視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
20070528_2139_000.jpg青空に、はけですぅーっとひいたような雲が出ていました。気温は低くて少々肌寒い日ではありましたが、久しぶりに空の青を見ました。午後からはちょっと曇ったけどね。そうそう、sizuruさん、光化学スモッグあちこちで発生してるんですってね。こわいねー。

hiderinさん、熱いコメントありがとうございます。ファン歴45年、にはおそれいりました。でも、すばらしいことですねー。わたしもがんばりまーすぴかぴか(新しい)

☆みねっちが、学校でフラワーアレンジメントの講座を受けています。ブートニア(男性が、胸に飾ったりする)を練習で作ってくれました。小さくてかわいらし(まるであたしみたい。なんつってててて・・・がく〜(落胆した顔))。
2007-05-28 21:51 この記事だけ表示   |  コメント 5

コメント

小さくてかわいらしい真理子さんへ
(決してそうは思わないのですが?)

お久し振りです。
クアトロのツアーが終わって、気が抜けたというか、ホットしたというか、少し落ち着きました。
何故、私がそんな気持ちになるの・・・・・?

ブログは毎日、読ませていただいております。
光化学スモッグってあんまり気にしたことないな〜
舟木一夫、私のオカンの友達がファンだったな。
黄砂で私の好きな夕日が曇っていたな、
毎日、生きている日々を考え、思い出し、語り合っています。

名古屋も行ったのですが、大阪ではアンコールで私のリクエストまでかなえて頂きありがとございました。
それが判っていれば、餃子屋さんよりでかい花を贈ったのに、判っていなくて良かったです。

フログを読んでいても、商売臭くないとこが良いですね、これからも自然体で音楽を愛し、良い作品を作ってください。
オサブ
(2007-05-28 23:00)
いまBS2で「阿弥陀堂だより」を観てます。
自然の風景が美しい。
その風景のなかで、しずかに人間の一日がすぎていく。
病気や老い、こころの傷をもちながら、吹きすぎる風や流れゆく川の水の音まで聞こえそうです。

こうして浜田さんのブログにコメント書いてる自分は、ついこのまえまでいなかった。
ふしぎです。
なんで、朝日楼を聞きたくなったのか。
ぽつん、とこころに火がともり、その火に導かれるように島根県松江市にすむシンガーとめぐり合う。

まだ、昭和だったころ、職員研修で宍道湖のそばのホテルにとまり、2日間、あの湖を眺める機会がありました。
美しかったです、夕映え。研修の内容は忘れても、あの宍道湖ににかかる長い橋からみた夕映えは記憶にあります。

ひとの思い出も、やはり、風景としてしか残らないものなのかもしれませんね。
そうであれば、たたずまいのきれいな、うつくしい風景としてまわりのひとの記憶にのこる人間でありたい。

この映画を観ていて、そう思いました。

まだ、浜田真理子さんの姿を見たことがないので、宍道湖の風景のなかにその声を聴いてみるだけです。
m-naosan
(2007-05-28 23:21)
おはようさん!

真理子さんから直接コメントをいただけるなんて、
本当に幸せで、舞い上がってしまいそうです。
ありがとうございました。

 3年前に「情熱大陸」で拝見して以来、CDを買って
聞いていましたが、今年の広島クアトロで初めて生の
お声を聞き、益々好きになりました。

 この前の土曜日息子夫婦が来ましたので、嫁に
CDの一枚を貸し出しました。じきにファンが一人増えることでしょう。

 舟木さんが今45thコンサートで全国をまわっておられますので、
つい、舟木さんファン暦45年といいましたが、正確には
この6月から45年目に入ります。さばを読んだ形に
なって、すみません〜〜数字に弱いものですから〜@

 このブログを毎日楽しみに拝見しています。
これからも お元気でご活躍してくださいね〜〜♪
hiderin
(2007-05-29 08:12)
河瀬直美監督の作品「殯の森」(もがりのもり)がカンヌでグランプリ
実はワタシ、この河瀬さんと真理子さんが重なってしまうのです。
受けを狙った訳ではないし、淡々とした普遍的な作風、分かるヒトには分かる

お二人対談したら面白いかも?
(2007-05-29 11:56)
真理子さん、初めまして〜、です。
先日、ひょんなことから真理子さんに完全にハマりまして……。(^O^)
実は旅先の米子にて深夜徘徊中、偶然のぞいた前代未聞な不思議なお店「メークワン」の小さなカウンターで、美味しいビールを頂きながら店主の黒田さんにさり気なく観せてもらった「情熱大陸……」に釘づけ、金縛りにあってしまったわけです。(後で気付いたけど黒田さんは熱狂的な真理子ファンだったわけで、……その後ビールは何本も空になり、自分は銘酊しながらも、黒田さんに宣言してました。明日、浜田さんのCDを買いに行くワ〜!と)     それから、数日たったでしょうか、タワーレコードでDVDとCDをわしづかみにして持ち帰り、映画「ブァイブレータ」の挿入歌で真理子さんの曲が入っていると小耳に挟んでは、すぐにレンタル屋に走り、イイ音楽や、ええ映画や〜って感動したり。(もちろん怪優寺島しのぶにもドキドキ。)
知り合いには浜田、浜田と布教の毎日。
……てなわけで、今にいたってるわけです。長々とすみません。これからもイイ歌聴かせて下さい。
大阪のakasan
(2007-05-29 17:55)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。