視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う


寒い日でした。朝からカミナリが鳴って、風強く、ときおり雨もぱらついていました。雪おこしでしょうか。今夜はまたさらに冷え込むみたいです。風邪をひくのがこわいので、今日はどこへも出かけませんでした。家の中で、歌の練習をしたり、荷造りをちょっとずつしているところへ妹が来たので、少しおしゃべりをしていたらあっという間に夕方になっていました。妹には子供が二人いて、それぞれ部活をしているので、その送り迎えで休日も行ったり来たりとたいへんそうです。庭に咲いていたという花を持ってきてくれたので、一輪挿しにさしてみました。妹は椿だと言ったけれど、多分山茶花だと思います。そっくりだから見分けがつかないのです。こんなにそっくりなものに違う名前をつけてまで、区別しなければならなかった理由はなんだろう、とか、考えてしまいます。

練習の合間に、今日は、ジャズやクラシックのCDを聴きました。音楽的に詳しく分析しながら聴く、というわけではありません。じょうずだなぁとか、きれいだなぁとかそんなラベル、いやいや冗談、レベルで聴いています。以前、ここにも書いたロシア語通訳の米原万里さんが書いておられたことを思い出します。人の仕事を見て、下手だなぁと思ったら多分その人は、自分と同じくらいのレベルであり、また、人の仕事を見て、自分と同じくらいかなと思ったら実際には、その人は自分よりはるかに高いレベルなのだ、というようなことでした。もちろん、それは、通訳という仕事のことについて書かれたものでしたが、なんの仕事についても言えることじゃないのかなと深くうなずきながら読んだのです。それは、自分の仕事の評価には、それくらいな謙虚さが必要だといういましめの意味でもありますが、もうひとつ、能動的に何かをすることには、同じことがらを受動するよりもずっとたくさんのエネルギーと能力が必要になるのだという意味でもあったと思います。ですから、まして最初から、じょうずだなぁと思って聴いている人たちのレベルに到達するには、あと2億年くらいかかるのでしょうと思います。

2006-12-02 17:41 この記事だけ表示   |  コメント 1

コメント

本当に強風の一日でした。
仕事で海沿いにいたのですが、ヤシの木(?)が揺れる揺れる。波がうねるうねる。女性たちの整えられた髪が、あらららら〜…
もうこれは暖房がんがんだぁ!
時が経つのは早いもので、チケットを取った時は遠い未来と感じたライブが、実は来週になっていたりして☆
すっごく楽しみにしています。
かえるん
(2006-12-02 18:39)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。