視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
暑くて長い夏がやっとすぎたと思ったら、あっという間に秋ですね。今夜は冷えこんで寒いです。風邪をひかないようにしましょう。

横浜コンサートへおいでのみなさま、たくさんのコメントをありがとうございます。うれしく読んで、よぉしこれからもがんばるぞーうりゃーうりゃーうりゃーとぉー、とかこころの中で思いました。

☆ご質問があったので、おこたえしておきますね。ええと、「横浜ホンキートンクブルース」はいろいろな方のバージョンを聞いてはおりますが、このたびの歌詞は作詞者の藤竜也さんのシングルレコードを参考にして歌ってみました。それから、あとはなんだっけ?あ、そうだ写真。ピアノの上に飾っている写真、あれは、いつも同じもので、好きな人。それから、「花はどの歌で?」というご質問。わたしが花だなんて、めっそうもない。わたしゃただの歌う人。ええと、せっかくだから、秘すれば花ってことにしておきましょうか。
2007-10-15 22:06 この記事だけ表示   |  コメント 10

コメント

真理子さん、素敵な歌声ありがとうございました。

思いがけず爪紅のワルツを聴けて嬉しかったです。
昨年に続いての2度目の木のホールでのコンサート、私達夫婦も2度目のやり直しです。

1年いろいろありました。
別々の道を歩もうかと思いもしましたが、次は銀河劇場、次は渋谷クワトロと真理子さんのコンサートは2人で行こうとの約束を果たしているうちに1年が過ぎました。

真理子さんが、私達夫婦を覚えていて下さって嬉しかったです。
「声が聞こえると思った」と言われたとき、流石に音楽に携わっている方だと感心してしまいました。

次のコンサートも2人で行けるかしら・・・?

真理子さん、また素敵な歌声を2人で聴きに行けるよう祈ってくれますか?
jun
(2007-10-16 00:57)
はじめまして。というかコンサートとサイン会でお目にかかりました。本当に素晴らしいコンサートでした。僕は昭和40年生まれで同い年。基本的にアメリカンロックとかが好きでマドンナやらボンジョビとかも行くので、信じられないくらい地味なコンサートだったんですが、心に沁みこみまくりました。ほんと盛り上がらないのにどうして飽きないのでしょう(笑)。今度5時間くらいやってください。あれも聞きたいこれも聞きたいが一杯あって困ってます。水の都もamericaも霧笛も生で聞きたいな〜。
地元なのに音楽堂がそんな歴史あるとはつゆしらず。勉強になりました。
ところで偶然の奇跡ですが、神奈川の方々はご存知でしょうが、テレビ神奈川で翌日 日曜 横浜メリーがテレビ初放映されました。元二郎さんの哀しみのソレアードは 真理子さんの声も思い出され泣いてしまった〜。ドキュメンタリなのに最後に見事な落ち(真実!)もあってほのぼの感動しました。
ところで 真理子さんてお美しいですね。
じゃ また!。
ホライズン
(2007-10-16 05:35)
junさんへ。
お会いしたこともないのに、このような書き込みをする失礼をお許しください。ブログ上で知る限り、とても素敵なご夫婦と感じています。一年前のご夫妻とまりこさんのやりとりをなんだか微笑ましく見ておりました。生意気言ってすみません。

私は熊本在住で、初めて真理子さんの生の声を聴いたのは、一昨年7月の福岡ライブでした。
昨年は一度もお目にかかれず、CDを集めてただひたすら家で聴く毎日でしたが、今年は家族の理解も得て、島根・広島・横浜と3度も遠くの会場まで足を運ぶことができました。

10年程前から、夫婦というより舅や娘の問題など、家庭内に、消えてしまいたい衝動にかられるような出来事がことが続き、そんな時、たまたま何気なく観た情熱大陸で真理子さんを知りました。悩み疲れた心に、静かに深く癒しのエネルギーが注ぎ込まれてくるようで、とても不思議な感覚でした。それから次第にストレスを感じていた問題も解決して行き、今は割と穏やかな毎日を送っています。

真理子さんの歌には確かに癒しパワーが存在すると思います。 これからも私達ファンのためにたくさん歌っていただきたい・・切なる願いです。

来年は再び九州で真理子さんの歌が聴けそうです。
junさんも、ご夫婦で九州の旅をなさいませんか。
どうかご一緒にお出かけくださいませ。
くんちゃん
(2007-10-16 14:05)
こちらでははじめまして。たぶん横浜のサイン会のとき↑の夫婦のかたの前に並んでいた大阪から来たおっちゃんです。真理子さんのライヴは5月の心斎橋クラブクワトロが初めてで今回は2回目でした。昨年末、こちらでも時々お見かけする笹船倶楽部様に教えられて、「Romance」のCDを買ったのが運のつき、以来どっぷりです。横浜では新曲も多く、たっぷり真理子ワールドを堪能させていただきましたが、「ハイなおじさん」としては昭和歌謡の」カヴァーも大好きです。それこそ「場末酒場」のようなところで真理子さんの歌うブルース聴いてみたいですが、今となっては難しいでしょうね。せめて、クラブクワトロのようなライヴハウスでのライヴを期待しております。
ところで、来月の京都精華大のコンサートではふちがみとふなとさんゲストでしたね。「Romance」にはいってる「Love me tender」いいですねえ。楽しみにしております。
オージッタ
(2007-10-16 18:28)
コンサートの成功おめでとうございます。
みなさんの書き込みを見るとコンサートのすばらしさと興奮がよく伝わってきます。

北海道はすっかり寒くなりました。私の部屋から見える利尻の山も冠雪し、近くの湖には冬を知らせるコハクチョウが飛来したり、冬の足音が確実に聞こえてきます。その足音に追われるように「紅葉前線」は南にむかって旅たっていきました。今は函館あたりでしょうか。それともオホーツク海を超えているかもしれません。松江に到着するのは11月になるのでしょうね。
変な例えですが、コハクチョウも紅葉前線も南下していきますが、「浜田真理子コンサート前線」が「桜前線」のように北上してくることを密かに期待しています。
もちろん、鬼に笑われようと「来年こそは横浜へ・・・」と思ってはいるのですが。
北のシュン
(2007-10-16 19:56)
横浜では素敵な時間をありがとうございました。クワトロの距離感とは全く違う、広がりのある空間の中で真理子さんの音楽を堪能しました。新曲をたくさん聴け、そのどれもが素晴らしかったのが印象的です。

皆さんが書かれているように、私も来年の"Mariko plays mariko"は本当に楽しみです!
やっとAmericaをフルコーラスで聞けるのかな〜、とか
クワトロは全部カバーだったので今度は全部オリジナルで、第一部はMarikoをそのまま再現で、第二部は他のアルバムから・・・、などと早くも妄想を膨らませております。
tetsuya
(2007-10-16 22:43)
こんばんは。初めて書き込み致します。
この度のライブ、福岡から伺いました。
幸い横浜と川崎にそれぞれ弟夫婦や友人がおりますので、
そんなツテを頼りに去年に続き2度目の横浜ライブでした。

初めてのライブが一昨年の福岡でのライブで、毎回
サイン会に参加させて頂いていますが、1人1人丁寧に
対応されていて、本当に関心してしまいます。
ライブでは癒しを、サイン会では元気を頂いて帰る感じです。

去年もそうでしたが、今年も真理子さんのライブを口実に
有給を取って関東での旅を満喫して帰りました。
ライブ翌日に箱根の1泊旅行へ。昨夜帰宅しました。

とはいえ、やはり地元に真理子さんが来てくれる、というのも
テンションが上がり、格別だと思いますので、来年の
10周年ツアーはこちらでお迎えしたいと思います。
楽しみにお待ちしております!

それから今回新曲を披露して頂きましたので、
それらの曲が納められた新譜が手元に届く日も
楽しみです。
nami
(2007-10-16 23:26)
くんちゃんさん、メッセージありがとうございました。

本当のところ心の狭い私は、未だに夫を許せない気持ちで一杯なんですよ。
いろいろと問題を起こしてくれるので、私はその度に心がズタズタです。

来年は銀婚式を迎えます。
くんちゃんさんの住んでいらっしゃる九州に記念の旅が出来るといいなと思います。
それまで一緒にいればですけどね!

オージッタさん、私達の前にいらした方でしたか。
はい、良く覚えています。
帰りの道も途中までご一緒でしたね。
また何処かの会場でお目に掛かるかも分かりませんね。
jun
(2007-10-17 02:06)
2度目の書き込みです。横浜、行かせて頂きました。素敵でした。
夫と二人で出かけたのですが、こんな機会でもなければ、と、朝から鎌倉に出かけていっぱい歩いて、本来の目的(もちろんライブ)の頃にはへとへとになり、真理子さんの歌声は心地よく、危うく夢の世界へ行ってしまうところでした(でも踏みとどまった)。ふと気がつくと、周りのお客様はぐんぐん前のめりに・・・。こんな客席の思いや視線を全部受け止めて、そして歌っている真理子さんの緊張感や集中力ってものすごいなあ〜なんて、違うところで感動したりもしていました。
またいつか、歌いたい歌を気持ちよく歌う真理子さんの歌を聴きに行きたいです。
ところで、サイン会に初めて参加させていただき、“広島から来ました”というと、広島クアトロの時と同様に“〜でがんす”とおっしゃっていたのですが、広島生活10年、未だかつて“がんす”という方言を聞いたことない。友達に聞いたら「ネイティブ広島人でもなかなか使わない」言われました。ショックです。
kanapyon
(2007-10-18 00:14)
初めての着物での遠出はドキドキでしたが、しっとりとしたマリコさんの歌の世界にどっぷり浸れることが出来て、コスプレ?もアリだなぁ…なんて思いました。来年の全国ツアー(ですよね)も楽しみです。追記:昨年の横浜の後、小池真理子さんの小説の中にあの紅葉坂を舞台にしたものを目にし、マリコ繋がりに驚いたのを今頃思い出しました。
さきたま人
(2007-10-18 20:57)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。