視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
朝、カミナリ雷といっしょに激しい雨が降りました。ほんの10分くらいのが、1時間おきくらいですが、こういう雨が1日中でも降ったら、宍道湖はあふれてしまうだろうなぁとおそろしく思いました。台風の勢力は、まだまだ大きいですね。天気予報を見るのはだいだいに好きなのですが、このごろは、特に気をもんでみています。こういうお天気のもと、選挙カーで走り回るみなさんも、たいへんですね。

みょうが、大人の味ですよね。こういう香りや、味がわかるようになるのだから、年を重ねるのも悪くないですねキスマーク。今日は、夕方になったら雨がこやみになって、蒸し暑さが増したので、家に帰って食卓にきゅうりや、なすや、ピーマンが(もちろん、みょうがも)ひんやりあっさり、塩でもまれたり、浅漬けになったりして並んでいるのをみて、うれしく思いました。

☆越後屋さん、わたくしは、片岡千恵蔵さんの『国定忠治』のものまねがちょっぴりできます。ブログではご披露できないのが残念ですけどね。へへへ。
2007-07-12 19:40 この記事だけ表示   |  コメント 4

コメント

浜田さんのモノマネを拝聴出来ないのは本当に残念です・・・・・。

片岡千恵蔵さんの印象深い台詞回しと言えば、現代劇になるのですが、『多羅尾伴内』シリーズでしょうか。現代劇なのに時代劇的な要素を含んでいるという面白いシリーズです。

国定忠治ですが、三船美佳さんのお父さんの三船敏郎さん主演の『国定忠治』(1960年東宝 谷口千吉監督 新藤兼人脚本)は見た事があります。国定忠治も涙雨を降らせる良い物語ですね。
越後屋
(2007-07-13 00:49)
通勤途中の道路のいたる所に土砂が散乱していました。 「どうしてかなぁ〜」と思っていたら、大家さんが通りかかって「大雨と満潮が重なると水かさが増えて、下水道から水があふれるからこうなるったいねー」と教えてくれました。
なるほどなるほど。

自然の力は恐いです。
takaya
(2007-07-13 09:02)
私の中で 真理子さんと女優の仲間 由紀恵さんが
以前から かぶるって言うか・・その・・
女優だったり 自分のスタンスで輝いておられたり
なんか 私的に繋がるって言うか・・
つまり 御二方とも好き!って ことなんですが
今度仲間さんは「島根の弁護士」を演じられるようで
(また繋がった・・)と自分勝手にひとりほくそ笑んでいる今日このごろなのです

ところで台風は心配ですねぇ
うちの次女はこの連休に弓道の大会があるのですが どうなることやら・・・
あじさい
(2007-07-13 21:09)
大岡越前のお父さん役をなさっていた片岡千恵蔵さんが大好きでした。えらそうだけど結局奥さんに頭が上がらないところとか。
かねちょも
(2007-07-13 23:27)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。