視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う
浜田真理子2016年1月のライブ情報[浜田真理子ライブ情報]
2016年もがんばります。よろしくお願いします。

1月のライブ・イベント
2016年1月9日(土)『浜田真理子Solo』
会場:Jazz Spot VEEJAY
http://www.jazzspot-veejay.com
(三重県四日市市鵜の森1丁目2-15)
時間:open 19:30 start 20:30
料金:前売3500円/当日4000円(+1オーダー)
出演:浜田真理子 Opening act 胡池マキコ 
ご予約&お問い合わせ:VEEJAY 電話:059-351-7440
☆初めての四日市でーす^^

1月11日(月・祝)
星の街の音楽会Vol.22 浜田真理子コンサート

会場:三重県総合文化センタ− 
http://www.center-mie.or.jp/about
日時:1月11日(月・祝)OPEN13時 START13時30分(60分) 
参加費用:自閉症協会会員は無料、非会員500円
※幼児は無料 
参加申込み:(TEL&FAX 059-234-9477or090-8733-0609三重県自閉症協会まで)
☆こちらもどうぞよろしく^^


1月16日(土)郁文の種vol.6
「マヒトゥ・ザ・ピーポー flower me tour 」
 ゲスト:浜田真理子

日時: 2016/1/16(土)開場 18時30分 開演 19時00分
会場:清光院下のギャラリー(島根県松江市外中原町194)
料金:3,000円
予約:ikubunnotane@gmail.com (メール返信をもって予約完了とします)
vol6表.JPG
詳細はコチラ
http://ikubunnotane.jimdo.com/vol-6/
☆島根出身のマヒトゥ・ザ・ピーポーさんのライブにゲスト出演!初共演です^^

1月28日(木)・29日(金)浜田真理子晴れ豆2デイズ
「浜田真理子 ふたつの物語」


第一夜 浜田真理子soloライブ
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
日時:1月28日(木)開場18:30 開演 19:30
料金:前 4,000 当 4,500 +1D 600

第二夜 浜田真理子とふちがみとふなとツーマンライブ
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて
日時:1月29日(金)開場18:30 開演 19:30
料金:前 4,000 当 4,500 +1D 600

fuchigamitofunato500.jpg
ふちがみとふなとHP
http://yoshida-house.tumblr.com/

お問い合わせ・お申込みはコチラから
http://mameromantic.com/?p=39693
☆晴れ豆でふちふなさんと!なんて楽しみなんでしょう
2015-11-12 22:04 この記事だけ表示   |  コメント 3

コメント

真理子さんご無沙汰しています。初めての四日市!
とても楽しみです。友達3人で行く予定です。

 次にはきっと鈴鹿へ、そんな思いが高まってきます。
また会うのを楽しみにしながら。
鈴鹿のJUN
(2015-11-25 20:24)
1/9、1/11と新年早々に真理子さんの歌が聴けて、とてもうれしかったです。特に総合文化センターでのコンサートはとても良かったです。こえといい、ピアノの響きといい、透きとおるようで、心が洗われるようでした。鈴鹿に楽しいコミュニテイがあります。名前を、”アズワンコミュニテイ”とよんでいます。
そこに、”鈴鹿カルチャーステーション”という場所があります。真理子さんに是非弾いてもらいたいピアノがあります。
 ”真理子さんを鈴鹿に呼ぼう会”の窓口に勝手に名乗りを上げます。是非実現しましょう。
鈴鹿のJUN
(2016-01-17 21:16)
県民ホール以来横浜はすっかりお見限りで
拗ねておりましたが、1.29一粒で3度美味しいLive
堪能させて頂きました。

 いままで「ミシン」がmost terrible song でありましたが今回「純愛」がその座を奪取しました。

 第2スタンザで真理子さんの語尾のヴィブラートと渕上さんの言葉にならないコーラスが溶け合った瞬間、男には表現出来ない世界が立ち上がりました。

「拒絶」アンタらにはわかるまい
「寛恕」まぁいいか

 一緒に歌おうと言われても観客もアホではないので歌いません、歌えません。

 小生、寄る年波親族は代替わりし、10代のころより愛聴して来たミュージシャンが次々に鬼籍に入る地獄の季節に突入しましたが、若い(www)方々の音楽を生きる縁とさせて頂きます。

 横浜にも来てね。
よこはまのおじ
(2016-02-05 00:11)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。