視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
浜田真理子5月・6月のライブ情報[浜田真理子ライブ情報]
久しぶりの更新です。やっとあたたかくなって、春を身体で感じられるようになってきました。さて、京都コンサートを終えて、重責を果たしたような気持ちで少しだけゆっくりしています。5月からまたイベントが山盛りです。スクールMARIKOもはじまるよー^^また6月の予定も発表になりました。どうぞよろしく。

5月のライブ&イベント

5月6日(金)・9日(月)
「マイ・ラスト・ソング2016」〜歌謡曲が街を照らした時代〜

11062871_974374869278447_4044891644059608248_o.jpg
12771645_974374915945109_8521255253960954164_o.jpg
時間:両日とも 開場 18:30 開演 19:00
会場:三越劇場
http://mitsukoshi.mistore.jp/bunka/theater/about.html?rid=f04e17d2070742e9ae42b2bc48bff16d
料金:前売り7,000円 当日未定
(指定席・税込・パンフレット16頁付)
出演:小泉今日子(朗読)、浜田真理子(歌・ピアノ)
チケット発売日:3月26日(土)10:00〜
プレイガイド:チケットぴあ http://w.pia.jp/t/mls2016
 0570-02-9999(Pコード: 291-274)
ローソンチケット http://l-tike.com/anokoromls
0570-084-003 (Lコード:73329)
e+(イープラス) http://eplus.jp/mylastsong/
チケット販売所:★三越劇場0120-03-9354 (10:00〜18:00)
 ※4/1以降は(10:30〜18:30)
 ★@発売日初日は電話予約のみ。
 ★A3/27(日)より電話予約と店頭販売も有り。
詳細はコチラ
http://sunrisetokyo.com/schedule/detail.cgi?id=728
☆今年もまた小泉今日子さんとご一緒します^^

5月12日(木)遠藤ミチロウと浜田真理子
時間:開場19:30 開演20:00
場所:ワンメイク(米子市角盤町)
料金:前売り3,000円 当日3,500円(D別)
お申込み・お問い合わせ ワンメイク0859-33-4844
☆ミチロウ先生がやってくる!

5月15日(日)スクールMARIKO2016第1回
スクまりはじまりトーク&ライブ

sukumari2016.jpg
sukumari2016ura.jpg
出演:寺尾紗穂、浜田真理子
時間:開場17:30 開演18:00
場所:松江市総合文化センター・プラバホール大会議室
http://www.web-sanin.co.jp/matsue/plover/hall/index.html
料金:3,000円(全席自由)
後援:島根県教育委員会、松江市教育委員会、
協力:今井書店、カラコロ工房
チケット発売日:3月14日10:00〜
プレイガイド:<松江市>プラバホール、島根県民会館チケットコーナー、今井書店グループセンター店・殿町店・学園店・てづくり雑貨ちろり
<出雲市>シマネヤ眼鏡店、今井書店出雲店
<雲南市>今井書店木次マルシェリーズ店
*ご希望の方には会場にチケットのお取り置きもいたします。メールでお申込みください。
お問い合わせ:E-mail:schoolmariko@gmail.com
☆今年も始まりますよ〜^^

5月26日(木)浜田真理子ライブ
時間:開場 17:00 開演 19:00
場所:梅田ロイヤルホース
料金:S4,000円 A3,500円 barcounter2,000円
お申込み・お問い合わせ
ロイヤルホース http://www.royal-horse.jp/

5月28日(土)浜田真理子ライブ
時間:開場 18:00 開演 19:00
場所:ライブハウス磔磔 (京都市)
料金:4,000円+オーダー 
http://www.geisya.or.jp/~takutaku/future/1605.html

5月29日(日)浜田真理子ライブ
時間:開場 18:00 開演 19:00
場所:ライブハウス得三 (名古屋市)
料金:4,000円+オーダー
http://www.tokuzo.com/

6月のライブ&イベント

6月18日(土)スクールMARIKO2016第二回
〜南相馬災害FMから島根に伝えたいこと〜
時間:15時〜17時
場所:カラコロ工房地下大金庫室
料金:2,000円(学生半額)
ゲスト:今野聡(南相馬ひばりFMチーフディレクター)
☆昨年のスクまり修学旅行の際にお世話になった今野さんのご登場です。

6月22日(水)浜田真理子×畠山美由紀
s_1622hatakeyamamiyuki.jpg
160622hamadamariko.jpg
場所:渋谷CLUB QUATTRO
時間:開場 / 18:45 開演 / 19:30
料金:前売り / 当日 \4,500 / 未定 (自由席/整理番号付)
ドリンク D別 ※入場時にドリンク代500円をいただきます
一般発売日:2016/04/23 (土)
チケット販売: e+ / チケットぴあ / ローソン / 渋谷CLUB QUATTRO
お問い合わせ先:渋谷クラブクアトロ / 03-3477-8750
☆畠山美由紀さんと!還暦を迎えられる渋谷クアトロ名物店長のお祝いもかねて。

6月25日(土)浜田真理子高松ライブ
12939365_858424584266143_284949185_n.jpg
場所:Speak Low
http://www.speak-low.com/
時間:開場 19時 開演 19時半
料金:前売4000円 当日4500円 (D別)
チケット発売日:4月25日
プレイガイド:SPEAK LOW、デューク高松店、e+
(e+の告知開始は4月12日)
☆毎年恒例の高松です。あの顔この顔にお会いできるかな。

☆☆うしはらさま
お出かけありがとうございました。中村佳穂さんにはすっかりびっくりして、ファンになりました。これからどんどん活躍されると思います。楽しみですね^^。
2016-04-10 12:01 この記事だけ表示   |  コメント 1

コメント

つくづく、不思議な魅力を持ったミュージシャンですね、浜田真理子という人は。
5月26日、老舗のライブハウス、「梅田ROYAL HORSE」のことをどう書いたらいいのか、正直迷っている。
ここにふさわしい(?)「For Sentimental Reasons」から始まったかと思ったら、それが「逢いたくて逢いたくて」に、和洋古今を往還する彼女独特のメドレーに、聴衆はすんなりその術中にはめられてしまう、2部のはじまりの「大阪の女」から「黄昏のビギン」へのメドレーもあわせて、「まくら」の名人小三治ばりの「掴み」ですよね。
俗な言葉で恐縮ですが、この日のライブは中味「てんこ盛り」、何から書くか、迷っているというのはそういうことで、とりあえず想いが強く残っているものから順不同に始めると、まず新曲、「袋小路」から多分4曲(?)が唄われた、こんなライブは少なくとも僕の記憶にはありません。
曲名が分からないので個別の感想は書きにくいのですが、京都の「あさきゆめみし」で初めて披露された「mate」は、浜田さんが「あの日」の後に書いて唄って来た「はためいて」から始まる歌たちの先端に立っていると思う、それは「鎮魂、祈り、希望、そして友愛」の最後に当たっていて、今回唄われた新曲もその想いと交響していると感じました。
その次は29日が誕生日の美空ひばりにかかわる2曲、色々なエピソードが伝えられている「一本の鉛筆」と盛り下がる(?)のでライブでは殆んど唄わないという「さくらの唄」。
ひばりさんが亡くなったのは1989年、享年52歳、浜田さんも今年の秋にはその年齢になることを思えば、まあ何かと胸に込み上げるものがあるわけです。
三つ目は、この夜のサプライズゲスト、慶應からバークリー出身、「才色兼備」の市川愛。
彼女は、自分のホームの歌といっていい「Can't Give You Anything」を1部で「Can't Help Falling in Love」を2部で浜田さんと唄ったのですが、僕が驚いたのは、市川さんが大学生の時からダントツで一番聴いているのが浜田真理子の1st.アルバム『mariko』だということ、そして浜田さんが多分意識的にライブでの歌唱を封印しているのではないかと僕が勝手に思っている「のこされし者のうた」が、恐らく市川さんの希望もあって、この夜二人で唄われたことでした。「どんな宗教家よりどんな革命家よりヒトの人生を変える力をもったミュージシャン、浜田真理子」という愛さんの言葉、ちょっと言えませんね、おじさんには。
最初に不思議な魅力と書いたのはライブがここで終わらないことも、アンコールの2曲目は「ひとりじゃないの」で、1月の「晴れ豆」の、前半では涙ぐんでいた聴衆との大合唱を思い出しました、市川さんも自分のライブで天地真理は唄わないよね。
さて、「磔磔」では、「得三」では、どんな歌たちが唄われるのか、大阪に負けないくらいの、やっぱり「テンコ盛りライブ」でしょうね。
うしはら
(2016-05-29 07:54)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。