういうことなのかなぁ、なんて。返却日が今日だったので、夕方返しに行って、今度は、痛快時代劇(わはは、『ミリオンダラーベイビーの』反動で。)、を借りてきました。まだ見てもないのに、痛快かどうかはわからないだろうって?いえ、わかります。痛快そうなやつ借りてきたから。(そこが時代劇のよいところ)

☆タイトルの「モ・クシュラ」。ネタバレになるから、これから映画を見ようという人は、意味を調べないでね〜。

と、タイトルを書いたらなんだか安心してあとが続かなくなりました。いえいえ、というよりは、「愛」という文字を書いて目にしてみたかっただけかもしれません。ただそれだけ。

やれやれ、今日も蒸し暑かったです。朝は暑くて目がさめましたし。湿度が高いのは困りますね。そろそろ涼しい雨がほしくなってきました。と、天気予報を見たら、明日は雨のようです。今朝は、あやうく遅刻するところでした。朝ドラの「純情きらり」を見ながら化粧をしていたのですが、悲しいシーンでぅぅぅぅ、と泣いてしまったら、マスカラを持った手元が狂って目の下にべちょっと付いてしまったので、こりゃいかんと、修正するのに時間がかかったためです。それから、日焼け止めを腕や足に塗って、髪をカーラーで巻いてポニーテールに結びました。いつもなら、そのあとマニキュアを塗って出かけたりできるほど余裕のよっちゃんなのですが、今日はだめでした。結局、時間的には微妙でしたが、いざとなったら走れるように、サンダルではなく、スニーカーを履いて会社に行きました。ぎりぎりで走らなくてすみました。暑い中、走ったらまた化粧がくずれるものねー。セーフセーフ。それにしても、ドラマの桜子ちゃん、これからどうなっていくんだろうなぁ、心配だわ〜。

今日も蒸し暑い松江でした。あ、でも、とうりょうさんのサムイおやじギャグで少し涼しくなりました(とかね。こ、らー、なりませんて。)さて、源助公園の源助さん。今日も休憩の時眺めていました。昨日の停電はやっぱり源助さんのしわざかもなぁって。でも、それは、化けて出たとかそういうことじゃなくて、「俺のこと思い出してくれてありがとうよ」みたいな、ウインクみたいな合図じゃないかなぁ、って、わたしはそう思いたい。源助さんには、想い人はいなかったのか、どんな気持ちで人柱になったのか、そのあたりのドラマが映画になればいいなぁ、そうしたら峠の茶屋の娘かなんかの役でわたしは出させてもらおう(どこに峠が?)、セリフはなしで、とか、いろいろ妄想をめぐらせていたのですが、くろちゃんがやってきて、マリコさん、昨日のブログ見ましたよー!と言うので、おっといけねぇ、と、われに返りました。

実は、くろちゃんは、昨日の停電の時、振り返って真っ暗な部屋を見て仰天しているわたしのすぐ近くにいてその驚き顔とかを見ていたので、でも、その時わたしは源助さんのことは言わなかったので、家に帰ってブログを読んでわたしの驚き顔に納得がいったとのことでした。そして、さらに、面白い話をしてくれました。くろちゃんは、市民大学に通っていて、郷土の歴史なんかも勉強していて、たまたま先日の講義で、源助さんの話が出たとのことで。

たとえば朝、湯のみにお茶を一杯、飲んで出かけようとすると、うちでは母が必ず「一杯茶はだめよ」と、二杯目のお茶をついでくれるので、なんとなく、そういう風にいつも二杯飲むんだけれど(あるいは、二杯目にちょっと口をつけるまねをするとか)、それの根拠を聞いても母も知らないし、子供のころからずっと謎のままでした。お茶どころの松江だから、なんか、お茶の作法かなんかの名残だろうと思っていたのですが、くろちゃんによれば、それには源助さんがかかわっているのです。

その朝、源助さんがお茶を飲んで出ようとしたとき、奥さんが、もう一杯飲んでゆっくりして出かけたらどうですか、とすすめたのに、源助さんは、早く仕事に行かなければってんで、一杯だけ飲んで家を出てしまいました。そうして、件の仮橋のところに来てしまったというわけです。もう一杯飲んでいれば、朝いちばんでその橋を通ることもなく、人柱になることはなかったかもしれないのです。というわけで、以後、一杯茶はいけないよ、ということになったらしいですよ、マリコさん、とくろちゃんが話してくれたので、きゃ===、そうだったの===うっそ====!!!!20へぇで驚いた次第でございます。(会社から家に帰ってさっそく母に、鼻の穴をふくらませて説明したところです。)

興味のない方には、ごめんなさい。こんなに長々と。でも、わたしには、とてもおもしろかったの、こういう伝承の物語。なぁんか、大人になってから、やたら歴史がおもしろいんだなぁ、なんでかなぁ、って思っていたら、『人生のほんとう』(by池田晶子)にちょうどよい記述がありました。「自分の年齢と自分の人生経験によって、歴史を歴史として理解できるようになる」うんぬんかんぬん。なるほどねぇ。つまりは、知識でなく、経験として、歴史や歴史上の人物のことが自分の中に想像できる、ということではないかと。今日はそういうわけで、なんだか、答えが近くにある、ということを実感する日でした。くろちゃんありがとね。

九州では、大雨が降って大変ですね。こちらでは、降る降るといいながら、晴れているときのほうが多いような気がします。今日は、風がとてもきつくて、宍道湖から流れ来る大橋川の水も茶色くにごっていました。窓の外の源助公園の木がゆさゆさ揺れているのをじぃっと見ていました。源助公園は、松江大橋のたもとにある小さな公園です。この間読んでいた松江のガイドブックに源助さんのことが書いてあったのを思い出したのです。堀尾吉晴が松江城を築城するときに、資材を運ぶために丈夫な橋が必要になったのだけれど、大橋川の川底は軟弱で工事が難航したため、人柱がたてられることになったのだそうです。とりあえずの仮橋の上に、「袴の横つぎをした、朝いちばんで通った男」が、選ばれることになって、それが足軽とか、塗師とか言われる源助さんだったのですって。いつものように、休憩時間にブラインドをあげて窓の下を見て、源助さん、早起きしたのにかわいそうになぁ、なんてどのくらい考えていたのか、なんとなく、背中に感じる部屋の様子が違っているので、振り向くと、部屋が停電していました。あとで聞いたらビル全体が停電だったそうです。ずいぶん前に部屋が真っ暗になっていたようだのに、わたしときたら、明るい窓に「君の名は」のマチコくらい顔を近づけて外を眺めて、こころは源助さんでいっぱいになっていたので、振り返って驚いたのなんのって。停電だとさわぐ同僚の声も聞こえませんでしたし。原因は会社の近くで工事をしていたためだそうで、結局は一時的な停電でしたが、一瞬源助さんのしわざかな、と思ってしまったよ。